水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> トイレの交換にかかる費用の相場は130,000円~が目安|リフォームの工事料金を高いと感じたときはDIYがおすすめ

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの交換にかかる費用の相場は130,000円~が目安|リフォームの工事料金を高いと感じたときはDIYがおすすめ

2021.09.03

トイレ 交換

トイレ便器の交換費用の相場は130,000~200,000円です。実際にTOTO公式サイトとLIXILサイトの工事費用(本体価格+工事費)を確認してみると、この価格帯に落ち着くことが多かったです。

そのためメーカー公式サイトで工事を依頼すると、基本的には130,000~200,000円かかると思っていいでしょう。

もしもこの価格を「高い!」と思うのであれば、DIYでトイレ便器を交換してしまうのもアリです。というのも、トイレ便器の交換に必要な資格はなく、一般の人で交換をしてもOKだからです。費用を安く済ませたい人は、DIYにチャレンジしてみてくださいね。

そこでこの記事ではトイレ便器の交換に関する相場費用・DIYでトイレ便器を交換する方法・補助金制度のご紹介をしています。トイレ便器の交換に関するくわしい情報を知りたい人は、この記事をチェックしてみてくださいね。

また、もしトイレ便器の交換をしている際に、誤って水漏れを起こしてしまったら、水110番にご相談ください。最短15分で現場に駆け付け、迅速に対処いたします。しかも水110番なら、そのままトイレ便器の交換も行います。お気軽にご相談くださいね。

なお、トイレの交換を考えている方のなかには、つまりを起こすことが理由という方もいるのではないでしょうか。トイレのつまりに関しては、原因によっては自分で対処できることもあります。「【トイレのつまり・水漏れ】原因・対処法|トラブルの解消・修理・予防方法をご紹介!業者へ依頼するメリットとは?」で詳しくご紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ちなみに、トイレのつまりに関しても水110番で対応可能です。自分で対処できない場合は、ぜひご相談ください。

トイレのつまり・キッチンの水漏れなど税込8,800円~お電話1本ですぐに駆けつけます!※1 累計問合せ件数210万件以上※2 24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-220-377 メールで相談する
※1 対応エリア・加盟店・現場状況により価格が異なり、記載価格で対応できない場合がございます。 ※2 当サイト記載の累計問合せ件数について、弊社運営サイト全体のお問合せ件数になります。

トイレ便器の交換|相場費用の目安は130,000円~!

トイレメーカーの公式サイトを確認すると、トイレ便器の交換には約130,000~200,000円の費用がかかるのが一般的なようです。実際にTOTOとLIXILのトイレ便器の交換費用(トイレ便器の本体価格+工事費)は、以下のようになっていました。

【TOTOのトイレ便器交換費用】

商品名 本体価格+工事費
ピュアレストQR 130,000円~
HVリモデル 180,000円~
GG1-800リモデル 220,000円~
ネオレスト 250,000円~

TOTO公式ホームページ
(2021年1月18日現在)

【LIXILのトイレ便器交換費用】

商品名 本体価格+工事費
アメ―ジュZA 201,700円~
プレアス-LS 222,100円~
プレアス-HS 225,500円~
リフォレ-I型 266,200円~

LIXIL公式ホームページ
(2021年1月18日現在)

このように、一番低い工事費でも130,000円の費用がかかっていますよね。メーカーの公式サイトから工事を依頼すると、最低でもこれぐらいの値段はすることを想定した方がいいでしょう。

また、LIXILの価格を見てみると、TOTOよりも高くなっていますね。トイレ便器交換の費用はメーカーによって異なることもわかります。

そのため、トイレ便器の交換費用を知りたいときは、まずメーカーを調べるとよいでしょう。そして希望するトイレ便器の商品を決定すれば、最終的な工事費用がいくらになるのかだいたい見当がつきます。参考にしてくださいね。

費用の内訳

次はトイレ交換費用の内訳を確認しましょう。トイレ便器の交換には以下の経費が掛かります

≪交換費用の内訳≫

便器本体+工事費用(基本料金)+処分費用+オプション料金

★便器本体

便器本体価格とは、工事費用等を含めない『その便器の購入費用』を指します。トイレ便器交換費用の半分は、この便器本体価格と思っていいでしょう。

ちなみに、TOTOの便器本体価格をTOTO公式サイトと複数のネットショップで比較してみると、結果は以下のようになりました。

【便器本体価格】

商品名 TOTO公式サイト ネットショップA ネットショップR
ピュアレストQR 103,000円(税込)~ 48,657円~ 34,965円~
ピュアレストEX 127,000円(税込)~ 88,600円~ 77,385円~
GG 264,000円(税込)~ 101,310円~
GG-800 270,000円(税込)~ 102,520円~
FD※ 328,000円(税込)~
レストパル 324,000円(税込)~ 191,902円~
レストパルF 458,000円(税込)~ 251,499円~
ネオレストDH 325,000円(税込)~ 220,000円~ 183,531円~
ネオレストRH 401,000円(税込)~ 260,000円~ 215,547円~
ネオレストAH 401,000円(税込)~ 258,000円~ 209,619円~
ネオレストNX 665,000円(税込)~ 438,401円~

※2021年2月販売予定
TOTO公式ホームページ|トイレ一覧
(2021年1月18日現在)

このように、便器本体の価格は『どこで買うのか?』によって大きく左右されます。TOTOは各ネットショップに比べて、平均的に100,000円前後高くなっていることがわかりますよね。

この結果から、もしも安く商品を買いたいのであれば、ネットショップで購入してくださいね。購入費用が安く済みますよ。

ただし、ネットショップによっては商品の保証をしていないことがあります。そのため、安心して買い物をしたいのであれば、少々値が張りますがTOTO公式サイトで購入するのが無難です。

『価格を取るか? 保証を取るか?』で購入先を選んでくださいね。

★工事費用(基本料金)

工事費用とは、給水工事・排水工事・電気工事などにかかった費用を指します。

例えば『和式便所➡洋式ウォシュレットに交換』した場合、ウォシュレットを作動させるために新たに配線工事をしなければなりませんよね。そのためこの場合だと、通常の工事費用に比べて高額になることが予想されます。

このように、工事費用は『現状からどういったトイレに交換するのか?』で大きくわかれます。もしも工事費用が高額になるかもしれないのであれば、まずは複数の工務店で見積りを取ってくださいね。そうすれば工事費用の目安がわかります。

★処分費用

処分費用とは『交換をして不要になった旧便器を処理する費用』を指します。これは工務店によって価格が変化します。見積りを取った際に、一緒に確認するといいでしょう。

★オプション料金

オプションとは壁・床・天井の内装材張り替えや手洗い器の設置など(簡単に言うとリフォーム)を指します。工務店にトイレ便器の交換を依頼すると、高確率でこのようなリフォームをおすすめされます。

もしもトイレ全体の雰囲気を変えたいのであれば、このようなオプションを付けてもいいでしょう。その一方でトイレ便器の交換だけでいいのであれば、断ってくださいね。

トイレ交換の作業内容は給水工事や電気工事など

TOTO公式サイトによると、トイレ便器の交換作業では以下のことをおこなっています。

トイレ交換の作業内容
✓内装(床・壁・天井・巾木・廻縁)
✓建具(ドア)
✓給水工事(便器給水)
✓排水工事(便器排水)
✓電気工事(ウォシュレット用コンセントなど)
✓その他(駐車場代など)
トイレ空間リフォームの参考価格

内装・建具に関してはオプションです。トイレ便器の交換のみを希望する場合は、担当者にその旨を伝えましょう。

給水工事・排水工事に関しては、各配管が劣化していない限りそのまま使用するケースが大半です。もしも「配管を交換する必要がある」と言われたときは、必ずその交換費用を聞いておきましょう。

ウォシュレットタイプを取り付ける場合は、電気工事も行います。ウォシュレット用コンセントが必要だからです。気をつけてくださいね。

また、工務店によっては駐車場代を請求されることもあるようです。駐車場代を含めたその他費用は、見積りのときに細かく確認しておくとよいでしょう。

工事にはどれぐらいの日数がかかるのか

『旧ウォシュレットから最新ウォシュレットに交換する』といった簡単な工事であれば、半日~1日ほどで終わるようです。場合によっては数時間で終わらせることも可能だとか。

ただし、『和式から洋式ウォシュレットに交換する』場合はもっと日数がかかるでしょう。ウォシュレット用のコンセントを作るために、電気の配線工事をしなければならないからです。

このようにトイレ便器の交換にかかる時間はケースによってまちまちです。見積りを取った際に、工事にかかる日数も確認しておきましょう。

【11手順】DIYでトイレ便器を交換する方法

結論から言うと、DIYでトイレ便器を交換することは可能です。『旧ウォシュレット➡新ウォシュレット』のような簡単な交換であれば、給水管と排水管に繋げるだけで作業が完了するからです。

ただし、『和式➡洋式ウォシュレット』のように電気工事が必要な場合は、業者に依頼しましょう。屋内の配線工事をするには『電気工事士』の資格が必要だからです。

もしも電気工事士の資格を持っていないのであれば、業者に工事を依頼してくださいね。

DIYでトイレ便器を交換する手順

DIYでトイレを交換する際の手順は以下のとおりです。

DIY時の交換手順
1.水道の元栓を閉める
2.トイレの水を抜く
3.タンク下のナットを外す
4.止水栓との接続を外す
5.タンクを外す
6.トイレ便器下のネジを外す
7.トイレ便器を外す
8.フランジ(パッキンみたいなもの)を交換する
9.接続用のアジャスターを取り付ける
10.便器を乗せる
11.便器本体をネジで固定する

1.水道の元栓を閉める

まずは水道の元栓を閉めましょう。元栓を閉めておけば、水が漏れださないからです。必ず閉めてくださいね。

2.トイレの水を抜く

元栓を閉めた状態でトイレの水を抜きましょう。タンク内の水がなくなるまで、レバーを引いてくださいね。

3.タンク下のナットを外す

トイレの水がすべてなくなったら、タンク下のナットを外しましょう。ナットを外す際はモンキーレンチを使ってくださいね。

もしもナットが固くて回らないのであれば、潤滑油を使うといいでしょう。回しやすくなりますよ。

4.止水栓との接続を外す

トイレタンクと止水栓をつなぐ給水管の接続を解除しましょう。具体的にはトイレタンク側とのナットを緩めればOKです。

もしもナットが固いのであれば、先ほどと同様に潤滑油を使ってゆるめてくださいね。

万が一止水栓を閉めても水が漏れだすのであれば、止水栓内でトラブルが発生しているのかもしれません。そのときは水110番にご相談ください。最短15分で現場に駆け付け、無料で原因をお調べいたします。

5.タンクを外す

ナットを外したらトイレタンクを持ち上げて外しましょう。ただし、トイレタンクは重量が10kgを超えることが多く、とても重いです。1人で持ち上げると落としてしまうおそれがあります。

そのため、トイレタンクを持ち上げる作業は2人でやるのがいいでしょう。

6.トイレ便器下のネジを外す

トイレ便器の下のネジを外しましょう。トイレ便器を固定しているこのネジを外せば、外れますよ。

また、外したネジは念のために容器に入れて保管しておきましょう。なくさないように気をつけてくださいね。

7.トイレ便器を外す

トイレ便器を外しましょう。トイレタンクのとき同様、トイレ便器も重い傾向にあります。1人では落とすかもしれません。2人で行うのが無難です。

8.フランジを交換する

トイレ便器を外したらフランジを交換しましょう。フランジとは丸い形をした輪っかみたいなものです。フランジはプラスチック製なので、10年程でボロボロになってしまいます。フランジが劣化すると、水漏れの原因になることも。

そのため、トイレ便器を外したときは、まずこのフランジを交換してくださいね。

9.接続用のアジャスターを取り付ける

接続用のアジャスターを取り付けましょう。アジャスターとは簡単に言えば『排水パイプやソケット』みたいなものです。

接続用アジャスターは便器本体とセットになっています。便器本体に付与されていたアジャスターを取り付けてくださいね。

10.便器を乗せる

アジャスターを取り付けたら便器を上から被せましょう。アジャスターの排水口部分とトイレ便器本体の下部にある穴の位置を合わせて、慎重に置いてください。

便器を無事に置いたら、トイレ便器の向きが真正面になるよう微調整しましょう。

11.便器本体をネジで固定する

最後に便器本体をネジで固定しましょう。ネジをキツく締めすぎると、トイレトラブルの際便器を外すことができません。

ネジを締めるときは、幾分か余裕を残した状態で締めるのがいいでしょう。

1~11の流れを実行すれば、DIYでトイレ便器を交換することができます。試してみてくださいね。

トイレの便座のみを交換するのも可能!

便座のみの交換も可能です。その手順は以下のとおりです。

便座を交換する際の手順
1.便座裏のナットを外す
2.ベースプレート用のゴムをはめ込む
3.ベースプレートをネジで固定する
4.新しい便座を差し込む
5.ナットで固定する

1.便座を固定しているナットを外す

便座を固定しているナットを外しましょう。このナットはタンク下に取り付けられていることが多いです。下からのぞき込んで確認してみてくださいね。

ナットを見つけたらモンキーレンチで外しましょう。

2.ベースプレート用のゴムをはめ込む

便座を外したら、ベースプレート用のゴムを便座取付穴にはめ込みましょう。もしもゴムとベースプレートが一体なのであれば、ベースプレートをそのままはめ込んでください。

3.ベースプレートをネジで固定する

ベースプレートをネジでしっかりと固定しましょう。

4.新しい便座を差し込む

新しい便座をベースプレートに差し込みましょう。「カチッ」という音が鳴れば、差し込みは成功です。音がしないときは引き抜いて、もう一度差し込んでくださいね。

5.ナットで固定する

便座を取り付けたら、ナットで固定しましょう。これで便座の交換作業は完了です。意外と簡単ですよね。便座の交換を検討している人は、この方法を実践してみてください。

また、もしもトイレの便座交換に関する情報がもっと欲しいのであれば、『トイレの便座は交換できるの?自分で交換する手順から業者に頼むメリット、両者の料金比較を徹底解説!』をチェックしてみてくださいね。便座交換に関する詳しい情報が載っていますよ。

ただし、便座が本体と一体化しているトイレや一部のタンクレストイレは、構造上の理由で便座を取り外すことができません。こういったタイプの場合、便座のみの交換は不可です。
このときは業者に一度相談するのがいいでしょう。

【おすすめ】介護保険の『住宅改修』を利用しよう

和式トイレから洋式トイレへの交換(暖房および洗浄機能が搭載された洋式トイレへの交換含む)をした場合、介護保険から補助金が出ます! 介護保険とは40歳から加入を義務付けられている保険のこと。じつはこの介護保険を使えば、補助金が支給されるのです(対象者は要支援1~2認定もしくは要介護1~5認定を受けた方のみ)。

なぜ介護保険からトイレ交換に関する補助金が下りるのかというと、介護保険には『住宅改修』という項目があるからです。これは介護を目的としておこなった住宅の改修に、補助金を支給する制度のことです(限度額は200,000円)。この制度を利用すれば、お得にトイレの交換をすることが可能なのです。

また、それだけでなくトイレを交換する際に必要と判断された『給排水管の工事』や、便器の張り替えに伴う『床材の変更』にかかった費用も、介護保険から支給されます。

ちなみに、トイレ交換で介護保険が適用されるケースは以下のとおりです。

介護保険が適用されるケース
1)和式便所から洋式便所への取替え
2)トイレ交換に伴い必要と判断された工事
3)手すりの取り付け
4)段差の解消
5)滑り防止
6)移動を円滑にするための床および通路の材質変更
厚生労働省|福祉用具・住宅改修に関する法令上の規程について

このように、介護保険を利用すれば費用を抑えることができます。介護保険に加入している人はぜひこの制度を利用してくださいね。

住宅改修の補助金を申請する方法

住宅改修の補助金を申請する方法は以下のとおりです。

≪住宅改修の補助金を申請する手順≫

1.ケアマネージャーに相談をする
2.事業者による下見および改修プランを作成する
3.市町村に申請書類の一部を提出する(事前申請)
4.工事着工~完了
5.住宅改修の補助金を申請(事前申請が必須)

この流れで補助金を申請することができます。参考にしてくださいね。

ただし、事前申請が無ければ補助金を支給されないおそれがあります。必ず事前申請を済ませてから着工しましょう。

トイレ便器の交換に補助金が出ることも!

あります。自治体によってはトイレ便器の交換にも補助金が出ます。ただし、その際には受け取り条件をクリアしなければなりません。たとえば東京都足立区の場合で言えば、以下の条件を満たす人に限り補助金を受け取れます。

補助金の条件
1.申請者が足立区内に住民登録中の個人であること。
2.申請者に住民税の滞納がないこと。
3.申請者自らが在住している足立区内の住宅のトイレを『洗浄料が5.0リットル以下のトイレ』に交換すること。
4.補助金の対象経費が30,000円以上であること。
5.申請内容が『不動産登記上の一棟の建物単位』であること。
6.申請のタイミングが工事着工前であること。
7.令和3年2月28日までに工事が完遂しており、かつ令和3年3月31日までに報告を完了していること。
8.同一年度内に同様の補助金を受けとっていないこと。
9.過去5年以内に同様の箇所で補助金を受け取っていないこと。
10.他補助制度の交付決定を受けていないこと。
東京都足立区役所公式サイト|節水型トイレ設置費補助金(事前申請)

このように、足立区であれば上記の条件をすべてクリアした場合に限り、補助金を受け取ることができます(上限は30,000円)。これは嬉しいですよね。

ちなみに、このような補助金受け取りの条件は自治体によって異なります。もしもトイレ便器の交換を検討しているのであれば、自分が住んでいる地域の役所ホームページを事前に確認してみましょう。ひょっとすると補助金申請の条件をクリアしているかもしれませんよ。

まとめ|トイレ便器の交換費用は約130,000円以上!

トイレメーカーの公式サイトから工事を依頼すると、トイレ便器の交換には約130,000円もの費用がかかることがわかりましたね。メーカーや商品名によってはさらに高くなることも判明しました。トイレ便器を交換する際は、予算にあったメーカーと商品を選んでくださいね。

もしも「工事費用が高いな」と感じるのであれば、DIYで便器交換をしてしまうのも1つの手です。そうすれば費用が5万円前後安上がりになるかもしれませんよ。検討してみてくださいね。

また、依頼・DIYに関わらず、トイレ便器の交換をするのであれば、まずは自分が済んでいる自治体のホームページを確認してみましょう。ひょっとすると補助金性があるかもしれません。補助金を受け取って、お得にトイレ交換をしてくださいね。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-220-377 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較