水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> トイレの水漏れ!臭いなら漏れているのは汚水かも!原因と修理方法

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの水漏れ!臭いなら漏れているのは汚水かも!原因と修理方法

トイレから漏れた水から悪臭がする場合、3つの症状が原因であることが多いです。3つの症状を改善するための修理は、水道工事業者でなければ難しいでしょう。そのため、トイレの水漏れで臭いが気になるときは業者に依頼することをオススメします。

この記事では、トイレの水漏れから悪臭がする原因となる3つの症状と、対処方法についてご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

臭いのある水漏れは3つの症状が考えられる!

トイレから水漏れして臭いが気になる場合、便器と床の隙間からの水漏れ・便器のひび割れによる水漏れ・床下の配管からの水漏れの3つである可能性が高いです。ここでは、この3つの症状のうちどこから水漏れしているのかを確認する方法をご紹介します。

水漏れ症状の確認方法

臭いのある水漏れは3つの症状が考えられる!

まず、便器と床の隙間からの水漏れは便器と床が接しているところを調べてみてください。そこに水漏れが見当たらなければ、便器にひびがはいっていないかチェックしてみましょう。

ひび割れがないとなると、床下の配管から水漏れしているおそれがあります。トイレを流すたびに床下から大きな音がする場合は、配管から水漏れしているかもしれません。もし床下収納があれば、そこから配管の様子をチェックしてみるとよいでしょう。

臭いは水漏れではなくタンクが原因かも

悪臭は、タンクのフタの裏などに発生した黒カビが原因となって発生することがあります。便器と床の隙間・便器のひび割れ・床下の配管の水漏れを確認する前に、タンクのなかをチェックしてみるとよいかもしれません。

もし心配であれば、業者に悪臭の原因となる水漏れがないかどうか確認してもらいましょう。その場合は、ぜひ弊社にご相談ください。弊社に加盟する経験豊富な業者が、悪臭の原因を突き止めて水漏れを適切に対処いたします。ぜひ一度お電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【症状1】便器と床の隙間からの水漏れ

便器と床の隙間から水漏れする原因には、基本的に設置不良による水漏れとフランジパテの劣化のふたつが考えられます。ここでは、便器と床の隙間からの水漏れを修理する方法と水漏れする原因について解説していきます。これらを読んでみて自分で修理するか、水道工事業者に依頼するかを判断するときの参考にしてください。

修理方法

【症状1】便器と床の隙間からの水漏れ

便器と床の隙間から水漏れしている場合、便器を取り外して修理しなければなりません。洋式便器の場合、一般的に下記のようにして便器を取り外します。


1.止水栓を閉め、約10秒レバーをまわした状態にしてトイレタンクの水を空にする。
2.ゴム手袋をはめて雑巾などを便器の水たまりにいれて水を吸わせ、しぼって空のバケツに水をいれるのを繰り返す。
3.モンキーレンチなどの工具を使って給水管・ウォシュレット・トイレタンクの順に外す。
4.便器を固定しているネジをドライバーで外し、便器を外します。修理が終わった後は、外したときとは逆の順で給水管・ウォシュレット・トイレタンクを取り付け、止水栓を開けて給水し、問題がなければ作業完了です。

このように、便器と床の隙間からの水漏れ修理は大変な作業です。自分で修理するのは難しいと感じたら、業者に依頼するとよいでしょう。その場合は、ぜひ弊社にご依頼ください。

弊社には工事実績がある業者が多数加盟しております。お電話でご依頼いただければ最適な業者をご紹介することができます。水漏れでお困りの方は、ぜひ弊社にご依頼ください。

設置不良による水漏れ

便器と床の隙間からの水漏れの原因が便器を設置して間もない場合、設置不良である可能性が高いです。便器と排水管がずれたまま接続されると、接続部分から排水が漏れてしまうのです。

フランジパテの劣化

水漏れの原因が便器の設置不良でなければ、フランジパテの破損や劣化が原因かもしれません。フランジパテとは、排水を流すときに、便器と排水管の隙間から漏れるのを防ぐための部品です。

フランジパテは便器と排水管の間に取り付けますが、フランジパテが破損していたり劣化していたりする場合は、便器と排水管の隙間から水漏れするおそれがあります。

業者に依頼したときの料金

もし便器と排水管の水漏れが設置不良によるものであれば、設置した業者にすぐに連絡しましょう。設置後すぐに連絡すれば、業者が無料で設置し直してくれる場合が多いからです。有料の場合ですと約20,000~50,000円かかります。

ただし、この費用相場はあくまでも目安ですので、依頼するときは事前に水道工事業者に見積ってもらうことをオススメします。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【症状2】便器のひび割れによる水漏れ

便器は、基本的に陶器でつくられています。そのため、便器に固いものをぶつけるなどの原因でひび割れし、水漏れすることがあるのです。ここでは、ひび割れした便器に対処する方法をご紹介します。

ひび割れは新しい便器と交換

便器にひび割れができた場合、ひび割れの修理よりも新しいものと交換するケースのほうが多いです。そして新しい便器に交換する場合、便器のサイズが大きくなると便器と排水管を接続する排水ソケットという部品の交換も必要になることがあります。

そして排水ソケットを交換する場合、古い排水ソケットをノコギリで切断する作業や、床フランジや排水アジャスターといった部品の設置など大掛かりな作業が必要になることがあるのです。

このような理由から、便器のひび割れで水漏れが発生しているときは個人で修理するのは難しいので、水道工事業者に依頼することをオススメします。

その場合は、ぜひ弊社をご利用ください。弊社には大掛かりな修理でも適切に対処する経験豊富な業者が多数加盟しております。もちろん電話は無料ですので、ぜひ一度お電話ください。

応急処置には防水パテ

新しい便器に交換するまで時間がかかります。そこで便器のひび割れの応急処置として防水パテの使用をオススメします。ネット通販やホームセンターなどで購入したら、ひび割れたところを防水パテで埋めていってください。

ただし、防水パテはあくまでも一時的な処置にすぎません。防水パテをひび割れに埋めたとしても時間がたてば、パテが劣化して再び水漏れするおそれがあります。そのため、防水パテで応急処置したら、すぐに水道工事業者に依頼することをオススメします。

業者に依頼したときの料金

「【症状1】便器と床の隙間からの水漏れ」のところでもお話ししましたように、新しい便器への交換を業者に依頼すると、作業代だけで約20,000円~約50,000円かかります。

ただし異なるタイプの便器に交換する場合、便器の性能などによっては本体の購入代金を含めると、約10万円~約20万円の費用がかかることもあります。

【症状3】床下の配管からの水漏れ

便器と床の隙間からの水漏れ、便器のひび割れによる水漏れを確認してみたけれども問題がなかった場合、床下の配管から水漏れしているかもしれません。

ここでは、床下の配管から水漏れには配管の交換作業が必要であることや配管から水漏れする原因、配管の交換を業者に依頼する場合の費用について説明いたします。

配管の交換作業

【症状3】床下の配管からの水漏れ

床下の配管を交換する場合、床板をはがしてから新しいものに交換することになります。水漏れ箇所によっては便器を外す作業も必要になることもあり、個人で配管を交換するのはとても大変です。

したがって、床下の配管から水漏れしている場合は、プロの水道工事業者に修理を依頼することをオススメします。修理を依頼するときは、ぜひ弊社にご依頼ください。弊社に加盟する業者が水漏れに適切に対処いたします。突然の水漏れにもすぐに駆け付けますので、水漏れでお困りの方は、ぜひご連絡ください。

配管から水漏れする原因

床下の配管は、設置してから一定の年数が経過すると劣化して水漏れすることがあります。そのほか、大量のトイレットペーパーを流してトイレをつまらせたり汚れが蓄積したりすると、それらが原因で破損して水漏れすることもあります。

業者に依頼したときの料金

床下にある配管を新しいものに交換することを業者に依頼すると、1m以内であれば約20,000円が費用の相場となります。1mを超えると交換する排水管の長さが1m長くなるごとに約5,000円の追加費用が発生するので、注意しましょう。

ただし、ここであげた費用はあくまでも目安ですので、依頼する前に業者に見積ってもらうことをオススメします。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較