水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレの水が止まらないときの応急処置|タンク内の原因と閉め方

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの水が止まらないときの応急処置|タンク内の原因と閉め方

トイレの水が止まらないときの応急処置

「トイレの水が止まらない」ということでお困りの場合は、「止水栓を閉める」ことを真っ先におこなってください。トイレの止水栓の場所は以下のとおりです。

  • トイレと壁の中にある配管の接続部
  • トイレと床の下にある配管の接続部

トイレの止水栓は、トイレと配管の接続部付近に設置されていることが多いです。止水栓には2タイプあり、ハンドルタイプなら手で右に回して閉めてください。ハンドルがないタイプはマイナスドライバーを使って右回りに閉めましょう。

トイレの止水栓を閉めることができれば、トイレ内に流れる水をシャットアウトして、水漏れを一時的に防止することができます。突然トイレの水が止まらなくなれば慌ててしまうものですが、まずはトイレに流れる水を完全に止めてから、次の行動に移りましょう。

もし床や壁が水で濡れていたら、すぐにタオルで拭き取ってください。水が止まらない原因に意識が向いてしまうことも多いかと思いますが、濡れた床や壁を放置すると床や壁に染みになってしまいます。

トイレの水が止まらないときの応急処置

止水栓がどこにあるかわからないときは「元栓を閉める」ようにします。元栓とは、水道の大元の栓のことです。元栓の場所は以下のとおりです。

  • 一軒家:ガレージ内など敷地内の地面の中
  • マンション・アパート:玄関横のパイプシャフト内

※パイプシャフトとは上下水道・ガスを各階に通すための配管がある空間のこと

水が止まったかどうかは、水道メーターの一部であるパイロットというコマ状のパーツが動いていないことで、確認可能です。パイロットというパーツは、水が流れていると回転し、水が止まると動かなくなるという仕組みになっています。

パイロット針は、止水栓・元栓からの水が止まっていることを確認するときだけでなく、家のどこかから水漏れしていないかを確認するときの目印にもなります。水を使用していないのにパイロットが動いていたら、水漏れのサインです。

このように、パイロット針をみることでトイレの水漏れだけでなく、家中の水漏れの有無を確認することができるので、参考にしてみてくださいね。

トイレのトラブル!水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの水が流れる仕組み

トイレの水が止まらない原因を知る前に、トイレの水が流れる仕組みやパーツの役割をイラスト使って簡単にご紹介します。あらかじめトイレの仕組みを知ることで、どのパーツにトラブルが起こっているのかを把握することができるので、スムーズに対処法を理解できるはずです。

  1. レバーハンドル:回すことで排水口のフタ(ゴムフロート)を持ち上げる役割
  2. オーバーフロー管:タンク内の水位を調節する役割
  3. ゴムフロート:便器につながる排水口のフタ(弁)の役割
  4. フロートバルブ:ゴムフロートが収まる排水口の役割
  5. ボールタップ:給水管から流れてきた水をタンク内と手洗い管に流す役割
  6. 浮き玉:ボールタップを動かし水量を調節する役割

トイレのレバーハンドルを回すと水が流れることは常識ですよね。その理由は、レバーハンドルを回すことで、レバーから伸びる鎖の先にあるゴムフロートが外れ、便器に水が流れるという仕組みになっているからです。

便器に水を流すと、タンク内の水が減ります。その減った分の水を補給するように、浮き玉とボールタップでタンク内の水量を調節しているのです。タンク内の水かさが減ると浮き玉の位置が下がり、ボールタップが開きます。

反対にタンク内の水かさが増えると浮き玉の位置が上がり、ボールタップが閉まるようになっています。オーバーフロー管は、タンク内の水が溢れ出ないように、水位を一定値に保つ役割をしてくれています。トイレの水が止まらない原因は、イラストでご紹介したパーツの故障が考えられます。

ただし、トイレの構造について詳しくない人では、タンク内がどういう状態のときはどのパーツに異常があるのか、判断することは簡単ではありません。自分では故障パーツの特定が難しいときは、水回りのトラブルを解決するプロに相談することをおすすめします。

弊社では24時間365日、水回りのトラブルに関するご相談をお電話にて受け付けております。トイレの水が止まらなくなるトラブルが、早朝や深夜といった時間帯に突然起きてしまったときには、すぐにお電話ください。

弊社では加盟店スタッフによる現地調査を無料でおこなっておりますので、ハッキリした水漏れはまだ起きていないけれど、トイレの調子が悪いから調べてほしいというご相談でも、お気軽にお申し付けください。

トイレのトラブル!水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの水が止まらない原因と対処法

ここでは、トイレの水が止まらない原因と対処法についてご紹介しています。原因によってパーツごとの修理内容が異なります。ご家庭のトイレの状況と照らし合わせて原因究明してみてくださいね。

タンクのフタをとって確認する

まずは、タンク内部を確認するためにタンクのフタをとります。トイレによっては、タンクに手洗い管があるタイプやないタイプ、タンク自体がないタイプがあります。タンクの取り外し方は以下のとおりです。

【タンクに手洗い管があるタイプ】
手荒い管に引っかからないようにタンクを垂直に持ち上げて外します。手荒い管が蛇腹ホースでつながっていれば、手洗い器側のナットを緩めて外しましょう。

【手洗い管がないタイプ】
持ち上げる障害になるものはないため、垂直に持ち上げることでフタは外せます。

【タンク自体ないタイプ】
対処法はコチラをクリック↓

タンクレストイレの水が止まらない!2つの原因と対処法について

水位が標準より上の場合

トイレのタンク内の水位が標準より上の場合は、次の対処法が有効です。

【ボールタップのパッキン交換】
タンク内の水位がオーバーフロー管の標準ラインよりも上にきている場合は、タンク内への給水が過剰におこなわれていることが考えられます。そのため、浮き玉を持ち上げてみてください。浮き球を持ち上げることで、ボールタップが正常に機能すれば給水は止まります。

しかし、浮き玉を持ち上げてみても水が止まらない場合は、ボールタップのパッキンの劣化が原因として考えられます。パッキンが劣化すると隙間ができるためて、水が漏れてしまうのです。

ボールタップのパッキンの劣化が原因の場合は、メーカーに問い合わせるか、パッキンの型番を調べてインターネットやホームセンターで購入し交換してみてください。

【水量の調節】
浮き玉に異常がみられると、タンク内に正常な水量を保つことができません。浮き玉を持ちあげなければ水が止まらない場合は、浮き玉がうまく機能していないことが考えられるでしょう。

本来なら浮き玉を手で持ち上げなくても、水位が上昇すると自然に浮かび上がり、水が止まるようになっています。タンク内の水位が上昇しても浮き玉が浮かび上がらない場合は、浮き玉が破損しているなどの原因が考えられるので交換が必要です。

浮き玉の交換には、ボールタップと浮き球がセットになって販売されていることが多いため、同じ型番のボールタップを購入する必要があります。

しかし、販売されているボールタップの種類は数多く、使用中のボールタップが廃盤になっていることもあります。このように、ボールタップを自分で用意するには苦労することもあるのです。

また、ボールタップを手に入れることができたとしても、取り付けにはドライバーやモンキーレンチなどの工具が必要となります。普段からDIY(自分で交換や修理をおこなうこと)に慣れていないと、作業もスムーズにいきません。

最悪の場合は、もともと正常だったほかのパーツまで壊してしまい、新たな水漏れの原因をつくってしまうことも考えられます。自分で交換作業が難しいと感じる場合は、水のトラブルに関して熟知しているプロに相談してみることをおすすめします。

水位が標準より下の場合

トイレのタンク内の水位が標準より下の場合は、次の対処法が有効です。

【フロートバルブの交換】
トイレのタンク内の水位がオーバーフロー管の標準ラインより下の場合は、フロートバルブのパッキンの劣化やゴムフロートの摩耗が考えられます。

交換する際は、使用中の型番と同じものを揃える必要があります。ボールタップ同様、すぐに同じ型番を用意することが難しい場合もあることを覚えておきましょう。

【レバーハンドルの交換】
もう1つ、タンク内の水位が標準より低くなる原因として、レバーハンドルの異常が考えられます。たとえば、レバーハンドルを回しても元の位置に戻らないなどの症状です。

レバーハンドルを回したあと、正常な位置に戻らず引っかかっている場合は、ゴムフロートがフロートバルブに収まっていない状態になるため、水が止まらなくなります。

レバーハンドルの交換も同じ型番のものでないとフィットしないので、交換用のレバーハンドルを購入する際にはメーカーに確認しましょう。

症状による対処法

トイレの水が止まらない原因と対処法について、「タンク内の水位の位置」から異常がないかご紹介してきました。ここからは、トイレトラブルの症状からわかる対処法について、詳しくみていくことにしましょう。

便器の中の水が止まらない

便器の中の水が止まらない

便器内の水が止まらない原因としては、「ゴムフロートの摩耗や鎖の絡まり」が考えられます。便器に水が流れるのは、レバーハンドルを操作することによって、フロートバルブ(排水口)のフタの役目をしているゴムフロートが外れるからです。

しかし、このゴムフロートが摩耗していると、フタとしての機能を果たすことができず、隙間から水がチョロチョロと流れ出てしまいます。ゴムフロートの摩耗が原因の場合は、新しいものに交換しましょう。

また、ゴムフロートにつながっている鎖が短すぎたり長すぎたりすると、フロートバルブにしっかりとゴムフロートがはまりません。鎖がタンク内で絡まっている場合は、ほどくようにしましょう。ゴムフロートをちゃんとはめることができれば、水は止まります。

タンク内の水が止まらない

タンク内の水が止まらない場合は、「ボールタップ」の故障が考えられます。ボールタップは給水管からの水の受け口です。このボールタップが故障していたり、接続部分が緩んでいたりすると、給水管からタンク内に水が流れ続けてしまいます。ボールタップの交換は自分でもおこなうことはできます。

しかし、給水管との接続部にもなる重要なパーツです。今後も水漏れの心配なくトイレを使用したいなら、交換は業者に依頼したほうが安心でしょう。

手洗い管の水が止まらない

手洗い管の水が止まらない場合も、ボールタップの故障が考えられます。ボールタップは、給水管からタンク内と手洗い管に水を送る役割を果たしています。

浮き玉を手で持ち上げてみても水が止まらない場合は、ボールタップの交換が必要です。浮き玉を持ち上げてみて水が止まるようであれば、浮き玉の破損が原因の場合もあります。

ウォシュレットの水が止まらない

ウォシュレットの水が止まらない場合は、ウォシュレットのコンセントを一度抜いてから、再度接続してみてください。そのほかにも、主電源のスイッチを切ってからまたつけたり、リセットボタンを押したりしてみてください。

それでも水が止まらない場合は、ウォシュレット自体の劣化が考えられます。ウォシュレットの交換は感電のおそれもあるので、業者に修理を依頼しましょう。

トイレのトラブル!水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

プロに修理を依頼したほうがよいケース

トイレの水が止まらない原因はわかりましたでしょうか。ゴムフロートの鎖が絡まっているなどの軽微なトラブルであれば、自分で直すことができるかもしれません。

しかし、原因がわかっても修理・交換方法が複雑でわからない場合は、プロに相談することをおすすめします。プロに修理を依頼したほうがよいケースをまとめましたので、参考にしてください。

  • 原因不明
  • 修理する自信がない
  • 便器本体が破損
  • 床下から水漏れしだしている
  • 水漏れの勢いがひどい

原因不明の場合はどうすることもできませんので、業者に相談しましょう。また、トイレの水が止まらない原因がわかったとしても、交換には同じ型番の部品を揃えたり、工具を準備したりと時間と手間がかかります。

プロに依頼すれば、早急に部品や工具を揃えて、適切な方法で修理・交換をしてくれるため、自力での修理が不安な人や多忙な人におすすめです。また、便器がひび割れているなど便器自体の破損が原因の場合は、便器ごと交換が必要になります。

トイレメーカーも、万が一便器がひび割れた場合は安全のため交換することを推奨しています。便器本体の交換は業者でなければできないため、すぐに依頼してください。

床下からの水漏れは、床下にある排水管自体がひび割れてしまい、水漏れしていることが考えられます。この場合は、床下を掘り起こして排水管を交換する必要があるため、素人では対処することが難しいです。

すぐにできることは、止水栓や元栓を閉めて水が流れないようにすることくらいです。そのまま放っておくと床に染みができたり、カビができてしまったりするので、早急に業者へ相談するようにしてください。

水漏れの勢いがひどい場合も同様に、まずは止水栓・元栓をしっかり閉めて、水が出ない状況をつくりましょう。水漏れの勢いがひどいということは、それだけパーツの損傷具合もひどくなっているおそれがあります。自分で修理する自信がない場合は、プロに頼みましょう。

「どこに相談したらいいかわからない‥‥‥」という方は、ぜひ弊社をご利用ください。弊社は、見積り後に追加料金が発生しないように、作業前に念入りな現地調査をおこない、料金を確定いたします。

必ず作業前に見積りをご確認いただき、料金・修理内容にご納得していただいたうえで作業に入らせていただきますので、安心してご利用いただけます。

お電話などでご相談いただいたあとは、トイレの水漏れはもちろん、キッチンやお風呂場など水回りのトラブルに関して幅広い知識を持ったプロを、早急に派遣いたします。

水漏れは一刻も早く対処しないと、被害が広がり、浸水事故などのご近所トラブルにまで発展してしまうこともあります。「今すぐなんとかしてほしい!」とお困りの方は弊社までお電話ください。24時間365日、いつでもすぐに対応させていただきます。

トイレのトラブル!水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較