水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> 洗面所の水漏れで床が浸水!原因、対処や修理、業者依頼の料金を解説

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

洗面所の水漏れで床が浸水!原因、対処や修理、業者依頼の料金を解説

洗面所の水漏れで床が浸水!原因、対処や修理、業者依頼の料金を解説

「洗面ボウルの下が水浸し……」「床が濡れている」こんなときは、洗面台のどこからか水漏れが起きているのかもしれません。洗面所で水漏れが起きていたら、まずは止水栓を締めて水漏れを止めましょう

止水栓を締めたあとの修理・交換は、素人にとっては難しい作業なので専門業者に修理を依頼すべきですが、場合によっては自分で修理可能な場合もあります。

このコラムでは、業者に依頼する前の応急処置についてご紹介するとともに、自分でできる修理方法も詳しくお伝えします。ぜひこのコラムを活用し、水漏れを早急に解決しましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

洗面所で水漏れ!止水栓と蛇口を閉めて応急処置を

洗面所で水漏れが起こったら、水漏れ箇所を見つけ出し蛇口と止水栓を締めて被害拡大を食い止めましょう。ここでは、水漏れ場所を確認する方法や応急処置の方法、またその後の対応についてご紹介します。

準備するもの

用意するもの

まずは、応急処置に必要なものを準備します。もし、ご自宅になければホームセンターや100円ショップなどで購入しましょう。

  • バスタオルや雑巾
  • バケツ
  • マイナスドライバー

水漏れ箇所の確認

洗面所での水漏れといっても、水漏れが起こる箇所は1か所ではありません。水漏れしている箇所がわからないときは、以下のように水漏れしている箇所を探しましょう。すでに水漏れ箇所が特定できている場合や水が漏れるスピードが早い場合には、次の【応急処置の方法】に進みましょう。

1.大きめのタオルやバケツを用意する
まずは、床がこれ以上濡れないように、タオルを敷いておきましょう。また、配管やシャワーホースをつたって水漏れしている場合に備え、バケツを洗面台下の配管やシャワーホースの下に設置しておきます。

2.水の流れを確認する
水漏れ箇所確認は、「蛇口、排水口、パイプ付近、床……」のように、洗面台の上から順に確認していくと特定しやすいです。わかりにくいときは、コップ1杯の水を洗面ボウルに流してみましょう。水がポタポタと落ちてくる場所があれば、そこに原因があるはずです。

水漏れ箇所の確認

水漏れしやすい場所
  • シャワーホースやシャワーヘッドなど蛇口付近
  • 給水管と止水栓のつなぎ目
  • S字トラップや排水パイプ
  • 水受けタンク
  • 排水ホース
  • 洗面ボウルと排水ホースのつなぎ目
  • 床下の排水管
  • 洗濯機からの水漏れ

ここからは、主に洗面台のどこかに異常がある場合の対処法を詳しくご紹介していきます。もし、「洗濯機から水漏れしている気がする」という方は、以下のコラムをご参考ください。

応急処置の方法

水漏れ箇所がすぐに特定できたら、すぐに止水栓を締めましょう。止水栓は、洗面台の下の配管付近に設置されています。

止水栓は、時計回りに回せば締まります。ハンドルタイプは素手で締められますが、ハンドルが付いていなければ硬くて締められないかもしれません。そんなときは、マイナスドライバーを使ってください。止水栓の場所がわからないときは、外にある元栓を閉めれば水が止まります

止水栓を締めたら、床や洗面台下の収納場所など、濡れてしまったところをバスタオルで拭き取っておきましょう。水に濡れたところを放置していると、カビやシミの原因になってしまいます。

応急処置をしたら業者や管理会社に連絡しよう

応急処置をおこなったら、修理作業の手配をします。修理業者に連絡し、できるだけ細かく水漏れ箇所や状況について伝えましょう。

マンションやアパートな賃貸物件にお住まいの方は、まず管理会社やオーナーの方へ連絡します。賃貸物件の水漏れについては、階下や近隣住民への影響やトラブルのおそれもあるので、管理会社やオーナーに話を通して指示に従いましょう。

ここからの修理作業は、素人にとっては難易度が高く専門知識が必要となります。そのため、基本的には業者に任せるのがおすすめです。どうしても自分で洗面台の水漏れ修理をしたい方は、「水漏れ箇所や原因がわかっている」「水漏れの程度が軽度」の場合にとどめておきましょう。自分で修理できるかの目安は、以下の基準を参考に決めてください。

自分で修理ができるかどうかの判断基準
  • 洗面台の型番がわかる
  • 工具がそろっている
  • DIYが得意である
  • 水漏れ原因、水漏れ箇所がわかっている
  • 比較的新しい洗面台である

このような場合でなければ、自力での作業は控えましょう。失敗するおそれがあり、被害を大きくさせてしまうかもしれません。「DIYは自信がない」「水漏れ箇所、原因がよくわからない」とお悩みでしたら、いつでも弊社にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

次の章からは、自分でできる水漏れの直し方について詳しくご紹介します。水漏れが発生した箇所あわせて正しい処置をおこなっていきましょう。

作業に入る前に必要な工具や部品を準備しよう

自分で修理する方は、まずは必要な工具や部品を準備しましょう。どれもホームセンターやインターネットで購入可能です。

準備するもの
  • 新しい部品
  • マイナスドライバー
  • ウォーターポンププライヤー
  • モンキーレンチ
  • タオルや雑巾
  • バケツ

【対処法1】シャワーホース(混合水栓)やシャワーヘッドからの水漏れ

まずは、シャワーホースや蛇口から水漏れしたときの対処法についてご紹介します。シャワーホースやシャワーヘッド、蛇口からの水漏れの多くは、内部のゴムパッキンの劣化や破損が原因です。シャワーホース本体が破れてしまっている場合もあります。

シャワーホースやシャワーヘッドの修理手順

2.パッキンを交換する

まずは、シャワーホースやシャワーヘッドの修理手順についてです。工具や部品を用意できたら、以下の手順に沿って作業していきます。修理中にシャワーホースから水がつたってくることもあるので、バケツや洗面器を設置して水受けできるようにすると安心です。

1.シャワーホースを本体から外して引き抜く
まず、洗面台の下のシャワーホースとカラン(水栓金具、蛇口のこと)のつなぎ目を確認します。ワンタッチジョイントタイプという取り付けが簡単なものと、ナットで固定されているタイプがあります。ナットの場合は、モンキーレンチやウォーターポンププライヤーでゆるめて取り外しましょう。

2.新しいシャワーホースを取り付ける
ナットをゆるめるとシャワーホースを抜き出すことができます。シャワーホースを抜き出したら、新しいシャワーホースを設置しましょう。ナットタイプのものは、水漏れを起こさないようにしっかりと固定してください

3.確認する
新しいシャワーホースが取り付けられたら、止水栓を開けて水を出してみましょう。ナットがきちんと固定されていない場合やジョイントがカランにはまっていない場合、そのまま使用していると水がポタポタと漏れてしまいますので、必ず作業後に動作確認をすることが大切です。

蛇口部分の修理手順

次は、蛇口部分についてです。シャワーホースが付いていないタイプの蛇口もゴムパッキンが問題であることが多いので、交換すれば水漏れを解決できます。ただし、蛇口にも種類があるので、ご自身の蛇口の種類にあわせて対処しましょう。

シングルレバー混合栓

蛇口部分の修理手順

“シングルレバー混合栓”とは、1つのレバーで水量や温度を調節できるようになっている水栓のことです。シングルレバーは、多くのご家庭の洗面所やキッチンで採用されています。交換方法は、以下のとおりです。

1.レバーを取り外す
まずは、レバーを外します。ネジ(ビス)で固定されているので、部品をなくさないよう注意して取り外していきましょう。

2.カバーを外す
レバーを取り外すと突き出るようにしてカートリッジが設置されています。カートリッジの上部に取り付けられているカバーを取り外しましょう。そして、その下にある胴体部分のカバーも取り外しておきます。

3.ゴムパッキンを交換する
カバーを取り外すと、ゴムパッキン(コマパッキン)があります。古いゴムパッキンを取り外して交換しましょう。このとき、隙間ができないよう、しっかりと設置しておくことが大切です。

ゴムパッキンは、経年劣化で硬くなったり割れてしまったりすることがあります。異常がなければ無理に交換しなくてもよいですが、劣化目安は10年程度と知っておくとよいかもしれません。

4.逆の手順で元に戻す
逆の手順で部品を元に戻したら、試しに水を流してみましょう。水漏れが起きないか確認し、問題なければ完了です。

ツーハンドル混合栓

ツーハンドル混合栓

“ツーハンドル混合栓”とは、お湯用と水用の2つのハンドルがついているタイプの水栓です。2つのレバーで水量や温度を調節できるようになっています。交換方法は、以下のとおりです。

1.ハンドルを取り外す
まずは、固定しているネジ(ビス)をゆるめてハンドルを取り外しましょう。

2. カバーを外す
続いて、カバー(キャップ)も取り外します。なかには、スピンドルという金具があるのでスピンドルも取り外しましょう。このとき、見ればわかるのですが、スピンドルがひどく錆びていることも多いです。セットで販売されているので、ゴムパッキンとあわせて交換するとよいでしょう。

3.ゴムパッキンを交換する
古いゴムパッキンを取り外して交換します。隙間ができないよう、ぴったりと設置しましょう。

4. 逆の手順で元に戻す
最後は、逆の手順で元に戻し、水を流して水漏れがないか確認します。

蛇口は細かい部品が多いので業者に任せるほうが安心かも

ゴムパッキンの交換で水漏れが解決できればよいですが、蛇口にはゴムパッキン以外にも細かい部品が多数使われています。そのため、うまく交換できずに水漏れがひどくなってしまう場合や、ゴムパッキン以外の部品に異常がある場合もあるのです。

また、交換するにしても部品が製造中止されていることもあります。少しでも「自分で交換できるか不安だな……」と思う方は、はじめから業者に任せた方がよいかもしれません。業者なら交換手順もわかっていますし失敗するリスクは低いので安心です

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

どうしても自分で修理したい方は、手順通りに、ひとつひとつ確認しながら修理・交換していきましょう。

【対処法2】給水管と止水栓のつなぎ目からの水漏れ

次に、給水管と止水栓のつなぎ目から水漏れが発生しているときの対処法について解説します。給水管や止水栓には、ゴムパッキンやナットが使用されています。しかし、経年劣化によってゴムパッキンが固くなったりナットがゆるんだりして水漏れを起こすのです。

給水管と止水栓のつなぎ目の修理手順

【原因4】排水管やパイプの破損

ゴムパッキンは、場所や用途に応じてさまざまなサイズが作られています。サイズを間違うと水漏れをおこしてしまうため、品番をメモするか取り外したものをお店に持っていき、店員さんに確認するようにしましょう。

1.ナットをゆるめて取り外す
給水管と止水栓の接続部分にあるナットをモンキーレンチなどで取り外します。

2.ゴムパッキンを交換する
続いて、接続部分に使用されているゴムパッキンを取り外し、新しいゴムパッキンを取り付けましょう。

3.確認する
最後は、止水栓を開けて水を流してみて、問題なければ修理完了です。ここでしっかりと修理できていないと、気づかぬうちにポタポタ水が漏れていて、水道代が上がっていたり洗面台下の収納場所が水浸しになっていたりすることがあります。しっかりとナットを締め、異常がないか確認しておきましょう。

【対処法3】S字トラップや排水パイプからの水漏れ

次に、S字トラップ(排水パイプか)ら水漏れしているときの対処法をご紹介します。洗面台の下には、排水管につながるS字になった配管があります。この湾曲したところを、“トラップ”といい、その先には排水管につながる排水ホースがあります。S字トラップは日ごろの振動や衝撃によって少しずつゆるんでしまっているおそれがあり、そこから水漏れを起こすのです。

トラップには“封水”という一定量の水がためられていて、この封水が排水管からのぼってくる下水のにおいや害虫の侵入を防いでいます。そのため、トラップや排水管に異常があると、洗面所にいやなにおいが充満してしまうおそれもあるのです。

S字トラップ(排水パイプ)の修理手順

S字トラップ

S字トラップは、洗面ボウルとつながる排水ホース、床下の排水管へとつながっています。大きな2つのナットで接続されていますが、このナットの下から水漏れするケースが多いです。ナットの下にあるゴムパッキンを交換して水漏れを解消します。

1.S字トラップの下にバケツを置く
まずは、水受けできるようにS字トラップや排水ホースの下にバケツを置きます。S字トラップ内の汚水やゴミがあふれてしまったときのため、ビニールシートや大きめのタオルを敷いておくのもよいでしょう。

2.ナットを取り外しゴムパッキンを交換する
続いて、2つのナットを取り外します。ナットを取り外したら、ナットの下にあるゴムパッキンを新しいものに交換しましょう。

3.確認する
最後は、逆の手順で元に戻していきます。しっかりとナットを締めたら、止水栓を開けて水を流して水漏れがないか確認しましょう。

“つまり”が原因かも
S字トラップや排水パイプからの水漏れは、ゴムパッキンなど部品の問題だけではなく、“つまり”が原因である場合もあります。つまりが原因である場合は、つまりの原因となっているゴミや異物などを取り除かなくてはなりません。洗面台のつまりの解消については、以下の記事をご参考ください。

【対処法その4】排水ホースからの水漏れ

続いて、排水ホースから水漏れしたときの対処法をご紹介します。排水ホースは、S字トラップと床下の排水管をつなげている蛇腹ホースのことです。排水ホースから水漏れしているのは、ホース自体が破損していることや、排水ホースを設置している穴(床下の塩化ビニール管につながるところ)からずれてしまっていることが原因かもしれません。

排水ホースの修理手順

排水ホースの修理手順

1.S字トラップ(排水パイプ)を取り外す
まずは、S字トラップを取り外します。前章で解説したS字トラップの取り外し方を参考にしてください。

2.排水ホースを取り外す
次に、排水ホースを取り外します。排水ホースは床下の排水管とつながっていますが、ほかの配管とはちがってナットで固定されていないので、上に引っ張るだけで簡単に取り外すことができます

3.新しい排水ホースを取り付ける
続いて、新しい排水ホースを取り付けていきましょう。新しい排水ホースを取り付けるときは、取り外しと逆の手順でおこなうだけですが、必ず“防臭ゴム”の取り付けを忘れないようにしてください。

防臭ゴムは、排水管から上がってくる悪臭を防ぐ役割があります。防臭ゴムも、ゴムパッキンやナット同様に、ホームセンターやインターネットで数百円で購入可能です。サイズがわからないときは、古い防臭ゴムをもって店員さんに選んでもらいましょう。

4.確認する
無事に取り付けが終わったら、最後に水が漏れないか、きちんと流れるか確認します。

洗面台下の収納場所はすっきりと
洗面台下たくさんのものを収納している方は、できるだけすっきりとさせましょう。収納しているものが多すぎると、排水ホースにあたってしまい、排水ホースがずれる原因となります。

【対処法5】洗面ボウルと排水パイプのつなぎ目からの水漏れ

続いて、洗面ボウルと排水パイプのつなぎ目から水漏れしているときの対処法をご紹介します。洗面ボウルは洗面ボウル下の排水パイプとつながっており、接続部分にはゴムパッキンが使われています。このゴムパッキンも、ほかの箇所と同様に劣化してしまうことがあるため、つなぎ目から少しずつ水漏れを起こすのです。

洗面ボウルと排水ホースのつなぎ目の修理手順

【イラスト差し替え予定】

1.ナットを取り外す
まずは、洗面ボウル下にある排水パイプのナットをゆるめて取り外します。ナットが緩んでいるだけなら、きつく締めておけばよいですが、なかに取り付けられているゴムパッキンが問題かも知れません。ナットを締めても水漏れするようなら、ゴムパッキンを交換します。

2.ゴムパッキンを交換する
ナットを取り外したら、古いゴムパッキンを取り外して新しいものを取り付けましょう。

3.確認する
取り付けができたら、最後に水を流して水漏れしないか確認しておきましょう。

洗面ボウルが問題の場合も
洗面ボウルと排水パイプのつなぎ目ではなく、洗面ボウル自体に問題がある場合もあります。洗面ボウルに硬いものを落下させるとひびが入ってしまい、そこから洗面ボウル下の配管の腐食がすすんでしまうことも考えられます。洗面ボウルにひびがないかもチェックしておきましょう。

【対処法6】床の水漏れ

最後は、床や床下から水漏れしている場合の対処法についてです。「床が濡れているけど排水ホースなど部品には異常が見当たらない」「床下から水が漏れている気がする」こんなときは、床下の配管に問題があるのかもしれません。

ただし、床下の配管に問題がある場合、素人が修理をするのは難しいためプロに任せたほうがよいでしょう。むやみに自分で修理した結果、失敗してしまったり、事態を悪化させてしまったりすることになります

床下から水漏れしていることが考えられるときは、“業者に依頼する”が最適な対処法です。応急処置だけおこない、できるだけ早く業者に連絡して対処してもらいましょう。

弊社は、夜間・休日もご相談を受け付けておりますので、突然のトラブルでお困りのときは、お気軽にご連絡ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
賃貸は近隣や階下への影響も
賃貸物件にお住まいの場合、床が水浸しになってしまうと、隣家や階下の方へ被害を与えてしまうことがあります。住民トラブルに発展するおそれもあるので、水漏れが起きたら素早く管理会社に連絡し、指示を待ちましょう。

水道トラブルの修理・交換を業者依頼するなら”料金の見積り”を

水道トラブルが起きたときは自分で修理も可能ですが、失敗するリスクや被害を大きくしてしまうリスクもあります。そのため、確実、安全に作業するには業者依頼がおすすめです。業者に依頼するときは、必ず“料金の見積り”をとるようにしましょう。ここでは、業者依頼にかかる費用の相場をご紹介します。

業者依頼は”料金の見積り”で失敗を防ぐ!

洗面所の水漏れ修理を業者に依頼する場合にかかる費用は、作業内容や作業の難易度、水漏れの程度などによって異なります。

洗面所の水漏れ修理費用相場
パッキンなどの部品交換 約8,000円~10,000円
蛇口交換 約20,000円~30,000円
配管修理 約30,000円前後

※弊社の詳しい料金については、ぜひ弊社の料金ページにてご確認ください。

上記の費用相場はあくまで相場です。必ず正式な水漏れ修理を依頼する前に見積りをとって、費用の内訳や作業内容を確認しておくことが大切です。費用の詳細を知ることだけではなく、複数社に見積りをとることで“適正価格かどうか”を知ることができるからです。

もし、すでに他社様で見積りをとっている場合、弊社にて相見積りをさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

水回りのトラブルなら弊社へお任せください

水漏れトラブルが起こるのは、洗面所だけにかぎりません。浴室、トイレ、キッチン……日ごろ利用している場所は、思わぬタイミングでトラブルが起こるのです。

「自分で修理してみたけど直らない」「直し方がわからない」……など、どんなお悩みでも結構です。プロの力を借りて、水トラブルのお悩みを解決しましょう。お電話お待ちしております。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

洗面所の水漏れに関する記事はこちら

■洗面台のパッキン交換方法を解説!蛇口や排水管の水漏れを直そう!
■洗面台の排水栓トラブル|自分でできる対処法・掃除法・交換法
■洗面台の水漏れはタンクやホースかも!原因を知って正しく対処しよう
■洗面台の水漏れ原因と自力修理法|料金相場もパーツごとに紹介
■【洗面台の蛇口交換】さまざまな蛇口の種類と交換費用の相場について
■洗面台の排水管の接続部から水漏れした!修理するための方法とは
■トイレットペーパーつまりは放置OK?お湯と道具でつまり原因を解消

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較