怪しいなと思ったときには水漏れの点検と適切な対処を |水110番

メニュー
水漏れ修理・水回りトラブルの事なら水110番 TOP > 怪しいなと思ったときには水漏れの点検と適切な対処を

怪しいなと思ったときには水漏れの点検と適切な対処を

自分の家は大丈夫だなんて思っていませんか?水漏れは、目に見えているものだけではありません。実は気が付かないうちに水漏れが起こっている場合もあるのです。トイレの水漏れや蛇口からの水漏れなどはすぐ気がつき、すぐ業者に修理してもらうことが出来ます。

 

しかし、私たちが生活している中で目にしない排水管から水漏れしている場合は、なかなか気づくことができません。急に水道代が上がったなど心当たりはありませんか?どのようにいち早く水漏れを発見できるかをご紹介していきます。

 

目次

 

 

水漏れが疑われるのならすぐに点検をしましょう

節水しているのに、水道代が高い。こんな場合には、もしかして水漏れしているかもしれません。いち早く水漏れを発見しないと、のちのち面倒な事態になりかねません。

 

水漏れのチェック方法と、放置しておくと起こる二次被害についてご説明するので、順に見ていきましょう。

 

こんな症状が起こっていれば水漏れの可能性が

こんな症状が起こっていれば水漏れの可能性が

 

使用量はいつもと同じなのに水道料金が急に上がった
使っていないのに水道メーターが回っている          
蛇口の締りが悪く、急に吹き出すことがある                  
家の外観や内装が濡れているときや、湿気っているときがある       
夜、寝ていると水が流れるような変な音がする       
水の出が急に悪くなることがある 

 

水漏れの点検は水道メーターを確認

・水道メーターはどこにある?

戸建住宅やアパートなどでは、水道メーカーは玄関先や駐車場などにあります。地中に埋めこまれており黒や白、青色のフタを開けるとメーターが見えます。

 

マンションなどの高さがある建物の場合は、廊下や玄関に電気やガスメーターと一緒になって設置されています。その場合一番下が水道です。

 

 

・水道メーターの見方   

水道メーターを見ることで水道の使用量を確認できます。現在の水道メーター指針から、前回のメーター指針を引いた数量が使用量となるので、前回の水道料金表を取っておくことをおススメします。

 

パイロットと言われるものがあり、これは水を使用しているときにクルクル回っています。そしてパイロットが回っているときに水道の料金は加算されていきます。

 

水を使用していないのに、このパイロットが回っていれば水漏れが起こっている可能性があります。

 

怪しいなと思ったら、まず水道メーターのパイロットをチェックしてみましょう。

 

水漏れ点検・調査の重要性

怪しいなと思ったら、まず水道メーターのパイロットをチェックしてみましょう。点検や調査を適切に行い、水漏れ箇所・原因を特定しないと処置が遅れ二次被害に至る可能性があります。

 

二次被害の例を挙げてみましょう。

 

二次災害例■

 

・カビ・シロアリの発生
水漏れ箇所にカビが生え、シロアリを呼び寄せてしまします。

 

・住宅の劣化
カビやシロアリを引き寄せてしまうと、どんどん木材が腐っていき住宅の劣化を引き起こしてしまいます。

 

・地盤への悪影響
床下が土の場合、水が漏れていることで土が外に流出してしまい、地盤沈下を起こす場合があります。

 

・集合住宅の場合階下に迷惑をかける
下の階の住まいの家具や天井に被害を与えるだけでなく、 壁や床の中まで水が浸透してしまうと壁や天井などにカビなどを発生されてしまう可能性があります。

 

自分で原因箇所を調査するには

いち早く気づくことが大切な水漏れ。業者を呼んでから、水漏れ箇所を特定して直してもらうまで時間がかかる場合もあります。そんなとき、自分自身で水漏れ箇所を特定し、対処できる方法をお伝えします。

 

水漏れ箇所を特定する4つの方法

水漏れ箇所を特定する4つの方法

 

1. 目視で確認 
主に家の中の湿度が妙に高くないか、水が垂れているようなシミはないか。敷地内に水たまりになっていないか、水道使用量が増えていないかをチェックします。

 

蛇口はしっかりしまっているのか、ウォーターサーバーなどの機械とつながっている機械はないかなども確認します。


2. 異音調査
蛇口に耳を当ててみたり、壁に耳を当ててみたりと水の流れている音がないかを確認します。蛇口をあまりひねってないのに、勢いよく流れる水の音がしたりする、蛇口を閉めたのにまだ水が流れる音がするというのは、水漏れがどこかで起こっている証拠です。

 

3. 消去法
水漏れ箇所をさがしていくのではなく、漏れのない箇所を 明白にしていき残った場所が水も漏れの可能性があるというように確認していく方法です。


4. 図面確認
建物の築年数が増えるごとに、排水管の老朽化が進みます。そのため、水漏れ箇所を一か所を決めつけず、図面を見て排水管の位置を確認しましょう。

 

水漏れの対処法:戸建住宅の場合

早めに業者を呼ぶことが一番いいでしょう。しかし、業者が到着するまでそのままにしておくわけにもいきません。被害を広げないためにも、以下のことを行いましょう。

 

水道の元栓を閉める

水道を元から止める方法です。元栓を閉めればとまります。ぽたぽたくらいの少しの水漏れであればタオルなどを置くのも策ですが、吹き出すぐらいの水漏れであれば元栓を閉めましょう。元栓の場所を確認しておくと、いざ水漏れが起こったときにも冷静に行動できます。

 

戸建て住宅の場合は、通常元栓は駐車場など地中のボックスの中にあります。

 

詰まりを取り除く

何かを詰まらせてしまい水漏れが起こったときには、無理に流そうとすればするほど悪化してしまいます。まずは、ラバーカップなどで詰まった異物を取り除くことがいいでしょう。風呂場やキッチン、トイレなどでの詰まりは、異物を取り除けば解決する場合があります。しかし、奥の方まで入り込んでしまった場合は業者に頼るのが有効です。

 

業者を呼ぶ

応急処置であればタオルやバケツなどで行えそうですが、いずれも自分でできる対処方法は限られています。

 

しかし、原因不明の水漏れを探索したり、ガムテープなどで蛇口を巻いて修理するなどといった行為は更なる水漏れを呼ぶ恐れがあります。応急処置をしたら、すぐ業者を呼びましょう。

 

水漏れの対処法:マンション・アパートの場合

マンションの場合は水漏れ原因が自分であるとは限りません。責任の所在を確認しなければならないため状況を写真などで保存しておくことが重要です。

 

・元栓を閉める
マンションの場合、戸建住宅と違い元栓の場所が違います。玄関前の水道、電気、ガスのメーターが一緒になって入っているボックスがあり、そこに元栓もあります。隣の家の元栓でないか確認してから閉めましょう。

 

アパートの場合、小さいアパートであれば駐車場の所に戸建住宅のように駐車場などの地中に埋まっている場合があります。もしなければ、マンションと同じボックスを確認してみましょう。 

 

・写真を撮る  

どこの場所から水漏れしているのか、どんな被害があるのかをしっかり分かるように写真で残しておきましょう。

 

・バケツ・タオルで応急処置
戸建住宅と同じで、タオルで水を拭いたりあふれた水をバケツに入れたりと応急処置をしましょう。水分は、時間が経つと浸透していくので早く拭き取ることが重要です。

 

・管理会社、管理組合に連絡
修理する場合、マンションやアパートの管理会社などに許可がいる場合があるので連絡をいれましょう。

 

自分で水漏れ調査を行うメリット・デメリット

メリット

自分で行うため調査費がかからない。


デメリット

調査方法を、しっかり適切に行えていない場合がある。

排水管など目に見えない所など、自分では行えない範囲がある。

水漏れ調査は単純なものであれば問題ないが水漏れの原因がどこにあるかわからない場合は発見まで時間がかかる。

 

プロが行う水漏れ調査とは

自分で行う水漏れ調査には限りがあります。しかし水漏れ調査のプロならば幅広い方法で調査をすることができます。プロはどんな方法で調査を行っているのかをご紹介します。

 

最新機器を用いたプロの調査方法

最新機器を用いたプロの調査方法

 

近年では、消去法はもちろん最新の機械を用いての調査方法がさかんになってきています。その調査方法と使用される機械をご紹介します。

 

音聴調査 
蛇口やバルブなどに直接当てるだけで、漏水音を拾うことができる高感度音聴棒や電子音聴器やヘッドホンが付いた漏水探知機を使用する方法です。

 

漏水探知機には、広範囲の漏水を検知できるものや小型高性能のマイクがついたものもあり高性能になってきています。 

 

 

目視調査
含水率計を使用して、木材がどれぐらい水分を含んでいるかを把握して水漏れ箇所を探します。

 

また、赤外線を使用したサーモグラフィーを使用すれば家の内部の状況まで確認できるため、漏水して温度が下がった場所をいち早く見つけることができます。

 

さらに、人が入れない所には小型カメラを入れて確認するといった、目視の方法も用います。

 

 

<水道管の調査方法で使用される機械>

目に見えない水道管や配管の水漏れを調査するためのさまざまな機械があります。

 

1パイプロケーター 
配管に接続した親機から電流を発生させて子機に十進させることでどこで配管が破損しているかがわかる機械です。

 

2コンプレッサー
圧縮空気を配管内に入れ、音を大きくすることで確認できる機械です。

 

3相関式漏水探知装置
2か所のセンサーで漏水音を確認してその時間差で漏水点を確認できる機械です。

 

4トレーサー式漏水発見器
トレーサーガスを使用して調査する機械です。騒音がないのが良い点です。

 

5鉄管探知器
金属の配管の位置を確認するのに使用される機械です。

 

プロに頼むメリット・デメリット

メリット
自分で行うより時間がかからず適切で安心である。
集合住宅の場合は責任の所在をはっきりさせるためにも業者に頼んだ方が適切である。

 

デメリット
調査費用とは別に修理費用がかかるので負担になる。

 

良い業者の3つの特徴

・口コミの評価がよい
インターネットなどの口コミが良いかを調べましょう。悪い評判ばかりであったら、違う業者にした方がいいかもしれません。サイトによっては、不確かな情報が掲載されている場合もあるので信用性のあるサイトを選びましょう。

 

・施工内容の詳細を説明してくれる
しっかり工事内容を説明し、見積りも出してくれる業者を選びましょう。中には、説明もせず追加料金をとってくる業者などもいるので注意しましょう。

 

また、疑問があれば聞いてみるとよいでしょう。その回答に分かりやすく説明してくれる業者なら安心しやすいです。

 

・水漏れ原因など解説してくれる
あまりにも説明をせずに急いで工事を始める業者がいます。今どんな状態になっているのかをしっかり説明してくれて、その状況に対してどんな工事が必要なのか説明してくれる業者であれば安心でしょう。

 

「とりあえず水漏れ箇所を見せて」などと、どんな状況なのかを聞かずに工事を進める業者は避けた方がよいかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。いざ水漏れが起こると慌ててしまうことがあります。今回は、そんなときに慌てないためのポイントをご紹介しました。

 

・まずはいち早く水漏れをチェックする
・水漏れの応急処置の方法も更なる二次被害を防ぐ
・水漏れ箇所特定のため、水漏れ調査を行う。
・自分で特定できない場合や不安な時は業者に依頼する
・水漏れ修理は自分でむやみには行わず、業者に依頼する

 

これらのポイントをしっかり押さえて、水漏れに冷静に対処できるようにしましょう。

水漏れ・つまりまずはご相談ください!お電話一本で即日解決!24時間365日 早朝・深夜も受付中!各種クレジットカードOK!調査見積り無料 ここをタップして到着時間を確認する

電話が繋がりやすくなっております