水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 二階のトイレから水漏れ発生!応急処置をして原因を調べよう!

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

二階のトイレから水漏れ発生!応急処置をして原因を調べよう!

二階のトイレから水漏れしていたら、応急処置として止水栓を閉め、まずは被害を最小限におさえましょう。それから水漏れの原因を突き止め、適切に対処することをオススメします。

なぜなら、トイレの場合水漏れの原因ごとに対処の方法も変わるからです。ただし、トイレからの水漏れを個人で修理するのは難しいので、業者に修理を依頼することをオススメします。

このコラムでは、二階のトイレから水漏れする原因とその対処法や、水漏れを予防する方法などをご紹介しております。二階のトイレから水漏れして困っている方や水漏れが心配な方は、ぜひ参考にして実践してみてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

二階のトイレから水漏れする3つの原因と対処法

二階のトイレから水漏れしている場合、はじめにトイレの近くの壁に設置してある止水栓を閉めてみてください。給水が止まったら、止水栓以外の部品に水漏れの原因がある可能性が高いです。

このようにして水漏れの原因を特定していきましょう。トイレの水漏れは原因ごとに対処法が異なります。まずはトイレや配管に不具合が発生して、水漏れするおもな原因3つとその対処法をご紹介いたします。

原因1:便器の破損

原因①便器の破損

便器の多くは陶器でつくられています。そのため、不意に固い物をぶつけてしまうと便器が破損し、そこから水が漏れて床まで浸水することがあります。トイレの床に水たまりを発見したら、便器に破損がないか確認してみましょう。

そして便器が破損しているなら、新品に交換が必要です。なぜなら、ひび割れの補修は安全上の理由から便器メーカーなどが引き受けていないからです。

原因2:給水管の緩みや破損

給水管は、トイレタンクに給水するための部品です。水は、止水栓から給水管を通ってトイレタンクのなかにはいるのです。給水管はナットでトイレタンクや止水栓と接続しており、ナットが緩むと給水管が緩んで接続部分から水漏れします。

そのほかにも、ナットと一緒に取り付けられているパッキンの破損・劣化によっても水漏れすることがあります。そして漏れた水がトイレの床にたまり、そこから一階に水漏れすることがあるのです。

したがって給水管から水漏れしているのをみつけたら、給水管のズレを修正し、モンキーレンチを使ってナットを締め直してみましょう。それでも直らないときは、パッキンを新品と交換してみてください。

原因3:床下の排水管の破損

二階にあるトイレタンクの水を排水すると、床下の排水管を通って一階に水が流れます。このときに水が勢いよく排水管にぶつかるため、排水管の曲がっているところが破損したり、継ぎ目が開いて水漏れする原因となるのです。そのほか、経年劣化によっても排水管が破損し、水漏れする原因になります。

排水管が破損したり継ぎ目が開いたりするなどの不具合が発生すると、トイレの汚水が天井から漏れてきます。排水管に不具合が発生している場合は、開いた排水管を接続し直すか新しい排水管に交換するといった方法で対処しましょう。

ただし、便器の交換や排水管の交換を個人でおこなうのは難しいでしょう。そのため、業者に依頼することをオススメします。水漏れ原因がわからないときにも、現地調査のうえ対処してもらうことができます。

業者選びに迷ったときは、ぜひ弊社にご依頼ください。ご依頼いただければ、弊社に加盟する多数の業者のなかからお近くの業者をすぐにご紹介いたします。水漏れでお困りの方は、ぜひ弊社にご依頼ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

二階のトイレの水漏れ修理は業者に依頼しよう

二階のトイレから一階に水漏れしている場合、漏れている水の量が個人では手に負えないほどであることが多いです。そのため、二階のトイレからの水漏れは業者に依頼したほうがよいでしょう。

そこで、ここでは水道工事業者に依頼する場合の費用相場、業者が来るまでの対処の仕方をご紹介いたします。

水漏れ修理を業者に依頼した場合の費用相場

水漏れ修理を業者に依頼した場合の費用相場

二階のトイレの水漏れを水道工事業者に依頼した場合の費用相場を内容別で以下に示してみましたので、業者に依頼するときの参考にしてみてください。

  • 水漏れの原因が便器の破損にある場合の便器交換:約10万円~30万円
  • 給水管からの水漏れが原因である場合の給水管の交換:約7,000円前後
  • パッキンの交換:約4,000円~6,000円

そして、排水管の破損などが原因で水漏れしている場合、排水管の長さが1m以内の場合の修理・交換にかかる費用は約2万円前後となります。ただし、排水管の長さが1mを超える場合、1m単位で約5,000円が追加でかかります。

ここであげた費用相場は、あくまでも目安にすぎません。そのため水漏れ修理を依頼しようと考えている方は、依頼する前に見積ってもらうことをオススメします。

業者が来るまでにできること

水道工事業者に修理を依頼してから、家に到着するまでの時間も水が漏れています。被害を最小限にとどめるためにも、はじめに止水栓を閉めてトイレタンクへの給水を止めたうえで、濡れた床をタオルでふきましょう。

そして、わからなくてもよいので、水漏れの原因を調べてみてください。水漏れの原因がわかれば自分で対処できる場合もあり、さらに被害を小さくすることができるかもしれないからです。

水漏れ修理を業者に依頼する場合は、弊社にご依頼ください。ご依頼いただければ、弊社に加盟する業者がすぐに駆け付けます。さらにお見積りも無料でおこなわせていただいております。ぜひ安心してご依頼ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

二階のトイレが水漏れしやすい原因と予防法

一階よりも二階のトイレのほうが水漏れしやすいとされています。ここでは、二階のトイレが一階のトイレよりも水漏れしやすい原因を解説するとともに、二階のトイレから一階への水漏れを予防する方法をご紹介いたします。

家の二階にトイレがある方や、二階にトイレをつくろうと思っている方は水漏れを予防するときの参考にしてみてください。

一階と二階で何が違う?

一階と二階で何が違う?

一階のトイレの場合、排水すると地下の排水管に汚水が流れます。そのため、排水管から水が漏れたとしても家へのダメージは少ないといえるでしょう。しかし、二階のトイレの場合排水すると、一階と二階の間に設置した排水管を通じて一階の水回りの排水パイプに合流します。

そのため二階の排水管から水漏れすると天井が水浸しになり、天井に使われている木材などにカビが生えるなどの被害がでるおそれがあるのです。

二階のトイレの水漏れを予防する方法

二階のトイレから一階に水漏れすることを防ぐためには、排水が地下の排水管にまっすぐ落ちるような間取りに排水管を設置しましょう。

二階のトイレと一階の水回りの場所が離れていると、トイレの排水が横に流れるように二階の床下に排水管を設置することになります。すると、下に流したトイレの排水が横向きの排水管にぶつかり、排水管がずれたり破損したりして水漏れの原因になるのです。

このような理由から、二階のトイレはキッチンやトイレなどの水回りのうえにくるように設置することをオススメします。そうすれば、二階のトイレの排水が地下の排水管にまっすぐ落ちるので、排水管からの水漏れを予防できる確率が高まるでしょう。

しかし、対策をしていても水漏れすることがあります。そのときは弊社にご依頼ください。弊社には経験と実績が豊富な業者が多数加盟しており、突然の水漏れにも適切に対応いたします。水漏れで困ったときは、ぜひ弊社にご依頼ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較