トイレの水漏れ箇所はどこ?確認する方法や修理方法についても紹介!|水110番

メニュー
水漏れ修理・水回りトラブルの事なら水110番 TOP >最新情報・レポート >トイレの水漏れ箇所はどこ?確認する方法や修理方法についても紹介!

トイレの水漏れ箇所はどこ?確認する方法や修理方法についても紹介!

トイレの水漏れ箇所は、水漏れの症状からある程度特定することができます。たとえば、タンク内からポタポタと音が聞こえるのであれば、タンク内の部品が破損している可能性が高いです。

そのほかにも、配水管が濡れているのであれば、配水管のつなぎ目から水が漏れている可能性があります。当記事では、トイレの水漏れをチェックする箇所をご紹介します。チェックをし、水漏れの原因を知って早めの対処をしましょう。

もし自分では対処できない場合は、無理におこなわず業者に依頼することも検討しましょう。

トイレの水漏れ箇所をチェックする方法

トイレで水漏れが起きたときは、まずどこで水漏れしているかチェックする必要があります。水漏れしている箇所によってどのような原因が考えられるか知ることができるからです。この章では、水漏れ箇所のチェックとそこから考えられる原因について解説します。

便器や床が濡れている場合

便器や床が濡れている場合

床が濡れている場合は原因が複数考えられるため、以下の箇所をチェックしましょう。

・便器やタンク、給水管の結露
便器やタンク、給水管をタオルなどで拭き、その後水が漏れていないか確かめます。

・便器と床の間からの水漏れ
濡れているトイレの床を一度拭いてみましょう。何度拭いても床が濡れている場合は、水漏れの可能性が高いです。

・便器の破損
便器の外側がひび割れしていないか確認しましょう。

便器やタンクなどに結露がある場合は、温度差によるものなので濡れている箇所を拭き取り、こまめに換気扇を回すか結露防止スプレーをするなどで対処できます。結露以外の場合は【便器が破損していたら新しく交換が必要】でご紹介していますので、そちらをご覧ください。

タンクからポタポタ音がする場合

タンクから音がするときは、タンク内のボールタップやオーバーフロー管が破損していることが原因と考えられます。ボールタップとは、タンク内で水を補給したり水の流れを止めたりする役割をしている部品です。また形は先端部分が楕円形の浮き球がついていて、タンクの外にある給水管に根元がつながっています。

ボールタップの浮き球が破損していると、水の位置が変動しても浮き球が沈んだ状態のままになってしまいます。そうすると、タンク内に水が流れ続けてしまい、水漏れにつながってしまうのです。

またオーバーフロー管は水に浸かっている筒状の部品で、給水された水がタンクの外へ溢れださないよう防ぐ役割をもっています。もし、オーバーフロー管にひびが入っていたり正しい位置からずれていたりすると、便器内へ水漏れを起こします。

タンクの蓋を取り各部品の劣化具合を確認し、交換が必要な場合は新しいものに換えましょう。交換方法は【タンク内の部品も新品に交換を!】で解説しています。

配管が濡れている場合

配管やパイプ類が水に濡れているのは、ナットが緩んでいるかパッキンが劣化していることが考えられるでしょう。長年使用しているとパッキンは劣化してしまいます。この場合は、緩んだナットを閉めたり新品のパッキンに交換したりすることが対処法です。

ナットの閉め方・パッキンの交換方法は、【配管の水漏れはパッキン交換・ナットの閉め直し】でご紹介しています。

便器の水が流れ続けている場合

便器の水が流れ続けているのは、「ウォシュレットのノズルが劣化している」もしくは「タンク内のフロートバルブのずれ・破損」などが原因かもしれません。対処法については【ウォシュレットの故障は業者にお任せ】および【タンク内の部品も新品に交換を!】で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

水漏れ箇所が分かったら修理や部品交換をしよう

トイレの水漏れ箇所をチェックして特定できたら、修理や部品交換をおこないましょう。ナットの緩みは閉め直すだけですし、部品の交換を失敗しなければ自分で解決することができます。一方で、業者に依頼しないと悪化させてしまう作業もあるので注意しなくてはいけません。

この章では、自分でおこなう修理や交換方法を解説します。無理なようであれば、業者に相談、依頼することをおすすめします。

便器が破損していたら新しく交換が必要

便器が破損していたら新しく交換が必要

便器本体にひび割れなどの破損がある場合、便器を新しく交換する必要があります。便器の交換は自分でおこなうのは難しく、業者に依頼しないといけません。しかし、交換するまでの間は、水が漏れないようにする必要があります。

ひび割れの応急処置方法は以下のとおりです。

便器を交換するまでの応急処置方法

  1. 防水パテ(コーキング)をちぎりこねる
  2. タオルなどでひび割れ部分の水分を拭き取る
  3. ひび割れ部分に防水パテをねりこむ
  4. 防水パテが乾くまで待つ
  5. 新しい便器が用意できたら交換する

以上が応急処置の方法です。しかし、安全性を考えて交換するまでは便器を使うのをやめましょう。防水パテは、ホームセンターなどで購入することができます。

便器と排水管の間にある部品「フランジパテ」を交換する際も、便器の脱着が必要です。自分で対処するのが難しいと感じたら、無理せずに業者に依頼することをおすすめします。

タンク内の部品も新品に交換を!

タンク内にあるフロートバルブやボールタップが破損しているなら、新品と交換する必要があります。準備する道具はマイナスドライバーとペンチ、新品のフロートバルブまたはボールタップです。フロートバルブは、ホームセンターなどで購入できます。交換は以下の手順でおこないましょう。

フロートバルブの交換手順

  1. マイナスドライバーを使い、給水管の接続口近くにある止水栓を閉めて水を止める
  2. タンクの蓋を開ける(手洗い管がありタンク内の給水管とつながっているときは、根元にあるナットを緩めてから蓋を開ける)
  3. フロートバルブの鎖が絡んでないか確認し、フロートバルブと鎖を取りだす
  4. 新しいほうの鎖を古い鎖と同じ長さになるようにペンチなどを使い切って調節する
  5. 古いフロートバルブを外し、新しいフロートバルブに交換する
  6. レバーを回したときに問題なく動くか確認する
  7. 止水栓をマイナスドライバーで開け、水を流して問題がないか最終確認して完了

ボールタップの交換手順

  1. マイナスドライバーで給水管の接続口近くの止水栓を閉める
  2. タンクの蓋を開ける(手洗い管がありタンク内の給水管とつながっているときは、根元にあるナットを緩めてから蓋を開ける)
  3. モンキーレンチを使い、ボールタップをタンク内から取り外す
  4. 古いボールタップを取り外したら、新しいボールタップと交換する
  5. 取り付け完了後、マイナスドライバーで止水栓を開いて、オーバーフロー管頂上の2~3cm下ぐらいのところで止まるか確認する

フロートバルブとボールタップの交換作業は、自分でおこなうことができます。「作業に自信がない」「失敗しないか不安だ」という方は、業者に相談しましょう。

配管の水漏れはパッキン交換・ナットの閉め直し

配管やパイプ類などの水漏れの原因であるパッキンの劣化とナットの緩みを直していきましょう。パッキンの交換方法→ナットの閉め直し方の順番でご紹介していきますので、参考にしてください。

パッキンの交換方法

  1. 作業を始める前に、マイナスドライバー・モンキーレンチ・新品のパッキンを準備する
  2. 止水栓をマイナスドライバーで右方向に回して閉める
  3. タンクの蓋を開ける(手洗い管がありタンク内の給水管とつながっているときは、根元にあるナットを緩めてから蓋を開ける)
  4. モンキーレンチを使い、ボールタップを押さえながら左方向にゆっくりナットを緩める
  5. 新しいパッキンと交換する
  6. ナットを緩めたときとは逆方向に回して閉める
  7. 止水栓を左方向に回し開ける

止水栓を開けるときに水が漏れてくる場合は、パッキン以外の原因である可能性が高いです。無理をせず業者に依頼しましょう。

ナットの閉め直し方

  1. マイナスドライバー、モンキーレンチを準備する
  2. 止水栓をマイナスドライバーで右方向に回して閉める
  3. 緩んでいるナットを右方向に回す
  4. 止水栓をマイナスドライバーで左方向に回し開ける

ナットの閉め直しは簡単な作業ですが、閉めすぎてしまうと水が流れにくくなったり、水漏れが悪化したりしてしまいます。閉める際には、ゆっくり様子をみながらナットを閉めましょう。難しいときは、パッキン交換同様業者に依頼することをおすすめします。

ウォシュレットの故障は業者にお任せ

ウォシュレットは電子機器のため、自分で対処しようとすると漏電の危険や症状を悪化させるおそれがあります。ですので、ウォシュレットが故障したらすぐに業者に連絡し、交換してもらいましょう。

ただし、ウォシュレットノズルからの水漏れであれば交換して直ることがあります。新しいノズルを購入する際はホームセンターではなく、メーカーの公式販売サイトで既存のノズルと同じものを購入しましょう。以下は、ウォシュレットのノズルを交換する手順です。

ノズルの交換方法

  1. 止水栓を閉める
  2. ウォシュレットのリモコンにある「ノズル掃除」ボタンを押すか、手で引っ張ってノズルを引きだす
  3. ノズルを左方向に回してウォシュレット本体から取り外す
  4. 新しいノズルを取り付ける
  5. 止水栓を開け、水がでることを確認して完了

ノズルが取り外せないようであれば、説明書を確認するようにしましょう。

トイレの修理を業者に依頼したらいくらぐらいかかる?

ここまで、トイレの水漏れの原因やそれぞれの対処法をご紹介してきました。自分でも水漏れを修理することはできますが、どうしても業者に依頼しなくてはいけない場合があります。

その場合は費用がかかるため、業者に依頼するのをためらうかもしれません。しかし、費用をかけるだけのメリットが業者にはあることを知ることで、業者に水漏れ修理の依頼をしやすくなるでしょう。

ここでは、業者に依頼したときの費用と業者に依頼するメリットをご紹介します。まずは、以下に業者に依頼したときにかかる費用の相場をまとめました。

費用相場

  • 便器交換……約2万3千円(交換作業にかかる費用のみ。便器本体は別途購入になる)
  • タンク内の部品交換……約8,000円~1万2千円(タンク脱着する場合も含む)
  • パッキン交換、ナットの閉め直し……約4,000円前後
  • ウォシュレット交換……約4,000円~1万5千円

それぞれの費用は、交換作業にかかる費用のみです。上記の料金とは別に部品や便器、ウォシュレット本体の代金がかかるので、業者に依頼する際に見積りをとるようにしましょう。

業者に依頼するメリット

業者に依頼するメリット

水漏れが発生した際に、自分で交換すれば費用を抑えることができますが、便器やウォシュレットの交換は症状を悪化させてしまうおそれがあります。しかし、確かな実績と水回りの専門知識をもつ業者であれば、失敗することは減少します。

また、作業スピードも速いので素人がおこなうよりも短時間で水漏れを解消できるのです。弊社では、迅速かつ丁寧な作業で水漏れを解消する業者をご紹介しております。もし依頼する業者に迷いましたら、ぜひお問い合わせください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

まとめ

トイレの水漏れをチェックすることで、水漏れ箇所を特定することができます。さらに、水が漏れている箇所での原因を確認し、それぞれの対処法をおこないましょう。しかし、便器やウォシュレットなど本体を交換しなければいけないときは、業者に依頼しなくてはいけません。

自分でも交換などはできますが、水漏れが悪化したり便器が故障したりするおそれがあります。無理をせずすぐに業者に依頼するようにしてください。一刻でも早く水漏れを直したい方は、弊社までご連絡ください。

ご連絡をいただいたあと、弊社の加盟店のなかからご希望に沿った業者をご紹介させていただきます。お気軽にご利用ください。

水のトラブル・知識
知っておきたい!
お役立ち情報

記事一覧へ
WEB限定特別価格 ご依頼の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと出張費より2,000円OFF! ※税抜きになります
電話が繋がりやすくなっております
水漏れ、つまりまずは相談ください!最短15分で到着!即日解決!
プライバシーポリシー