水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレの水漏れをパテで直そう!配管修理に使う種類と使い方を解説

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの水漏れをパテで直そう!配管修理に使う種類と使い方を解説

トイレは長年使用していると配管が劣化して水漏れするおそれがあります。その際、小さなすき間からの水漏れならパテで直せるかもしれません。

トイレの水漏れをパテで直したいなら、パテの種類と正しい使い方を覚える必要があります。パテは大きくわけて2つの種類があり、使える素材や耐久性などが異なります。そして、正しい使い方をしなければパテがなじまず水漏れを止めることができません。

パテの種類と使い方、使用する際の注意点などを知って適切に水漏れ修理をおこないましょう。また、パテが使えなかったりパテ埋めしても直らなかったりする場合は業者に修理依頼する必要があります。その際の費用についても解説していますので参考にしてください。

2種類のパテの特徴

水漏れ修理などに使われるパテとは、粘土のような材質のものです。水漏れした配管の小さな穴やひび割れをパテで埋めて、水漏れを止めることができます。

配管の水漏れに使えるパテは、防水粘土パテと金属用パテの2種類です。それぞれの特徴を解説しますので、以下を参考にどちらを使用するか考えてみましょう。

防水粘土パテの特徴

防水粘土パテの特徴

防水粘土パテは、その名のとおり水回りの修理に使える防水性能がある粘土状のパテです。金額は500円~1,000円程度と比較的安価で購入できるうえに、練りやすい素材で作業中に手にくっつくこともあまりないので、扱いやすいという特徴があります。

使用できる素材も幅広く、金属や陶器、プラスチックなどさまざまなものの修理に使うことが可能です。

金属用パテの特徴

金属用パテは耐久性が高く、比較的長期間水漏れを防ぐことができるパテです。金額は700円~2,000円程度とやや高めですが、防水粘土パテよりも強固に補修することができるので、とにかくしっかり水漏れ部分をふさぎたいという方におすすめします。

ただ、使用できる素材は金属のみです。トイレでは配管以外の場所から水漏れしている場合は使うことができないので注意してください。

パテを使った水漏れ修理の方法

トイレの水漏れをパテで修理する場合は、作業を始める前にやっておくべきことが2つあります。止水栓を閉めることと、配管の水をふき取ることです。

止水栓はトラブル発生時などに水道への給水を止めるためのものなので、作業中に水が流れることがないように先に閉めておく必要があります。トイレタンクの横あたりについていることが多いので、ハンドルのついているものは手で、付いていないものはマイナスドライバーで操作してしっかりと閉めましょう。

配管に水気や油分が残っていると、パテを塗り込んだ際にうまくなじまずに穴やひび割れを埋めることができません。手で触れて水気や油分がないことがわかるくらいまでしっかりふき取っておきましょう。

パテの使い方

パテの使い方

準備が整ったらパテを用意して補修を始めます。まずはパテをよく練りましょう。少し温まってくるまで練るのがちょうどよいので、2分ほど練ってください。その際、ものによっては独特のニオイがするパテもあるので、ニオイに敏感な方はマスクを装着して作業をしましょう。

十分にパテを練ったら、固まってしまう前に塗り込みます。水漏れしていた穴やひび割れ部分に軽く力を入れてすき間ができないように塗り込みましょう。

パテは20分ほどで固まり始め、1時間ほどで完全に固まります。ゆっくり作業をしているとあっという間に固まってうまく傷を埋められなくなるので、素早く作業を進めましょう。

パテでの修理は天気のよい日がおすすめ

手順を守って素早く作業をおこなえば、基本的にはきちんと補修可能です。しかし、パテは湿気や寒さに弱いという特徴があります。そのため、湿度の高い雨の日や真冬の寒い日は思うようにパテがなじまないかもしれません。補修作業は天気のよい温かい日におこないましょう。

こんなときはすぐに業者に相談

トイレの水漏れをパテで修理できるのは、少ない数の小さな穴やひび割れが水漏れの原因だった場合です。穴やひび割れの数が多かったりサイズが大きかったりする場合は、パテでの補修では不十分でしょう。一時的に水漏れを止めることができたとしても、再発のおそれがあります。プロに相談して別の方法で水漏れ修理をおこないましょう。

また、何度も同じ場所から水漏れが発生する場合もプロによる修理が必要です。パテで補修できる程度の穴やひび割れだったとしても、パテが何十年も使えるものではないのでいずれまた傷むということの繰り返しになります。最初に水漏れした箇所から配管の劣化が進んでいるということも考えられるので、早めに業者に相談したほうがよいでしょう。

水漏れ修理の費用相場

水漏れ修理の費用相場

水漏れ修理を業者に依頼した場合にかかる費用は、軽微な作業で済むようであれば5,000円前後が相場です。ただし、給水管が大きく破損している場合や複数個所の修理が必要な場合は、相場よりも費用が高くなるかもしれません。

また、業者によっては作業費と別で出張費がかかる場合もあります。費用を抑えたい方は出張費無料の業者や出張費がかからないような近場の業者を選んで修理を依頼しましょう。

水漏れ再発防止のためにできる2つのこと

配管や部品の劣化を止めることはできませんが、普段からトイレの使い方に注意していれば防げるトラブルもあります。パテで修理できないような場所から水漏れするおそれもあるので、以下の注意点をよく覚えておきましょう。

定期的な掃除と配管チェック

定期的な掃除と配管チェック

トラブルの有無に関わらず、床や便器を定期的に掃除している方はいるでしょう。しかし、それだけでは水漏れ対策として不十分です。月に一度でよいので、トイレタンクの掃除もおこなうようにして、破損しているものがないかや部品が正しい場所におさまっているかなどを確認しましょう。

また、掃除の際に配管をチェックするのも大切です。つなぎ目が緩んでいないかやひび割れている部分がないかを定期的に確認して、水漏れが発生する前に変化に気がつくようにしておきましょう。

詰まりも水漏れの原因になる

水漏れしそうな場所だけを気にしていてはいけません。トイレ詰まりも水漏れの原因になります。トイレットペーパーを使い過ぎたり異物を便器に落としたりなどの不注意によって、詰まりを発生させないように注意しましょう。

ただし、どんなに定期的に掃除や点検をおこなっていても、完全にトイレのトラブルが起こらないようにするのは難しいものです。パテで修理できないような大きな範囲で水漏れが発生した場合や、トイレが詰まって使えなくなってしまった場合は弊社にご相談ください。

弊社では、水漏れ修理やトイレ詰まりの解消など水回りのトラブルを解決する業者のご紹介をおこなっています。加盟店が数多く存在するため業者の選択肢は広く、ご相談は24時間対応可能です。

自分で業者を探すのが面倒という方も仕事などが忙しい方も気軽に利用できるので、水回りのトラブルでお困りの際は、一度お問い合わせください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

まとめ

トイレは日常的に使用するものなので、トラブルが発生した場合は早めの対処が必要です。配管からのわずかな水漏れであればパテで修理することができるので、自分で補修をしようと思う方もいるでしょう。

しかし、トイレの水漏れをパテで修理するためには、パテの種類や使い方を正しく理解している必要があります。焦って被害を広げることがないように、ご紹介した種類から自分が使いやすいと思うものを選択して手順に従って補修をおこないましょう。

そして、すべてのトラブルにパテでの修理が適しているわけではありません。傷ついた範囲が広かったり数が多かったりした場合や、同じ場所で何度も水漏れを繰り返す場合はプロによる修理が必要です。自分ではどうしようもないものは早めにプロに相談して、修理をおこないましょう。

また、一度修理をおこなったら、水漏れが再発しないように対策をおこなうことも大切です。掃除や点検、トイレ使用時の注意点などを本コラムで確認してトラブルが起こらないように注意しましょう。

対策をしてもトラブルが発生した場合は、無理に自分で解決しようとしなくても大丈夫です。弊社のサービスを利用して業者を探し、迅速なトラブル解決を依頼しましょう。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較