水のトラブルを防ぐ方法! |水110番

メニュー
水漏れ修理・水回りトラブルの事なら水110番 TOP > 水のトラブルを防ぐ方法! >


水のトラブルを防ぐ方法!

戸建住宅、マンションなど、様々な住宅の形式があり、生活も家庭によって異なりますが、いずれも私たちの暮らしには水が欠かせません。水を使用できるキッチンやトイレ、そして浴室は毎日頻繁に利用する空間ですが、水道管の破損やトイレトラブルは日常的に使用していればいずれ直面する問題です。しかし、トラブル発生の理由を把握し、正しい知識で対策しておくことで水のトラブルを事前に回避、解決することもできます。参考となる、水のトラブルを防ぐ予防法を具体的にご紹介いたします。 様々な

トラブル予防・対策をしていないとどうなる?

必然的に使用頻度が高くなるためこまめな手入れが必要な排水管やトイレなどの設備ですが、水のトラブルに対しての予防や対策を怠ることで、早期に部品の劣化や不具合が訪れてしまいます。また、留守中などにトラブルが起きてしまえば発見が遅れ、被害拡大に発展してしまいます。では、水まわりの定期検査や予防・対策を行わないことで起きてしまうトラブルの事例を紹介していきます。

予防や対策をしていないと…

  • ● 設備の早期故障
  • ● 設備部品の損傷や劣化の早まり
  • ● 配水管のつまり
  • ● 異臭や異音
  • ● 水漏れ

経済的・精神的な被害も…

  • ● 複数箇所でトラブルが発生すると、大規模なリフォームや修繕が必要になってしまい、費用がかさみます。
  • ● 被害が拡大し、修繕に長期を要するケースも考えられます。長期間水を使用できなくなってしまうことで、生活にも影響が出てしまい、精神的なストレスにも繋がることがあります。

予防対策を施しておくことで、トラブル回避または被害を最小限に抑えることが◎

トラブルの予防と対策が必要な場所

蛇口や配管のトラブルにより、私たちの暮らしの快適性が損なわれてしまいますが、予防目的を持ち道具の準備や対策を施しておけばそのような心配をせずに済みます。また、トラブルの発生を想定した対策を行っておくことで、万が一トラブルが発生してしまった場合でも被害の拡大を抑止することが可能です。ですが、対策を行うべき箇所がわからないという方も少なくはないでしょう。次に、水道設備のどういった箇所にどのような対策が必要なのかご紹介いたします。
トラブルが起きやすい箇所
トラブルが起きやすい箇所
●水道蛇口のナット上部
●給水管、排水管と壁の接続部
●トイレタンク内や便器、小便器の給水管
●洗濯機の下や給水ホース、排水ホースなど…

チェックから予防対策まで

先にご紹介したように、水トラブルが発生しやすいのは給水管、排水管のつなぎ目、また配水管と壁の接続部などです。現時点で問題が起きていなくてもこまめにチェックする必要があります。設備や部品の劣化具合などを把握することで、どのような対策を実施すればいいのか、目安になります。トラブルの予防方法、原因箇所の探し方や点検箇所がわからないため、対策に困られる方もいらっしゃると思いますので、どのような点検方法、予防方法があるのかを説明していきます

まずは現状をチェック

まずは、現状で不具合が発生していないかを確認してみましょう。部品や設備の老朽化により、接続部分から水漏れするケースが多いので、接続部を重点的にチェックしてみましょう。また、メーターでパイロットの動きを確認することで、水漏れしていないかを把握することができます。また、実際に水を流し、スムーズに流れるのか確認しましょう。

トラブルの防止方法

  • ● 排水口のつまりを防ぐには、排水ネットの設置やこまめな掃除が効果的です。吸引カップを使用して、配水管内部を掃除することも、トラブルの予防に繋がります。
  • ● 排水管やホースの接続部分には、防水テープを施すことで、水漏れを予防します。万が一、水漏れが発生した場合でもすぐに気づくよう、検知器を設置するのもおすすめです。

トラブル予防・対策に役立つ道具
注意!!
水漏れ防止スプレーや防止剤、防水用のペンキも販売されていて、簡単に購入できます。用途に適さない使い方をすると、住宅を傷めてしまう要因になってしまうことがありますので、使わないようにしましょう。また、住宅設備用であっても、対象の材質を確認し、使用方法を守るようご注意ください。

困ったときは専門性の高い業者に相談!

ここまでご紹介した通り、水のトラブルは個人で予防・対策し解決させることができる場合もあります。しかし、目視での点検が難しい場所でトラブルが発生することもあり、個人では場所の特定、証拠を見つけるのが難しいです。専門的な知識に長けている業者に調査を実施してもらうことで問題を早期発見し、対処して被害の拡大を抑えることができます。最後に、業者による水トラブルの調査についてご紹介いたします。
探知機・聴診器
排水口と排水パイプの付け根部分からの水漏れは、コーキング剤やパテを使用して破損箇所を埋めることで応急処置になります。しかし、硬化にはある程度の時間がかかり、修繕範囲が広い場合には、固まりきらないパテが作業中に他の場所に付着することがあるため注意が必要です。
毎日利用する生活水を得るための設備は、住宅などと同様に劣化していきます。その劣化が原因となり、トラブルを招いてしまいますが、予防をしておくことで、トラブル回避や被害拡大を防ぐことができるのです。また、設備や備品の異常を発見した場合は、早めに修理、交換をされることをオススメします。しかし、自分で修理や部品交換をすると組立が上手くいかず、事態悪化を招いてしまうこともありますので、業者に任せたほうが手間がかかりません。自分で行う部分と業者を頼る部分、うまく分けて水トラブルの予防をしていきましょう。

水トラブル情報

水漏れ・つまりまずはご相談ください!お電話一本で即日解決!24時間365日 早朝・深夜も受付中!各種クレジットカードOK!調査見積り無料 ここをタップして到着時間を確認する

電話が繋がりやすくなっております