水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレで水漏れ発生!ハンドルからの場合はタンクか部品の劣化が原因

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレで水漏れ発生!ハンドルからの場合はタンクか部品の劣化が原因

普段何気なく使っているトイレですが、さまざまなことが原因で突然水漏れが発生するおそれがあります。トイレの水漏れ箇所がハンドルだった場合は、部品の交換をして水漏れを止めましょう。

トイレのハンドルから水漏れが起こるおもな原因は内部にあるパッキンの劣化です。傷んでいる部品を使い続けている限り水漏れが止まることはないので、新しいものに交換する必要があります。

本コラムでは、トイレのハンドルから水漏れが発生した場合の対処法と修理をおこなう際の流れなどを解説します。間違った対処をして水漏れ被害を拡大させないよう、ぜひ参考にしてください。

止水栓を閉めてまずは応急処置

水漏れが発生したら、まずは被害が拡大しないように応急処置をおこなうことが大切です。止水栓を閉めてトイレへの給水を止めましょう。

トイレの止水栓はタンク横にある場合が多いです。ハンドル付きのものは手で回して閉めることができるので、取扱説明書を見るなどして正しい方向に動かなくなるまで回しましょう。

ハンドルのないものはマイナスドライバーを使って閉めることができます。くぼんでいる部分にマイナスドライバーをはめて右方向に回しましょう。

止水栓を閉め忘れて放置してしまうと、どんどん水が漏れ出して床が水浸しになるおそれがあります。水が流れているぶん水道代がかかりますし、カビなどが発生する原因にもなるので、止水栓を閉めて水が止まってから、水漏れ箇所を詳しく見てみましょう。

トイレのハンドルから水漏れ!原因は2つ

トイレの水漏れがハンドルから発生していた場合は、ハンドル内部のパッキンが劣化しているか、タンク内の水が溢れているかのどちらかが原因である可能性が高いです。それぞれ細かい症状や必要な対処法が異なるので、詳しく解説します。

【1】パッキンが劣化している

【1】パッキンが劣化している

水洗ハンドル部分からのみ水漏れが発生していて周りが濡れていない場合は、ハンドル内部のパッキンが劣化している可能性が高いです。ハンドルの内部には水漏れを防ぐためにゴムパッキンが入っています。しかし、何度も操作することで徐々に劣化して摩耗することがあるのです。

ハンドルとパッキンはセットで売られているので、パッキンの劣化が原因で水漏れが発生した場合はハンドルごと交換する必要があります。詳しい交換方法は【部品の交換方法】で解説しますので、そちらをご覧ください。

【2】タンク内の水が溢れている

水漏れしている箇所がハンドル部分だけでなくタンクのフタ周り全体だった場合は、タンク内の水が溢れている状態です。タンクのフタを開けて中の部品を確認しましょう。

注目する部品はボールタップです。ボールタップとは、先端にプラスチックのような素材の球体(浮き球)のついた部品のことで、根元は給水管とつながっています。ボールタップには弁がついていて、それが開いたり閉じたりすることで、タンク内への給水量を調節しているのです。

トイレで水を流すと、タンク内の水が減って水面に浮いている浮き球の位置が下がります。浮き球が下がると、閉まっていたボールタップの弁が開いて一定の水量までタンクに給水をおこないます。そして、徐々に水量が増え浮き球が元の位置まで浮上してくると、弁が閉じて給水が止まる仕組みになっているのです。

しかし、浮き球が破損していたり、ボールタップが故障していたりすると、弁が開きっぱなしになり、タンク内への給水が止まらなくなってしまいます。通常は給水トラブルがあっても便器内に水を流して調整するようになっていますが、給水量が多すぎるなど場合によってはタンクのフタから水漏れするおそれがあるのです。

そのままではトイレを使えないので、破損している部品を交換して水漏れを止めましょう。詳しい交換方法は次章で解説します。

部品の交換方法

ハンドル付近やトイレタンクを調べて詳しい原因がわかったら、部品交換をおこないましょう。必要なものは新しい部品とレンチです。部品と道具がそろっていれば交換は自分でおこなえる場合もあるので、以下を参考に挑戦してみましょう。

部品交換はタンクのフタを外しておこないます。手洗いのついていないものは上に持ち上げて、手洗いのついているものは手洗い部分に給水しているじゃばらの部品をレンチで外してからフタを外しましょう。

タンク内に水が残っていると手元が濡れて作業がしにくいので、ハンドルを回してタンク内の水を抜いてから作業をしてください。その際、手元が濡れたり汚れたりするのが気になる方はゴム手袋を着用することをおすすめします。

ハンドル交換の手順

ハンドル交換の手順

トイレのハンドルは取り付ける向きが決まっています。取り付ける際に向きを間違えることがないように写真を撮っておくなどして正しい向きを覚えておきましょう。

1.フロートバルブの鎖を外す
フロートバルブは水洗ハンドルと鎖でつながっている部品です。ハンドルを操作することで鎖が上に引っ張られ、便器につながる排水口が開く仕組みになっています。

フロートバルブとハンドルはセットの部品ではないので、まずはフロートバルブの鎖を外しましょう。タンク内に伸びているハンドルの軸の先端に、鎖のつながった部品がついているので、軽く引っ張って外します。

2.ハンドルを取り外す
ハンドルはナットで固定されています。レンチでナットを緩めて外しましょう。ハンドルを手で軽く押さえながらおこなうとスムーズにナットを緩めることができます。

3.新しいハンドルを取り付ける
向きを合わせて新しいハンドルを差し込み、パッキンとナットを取り付けます。緩みやぐらつきのないようにしっかりと固定しましょう。

4.鎖を取り付けて動作確認
外していたフロートバルブの鎖を取り付け直したら、タンクのフタを元に戻して動作確認をおこないます。止水栓を開けてタンクに水を溜め、ハンドルを操作してみましょう。ハンドルがスムーズに動いて水が漏れなければ交換完了です。

ボールタップの交換手順

ボールタップの交換はナットやパッキンなど細かい部品の取り外し・取り付けがあります。部品を失くさないように注意して作業をおこないましょう。

1.給水管を外す
まずはタンクと給水管の接続部分を取り外します。レンチでナットを緩めて外すのですが、力任せに作業するとタンク内のボールタップまで一緒に動いてしまってうまく外れません。レンチを2本用意して根元を押さえながら外しましょう。レンチが1本しかない場合は、ケガをしないように注意して手でおさえながら外してみてもよいかもしれません。

2.ボールタップを外す
タンクの外側にボールタップを固定しているナットがあるので、タンクの内側から軽くボールタップを押さえながらレンチを使ってナットを緩めて外しましょう。ナットが外れたらタンクの内側に軽く引けばボールタップが外れます。

3.ボールタップを取り付ける
新しいボールタップの軸部分にパッキンを取り付けて、タンクの内側から差し込みます。そして、外側からパッキンとナットを取り付けたらレンチを使って固定しましょう。

4.給水管と接続する
給水管との接続部分にもパッキンを入れてからナットを締めます。緩みやぐらつきのないようにレンチを使ってしっかり固定しましょう。

5.動作確認する
最後は動作確認です。止水栓を開けてタンクに水を溜めてみましょう。タンク内の筒状の部品(オーバーフロー管)にかかれた「WL」のラインあたりで弁が閉じて給水が止まれば交換完了です。

ご紹介したように、部品交換の作業は難しいものではありません。しかし、自分で作業をするのは不安という方もいるでしょう。また、手順どおりに作業をしたはずなのに直らなかったということも考えられます。このような方は業者に相談して修理を依頼しましょう。

ただし、トイレの水漏れトラブルを解消してくれる業者はたくさんあります。多くの業者のなかからどの業者がよいか選ぼうとすると、迷ってしまうという方もいるでしょう。そのときは弊社にご相談ください。

弊社は、電話1本でトラブル解決に適した業者をご紹介します。迅速に対応できるよう、ご相談は24時間365日受付可能となっているので、いつでもお気軽にお電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

まとめ

トイレの水漏れがハンドルから発生していた場合は、ハンドルのパッキンやタンク内の部品の劣化や故障が原因です。部品交換をすればすぐに解消されるトラブルなので、止水栓を閉めて応急処置をしたうえで、すぐに部品の交換作業をおこないましょう。

新しい部品と工具さえ用意すれば、作業自体は難しいものではないので自分で直すことも可能です。しかし、工具の扱いに不安があるという方もいるでしょう。自分での作業に不安がある場合や自分で交換してみても直らないという場合は、プロの目から状況を確認してもらい、修理をお願いすることが得策です。

弊社には、全国のトイレの水漏れに対応できる業者がたくさん加盟しています。お近くの業者をすぐに派遣させていただき、発生したトイレの水漏れトラブルを解消します。プロの力が必要だと感じたら、ぜひ一度ご相談ください。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較