水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> 引越し先のトイレから水漏れ!賃貸物件の修理費用は原因が重要です

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

引越し先のトイレから水漏れ!賃貸物件の修理費用は原因が重要です

引越し先でトイレの水漏れを発見してしまったときは、まず管理会社や大家さんに連絡する必要があります。賃貸物件のトイレを入居者が勝手に修理してしまうと、あとから修理費用の請求をしても支払ってもらえない場合もあるからです。

基本的には、入居者の過失をのぞき賃貸の貸主が修理費用を支払う義務があるので、はじめに管理者への対応を求めることがトラブルを避けるためにも大事になります。

当記事では、引越し先で水漏れが起きたときの対処法や業者に依頼するときの流れについて解説していますので、参考にしてみてください。

引越し後にトイレから水漏れしたらここに連絡しよう!

賃貸に引越した後にトイレで水漏れが発生してしまったときは、業者に連絡をする前にまず住んでいる物件の管理会社や大家さんに連絡をしましょう。

先述のとおり、勝手に業者に依頼をしてしまうと修理費用を請求できなかったり、トラブルの元になったりするからです。水漏れが発生したときにどこに連絡をしたらよいのか、この章で詳しく解説していきます。

1:物件の管理会社や大家さん

1:物件の管理会社や大家さん

大家さんや管理会社が管理に積極的であれば、水道業者への連絡をしてくれる場合もあります。賃貸では、下の階へ水漏れしてしまうおそれもありますので、大家さんや管理会社に連絡をしておけば、下の階の住人への連絡もおこなってくれるでしょう。

また、水漏れの原因が経年劣化の場合は、管理者が修理費用を負担してくれることが多いです。入居者が独断で修理をおこなうと、修理費用を負担してもらないことがあるので、まずは物件の管理会社や大家さんに連絡することを最優先におこないましょう。

2:水道業者

なかには、管理会社や大家さんと連絡が取れない場合があります。たとえば、夜間や早朝に水漏れが発生した場合などです。また、緊急性の高いトラブルだった場合、今すぐにでも修理が必要なこともあります。そういった場合は自分で業者に連絡しましょう。

業者に修理をしてもらった後は必ず、水漏れの原因が書かれた書類を用意してもらうことが重要です。なぜなら、水漏れの原因が経年劣化によるものなら、修理費用は管理者が負担してくれる場合があるからです。

しかし、これは緊急の場合の対応になりますので、先述したように管理会社や大家さんへの連絡を優先しましょう。

業者が来るまでの水漏れ応急処置【止水栓を閉める】

管理者や業者が到着するまでの応急処置として、止水栓を閉める方法を解説します。止水栓を閉めることで水の流れを止め、一時的に水漏れをおさえることができるからです。ただし、この方法はトイレを使用することができなくなるので、あくまでも水漏れがひどいときの応急処置として参考にしてください。

止水栓はハンドルタイプと、ドライバーで回すタイプがあります。止水栓を閉めるときはまずマイナスドライバーを用意しましょう。それでは、止水栓を閉める手順について解説していきます。

【手順】

1.止水栓の場所を探す
トイレの止水栓は、壁や床の給水管接続口の付近についています。もし止水栓が見つからないときや止水栓が固くて回せないといったときは、家全体の元栓を閉めましょう。元栓は、水道メーターの近くに設置されていることが多いです。

2.止水栓を閉める
マイナスドライバーで動かなくなるまで右方向に回します。このとき、ドライバーを何回回したか覚えておくことがポイントです。止水栓を開けるときに、元の状態に戻しやすくするためです。

水漏れの原因によって費用の負担先は違ってくる

水漏れが発生したとき、費用の負担を誰がするかという問題ですが、水漏れの原因が重要になります。住人による過失なのか、経年劣化によるものかによって負担先が違ってくるからです。しかし、賃貸契約時の内容によっても変わりますので、契約内容の確認をしておきましょう。

住人の過失による水漏れは自分が費用を負担することになる

住人の過失による水漏れは自分が費用を負担することになる

たとえば、「蛇口を締め忘れてしまった」「洗濯機のホースが外れていた」「誤った使い方をして破損させてしまった」など、あきらかに住人側に過失があるときは、自分が修理費用を負担することになります。

配管の劣化や給水管の劣化など、経年劣化による水漏れの場合は、先述したように管理者の負担になることが多いです。

トイレの水漏れ修理の費用相場

管理者に連絡ができなかった、または自分に過失があり業者に依頼することになった場合、水漏れ修理の費用はいくらぐらいかかるのか、相場を見てきましょう。

トイレが水漏れしたときの修理費用の相場は、だいたい「5,000円~2万円ぐらい」だといわれています。トイレタンクを交換する、便器自体を交換するような場合は修理代がより高くなります。

「急にトイレが水漏れして困った……」といったときは弊社までご相談ください。24時間365日、お電話とメールにてお問い合わせに対応しております。ご連絡いただきましたら、迅速にお客様の元に業者の手配をいたします。また、見積りは無料となっておりますのでお気軽にお電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

まとめ

引越し先でトイレの水漏れトラブルが起きてしまったときには、まず管理会社か大家さんに連絡をし、対応を求めましょう。入居者が勝手に修理をおこなうと、修理費用を負担してもらえない場合があるので注意してください。

修理費用の負担については、水漏れの原因によって誰が負担するのか変わってきます。経年劣化が原因の場合は、管理者に負担してもらえることが多いですが、住人の過失によって水漏れを発生させてしまった場合は、自分で負担することになります。また、賃貸契約時の内容によって変わることもあるので、契約内容を確認しておくことも大切です。

トイレ修理を業者に依頼する場合の費用相場は、「5,000円~2万円ぐらい」といわれています。しかし、便器の交換やタンクの交換をおこなう場合は費用が高くなるので注意しましょう。

トイレ修理業者がお決まりでなければ、弊社のご利用がおすすめです。お近くの業者を迅速に紹介させていただきます。お電話やメールでのご相談は無料となっていますので、お気軽にご利用ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較