※水に関する施工実績の年間合計

ご家庭での様々なトラブルの中でも、特に厄介なのが水道に関するトラブルではないでしょうか。自身のみで修理・交換することが難しく、台所、トイレ、洗面台、など水道が関係する場所はたくさんあります。いざ水漏れなどの水道トラブルに遭うとどう修理したらいいのか、どの部品を交換すべきなのか、わからない場合が多いかと思います。そんなときは迷わず水110番までご連絡ください。修理・交換の経験豊富なスタッフが迅速に駆けつけ、破損個所の修理・水道トラブルの解決へと導きます。24時間365日受け付けておりますので、水道のトラブルが早朝や深夜であった場合でも安心してご利用ください。

水道や蛇口の水漏れ、水まわりの修理・交換について

生活になくてはならないものの一つが水です。水道は身近で大切な住宅設備です。ですから、水道のトラブルが起こると、日常生活に大きな不自由をもたらし、自身のみでの修理は困難です。特に水道内部に原因があるようなトラブルに遭うと、水道の専門的な知識が必要であり、自力で修理することはもちろん、部品の交換は困難です。水道のトラブルに多いのは水漏れですが、たとえば水道や蛇口の水漏れは軽度であっても放置、修理・交換を怠っているとしだいに水道代がかさんできます。修理・交換が遅れると、のちに大きな水道トラブルに巻き込まれる可能性もありますので、ご家庭で水漏れしているところがあればお早めに破損個所の修理、部品の交換をご検討いただくことをおすすめします。また、水道や蛇口の修理・交換作業は専門的な知識や特殊な工具を要することも多く、むやみな破損個所の修理、部品の交換は避け、水道の専門業者にご依頼されるとよいでしょう。
水まわりの修理・交換の工事は、お客さまと修理業者間で交わす契約となりますので、同じ内容の修理・交換でも修理業者によって費用は異なります。工事を依頼するにあたり、何社かからの見積もりを取ってお客さまが納得された上で、契約されることをおすすめします。修理業者に修理・交換をお願いすると、パッキン交換のような軽度の内容であれば、基本料金より高くなることは考えにくいですが、蛇口本体を交換しなければいけない状態であれば、基本料金より修理・交換の料金がプラスされて高額な代金になることもあるようです。修理・交換の施工内容や費用の説明を聞く際には、事前に水漏れ・水道の破損箇所を確認しておくなどすると、修理・交換に関する質問等をしやすくなるかもしれません。後々の水道トラブルを回避するためには、契約前に交換費用、修理費用の見積りをしっかりと提示、水道修理の流れ、部品交換やその費用の説明をしてもらうこ、また、できれば他社の見積りもとるなどすると良いと思います。

蛇口交換

水道の故障で一番多いのは、蛇口からの水漏れです。従来のような比較的単純な構造の蛇口であれば、ご自身で交換・修理することで水漏れを直すことができます。蛇口交換・修理は蛇口のタイプによって異なりますので、下記の手順を参考にしてくださいませ。ご自身で蛇口交換・修理するのが難しいものや、蛇口の水漏れの程度が著しい場合などは、ぜひ当社までご相談ください。蛇口を交換しても水漏れが直らないときは、むやみに修理・交換しようとせず、当社のような水道の専門業者に修理・交換のご依頼することをおすすめします。

準備するもの

蛇口用シールテープ、ウォーターポンププライヤー、水栓取外しレンチ、プラスドライバー、ピンセット(毛抜き)、パッキン

ワンホールタイプ

蛇口がキッチン天板に取り付けられていて、穴が1つのものを「ワンホールタイプ」と呼びます。取り付け穴は、どのキッチンメーカーも共通で、直径33mm〜39mmとなっています。TOTOやINAXなどお客様の好きなメーカーに交換・修理することも可能です。

■交換手順

  • 1水を止める
  • 2現在の配管部分を撤去
  • 3蛇口の固定ナットを外す
  • 4現在の蛇口の撤去完了
  • 5新しい蛇口の部品と蛇口の取り付け
  • 6逆止弁の取り付けと給水ホースの接続
  • 7止水栓を開いて正常に水が出るかチェックする

ツーホールタイプ

蛇口がキッチン天板、もしくはステンレスプレートなどの台に取付けられている、穴が二つあるものを「ツーホールタイプ」と呼びます。もしくは、「デッキタイプ」とも言います。このタイプの蛇口は取付ピッチ(穴と穴の距離)がどちらのメーカーも共通の規格のため、すべて203mmとなっています。ただ、正確な蛇口の取り付けピッチの値を測ろうと思うと、カウンターの裏から確認して測定しなければなりません。工具洗面台の扉を開けると水道の配管があり、向かって右の水道が水で左の水道がお湯の配管と決まっています。必要な工具は、マイナスドライバ、モンキーレンチかプライヤーです。

  • 1元栓を締める
  • 2ナットを外す
  • 3逆止弁を取り外す
  • 4スペーサーを取り外す
  • 5古いパッキンを取り外す
  • 6取り外しと逆の手順で組み立てる

壁つけタイプ

名前の通り、蛇口が壁に取り付けられているものを「壁つきタイプ」と呼びます。壁つきタイプの蛇口の交換・修理は比較的容易にできるようです。

  • 1蛇口を取り外し
  • 2取り付け脚を取り外す
  • 3蛇口結合部分のゴミやサビを取り除く
  • 4新しい蛇口の取り付け脚を取り付ける
  • 5取り付け脚の位置を調整する
  • 6蛇口を取り付けて交換完了

こんなタイプもあります

ワンホール混合水栓タイプ

  • 1古い蛇口のアダプターを取り外す
  • 2六角ナットを取り外す
  • 3蛇口を取り外す
  • 4上面施工用アダプタを取り付ける
  • 5水栓本体を取り付ける
  • 6付属アダプタを取り付ける
  • 7ホースを取り付ける

単水栓タイプ

  • 1水道の元栓を締る
  • 2交換する蛇口を取り外す
  • 3新しい蛇口を取り付ける
  • 4回転数を覚えておく
  • 5シールテープを巻く
  • 6蛇口を閉め込む
  • 7水漏れをチェックする

水漏れの原因

水漏れの原因

キッチンでの水漏れ 毎日使用する台所での水道・水漏れトラブルはすぐに解決したいですよね。水栓部分で水漏れしているときは、蛇口・パイプの付け根・水栓の付け根・ハンドル下のカバーナットのいずれかである場合が多いので、水漏れ箇所を特定しておくと修理・交換依頼がスムーズにできます。またシンク部分の水漏れは、たとえば排水パイプと床のつなぎ目から水漏れしている場合は詰まりが原因のケースが考えられます。なるべく早めに水道・水漏れ修理の専門業者に修理・交換を依頼しましょう。

蛇口をしっかりと閉めても水が垂れてくる状態なら、水漏れの原因として、蛇口内部のパッキンや部品の老朽化の可能性が高いです。そもそもこれらの部品は消耗品であり、耐用年数が来たら交換するべき箇所なのです。しかし、蛇口の根元・水道のつなぎ目など本来水が出てくるはずじゃない場所から水が漏れてきた場合は、蛇口自体が老朽化していると考えられます。そうなれば、蛇口そのものを交換する必要があります。水漏れの要因は、大きく分けて劣化と破損であり、次の2つの症状がよく報告されています。「きちんと蛇口を閉めているのに水が止まらない」「蛇口の根元から水漏れする」というものです。前者の場合には、水を止めている箇所の締める力が弱くなっているか、内部のパッキンの劣化が原因と考えら、交換が必要です。後者の場合は、接合部分の劣化や緩みが原因の場合と、蛇口本体の劣化や破損が原因と考えら、修理が必要であると考えられます。破損が確認できたり、見ても良くわからない時には、水道業者に見てもらうことが最善だと思います。また、マンションやアパートなどの集合住宅で水漏れする場合、建物自体の給排水管・水道の腐食や劣化なども原因として考えられることもよくあります。築年数が古い建物では、排水管のつなぎ目等が劣化して、そこから水漏れすることはケースとして非常に多く確認されています。マンションの給排水管は、外側からは見えない床下や天井裏などの場所にあるために気付かない間に水漏れが進んでいることも多くあります。もしくは、建物の防水対策が耐用年数を過ぎてしまい、雨漏りが発生する場合もあります。時間が経つにつれて、外壁のひびやずれなどの細かい隙間から水が浸み込んできて、だんだんと雨漏り等が目立つようになってきたりもします。さらに、修理が困難になってゆきます。

水漏れを予防し、できれば水道トラブルに遭いたくないですし、水道の修理や交換など手間のかかることは避けたいですよね。蛇口からの水漏れを防ぐには、パッキンなどの消耗品を適度なタイミングで交換・修理したり、また蛇口本体も限界に達する前に交換・修理することが挙げられます。ただ、一般の方には蛇口、水道などの老朽化は見極めが難しいので、水道の専門業者に点検してもらうのがよいでしょう。また、日頃からできる予防策として、蛇口を締めるときに力任せに強く締めすぎないことです。蛇口の過度な締めすぎはパッキンや部品の消耗を早め、水道トラブルの発生、部品の交換や修理を増やす原因にもなります。

集合住宅での水漏れ・水道トラブルの対策は戸建て住宅とは違い、たった一部屋の水道トラブルが他の部屋にも被害を及ぼす可能性があり、容易に修理できません。そのため、日頃から水道まわりに関しては問題が小さいうちに、早めの水道修理や交換を済ませておくことが大切です。集合住宅では、床に防水加工されているのは浴室のみだといわれています。そのため、浴室以外の場所で水などをこぼした場合はしっかり拭き取ることが大切です。階下の部屋に水漏れして被害を及ぼす場合があります。特に古い集合住宅では、水道の配管が腐食している可能性が高いので水道の被害が拡大しやすく、原因を突き止め水道の修理・交換の施工にいたりません。戸建て住宅よりも水道の修理・交換が困難な場合が多いので、普段からできる限りの水漏れ対策をしましょう。

水道・蛇口の修理・交換はDIYと業者のどちらがお得?DIYは修理・交換の費用がかからず自分の都合に合わせて修理・交換作業が可能ですが、慣れない場合は蛇口交換だけでも時間がかかります。それに対して水道業者の場合は、修理・交換費用はかかってしまいますが水道トラブルの原因を確実に究明し適切な処置を施すことができます。また、ご自身で作業するとけがをしたり、水道・蛇口の部品の破損を招く危険性もあります。ご自身のみで水道修理・交換できる知識と技量がある場合は別ですが、安心で確実な修理・交換は水道の専門業者に託す方がよいでしょう。

水まわりの修理・交換

トイレの修理・水漏れに関するトラブルはこちらからご覧ください。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • お客様の依頼傾向について
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼