なぜ起きる?蛇口・キッチン、住まいの水漏れ原因まとめ |水110番

メニュー
水漏れ修理・水回りトラブルの事なら水110番 TOP > なぜ起きる?蛇口・キッチン、住まいの水漏れ原因まとめ

なぜ起きる?蛇口・キッチン、住まいの水漏れ原因まとめ

水漏れはとても厄介なトラブルです。余分な水道代がかかるし、生活は不便になります。マンションでは、トラブルの起きた部屋だけでなく、下の部屋の住人など周辺住民にまで迷惑をかけることもあります。水道管によって水を供給しているかぎり、水漏れは家のいたるところで起きる可能性があります。

 

特に、普段から使用頻度の高い浴室や台所に設置されている器具は、振動や衝撃を受けて故障しやすくなります。どのような不調によって、どんなタイプの水漏れが起こるのでしょうか。水漏れを起こす場所と、水漏れの現象別の原因と対処法をご紹介します。

 

目次

 

蛇口・水栓から水漏れする原因一覧

蛇口や水栓はあらゆる水回りに共通する場所であり、水漏れを起こしやすい場所になります。配水管などとは違い、普段から人の手の振れやすいところにあるので、振動や衝撃を受けやすく、故障しやすいのです。

 

水漏れを発見したら、水漏れが起こっている箇所を特定してから、元栓や止水栓を締めましょう。それからおおもとの原因を突き止めることによって、修繕を円滑に進めやすくなります。

 

ナット・ボルトなど部品の緩み

ナット・ボルトなど部品の緩み

 

症状・概要


・ハンドル、レバーや接合部などから水がポタポタ流れ続ける
・配管、パイプなどの付け根から水漏れ

 

これらのケースでは、ナットやボルトなどの部品が緩んでいるのかもしれません。

 

ナットやボルトが緩む主な原因は、振動などによってネジが逆回転をすることや、ボルトが伸びて隙間ができてしまうことによります。

 

対処法


ナットやボルトが緩んでいたら、スパナなどを使って締め、緩みを軽減させてみましょう。このとき、力いっぱい締めてしまうと余計に緩みやすくなるので、緩すぎず硬すぎずという絶妙なポイントを意識して施工することが大切です。

 

また、緩みにくいボルトや緩み止めの付いたナットを使うことも効果的です。

 

パッキンなど内部部品の経年劣化

症状・概要


・ハンドル、レバーや接合部などから水がポタポタ流れ続ける
・配管、パイプの付け根から水漏れ
・吐水口からの水漏れ

 

これらの症状の原因には、ナットやボルトの不調だけではなく、パッキンなどの内部部品の経年劣化も考えられます。

 

パッキンには水量の調節を行うはたらきがあり、水漏れの原因ではこのパッキンの不具合がとても多いのです。

 

対処法


パッキンなどの内部部品が劣化で変調をきたした場合は、業者に頼んで交換をしてもらいましょう。シングルレバー混合栓とよばれる蛇口の場合は、レバーと根元を繋ぐバルブカートリッジを交換することで解決できることが多いようです。

 

もし交換をしてもポタポタが治らない場合は、内部の金属が老朽化で摩耗している可能性がありますので、原因は別にあるかもしれません。

 

吐水口フィルターの汚れ

症状・概要


レバーやハンドルを直しても蛇口からポタポタと水が落ちてくる場合、蛇口の先にとりつけられているフィルターに異常がある場合があります。

 

蛇口の排水口に網のようなフィルターがついていたり、標準浄水のためフィルターがついていたりすると、フィルターの汚れなどが原因かもしれません。

 

対処法


頭が取れるタイプの蛇口を使っている方は、フィルターを自分で掃除をすることもできます。

 

吐水口のキャップを回し、吐水口のキャップや網に詰まったゴミや汚れを歯ブラシなどを使って掃除し、取り除きます。元通りの順番に取りつけて終了です。

 

蛇口先端が取り外せないタイプのものをお使いの場合は、業者に頼んで掃除・交換してもらいましょう。

 

蛇口根本のネジ部分の経年劣化

症状・概要


蛇口や水栓の根元にある取り付け部分から水が漏れている場合は、根元のネジの経年劣化が原因かもしれません。

 

ポタポタと垂れるというよりも、じわじわと染み出してくるタイプが多いようです。

 

対処法


ネジ部分は修繕によって不調を解消できる場合も多いです。ネジはひび割れすることがあまりないので、外見的な変化はわかりづらいですが、時とともにじわじわと劣化していきます。

 

蛇口の根元のネジの部分にも、普段から水圧がかかっています。

 

根元からの水漏れは、経年劣化などの理由によってネジが水圧に耐えられなくなった結果起こる現象なのです。劣化が起こっているネジを交換し、水圧に耐えられるように修理をしましょう。

 

配管内部に生じた詰まり

症状・概要


蛇口の付け根や壁面の設置部分から水漏れしている場合は、配管内部の詰まりも疑われます。

 

この部分が詰まると、水が出てこないことが多くあります。

 

水道を使う場所ごとに詰まりの理由は異なるものの、水に流れにくかったり溶けづらかったりするものが溜まってしまうことが主な原因になります。

 

長年掃除をしない状態でいると汚れが蓄積し、取り除きにくくなります。

 

対処法


どこの配水管に異常が起こっているのかにもよりますが、詰まりを取り除くことができれば水漏れも軽減する可能性があります。

 

先にも説明したとおり、ゴミがたまることが詰まりを起こす一番の原因になりますので、予防のためのこまめな掃除が一番効果的な対策になります。

 

キッチンのシンク下から水漏れする原因一覧

家庭内にある水場の中でも、特に水漏れが起こりやすい場所のひとつが、台所です。キッチンのシンクの下や床が気づかないうちに水浸しになっていた、という経験はありますか?

 

普段、シンクの下を収納として使っていらっしゃる方も多く、突然の水漏れが起こると困ってしまうもの。この場合にも、さまざまな原因が考えられます。

 

排水設備接続部のゴムパッキンの経年劣化

排水設備接続部のゴムパッキンの経年劣化

 

症状・概要


シンク下の排水溝接続部分からポタポタと漏水していて、接続部分にゆるみがなかった場合は、ゴムパッキンの経年劣化が疑われます。

 

ゴムパッキンは劣化しやすいパーツです。水道を自分で分解してパッキンを取り出したとき、手に黒い色が付いたら、そのパッキンは劣化している証拠です。

 

そのため交換に最適な時期だと言えます。

 

対処法
劣化したゴムパッキンの交換で不調を解消できます。多くの場合、蛇口のパッキンは水栓ケレップという部品と一緒についている小さな部品です。

 

蛇口のハンドルの奥にあり、水栓ケレップもパッキンとともに劣化するパーツですので、一緒に取りかえるのもおすすめです。

 

排水設備接続部のズレ

症状・概要


接続部分にズレや緩みが生じると、漏水が起こりやすくなりますそこから漏水が起こりやすくなります。

 

水が通るときの水圧によってズレや緩みの隙間に圧力がかかり、水が染み出したり流れ出たりする状況へとつながります。

 

放っておくと水圧によってズレやゆるみが徐々に悪化しますので、早めの対策が肝心になります。

 

対処法


多くの場合、各接続部分にはナットやボルトによってゴムパッキンを取り付けるためのナットやボルトが使用され取り付けられているので、該当箇所の緩みを締め直して調節し、漏れを解消できるか試しましょう。

 

排水設備のき損

症状・概要


パーツの緩みではなく、もっと大きな損傷のために漏水が起きる場合もあります。

 

蛇腹ホースや配水管などに穴が開いていると、当然そこから水が漏れ出してきてシンク下を水浸しにします。

 

蛇腹ホースは鋼線を塩ビで覆ったものなので、あまりに熱いお湯がかかると劣化して、穴が開くことがあります。

対処法


補修パテやビニールテープを使う修理方法もありますが、完全に穴が消えるわけではないため、一時的な対処法といえます。徹底的に対処をするのであれば、配水管やホースを新調しましょう。

 

シンク・流し台のき損

症状・概要


シンクや流し台が破損しているために水漏れが起こっている場合もあります。コーキングなどのシーリング材がはがれてしまい隙間ができていると、水が漏れてくることがあります。

また、シンクや流し台自体に傷があったり穴があいていたりするときも同様です。

 

対処法


これらは劣化や老朽化などが原因になっていることが多いので、きちんと補修を施す必要があります。


流し台のシンクや穴は補修材を購入すれば応急処置ができる場合もありますが、再発防止のためにはきちんと修理を頼むのが安心です。

 

排水管の詰まり

症状・概要


排水管の詰まりは、床の配水管の根元からの水の逆流を引き起こします。

 

特に台所の排水管は、日常的に出る生ごみや油のぬめり、せっけんカスなどに常にさらされ、ゴミが蓄積しやすくなっています。

 

生活排水が流れる排水管の汚れは厄介でしぶといものが多いため、掃除にも根気が必要です。

 

対処法


排水管を取り外すことができる場合は、外して詰まりをとりのぞき、きれいに掃除をして元に戻します。汚れのひどい場所に重曹をふりかけ、その上から酢やクエン酸をかけるのも良い方法です。

 

取り外しができない場合は、シンクの流しから重曹やパイプクリーナーなどを流し入れて掃除をし、詰まりを解消します。

 

その他

その他にも、蛇口・水栓推薦から水漏れしてシンクと壁の隙間を伝っていたり、キッチンの蛇口に接続された給水管・給湯管からの水漏れがあったりする場合も、シンク下が水で濡れる原因になります。

 

キッチンは普段、家族の食糧などを扱う場所です。キッチンのシンク下の水漏れは湿気の上昇につながり、カビなどを誘発する可能性があるため、衛生的にもよくありません。

 

被害に気づいたらすぐに対応することが大切です。

 

トイレで水漏れする原因一覧

次は、トイレで起こる水漏れの原因として考えられるものをご紹介します。トイレは特に水漏れが起こりやすい場所です。部品の劣化もさることながら、結露によっても漏水が起こります。

 

水漏れ被害の中では特に厄介であるといわれる床下漏水も起こりえるので、注意が必要です。

 

また、真水だけでなく汚水が漏れてくる可能性もあるため、いっそう迅速な対応が必要になります。

 

タンク内のゴムフロート・ボールタップの劣化

タンク内のゴムフロート・ボールタップの劣化

 

症状・概要


タンクから水が垂れているときは、タンク内のゴムフロートやボールタップの劣化・破損が疑われます。

 

ゴムフロートとは、タンクにたまっている水が便器へ流れ込まないよう、タンクと便器を繋ぐ接続部をせき止めている部品です。

 

劣化によって便器へ少量ずつ水が漏れだし、タンクから水が垂れてしまいます。ボールタップは、タンク内の水位の昇降によって自動的に開閉する水栓です。

 

毎日使用するうちに負荷がかかって破損し、タンク内に水がたまらなくなったり水が流れ続けたりして、水漏れが起こります。

 

対処法


交換作業を行います。DIYにある程度慣れた方にはできる作業ですが、全くの初心者がやってみるには少し難しい工程になります。トイレタンク内の仕組みにある程度理解があり、交換作業に自信が持てる方だけ、自分で修理してみてください。

 

自信が持てない人は、すぐに水道修理の業者に依頼しましょう。

 

配管の接合部分に使われているパッキンの劣化

症状・概要


便器と排水部を繋いでいる接続部のパッキンによる水漏れでは、長年使用することで蓄積していたサビや汚れが混じるせいで、黒い水が漏れだします。

 

また、配管の接合部分は便器と排水部だけにあるものではなく、壁に取り付けられた給水管のナット部分からも水漏れすることが多いです。

 

ナットとパッキンが一緒に取り付けられている接続部分では、設置後十年以上経って起きた不調はパッキンの劣化か、ナットの緩みが原因とされます。

 

対処法


パッキンを交換することで問題解決に至りますが、便器と排水部を繋いでいる部分のパッキンの修理には、一度便器を取り外してから施工する必要があります。

 

この作業はとても素人ができるものではありませんので、きちんとプロの業者に修理を依頼するようにしましょう。

 

ナットが緩んで起こる水漏れの場合は、締め直すことで改善できる場合もあります。

 

ウォシュレットの故障

症状・概要


パーツの接続部分やノズル、操作ボタンの裏側や、タンク・給水ソケットなど、ウォシュレットには水漏れを起こしやすい場所がたくさんあります。

 

なかでももっとも可能性が高いのは、ウォシュレット内部のタンクにひびが入ったり、劣化をしたりしている状態です。

 

また、ウォシュレットの接続部分のパッキンやボルトの緩みも考えられますので、緩みや劣化が見られないか確認してみるとよいでしょう。

 

対処法


ウォシュレットはとても複雑な構造をしている機器なので、ウォシュレット本体に問題がありそうな場合は、メーカーに問い合わせて修理をしてもらいましょう。

 

ウォシュレットの修理は費用が高くつくことが多く、元の購入金額よりも修理代の方が高くなることもあるので、使用年数なども考慮して、買い替えも視野に入れて判断をするとよいでしょう。

 

結露による水滴

症状・概要


少量の綺麗な水が寒い時にだけ発生している場合は、結露の可能性があります。便器と水の温度に差が生まれると起こりやすいです。

 

少量の水であっても、放置しておくと床を傷めてしまうことにつながるため、対策が必要です。

対処法


はじめに、漏水が本当に結露の水滴であるのかを確かめる必要があります。もしもタンクから漏れ出した水が真水である場合、塩素が含まれていることになります。

 

一方結露は空気中の水分が凝固したものなので塩素は含んでいません。「残留塩素試験紙」という市販の道具を使い、塩素の有無を調べます。

 

そして結露だった場合は、トイレ内の湿気をなくすために喚起を徹底したり、結露防止スプレーを使ったりして予防対策をしましょう。

 

築年数の大きい建物のトイレであればあるほど結露はつきやすくなりますので、根本的な解決策としては、防露便器や防露タンクに取り換えるのも手です。

 

便器自体の劣化

症状・概要


もしも汚水が床と便器の間から漏れ出していたら、便器そのものが原因だと考えられます。

 

便器がひび割れなどの損傷を起こすことによって、汚水が漏れ出している可能性があるのです。

 

症状をよく観察し、汚水が漏れ出しているのがどこなのかを確認してみましょう。

 

対処法


ひび割れがどこで起こっているか特定できたら対処を始めます。漏水が少量の場合は、防水パテを用いて水漏れを止めることもできます。費用をかけずに対処する必要に迫られている場合はこの方法を使いますが、一時的な処置であるとともに、補修箇所も劣化して不調が起きる可能性が高いです。

 

一番効果的なのは、便器そのものの交換です。自力でどうにかなる作業ではないため、水道工事のプロの業者に施工を依頼するようにしましょう。

 

まとめ

家庭の水場では様々な水漏れが発生する可能性があります。

 

・蛇口や水栓…接続部分の緩み、劣化、汚れの蓄積による詰まり
・キッチンのシンク下……パッキンの劣化、接続部のズレやゆるみ、き損、詰まり
・トイレ……トイレタンクのゴムパーツ・配管のパッキン劣化、ウォシュレットの故障、結露、便器のき損

 

どれも日常的に使用する箇所のため、慣れてしまってあまり異変を感じづらいかもしれませんが、普段よく使う場所だからこそ劣化や損傷が起こります。

 

汚れや傷みが発生しないよう、普段からこまめに掃除などで管理をしておきましょう。また、少しでも異変を感じたら、状況をよく観察してみましょう。

 

自分の力ではどうにもできないような状態であれば、なるべく早く業者に連絡し、修理をしてもらいましょう。

水漏れ・つまりまずはご相談ください! 最短15分で到着!即日解決! 調査見積り無料!見積り後キャンセル可能! 各種クレジットカードOK!24時間365日受付中 ここをタップして今すぐ水道屋を呼ぶ

電話が繋がりやすくなっております
]