水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレから水漏れ発生【原因別】自分で直す方法と修理代を安くするコツ

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレから水漏れ発生【原因別】自分で直す方法と修理代を安くするコツ

よく水漏れが起きやすい場所

「トイレから水漏れが発生!」もう止水栓を閉めましたか?まだの方は、すぐにひとつめの見出しの“トイレ水漏れ対処…原因箇所の特定・一時的な処置(「応急処置1:止水栓をひねって水を止める」)”に進んでください。

水漏れが起きたとき、まず止水栓を閉めることがとても大切です。ただし、止水栓を閉めてしまうと、トイレが使用できなくなってしまいます。

そのため、水漏れが重度の場合はすぐに閉めたほうがよいですが、軽度の場合はトイレを使わなくてもよい状況にしてから閉めましょう

この記事では、トイレで起きた水漏れの原因箇所の特定から自分で修理する方法について、できるだけ簡単にご紹介しています。すぐにトイレを修理して、その日のうちに使用できる状態を取り戻しましょう!

ただ、トイレの水漏れには自力ではどうしても修理できないこともあり、業者に水漏れ修理を依頼する必要性が出てくることも考えられます。そういうときのために、修理代を安くするためのコツもまとめていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

トイレから水漏れ!?そんな時は水110番へ!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレ水漏れ対処…原因箇所の特定・一時的な処置

トイレで起きた水漏れの対処として有効なことは、原因箇所を特定すること一時的な処置をおこなうことです。ここでは、水漏れが起きやすい場所と水漏れを一時的に止める方法について順番にご紹介しています。

よく水漏れが起きやすい場所

「どこから水漏れしているの……?」と、水漏れには気づいても、原因箇所まではわからないということはよくあることだと思います。

ここでは、トイレの水漏れ箇所をいち早く見つけるために”水漏れが起きやすい場所”をまとめていますので、参考にしてみてください。

水漏れが起こりやすい箇所
  1. トイレタンクと給水管の接続部分
  2. トイレタンクと便器の接続部分
  3. シャワートイレ部分
  4. 便座と床のつなぎ目

トイレの水漏れは、「床が水浸しになっていた」「タンク内からチョロチョロと水が流れる音がする」など、症状が出てからで気づくことが多いです。

水漏れの多くはタンクや給水管といった部品が関係しているものなので、水漏れ箇所が特定できていない場合は上からチェックしていくとよいでしょう。

すでに上記のような状態になっているということは、数日前、もしくは数か月前からトイレになにかしらの異常が起こり始めていたと考えられます。

水漏れの症状があればすぐに気づくことが可能です。しかし、症状がなければなかなか気づけないものです。

症状がなければ水道代をチェックしよう

症状がみられないときは、水道代を確認しましょう。生活の中で普段と変わらない水の使い方をしているのに、水道代が不自然に高くなっていれば水漏れが起きていると考えられます。

もちろん、お風呂の湯をはった日や洗濯回数が多ければ、「水道代が先月よりも高くなった」ということもあるため一概にはいえませんが、ひとつの有効な確認手段です。

【応急処置1】:止水栓をひねって水を止める

さて、ここからはトイレの水漏れがわかった時点で、すぐにおこなったほうがいいことをご紹介します。まずはトイレの”止水栓”をひねって水を止めてください。

トイレの止水栓を閉めることで、トイレに供給される水の入り口を塞ぎ水を止めることができます

止水栓を閉める方法
ハンドルタイプ:手で右にひねって閉める
ハンドルがないタイプ:マイナスドライバーで右に回して閉める

止水栓の場所は、ご家庭によって場所が異なります。給水管付近にある場合が多いです。タンク横、便器横、床あたりを確認してみてください。トイレの種類によっては、止水栓が便器下のパネルの中に収納されている場合もあります。

【応急処置2】:建物全体の水を止める

もしも止水栓の場所がわからなければ、建物全体に水を送る元栓自体を閉めてしまうことで水漏れの応急処置もできます。元栓の場所は、戸建なら敷地内の地面にある水道メーターを探してみてください。

水道メーターの近くに元栓があるはずです。マンションなどの集合住宅の場合は、玄関横にある”パイプシャフト”の中にある元栓を閉めましょう。パイプシャフトとは、水道やガスを通すパイプが収納されているスペースのことをいいます。

【応急処置3】:穴を塞ぐ・溢れた水を取り除く

止水栓や元栓を閉めて水の流れを止めれば、ひとまず漏水による被害が悪化することはありません。安心してさらなる応急処置に移りましょう。まずは、水漏れ箇所をビニールテープやガムテープで塞いでしまうことをおすすめします。

水が溢れ出している場合は、バケツやタオルを使って水を除去しましょう。トイレの床や壁が水に濡れて湿った状態が継続すると、カビが発生したりシミができたりするおそれがあります。

傷んだ建材にはシロアリなどの害虫が発生する危険性もあるため、可能な限り水を除去し、早く乾くようにタオルなどをあてがっておくとよいでしょう。

困ったときはプロに相談しよう

トイレの水漏れが起こったときは、まず”止水栓”や”元栓”を閉めて水が流れない状況を作りましょう。ナットのゆるみなど、自分で修理できる程度であれば、すぐに対処することができます。

しかし、焦っている状況では水漏れ箇所を特定することが難しい場合もあるのです。

トイレは私たちにとって毎日使用する必需品です。毎日使用するものだからこそ、確実に修理しておきたいものですよね。水漏れ修理は、プロに依頼して早急に元の状態に修復してもらうことをおすすめします!

弊社にご相談いただければ、水トラブルのプロを素早くご自宅へ手配させていただきます。トイレの水漏れ修理は、早く対処しないと水漏れ範囲が広がりタオルやバケツだけでは追い付かなくなる場合もあるので注意が必要です。

弊社に電話1本いただければ、早急に対処させていただきます。みなさまからのご相談をお待ちしております。

トイレから水漏れ!?そんな時は水110番へ!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【パッキンが原因】だったときの修理手順

【パッキンが原因】だったときの修理手順

ここからは、”トイレの水漏れの原因”をご紹介していきます。自分で修理する手順についてもご紹介していますので、参考にしてみてください。まずは、”パッキンが原因”だった場合からみていきましょう。

パッキンが原因のときの水漏れ症状
  • 接続部分から水が漏れてくる
  • 築年数(トイレの設置年数)が古い
  • パッキンを一度も変えたことがない

トイレの給水管などの配管部分には、パッキンが使用されています。トイレと配管を結ぶ接続部からの水漏れは、パッキンの劣化が原因として考えられます。

家の築年数が古くなってくるということは、同様にトイレの設置年数も長くなっているということです。

場所別の修理手順

これから先は、パッキンが使用されている場所別でのパッキンの交換方法と、修理に必要な道具をご紹介していきます。

新しいパッキンを購入する際は、古いパッキンを取り外してホームセンターの店員さんに見せて、同じもの選んでもらいましょう。

自分でパッキンを用意する場合は、”ノギス”(スライド式の副尺がついた、ものの太さなどを測定できる工具)が便利です。ノギスで正確に給水管の太さを計ってから、パッキンを購入することをおすすめします。

!作業前の注意!
これからご紹介する修理方法に共通していえることですが、作業前には安全を考えて必ず止水栓と元栓を閉めてから作業に移るようにしてください。栓を閉めない状態で作業を始めると、配管から水が溢れるおそれがあります。

1.トイレタンクと便器の間

トイレタンクと便器の間の水漏れは、つなぎ目にある密結パッキンが劣化して起こっていることが考えられます。密結パッキンの交換方法についてご紹介していきましょう。

修理道具
  • 新しい密結パッキン
  • モンキーレンチ(ナットやボルト着脱に使用)
  • ウォーターポンププライヤー(部品の固定に使用)
  • ゴム手袋
作業手順
  1. レバーを引いてタンク内の水を流す
  2. タンクの蓋を開ける
  3. ウォーターポンププライヤーでボールタップを固定する
  4. モンキーレンチで給水管とボールタップのナットをゆるめて外す
  5. タンクと便器を接続しているボルトを外す(便器裏を確認)
  6. ゆっくりとタンクを取り外す
  7. 古い密結パッキンを外し、新しい密結パッキンを取り付ける
  8. 逆の手順で元に戻していく

ウォーターポンププライヤー”や”レンチ”といった工具を使う際は、周りにあるほかの部品を傷つけてしまうことがないように注意しましょう。部品の破損は、水漏れ被害の悪化をまねきます工具の扱いは慎重におこなうことが大切です。

2.トイレタンクと給水管の間

2.トイレタンクと給水管の間

トイレタンクと給水管の間の水漏れは、接続部のパッキンの劣化が原因として考えられます。それでは順に、修理道具と手順をご紹介していきます。

修理道具
  • 新しいパッキン
  • モンキーレンチ
  • ウォーターポンププライヤー
  • バケツ
  • ゴム手袋
手順
  1. トイレタンクの蓋を開ける
  2. 給水管の水が床にこぼれないようバケツを下に置いておく
  3. ウォーターポンププライヤーでボールタップを固定しておく
  4. モンキーレンチでタンクと給水管の接続部のナットをゆるめる
  5. ナットの中にある古いパッキンを取り外し新しいものと交換する
  6. 逆の手順で元に戻す

「トイレタンクと便器の間」に使われているパッキンの交換方法のところでもご説明しましたが、工具の扱いには細心の注意を払うようにしてください。工具を雑に扱うことで問題のない部品まで壊してしまうおそれがあります。

3.シャワートイレ部分

シャワートイレ部分の水漏れの原因は、主に2つです。”分岐水栓(トイレタンク内とシャワートイレに水を送る箇所)”と、”シャワートイレの給水ホースの接続部”に使われているパッキンの劣化になります。

ノズルのひび割れ、電源装置の異常による水漏れの場合は、シャワートイレ自体の交換が必要になるので業者に相談してください。

修理道具
  • 新しいパッキン
  • モンキーレンチ
  • ゴム手袋
手順
  1. シャワートイレに水を送る分岐水栓側のナットをゆるめる
  2. ナット内の古いパッキンを取り外して新しいパッキンを取り付ける
  3. ナットを締めなおす

わからないときはむやみに修理しようとしないこと

ここまで、”トイレタンクと便器の間””トイレタンクと給水管の間””シャワートイレ部分”の3つのパッキン部による水漏れ修理方法をご紹介してきました。

修理作業は、「同じ型の部品を用意して……」「工具を用意して……」と、最初から自分で作業するとなると手間がかかってしまいます。また、水漏れとは関係のない場所をいじってしまうと、さらなる水漏れの原因となってしまうリスクもあるのです。

自分で修理すると節約にはなりますが、作業中に起こりうるケガや水が噴射してしまうリスクなどを考えると、業者に依頼したほうが断然お得です。水漏れ修理のスキルに長けているプロなら、あっという間にトイレの水漏れを直してくれます。

トイレから水漏れ!?そんな時は水110番へ!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【ナットのゆるみが原因】だったときの修理手順

次は、トイレの給水管に使用されている”ナットのゆるみ”が原因で起きる水漏れの修理手順について、ご紹介していきます。ナットがゆるんでいる場合は、モンキーレンチを使って締めるだけなので簡単です。

修理道具
  • モンキーレンチ
  • 新しいナット(必要な場合)
手順
  1. 給水管に使われているナットを探す
  2. モンキーレンチを使用してナットを締める

ナットはきつく締めれば締めるほどよいわけではありません。何事にも限度はあります。乱暴に締めてしまうと、給水管が破損するおそれもあるため、力加減には気をつけましょう。

【便器の詰まりが原因】だったときの修理手順

【便器の詰まりが原因】だったときの修理手順

トイレ水漏れの原因には、”便器の詰まり”も考えられます。たとえば、便器にトイレットペーパー以外の紙類を流してしまうと詰まってしまい、水がうまく流れず溢れてしまいます。「便器の詰まり」でお困りの方は、こちらをご覧ください。

【トイレタンク内の異常が原因】だったときの修理手順

トイレは、タンク内に設置されているいくつかの部品が正常に機能することで、水を流すことができます。そのため、部品に不具合があれば水漏れが起きてしまうのです。

ここではよく水漏れの原因となる部品3つと、部品の交換方法についてご紹介していきます。

タンク内のどこに原因があるか探る

まず、トイレタンクの蓋を開けて、タンク内に異物がないかよく確認しましょう。もしあった場合は取り除いてください。

異物もないのに水漏れが起きていれば、タンク内の部品に異常があると考えられます。水漏れの原因になる部品は次の3つです。確認してください。

場所 役割 原因 症状
チェーン バーハンドルと排水弁をつなぐ役割 チェーンの絡まり 排水弁がきちんとはまっておらず隙間から便器内に水が漏れる
フロートバルブ タンク内の水を流す役割 排水弁の劣化や割れ 劣化割れによりできた隙間から便器内に水が漏れる
ボールタップ 給水管から流れてきた水をタンクへ送る役割 ボールタップの故障 ボールタップ故障によりタンク内を正常な水位に保てず便器内に水が漏れる

このような問題がみられたときは、すぐに適切な処置をおこないましょう。主に新しいものに交換することで、部品が原因の水漏れは解決できます。

交換方法

ここからは、異常のあった部品の交換方法をご紹介します。ホームセンターや通販であらかじめ部品を購入しておき、準備が整ったら作業していきましょう。

チェーンの交換方法

チェーンの交換方法

交換方法
  1. 切れたチェーンを取り除く
  2. 新しいチェーンをレバーの内側と黒いゴム玉に取り付ける
  3. チェーンの長さを少したわみができるくらいに調節する

チェーンにたわみをつけることで、ゴムフロート(黒いゴム玉)が排水弁にぴったりと収まるようになります。

チェーンをピンと張りすぎたり、長すぎたりするとゴムフロートが排水弁からずれてしまい、水漏れの原因となるので慎重に調整をおこなってください。

排水弁(フロートバルブ)の交換方法

交換方法
  1. トイレタンクの蓋を開ける
  2. トイレレバーを引きタンク内に溜まっている水を抜く
  3. ゴムフロートの下にある排水弁の古いパッキンを交換する
  4. パッキンが取り付けられたら、元の状態に戻す

フロートバルブのパッキンが劣化すると、隙間から水が漏れてしまって便器へ流れる水が止まらなくなってしまいます。パッキンがしっかりとはまるようにするために、パッキンを購入する際は大きさに気をつけてください。

給水弁(ボールタップ)の交換方法

交換方法
  1. トイレタンクの蓋を開ける
  2. トイレレバーを引いてトイレタンク内の水を流す
  3. モンキーレンチを使って給水管のナットをゆるめて外す
  4. ボールタップをタンク内から引き抜いて外す
  5. 新しいボールタップを取り付ける
  6. 逆の手順で元の状態に戻す

新しいボールタップを取り付けた後は、止水栓を開けて水がタンク内に溜まるか確認してください。

もしもオーバーフロー管(タンク内の水を一定値に保つパイプ)から水が流れ出してしまうならば、ボールタップの先についている浮き玉の位置を調節しましょう。

自力での修理が難しいケース

自力での修理が難しいケース

ここまで、自分でもできるトイレの水漏れの修理方法をお伝えしてきました。しかし、自分ではどうすることもできない場合もあります。それは以下の2つのケースです。

業者へすぐに依頼すべきケース
  • タンクや便器の破損
  • 壁の中にある配管の破損

タンクや便器のひび割れが原因で水漏れしている場合は、タンクや便器自体の交換が必要となります。作業が大がかりなものになるので、業者への依頼がおすすめです。

また、壁の中にある配管の破損は、素人が触ると水が勢いよく噴射してしまうおそれがあって危険です。

無理はせずに、業者にすぐに相談することをおすすめします。トイレの水漏れ相談は、水漏れ修理を得意としているプロに依頼すれば、「早い安心満足」の3拍子が揃います!自力で難しい修理は、プロに任せてみませんか?

弊社ではご相談いただいてから水漏れ修理までスピーディーに対応させていただきます。水漏れに関して多くの修理実績を持っていますので、安心してお任せください。

満足いただける料金とサービス内容をご提供いたしますので、ぜひ弊社をご利用ください。

トイレから水漏れ!?そんな時は水110番へ!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレ水漏れ、業者の修理費用と安くする方法

トイレ水漏れ修理を業者に依頼するなら、できる限り費用が安いとうれしいですよね。ここでは、トイレ水漏れ修理の費用相場と、費用を安くするための方法をご紹介していきます。

トイレの修理にかかる費用相場

トイレ修理にかかる費用相場ついては、弊社「水110番」ホームページにあるトイレのトラブルに関するサービスをご覧ください。水漏れ修理にかかる料金の目安を確認することができます。

費用を少しでも安くしたい!3つの方法

修理費用が高くならないかとご不安なら、これからご紹介する”費用を少しでも安くする方法”を実践してみてください。安心して依頼するためにも、費用のチェックは怠らないようにしましょう。

【安くする方法1】:近場の業者を探す

水漏れ修理業者がご自宅に伺って作業をするには、”出張費”がかかります。出張費とは、ガソリン代や駐車料金などです。出張費の設定価格は業者によってさまざまですが、ご自宅から近い業者に依頼すれば出張費を安くできることが多いです。

【安くする方法2】:比較検討する

業者依頼するときは、必ず複数の業者から”相見積り”をとることがポイントです。ひとつの業者だけしかみていなかった場合、後から安い業者の存在を知ったときに損した気分になってしまいますよね。

同じサービス内容でも業者によって費用に差が出ることがあるので、最低でも3つ以上の業者から見積りをとるようにしましょう。

【安くする方法3】:加入している保険の確認をする

皆さんは、”損害保険”に加入しているでしょうか。保険に加入していれば、修理代を保険使用で安くできる場合があります。

気になる方は、水漏れが心配なときの調査方法と費用を抑えるコツ事例からみる水災だけでなく水漏れでも適用される保険もご覧ください。

賃貸の場合は【自己負担】しなくてもいい場合がある

賃貸にお住いの方は自己負担なしで修理できる場合がありますので、気になる方は賃貸での水漏れの責任の所在は?修繕費用は誰が払う?をご覧ください。

以上、トイレ水漏れ修理を安くする方法についてご紹介しました。無料で修理できる場合があるのでよく確認してみてくださいね。

トイレの水漏れ修理業者探しにお困りの方は、ぜひ弊社をご利用ください。弊社は、できる限り安い価格で満足いただけるサービスをご用意いたします。

ご相談いただいた後は速やかに修理作業に入る体制が整っているため、お急ぎの方は今すぐご相談ください。

トイレから水漏れ!?そんな時は水110番へ!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水漏れの前兆と予防術

冒頭でも少しお話しましたが、トイレの水漏れは目に見える症状が出るまでは気づきにくいものです。最後になりましたが、水漏れの前兆として考えられる症状とその予防策についてご紹介します。

この3つの【前兆】がないかチェックしよう!

この3つの【前兆】がないかチェックしよう!

水漏れかも!?3つの【前兆】
  • タンク内から「チョロチョロ」という流水音が聞こえる
  • 排水管から普段は聞こえない大きな音が聞こえる
  • 便器の水量が多い気がする

このような症状は起こっていませんか。これらは、水漏れの前兆として考えられます。

トイレから普段は聞こえないような異音が聞こえる場合は、目に見えない箇所で水漏れが起こっているかもしれません。

タンク内から流水音が聞こえる場合は、タンク内の部品が故障しているケースが多いです。排水管からゴボゴボという大きな音が聞こえる場合は、中でなにかが詰まっていることもあります。

便器の水量が多い場合も、水がうまく流れずに詰まりを起こしていることが考えられます。ご紹介したような異常を察知した場合は、放っておかず、ひどくなる前に水漏れ修理のプロに相談することがおすすめです。

2つの水漏れ予防法

水漏れが起こる前兆がなくても、普段から予防しておけば水漏れをある程度防ぐことができます

ここからは、できるだけ早く異常や不具合に気づくことができるように、”2つの水漏れ予防法”をご紹介します。ぜひ、できることから実践していきましょう。

【予防1】:パッキン部分・ゆるみがないか確認する

水漏れは、普段の生活で気をつけていると予防することも可能です。たとえば、「ナットにゆるみはないか」「接続部にあるパッキンが摩耗していないか」をチェックします。毎日となると無理があるので、トイレ掃除をする際などに定期的に確認するとよいでしょう。

【予防2】:お手入れをする

皆さんは、普段トイレのどの部分を掃除していますか?手洗い器、便座、便器、床、壁、ドアノブなどでしょうか。トイレ掃除で定期的におこないたい箇所には、上記以外だけでなく”タンク内”も加えてください。

トイレタンク内には、トイレに水を流すために重要な部品がいくつか収納されています。タンク内まで確認することで、チェーンの絡まりなどによる水漏れを予防することができるはずです。

カビ対策も万全に!
タンク内はカビが発生しやすい場所でもあるので、重曹などの掃除用品を使ってカビ対策をしておきましょう。悪臭の発生を防ぐ効果があります。

この記事では、原因別でのトイレの水漏れ対処法について、詳しくご紹介してきました。自分で水漏れ修理が難しいと感じた場合は、すぐに業者に依頼しましょう。

また、見積りを複数の業者からとるなど、業者依頼をする際の修理代を安くするコツについてもご紹介しました。せっかく業者に修理を依頼するなら、安くて満足のいくサービスを提供してくれる業者を選んでください。

弊社では、お客様に満足いただける料金体系はもちろん、すぐに作業にとりかかることができる速さにも自信があります!皆さまからのご利用を心よりお待ちしております。

トイレから水漏れ!?そんな時は水110番へ!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較