水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのつまりは業者に依頼しよう!料金や業者選びのコツもご紹介

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレのつまりは業者に依頼しよう!料金や業者選びのコツもご紹介

トイレのつまりは業者に依頼しよう!料金や業者選びのコツもご紹介

トイレはトイレットペーパーや汚物を毎日ダイレクトに流す場所です。そのため、家の中でもつまりが起きやすい場所になります。毎日使うトイレがつまって使えなくなったら、早急に対処しなければ、日常生活がスムーズにおこなえません。トイレのつまりは業者に依頼して、迅速に解消してもらいましょう。

ここでは、トイレのつまりを業者に依頼するときの料金相場やポイント、自分でできるつまり対処法や予防法までご紹介します。トイレのつまりでお困りのかたはぜひご参考にしてください。

1.トイレがつまったら、まず止水栓を閉めよう

つまっている便器に誤って水を流すと、便器から水があふれてしまうおそれがあります。そのような場合の被害を最小限におさえるため、まずは念のために止水栓を閉めましょう。

止水栓とは、水道の水の流れを止める栓のことです。トイレのタンクへつながる給水管の止水栓を閉めれば、レバーをひねってもタンクに給水されることはなくなります。止水栓を閉めておくことで、水が便器からあふれたとしてもタンク内にたまっている分の水だけで済むのです。

止水栓は一般的に、床や壁から出ている給水管と給水器具の接続口付近に設置されています。止水栓が確認できたら、マイナスドライバーを使って右に回して閉めましょう。

トイレがつまったら、まず止水栓を閉めよう

トイレに止水栓がみあたらない場合は、水道の元栓を閉めて家全体の水道を止めてください。一戸建ての場合は、玄関や駐車場などの地面に「量水器」や「止水栓メーター」と書かれたボックスが設置されています。ボックスのふたを開けると水道メーターの隣にバルブがあります。これが水道の元栓です。バルブを右に回して家全体の水の流れを止めましょう。

マンションやアパートなど集合住宅の場合、玄関ドアの隣やエントランスに設置されているパイプシャフトというボックスに、電気や水道などのメーターがまとめられています。パイプシャフト内の水道メーターの隣に水道の元栓がありますので、このバルブを右に回して閉めてください。

ひとつのパイプシャフトの中に何部屋かの水道バルブが一緒に設置されていることも多いため、ほかの部屋のバルブと間違えないように注意しましょう。各パイプシャフトに部屋番号などが表示されている場合もありますが、ない場合は大家さんなどに確認するのが確実です。

家全体の元栓の位置

2. トイレのつまりは業者に依頼して解決しよう

トイレのつまりは早急に解消しなければ、日常生活に支障をきたします。また、修理方法を間違えるとさらに被害が拡大して、大惨事になってしまうおそれも……。トイレのつまりが起きたら、トイレ修理業者に依頼して早めに解決してもらうことがおすすめです。

業者に依頼するときの料金相場

業者に依頼するときの料金相場は「基本料金+作業費+部品代+出張費」で算出されるところが多いようです。作業費はつまりの程度や使用する器具などによって、料金が変動します。

また、業者によっては、駐車場代や早朝深夜料金なども別途かかる場合がありますので、依頼する場合はかならず事前に見積りを取ることが重要です。

作業内容 料金相場
基本料金 4,000円~5,000円ほど
便器のつまり 軽度:約1,000円~7,000円
中度:約7,000円~18,000円
(ローポンプを使用)
高度:約10,000円~50,000円
(トーラーや高圧洗浄機を使用)
配管のつまり 8,000円~15,000円ほど
便器脱着 30,000円~50,000円ほど

ローポンプとは、つまりを解消するための専用のポンプで、圧力ポンプとも呼ばれています。トーラーは、ワイヤーの先にブラシがついていて、それを配管などに差し込んで奥の汚れをブラシでからめ取り、つまりを解消する器具です。ローポンプで解消できないつまりの場合にトーラーを使用します。

業者選びのポイント

業者に依頼したいけれども、「どこの業者に依頼すればいいかわからない」というかたは多いのではないでしょうか。業者選びを失敗すると、費用を払ってもしっかり修理してもらえないことも……。ここでは、業者選びのポイントをご紹介します。ポイントを押さえてよりよい業者を選びましょう。

料金が明瞭か

料金が明瞭か

料金設定がわかりやすく納得できる業者を探しましょう。相場よりも料金が安すぎたり高すぎたりする業者は要注意です。事前に見積りを取って、作業内容と料金をしっかりと確認してください。

3社以上から見積りを取れば、作業内容や料金を比較することができてよりよい業者選びに役立ちます。見積りを取る場合は、見積りが無料であるか、見積り後のキャンセルが可能であるかも事前に確認しておくと安心です。

迅速に対応してもらえるか

トイレ修理を依頼してもすぐに対応してもらえない場合、業者が来るまでトイレを使用できなくなってしまいます。また、放置している期間が長いと被害が拡大してしまうおそれもあるため、迅速に対応してもらえる業者に依頼することが重要です。24時間年中無休で対応している業者であれば、深夜や早朝のトラブルにもすぐに対応してもらえるため安心できるでしょう。

実績や技術力があるか

しっかりとした実績や技術力がない業者に依頼すると、作業が中途半端になったり、失敗したりして余計に時間と費用がかかってしまうこともあります。ホームページなどで実績や技術力が信頼できるものであるかを確認しましょう。

実績や技術力をチェックするには、ホームページに記載されている創業年や施工事例、会社の概要を見てみてください。創業からの年数が長い業者であれば、実績も多いと考えられます。利用者が多ければ口コミや評判も知りやすく、そういった情報がわかれば安心して任せられるでしょう。

また、会社概要欄などで水道局の指定工事店の認可を受けているかも確認してください。水道局の認可を受けていないと水道工事をすることはできません。1級・2級建築配管技能士の資格を持つスタッフがいるとさらに安心できます。

対応は丁寧か

電話や見積り時の対応もよくみておきましょう。対応が悪い業者や料金の説明がわかりにくいなど、少しでも違和感を感じたら依頼することを再検討してみてください。

対応が丁寧で、長く付き合える業者を選べば、工事後のアフターフォローや相談などもスムーズにおこなえるため、しっかり見極めることが大切です。

トイレ業者のつまり解消方法

トイレ業者は、専門の薬剤や器具を使ってつまりを解消します。ここでは、依頼から修理までの流れとトイレ業者の修理方法をみていきましょう。

依頼から修理までの流れ

電話で業者に依頼

事前見積り

契約

つまり解消作業

支払い

つまりの解消方法

軽度なつまりから重度なつまりまで業者は対応可能です。どのようなつまりをどんな方法で解消するのかをみていきましょう。

・薬剤を使用する
強力な薬剤を使ってつまりを解消します。軽度のつまりであれば、薬剤だけでもつまりの解消ができ、費用も安く済みます。

・ローポンプを使用する。
ローポンプは圧力をかけてつまりを解消する器具で、自転車の空気入れのような形状をしています。先端を便器の排水口につけ、ハンドルを引いてポンプ内に水を引き入れてつまり部分をひっぱり上げます。さらにハンドルを押すとつまり部分に圧力がかかり、この引いたり押したりを繰り返すことでつまりを解消できるのです。

スッポンとも呼ばれるつまり解消器具であるラバーカップと原理は同じです。ラバーカップも棒の先端にお椀型のゴムがついていて、これを便器の排水口に押し当てることで、圧力をかけてつまりを解消します。ローポンプはポンプの力でより強い圧力をかけることでラバーカップの何倍もの威力を発揮するため、自分で解消できないつまりも解消できます。

・トーラーを使用する
トーラーとはワイヤーの先端にブラシがついているもので、それを排水管に入れてブラシを回転させてダイレクトにつまりの原因となる汚れをからめとる器具です。

手動のもののほかに電動のものもあり、先端のブラシもコイル状や槍(やり)状のものに付け替えることができます。配管が老朽化している場合などは、失敗すると配管に穴が開いてしまう場合がありますので、技術力と経験を持った業者ならではの解消方法です。

・高圧洗浄機を使用する
高圧洗浄機は主に配管の奥で起きた重度のつまりを取り除く際に使用されます。ローポンプやトーラーでも解消できないつまりの場合は高圧洗浄機で解消しますが、その場合は便器を取り外して作業する必要があります。

3.自分でできる対処法

軽度のつまりの場合は自分でできる対処もあります。ここでは、自分でできるつまりの解消方法をいくつかご紹介していきますが、自分で誤った対処をおこなうと状況を悪化させてしまうおそれもありますので注意してください。

比較的解消しやすいつまり

比較的解消しやすいつまり

トイレのつまりで特に多いのがトイレットペーパーを大量に流したことによるものです。トイレットペーパーは水に溶けやすいため、トイレットペーパーが原因のつまりは比較的解消しやすいつまりです。

また、便器の水が時間を置くと少しずつ引いていく場合も、まだ完全につまっていないため自分で直せる可能性があります。

・自分でできるつまり解消方法
では、自分でできる比較的簡単なつまりの解消方法をみていきましょう。作業する前には、かならず止水栓を閉めて温水洗浄便座などの電源プラグを抜いてください。また、水が飛び跳ねても大丈夫なように床や壁をビニールシートや新聞紙で養生しましょう。

バケツと水

バケツの水の水圧や流れを利用してつまりを解消する方法です。

  1. 水を入れたバケツを用意してください。
  2. 便器内にたまっている水を、別の容器などに移して減らしておきます。
  3. バケツの水を高い位置から便器の排水口めがけて流します。ちゃんと排水されるまで何度か繰り返しておこないましょう。

お湯

つまっている箇所にお湯を流し込み、その熱によってつまったトイレットペーパーなどをほぐれやすくして流す方法です。50℃~60℃程度のお湯を使いましょう。60℃を超えるような熱湯を流すと、便器が熱さに耐えきれず破損してしまうおそれがあります。

  1. 50℃~60℃くらいのお湯を1リットル~2リットルほど用意します。
  2. 便器内にたまっている水を、別の容器などに移して減らしておきます。
  3. 便器にお湯を流します。つまりをほぐすため、そのまま1時間ほど放置しましょう。
  4. バケツで水を流して、正常に排水されればつまり解消です。

重曹と酢

重曹と酢を使用する場合は、炭酸ガスが発生するためかならず換気をしましょう。

  1. 重曹50ccと酢100cc、ぬるま湯、バケツを用意します。
  2. 便器の中の水をできるだけバケツに汲み取りましょう。
  3. 重曹を便器に入れたら、その重曹めがけて酢を流し込みます。
  4. 酢を入れると白い泡が立ちますので、そのあとにお湯を便器の半分くらいまで流し入れましょう。そのまま1時間ほど放置します。
  5. バケツで水を流して排水されれば完了です。

ラバーカップ

便器内を真空状態にして水をひっぱり上げることで、つまっているものを動かして流す方法です。ラバーカップは洋式トイレ用と和式トイレ用がありますので、便器に合ったものを使用してください。

  1. ラバーカップのお椀型の部分を便器の排水口に密着させます。このとき、水を含ませながらお椀の中の空気を抜いて入れてください。
  2. 密着させたら、棒をゆっくりと押し込んでお椀部分をへこませます。
  3. ラバーカップを勢いよくひっぱり上げます。つまっているものが動くことでつまりがほぐれれば、便器内の水が流れていくはずです。一度で解消されない場合は、何度か繰り返してみてください。

専用の器具を使ってつまりを解消

インターネットやホームセンターなどで手に入る専用の器具を使ってのつまり解消方法もご紹介します。

真空式パイプクリーナー

真空式パイプクリーナーとは、水回りの排水のつまりを解消する器具で、真空ポンプとも呼ばれます。ラバーカップと同様に圧力を利用してつまりを吸引し解消しますが、ラバーカップよりも吸引力が強いのが特徴です。

先端のお椀型のゴム部分を便器の排水口にあてて、ハンドルを押したり引いたりすれば中のつまりを吸引できます。

ワイヤー式パイプクリーナー

ワイヤーブラシとも呼ばれるもので、ワイヤーの先にブラシがついており、そのブラシでつまりをからめとって解消する器具です。ワイヤーは長さが3メートルほどから15メートルほどまで売られているため、配管の奥まで掃除することができます。

薬剤

インターネットなどではつまりを解消する業務用の強力な薬剤も売られています。この薬剤を使ってつまりを解消することもできます。ただし、強力な薬剤は目に入ったり口や鼻から吸い込んたりすると大変危険です。

また、塩素系ほかの洗剤と混ぜると有毒なガスが発生するものもあります。かならず製品の説明書を確認して、正しい方法で使用してください。

自分で修理するリスク

トイレのつまりは、軽度なつまりであれば自分で簡単に解消できる場合があります。しかし原因やつまりの具合を見誤って作業をしてしまうと、水があふれ出てしまったり、つまりを奥に押し込んでしまったりと、さらに状況を悪化させてしまいます。

また、ワイヤーブラシで配管を傷つけたり、熱湯で便器を壊してしまうおそれもありますので、自分での修理が不安な場合は業者に依頼することがおすすめです。自分で修理する場合は、しっかりと原因や状況を確認して、リスクがあることを踏まえて作業してください。

4.つまりの前兆と予防方法

トイレのつまりが起こってしまうと、日常生活にも支障が出るため困りますよね。また、修理を依頼するにもそれなりの費用がかかります。ここではつまりの前兆と予防法をご紹介させていただきます。つまりの前兆と予防法を知れば、修理費用の軽減にもつながりますのでぜひ参考にしてください。

こんな症状が出たら要注意

つまりの前兆を知るには、その前段階の症状を見逃さないようにすることが大切です。つまりの症状が出たら、早めに対処しましょう。

水圧が弱い

水圧が弱い

タンクからの水の流れが弱いと、便器の中の汚物を排水管に流す力も弱くなるため、しっかりと排水されずにつまりの原因となってしまうため要注意です。水圧が弱くなるおもな原因は、タンクにたまっている水の量が少ないことです。

タンク内の部品に不具合があると正常に給水がされず、タンクに十分な量の水がたまっていないことがあります。タンク内の部品を確認して異常があれば新しいものへ交換が必要です。

便器の水位が上がる

便器の水位がいつもより上がっている場合、便器の奥や排水管に汚れがつまっているのかもしれません。しばらく放っておいて水位が元に戻るから安心、と放置してしまうとつまりがひどくなり、業者に依頼するときの費用も高くなってしまいます。

この場合は、水を流さずに薬品やラバーカップなどでつまりの原因を取り除きましょう。早い時点で業者に依頼すれば軽度のつまり解消であるため、費用も抑えられます。

異臭がする

トイレは便器と配管の間に封水と呼ばれる水が溜まる仕組みがあり、この水が下水管と便器の空気を遮断してくれています。そのため、下水の臭いが室内に上がってくることはなく、快適に過ごせるのです。しかし、この封水がなくなってしまうと、下水と室内の空気が遮断されることなくつながってしまうため、下水の嫌なにおいがそのまま上がってきてしまいます。

封水がなくなるのは便器の中で毛細血管現象が起こっている原因です。毛細血管現象とは、トイレの封水が溜まる場所に汚物やトイレットペーパーなどが溜まって、その蓄積したつまりを伝って封水の水が少しずつ配管に流れてしまう現象です。

異臭を感じたら、封水の配管あたりでつまりが起こっている可能性があります。水を流しても異臭が続く場合は、早めに業者に依頼しましょう。

異音がする

便器の中の封水がコポコポと音を立てる場合は、何かが封水に引っ掛かってしまっている場合があります。流れたものが含んだ空気が封水の中で引っ掛かってしまったことによって空気だけが水面に浮かんできてしまうのです。音がした場合は、異物を流していないか、封水に何か引っ掛かっていないかを確認してください。

つまりの予防方法

つまりは起こる前に予防することが一番です。つまりの予防方法を知って、つまりを起こさないようにしましょう。

トイレットペーパーを大量に流さない

一度に大量のトイレットペーパーを流すことはつまりの原因となってしまいます。トイレットペーパーを大量に流すのはやめましょう。どうしても流したい場合は何度かに小分けにして流すと、つまりの予防になります。また、トイレに流せる、とうたっている掃除用のペーパーなども極力流さないようにするとさらに安心です。

便器にものを落とさない

便器にものを落として放置してしまうと、それが配管に引っ掛かって、いろんなものの流れを妨げてどんどんつまりがひどくなってしまいます。ものを落とした場合は、すぐに取り除きましょう。

間違った節水をしない

トイレのタンクにペットボトルなどを入れると、タンクに溜まる水を節約できて節水できるという情報もあります。しかし、適量の水を流さなければ、汚物を流す水圧も弱くなり、つまりを引き起こす原因となってしまいます。間違った節水をおこなわずに正しい水量で水を流しましょう。

古いトイレは点検を

古いトイレは点検を

長年使った古いトイレは、配管の内側にゴミなどがこびりついて水の流れる路(みち)が狭くなり、つまりやすくなってしまうことがあります。古いトイレで、流れが悪くなってきたと感じたら、配管などを点検してもらうようにしましょう。

5.トイレのつまりの解消は弊社にお任せください。

トイレのつまりは自分では対処が難しいこともあり、場合によっては状況を悪化させてしまうおそれもあります。また、つまりの原因がトイレのタンクや排水管などの不具合にある場合は、単純につまりを直しただけでは根本的な解決にはなりません。トイレ修理の業者であれば原因の調査もおこない、つまりを根本から解消することができます。

業者を選ぶ際のポイントはいくつかありますが、すべての業者をチェックしようと思うと大変な時間がかかってしまいます。トイレがつまって困っているときに、そんな余裕はないことも多いでしょう。

そんな場合には、ぜひ弊社にお電話ください。弊社には数多くのトイレ修理業者が加盟しており、ご相談内容に応じてお近くの業者を無料でご紹介します。加盟業者の中から最適な業者を弊社のスタッフが厳選しますので、業者を探す手間は必要ありません。

ご依頼後、加盟業者のスタッフがすぐに現場に駆けつけ、くわしく原因を調査の上、見積りの作成をおこないます。見積りは無料ですし、見積りを見て依頼をキャンセルしてもキャンセル料などは一切かかりません。調査だけ、ご相談だけのご利用でも大歓迎です。24時間365日いつでも対応が可能ですので、ぜひお気軽にお電話ください。

トイレの詰まりに関する記事はこちら

■節水型トイレは詰まりやすい|原因と自分でできる対処法を徹底解説
■トイレが流れない…5つの原因と4つの対処法|業者の費用・選びかた
■トイレの流れが悪い原因は便器かタンクにあり!流れにくい原因&対処
■トイレ詰まりの対処法を解説|普段の使い方を意識すれば予防できる!
■トイレつまりをパイプクリーナーで解消|種類・使い方・つまり予防策
■トイレのつまりで水位が下がるのは危険のサイン!原因と解消法を解説
■簡易水洗トイレの詰まりの原因と対処方法とは?家庭にあるもので対応!
■トイレの詰まりはラップで解決!圧力を利用した上手な活用法について
■トイレの詰まりは薬剤で解決しよう!その他のお手軽解消法もご紹介
■トイレがよく詰まる原因は5つ!今後の予防法や詰まり解消法をご紹介
■トイレが詰まったら!放置してよいかの判断基準と効果的な対処法3選
■トイレ詰まりを直す道具と使い方!ご家庭にあるもので詰まりが直せる?
■トイレの水がなくなる原因と対処法|臭いのは封水切れ!いますぐ解決
■トイレのタンクに水が貯まらない原因と自分で修理する方法を解説!
■トイレつまりの料金相場!業者に修理を依頼するときの正しい選び方

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較