排水管つまり原因|水110番

メニュー
プライバシーポリシー
水漏れ修理・水回りトラブルの事なら水110番 TOP >排水管・排水口のトラブル > 排水管つまり原因|重曹とクエン酸で解消する方法・排水溝つまり予防

排水管つまり原因|重曹とクエン酸で解消する方法・排水溝つまり予防

トラブル今すぐお電話

排水管がつまってしまった際、すぐに業者を呼ぼうとする方も多いでしょう。しかし、なかにはご家庭での対処でも、簡単につまりが解消できるケースもあります。

そこで今回は、排水溝でつまりが起こってしまう原因についてご紹介しつつ、重曹とクエン酸を用いたつまりの解消法と予防法についてご紹介いたします。

つまりの原因を確かめよう

水道を使っていると、シンクに溜まった水がうまく排水されない、もしくは排水が逆流してくるといったことがあるかと思います。こういった緊急事態のほとんどは排水管のつまりが原因です。

排水管のつまりを取り除くためには、その原因を確かめてから解決策を立てる必要があります。ここでは、つまりが起こる場所ごとに分けて、排水管のつまりの原因についてご説明していきます。

つまりを起こしやすい箇所

排水管つまり原因|重曹とクエン酸で解消する方法・排水溝つまり予防

つまりが起こりやすい場所としてあげられるのが、排水管です。基本的に水以外の本来流すべきではないものが流れてしまうことが原因でつまりは発生します。このため、とくに排水管の中の排水溝、排水パイプ、配管、排水桝といった汚れやごみが溜まりやすい場所ではつまりが起こりやすくなってきます。

中でも、キッチンや浴室の排水溝にはそれぞれの特有のつまりの原因がありますのでご説明いたします。ぜひ、つまり対策をするうえで参考にしてみてください。

シンクの排水溝のつまり原因

キッチンでの排水溝のつまりの原因として一番多いのは、食用油です。調理に使ったフライパンや食べ終わったお皿を洗う際に、付着している油を無意識に排水溝に流してしまっているご家庭も多いことでしょう。

こういった食用油を排水管の中に流してしまうと、食用油は排水管内で固まって、排水管にへばりついてしまいます。そして、へばりついた食用油は、食材の切れ端や食べかすがつまってしまう原因にもなってしまいます。

ほかにも、うっかり排水溝に流してしまった食材の切れ端や、落としてしまったスプーンやフォークなどの固形物も、シンクの排水溝のつまりの原因としてあげられます。

浴室の排水溝のつまりの原因

浴室の排水溝のつまりの原因として最も多いのは、髪の毛です。浴槽では髪や体を洗う際に生じる石けんやシャンプー、体の汚れなども排水溝を流れます。これらが髪の毛と絡まって排水管内に引っかかることで、つまりが起こるケースが多くあります。

ほかにも、シャンプーの詰め替えパックの切れ端、シャンプーボトルなどのキャップといった固形物によってつまってしまうこともあるでしょう。

洗面所の排水溝のつまり原因

洗面所は、顔を洗う際に使う洗顔料や、化粧を落とすためのクレンジングオイルなどといった油分を含んだ液体を流すことが意外と多い場所です。こういった油分は髪の毛と絡まって排水管に溜まり、つまりの原因となることがあります。

また、洗面所はヘアピンやアクセアリーなどの着脱をすることが多い場所でもあります。これらを誤って排水溝の中に落としてしまうことで、排水溝のつまりにつながるということも多くあります。

洗濯機の排水溝のつまり原因

洗濯機からの排水には、洗剤によって浮き上がった衣類の汚れや、付着していた髪の毛、衣類の糸くずなどが混じっています。こういったものも、つまりの原因になることが多くあります。

さらに、ペットを飼われているご家庭ですと、ペットの体毛が衣類に付着していることが多く、さらにつまりが起こりやすくなることがあります。

排水溝のつまりを放置すると

シンクや洗面所の排水溝の詰まりを放置していると、つまりが原因で水が流れにくくなるばかりではなく、排水管を劣化させる原因にもなります。また、つまりを放置しすぎると水漏れにつながるおそれもでてきます。

賃貸住宅の場合は水漏れによって階下に漏水してしまうと、賠償請求されたりなど、単なるつまりよりももっと深刻なトラブルになってくることもあります。

「シンクや洗面台に溜まった水がなかなか排水されないな」など、排水管がつまっている可能性が考えられたら、放置せずに早めに対処するようにしましょう。ご自身で、詰まりを解決できる自信がない、または不安だと感じられたら一度プロにご相談してみることもおすすめです。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

重曹・クエン酸を利用して解消する方法

排水溝がつまってしまった際、重曹やクエン酸が有効である、というのを耳にしたことがある方も多いでしょう。そこでここでは、重曹やクエン酸の効果のある汚れについてご紹介しつつ、具体的な詰まりの解消方法についてご説明いたします。

重曹とクエン酸でできること

排水管つまり原因|重曹とクエン酸で解消する方法・排水溝つまり予防

重曹

重曹は弱アルカリ性の物質であり、酸性の汚れを中和させて落とすことができます。具体的に重曹が効果を発揮する汚れとしては、焦げや湯垢、手垢などがあげられます。

また、重曹には油分を水に溶かすようにする乳化と呼ばれる特性がありますので、油汚れなどの掃除にも向いているという特徴もあります。

クエン酸

クエン酸は酸性の物質ですので、アルカリ性の汚れを中和させて落とすことができます。具体的にクエン酸によって落とすことのできる汚れとしては、尿汚れや水垢、石鹸カスといったものがあげられます。

重曹とクエン酸でつまりを解消する手順

クエン酸を使ってつまりを除去する場合も、重曹を使ってつまりを除去する場合も、基本的に手順は同じです。具体的な手順についてご説明いたします。

  1. まず、掃除をする排水溝に付いている髪の毛などの目に見えるゴミを取り除きます。
  2. クエン酸や重曹の粉末を排水溝に入れていきます。入れたら粉末を溶かすように、40~50度くらいのお湯をかけていきます。この際にお湯ではなく水を使ってしまうと粉末が溶けず、排水管のつまりの原因になってしまうので注意しましょう。
  3. 重曹やクエン酸をお湯に溶かして排水溝に流し込んだら30~60分ほど放置します。
  4. 十分に時間が経過したら、40~50度くらいのお湯を再度排水溝にかけてあげて、よく洗い流してあげたら完了です。

また、先ほど説明したように、重曹とクエン酸では効果が最大限発揮できる汚れが異なります。このため、どちらか一方を試してみてあまり効果が得られなかったと感じても、もう一方を使うことで、詰まりが除去できることがあります。

ラバーカップ併用がおすすめ

重曹やクエン酸を排水溝に流し込むだけでは効果が得られなかった場合、ラバ―カップの併用がおすすめです。ラバ―カップは通称すっぽんとも呼ばれ、トイレのつまりを解消するための道具として有名ですが、トイレと同様に排水溝の詰まりに対しても有効です。

ラバーカップを排水溝に押し付けて、ゆっくり押す、思いっきり引き抜く、といった一連の作業をつまりが解消されるまで繰り返しましょう。つまりの状況に応じてラバ―カップの併用を視野に入れることをおすすめいたします。

最終手段は高圧洗浄

つまりが排水管の奥深くで起こっていたり、年月の経過により固く変質した汚れは簡単には除去することができません。このため、重曹やクエン酸の使用やラバ―カップではつまりが改善されない場合もあります。

このような除去の難しいつまりや汚れに対しては、高圧洗浄機の使用が有効です。高圧洗浄機を使用することで、高圧の水で排水管の奥深くで溜まって硬質化した汚れでも剥がすことが可能になります。

それでもダメなら業者へ相談

軽度のつまりに関しては、重曹やクエン酸の使用などお家で解消できるでしょう。しかし、排水管の奥のほうで長年蓄積されてできたつまりや汚れは、除去するのが難しいものです。

また、大きな固形物が排水管の中で物理的に詰まっているということも考えられます。ラバ―カップや高圧洗浄などを試してみてつまりが解消されなかった場合は、一度業者に連絡してみることをおすすめいたします。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

排水溝のつまりを予防する

水道を使って生活していくうえで、排水溝がつまってしまうのは仕方がないように思われている方も少なくないと思います。しかし、予防策を知って実行していれば、排水溝の詰まりが起こるリスクを少なくすることが可能です。ここではつまりを予防するためのポイントについていくつかご紹介いたします。

週2~3回のお掃除

排水管つまり原因|重曹とクエン酸で解消する方法・排水溝つまり予防

排水構の中の汚れは直接目では見えにくいので、汚れに気づかず放置してしまっている方も多いかもしれません。

しかし、頻繁に水道を使う場所の排水溝であれば、汚れは必ず溜まっていきます。場所によって掃除の手順は若干異なりますが、大まかな流れについて説明します。

排水溝はカバーやゴミ受け、トラップといった部品から構成されています。まずはこれらの部品を排水溝から外しましょう。外し終わったら、中性洗剤の付いたスポンジや歯ブラシで汚れを取り除きます。

部品の掃除が終わったら排水溝の中、排水管のほうまでキレイに磨いていきます。最後に部品を元の場所に戻してあげたら終了です。一見汚れが見えなくとも、週に2~3日は掃除してあげるようにしましょう。

重曹で予防

自炊をされている家庭では、調理の際に使ったフライパンや食べ終わった食器に付着している油を、少なからず流してしまっていることでしょう。こういった油は少しずつ排水構内に蓄積されていき、つまりの原因となってきます。

そこで、おすすめなのが重曹です。油分を溶かす作用がある重曹であれば、排水溝の内部にへばりついている汚れをきれいさっぱり洗い流すことができるのです。また、重曹には消臭作用もあり、排水溝の嫌なにおいも解消してくれるといったメリットもあります。

重曹による予防をする際は、まず重曹を排水溝の中にたっぷりと流し込み、放置します。一時間ほど経過したら水ではなく、お湯を用いて洗い流してやりましょう。これを定期的におこなえば、つまりに悩まされることは少なくなるでしょう。

固形物や油を流さない

排水溝のつまりは、食べかすなどの固形物や油など、排水溝に水以外の異物が流れることで起きます。とくに食用油は排水管の中で固まって、髪の毛などが詰まる原因となってきます。

水道を使う際は、極力固形物や髪の毛などを排水溝に流さないようにネットを使う、使い終わった食用油はキッチンペーパ―などに染み込ませて可燃ゴミとして捨てる、などといった意識を持つことがつまりを予防するという点で非常に重要になってきます。

定期的にメンテナンスを!

排水溝の詰まりを予防するには掃除をはじめとする日々のメンテナンスが非常に重要になってきます。こうした日々のメンテナンスを怠ってしまうと、つまりが起こりやすい環境になってしまうことでしょう。

つまりは排水が漏れ出してしまうばかりでなく、排水管を劣化させる原因になります。また、集合住宅の場合ですと、こうした排水の漏れにより下の階の住人から賠償請求されるおそれもあります。

水回りのトラブルに関して、自力での解決が難しいと思われる方は、一度プロに相談してみることをおすすめいたします。弊社にご相談いただければ、全国各地の提携会社の中から、お困りの現場に近い修理業者を迅速に派遣させていただきます。ぜひ、お気軽にご連絡ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水のトラブル・知識
知っておきたい!
お役立ち情報

WEB限定特別価格 ご依頼の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと出張費より2,000円OFF! ※税抜きになります
電話が繋がりやすくなっております
プライバシーポリシー