トイレの水漏れ原因はフランジ?便器の排水に関わるフランジ交換方法|水110番

メニュー
水漏れ修理・水回りトラブルの事なら水110番 TOP >最新情報・レポート >トイレの水漏れ原因はフランジ?便器の排水に関わるフランジ交換方法

トイレの水漏れ原因はフランジ?便器の排水に関わるフランジ交換方法

便器と床の間から水漏れしているのなら、そのトイレの水漏れ原因はフランジの劣化にあるのかもしれません。もしその水漏れを自分で修理するのであれば、正しい手順と慎重な作業が求められます。そこでこのコラムでは、フランジを自分で交換する際の正しい手順と注意点について見ていきましょう。

また、怪我や水漏れの悪化を防ぐためには業者に水漏れの対応を依頼することが無難だといえます。業者に依頼する際の費用相場についてもご紹介するので、自分の手に負えないと感じたら業者への依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【トイレの水漏れ】フランジを交換しよう【DIY】

フランジは、便器と床下にある排水管とを接続する役割を担う部品です。そのためこのフランジに不具合があると、接続が上手くいかずに水漏れが発生してしまいます。トイレの水漏れ原因がフランジにあるとわかったら、早急に交換作業をおこないましょう。

フランジ交換に必要な道具

フランジ交換に必要な道具

フランジを交換するためには、便器を取り外す大掛かりな作業をおこなわなければなりません。そのため、以下のような道具が必要になります。

  • 水を吸引するポンプと水を溜める入れ物
  • モンキーレンチ
  • プラスドライバー

フランジの交換手順

先述のとおり、フランジの交換をするためにはまずフランジを露出させる必要があります。そのため、便器の取り外し作業も含めた交換手順を確認していきましょう。

  1. 便器から水を抜く
  2. レバーを回してタンクの水を減らす
  3. 水が無くなるまで1と2を繰り返す
  4. タンクの底に残った水をふき取る
  5. モンキーレンチでタンクと給水管の接続を取り外す
  6. モンキーレンチでタンクと便器の接続を取り外す
  7. タンクを取り外す
  8. 便器と床との固定器具を取り外す
  9. 便器を取り外す
  10. 古いフランジの固定器具をプラスドライバーで取り外す
  11. 新しいフランジを取り付ける
  12. 便器とタンクを元通りに取り付ける

ほとんどのタンクや便器は陶器でできているため、非常に重量があります。落とすと破損したり怪我をしたりするリスクがあるので、作業は必ず複数人でおこなうようにしてください。

ポイント1.作業前は止水栓を締めて水道を止めること

フランジの交換作業を始める前には、必ず止水栓を締めなければなりません。水漏れが収まらないだけでなく、交換作業でレバーを回しても延々と水が出続けてしまうという状態になってしまいます。

止水栓は手動で締めることができるものもありますが、ドライバー式の場合にはマイナスドライバーを用意しましょう。

ポイント2.配管に物を落とさないように注意!

便器を取り外すと、床下の配管がむき出しになります。その配管に物を落としてしまうと詰まりの原因となってしまうため、物を落とさないように注意してください。不安のある方は、穴を丸めた布などで一時的に穴をふさいでしまうとよいでしょう。

ポイント3.塩ビ用の接着剤を使って強度アップ

新しいフランジを取り付けたら、塩ビ用の接着剤でフランジを固定することをおすすめします。接着剤を使用しなくても十分効果を発揮してくれますが、接着剤によってさらに水漏れのリスクを減らすことができるでしょう。

フランジの交換作業は、主に便器とタンクの取り外しが鬼門となります。その作業には怪我や水漏れ悪化のリスクが伴いますので、不安のある方はぜひ弊社へご相談ください。現地にすぐに駆け付けることが可能な、実績のある業者をご紹介することができます。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

床と便器の間の水漏れは、フランジのヒビや割れが原因

先述のとおりトイレの水漏れは、フランジが劣化して便器と床との接続が不安定になることで起こるケースがあります。それでは、なぜフランジは劣化するのでしょうか。ここでは、その原因について詳しく見ていきましょう。

すべてのトイレタンク部品には寿命がある

すべてのトイレタンク部品には寿命がある

トイレのタンクや便器は、ほとんどの場合陶器でできています。そのため、ひび割れなどが起こらない限り交換は不要です。しかし、タンクや便器に付属する部品には寿命があります。なぜなら、金属やプラスチックのような素材でできているからです。

そのため、トイレの部品はそれぞれ耐用年数があると考える必要があるでしょう。耐用年数を迎えた部品の不具合によって起こる水漏れが多いため、水漏れは対策をしなければ避けられないものであるといっても過言ではありません。

そこで、もし水漏れを避けたいのであれば、耐用年数を迎える前に部品を交換することをおすすめします。常にトイレの部品が新しい状態であることが、水漏れを防ぐことにつながるのです。

もし交換を業者に依頼するのであれば、ぜひ弊社にお任せください。確かな知識と技術を備えた、信頼のできる業者をご紹介いたします。無料見積りをおこなっているので、納得したうえで交換や修理を依頼することができるでしょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの部品交換はプロに依頼すれば時間や手間いらず

トイレの部品は、少しずつですが確実に劣化していきます。部品が劣化する素材でできている以上、それは避けることができません。そのため、トイレの水漏れ原因がフランジなどの部品にある場合には、部品交換が必要です。

しかし、部品によっては交換作業に多くの時間と手間がかかってしまいます。「そのようなことは避けたい」という方は、業者への委託を検討してみるとよいでしょう。このコラムでも費用相場をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

トイレの部品交換にかかる費用相場

トイレの部品交換にかかる費用相場

トイレの部品には多くの種類がありそれぞれ交換の難易度が異なるため、費用相場も部品によって異なります。以下の表をもとに、交換を検討している部品の費用相場を確認してみましょう。ただし、ここで記載されているのは工事費であり、部品などの価格は考慮されていません。

  • 便器の交換:40,000円~50,000円
  • フランジの交換:20,000円~35,000円
  • フランジと床材の交換:55,000円~75,000円
  • パッキンの交換:4,000円前後
  • タンク内の部品交換:6,000円~12,000円
  • 給水管の交換:5000円前後

トイレの部品交換は、業者によって大きく差が出ることがあります。また、見積りをとった後に追加料金を請求してくる悪徳業者も存在するため、ぜひ弊社のサービスをご利用ください。

弊社の紹介する業者は、追加料金なしの見積りはもちろんのこと、無料の現地調査にもとづいた明確な料金提示をおこないます。実績のある業者が伺いますので、安心して交換作業を任せることができるでしょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水のトラブル・知識
知っておきたい!
お役立ち情報

記事一覧へ
WEB限定特別価格 ご依頼の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと出張費より2,000円OFF! ※税抜きになります
電話が繋がりやすくなっております
水漏れ、つまりまずは相談ください!最短15分で到着!即日解決!
プライバシーポリシー