トイレの床から水漏れ|水110番

メニュー
水漏れ修理・水回りトラブルの事なら水110番 TOP >最新情報・レポート >トイレの床から水漏れ|DIY|原因や部品交換の方法、修理料金も

トイレの床から水漏れ|DIY|原因や部品交換の方法、修理料金も

「トイレの床が濡れていて、水漏れかもしれない」というときには、水漏れ箇所や水漏れ原因を特定しましょう。なぜなら、水漏れの修理方法は原因によって異なるからです。また、水漏れの原因によっては自分で修理するのが難しい場合もあります。

本コラムでは、トイレの床での水漏れの原因と、その対処法をご紹介します。トイレの水漏れにお困りの方は、本コラムを読んで、トイレの床での水漏れはDIYで解消できるのかを判断して適切に対処してください。

トイレの床が濡れている場合、考えられる原因は7つある

ひとことにトイレの床が濡れているといっても原因はさまざまで、正しく対処するには原因の特定が先決です。この章では、トイレの床が濡れている7つの原因と特徴を紹介します。

原因1.温度差により結露している

原因1.温度差により結露している

「トイレで水漏れしているかも」というときには、結露が原因かもしれません。結露とは、タンク内の水と室内の温度差が大きくなったり室内の湿度が高まったりすることにより、タンク内に水滴がつく現象です。結露が起きたらこまめに拭き取り、換気をして湿度を逃がすようにしましょう。

原因2.便器がひび割れている

便器は耐久性の高い陶器が使われているため、ほとんど割れることがありません。しかし、掃除の際に便器に乗ったり便器に物を落としたりすると、その衝撃で割れてしまうことがあります。思い当たることがあるときには、便器にヒビが入っていないかを確認してみましょう。

もし便器にヒビが入っているときには、自分での応急処置は可能ですが、基本的には便器の交換が必要となります。便器の交換は自分では難しいため、業者に依頼するとよいでしょう。

原因3.タンクやパイプの接続部から水漏れし床に流れている

ナットの緩みやパッキンの劣化が起こっていると、タンクとパイプの接続部分から水漏れして床に流れることがあります。

配管やタンクとのつなぎ目を確認してみて、もし水漏れが起こっていたらナットの締め直しやパッキンの交換といった処置が必要です。これらの詳しい対処法については、次の章でご説明します。

原因4.便器の設置不良や設置部品の劣化

便器を交換・修理したばかりなのに水漏れが起こったときには、交換・修理のときに”フランジ(便器を床に設置している部品)”がずれてしまったおそれがあります。また、フランジの劣化や破損で水漏れが起こっている場合もあります。

この場合は、フランジを新しいものと交換すれば解消することができます。フランジの交換方法は、次の章でご説明します。

原因5.排水管の劣化や詰まり

床下にある排水管が劣化してヒビが入ったり、異物が詰まったりすると、便器と床の隙間から水漏れするおそれがあります。また、床下にあるトイレ以外の配管の水漏れが原因で、水がしみ出てくることもあります。

水漏れの原因となる配管を特定するためには、一度便器を取り外して床下の配管をひとつずつチェックしなければなりません。その作業は自分では難しいため、業者に依頼するとよいでしょう。

原因6.液体をこぼした

トイレの床が濡れている場合、掃除などで気づかない間に液体をこぼしてしまっているだけの可能性もあります。思い当たることがあるときには、一度濡れた部分を拭き取って様子を見てみるとよいでしょう。

原因7.ウォシュレットの操作パネルやノズルから水漏れしている

ウォシュレットトイレは通常のトイレよりも接続部分や部品が多いため、水漏れにはさまざまな原因が考えられます。そのため、自分での水漏れ箇所や原因の特定は難しいでしょう。

また、ウォシュレットトイレは電化製品のため、機械が故障しているおそれもあります。もし無理に自分で直そうとすると、さらにトラブルを悪化させてしまうおそれがあるので、業者に依頼したほうがよいでしょう。

弊社では、水漏れ修理業者をご紹介します。トイレの水漏れにお困りの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの床の水漏れ、DIYで直すなら「接続部分の修理」と「部品交換」

自分で直せる水漏れの修理内容は、タンクや配管の接続部から水漏れし床に流れている場合の「接続部分の修理」と、便器の設置部分の劣化における「部品交換」です。この2つの修理方法について解説します。

【はじめに】作業前に水道の元栓・止水栓を閉めておくこと

【はじめに】作業前に水道の元栓・止水栓を閉めておくこと

水道の元栓とは家に供給される水をすべて止めることができる水栓で、止水栓とは各水回りに供給される水を止めることができる水栓です。

元栓も止水栓も閉めずにトイレの修理をおこなうと、作業中に水があふれだしてしまうおそれがあります。そうならないためにも、修理をする前に元栓か止水栓を閉めておきましょう。

止水栓は、トイレタンクと壁や床をつなぐパイプに取り付けられていて、ハンドルがついているタイプとドライバーを差し込む溝があるタイプに分けられます。ハンドルがついているタイプは手で、溝があるタイプはマイナスドライバーで右に回すと閉めることができます。

元栓は、家の外にある水道メーターの近くにあります。地面に埋まっているので、探してみてください。元栓は、ハンドルまたはレバーを右に回すと閉めることができます。

また、便器の設置部品を交換するときには、便器を取り外す必要があるので、レバーをひねって水を抜いておきましょう。

1.タンクや配管の接続部分を修理する方法

タンクと配管の接続部分にあるナットが緩んでいるときには、モンキーレンチなどで締め直せば水漏れが解消できるでしょう。しかし、それでも解消できないときには内部にあるパッキンが劣化している可能性が高いため、新しいものと交換する必要があります。

パッキンを交換するには、まずモンキーレンチでナットを外しましょう。ナットを緩めれば古いパッキンを取り外すことができるので、新しいパッキンと交換してください。その後、ナットを取り付けて止水栓・元栓を開けたら作業完了です。

2.便器の設置部品を交換する方法

便器の設置部品(フランジ)の交換方法を、以下にまとめました。

【1.部品を外す】
タンクの側面にある給水管をナットで取り外した後、便器を固定している2つのボルトを取り外します。すると、便器を取り外すことができるので、上に持ち上げて外してください。次に、フランジを固定している4つのネジを取り外しましょう。

【2.フランジの交換】
古いフランジを取り外しましょう。フランジは、マイナスドライバーを差し込んで動かせば取り外せることが多いです。

そして、古いフランジが設置されていた部分に新しいフランジを置き、接着剤で固定します。その後、ネジやナットを戻し、止水栓・元栓を開ければ作業完了です。

ここまで、接続部分の修理や設置部分の部品交換の方法をご紹介しました。しかし、トイレの床の水漏れをDIYで修理できる自信がないと思った方もいらっしゃるかもしれません。そういった方は、専門業者に依頼するとよいでしょう。

弊社では、水漏れ修理業者をご紹介します。電話受付は24時間年中無休で受け付けているので、ご都合のよい時間帯にいつでもご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの水漏れ点検は3,000円から依頼が可能

「トイレの水漏れの原因がわからない」「原因の特定が面倒」という方は、水漏れ修理業者に点検を依頼するとよいでしょう。もし原因が曖昧のまま修理をすると、被害を悪化させてしまうおそれがあるのです。

弊社では、3,000円から点検・修理をおこなっております。点検後に不具合が見つかれば、その場で見積りを出し、そのまま修理や交換をすることも可能です。原因が特定できない場合や、すぐにでも水漏れを解消したいときには、ぜひ弊社をご利用ください。

【トイレの修理】作業内容ごとの費用相場

【トイレの修理】作業内容ごとの費用相場

トイレの修理費用は、だいたい5,000円~30,000円程度だといわれています。ただし、修理費用は、作業内容によって異なります。

たとえば、パッキンの交換は8,000円~10,000円程度、フランジの交換は10,000円~12,000円程度が相場です。費用の内訳は、材料費・作業費・出張費などです。

業者によって正確な費用は異なるため、詳しい費用を知りたい方は一度見積りを取るとよいでしょう。

弊社加盟店では、無料で現地調査・お見積りをおこないます。さらに、正式なお見積りからの追加料金はかかりません。まずは料金だけ知りたいという方でも、ぜひ弊社にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水のトラブル・知識
知っておきたい!
お役立ち情報

記事一覧へ
WEB限定特別価格 ご依頼の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと出張費より2,000円OFF! ※税抜きになります
電話が繋がりやすくなっております
水漏れ、つまりまずは相談ください!最短15分で到着!即日解決!
プライバシーポリシー