水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 便器やトイレタンクの水漏れでポタポタ音がする……原因と修理方法!

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

便器やトイレタンクの水漏れでポタポタ音がする……原因と修理方法!

トイレタンクから水漏れしてポタポタという音が聞こえてきたら、タンクの部品に不具合が発生しているおそれがあります。そのため、はじめにタンク内の部品をチェックしてみましょう。そして部品に不具合がみつかったら、修理してみてください。

このコラムではトイレタンクから水漏れしている場合にチェックする部品を紹介しています。そして、チェックした部品に不具合がみつかったときの対処法についても解説してありますので、両方あわせて参考にしてみてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレタンクからポタポタ音が……まずこの4つをチェック!

トイレタンクから水漏れし水がポタポタと落ちているのに気づいたら、はじめに止水栓を閉めて、給水を止めましょう。止水栓の場所ですが、トイレタンクと接続している給水管をたどっていくと、壁付近に取り付けてあります。

そしてトイレタンクには、手洗い管がないものとタンクに給水する手洗い管にホースが接続されているものがあります。前者はふたを持ち上げるだけでよいですが、後者はナットをゆるめてから手洗い管に接続しているホースを外さないとタンクからふたを外すことができないので、注意しましょう。

タンクのふたが開いたら、タンク内にあるフロートバルブ・ボールタップ・レバー・オーバーフロー管をチェックしましょう。そして、それらの部品に破損や劣化がみられれば交換するなどして対処します。では、それぞれ順にみていきましょう。

チェック箇所1.フロートバルブ

トイレタンクからポタポタ音が……まずこの4つをチェック!

フロートバルブとは、排水を調節する役割をもつ部品で、基本的に黒色のボールのような形でゴムでできており、鎖がついています。その鎖はタンクの外にあるレバーの心棒につながっています。

そのためレバーをまわすと鎖がフロートバルブを引っ張り上げてタンクの底にある排水口を開き、レバーが戻るとフロートバルブが排水口を閉じるのです。

そして、フロートバルブについている鎖が絡まると、短くなった鎖がフロートバルブを持ち上げ、排水口にフタがされない状態になります。すると、水が排水口から便器へ流れっぱなしになり、タンクに水がたまらなくなってしまうのです。この場合は鎖をほどいて長さを調節してあげましょう。

また、フロートバルブに使われているゴムが経年劣化すると変形し、排水口を完全にふさぐことができず、タンク内から便器へと水が漏れる原因となります。この場合はフロートバルブを新しいものに交換することが必要です。

チェック箇所2.ボールタップ

ボールタップは、浮き球とよばれるプラスチック製の球体からのびる支持棒の根元のあたりにあり、タンク内に給水する役割をもっています。つまり、タンク内に水がなくなると浮き球とその支持棒が下がり、ボールタップの弁が開いて給水します。

反対に、タンク内の水位があがってくると浮き球とその支持棒も上昇し、標準水位になるとボールタップにある弁が閉じて給水をストップするのです。標準水位とはタンク内の水量が正常であることを示す水位のことで、オーバーフロー管の先端から下に約3cmのところが目安となります。

その浮き球と支持棒が破損したり経年劣化したりすると、ボールタップの弁がきちんと閉まらず給水が止まりません。その結果、タンク内の水位が標準水位を超え、さらにオーバーフロー管の先端よりも高くなると、オーバーフロー管の中央の穴から水が便器に漏れてしまうのです。

チェック個所3.レバー

レバーはタンクの外にあり、接続するタンクのなかの水を排水するときにまわして使います。そのレバーとタンクとの接続部分から水漏れしているときは、接続箇所に取り付けてあるパッキンが破損・劣化しているおそれがあります。パッキンが破損・劣化しているのであれば、新しいものへの交換が必要です。

チェック箇所4.オーバーフロー管

先ほども少しふれましたが、オーパーフロー管とはタンク内の水があふれないようにする役割をもつ部品で、パイプのような形をしています。そして、タンクの中央付近にあり、タンク底にある排水弁とつながっています。

そのため、オーバーフロー管が破損していると、タンクの水が便器に漏れてしまうのです。オーバーフロー管が破損している場合は新しいものに交換が必要ですが、交換するためにはタンクの脱着など、慣れていないと難しい作業があります。そのため、オーバーフロー管が破損している場合は、プロの水道工事業者に一度相談するとよいでしょう。

また汚れなどでオーバーフロー管の穴がつまっているとタンクの水が便器に流れず、タンクから水があふれるおそれがあります。穴のなかのゴミや汚れは割りばしや歯ブラシなどを使って取り除くとよいでしょう。

原因がわからないときは

フロートバルブ・ボールタップ・レバー・オーバーフロー管をチェックし、それら以外もチェックしてみたけれど水漏れの原因がわからないことがあると思います。水漏れしているけれども、原因がわからず困ったときは、プロの水道工事業者に一度相談してみましょう。

そのときは、ぜひ弊社にご相談ください。弊社では24時間365日水回りに関するトラブルの相談を受け付けております。もちろん通話は無料ですので、ぜひ一度お電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

部品の劣化が原因なら自分で交換してみよう!

フロートバルブ・ボールタップ・レバーをチェックしてみて、破損・劣化している場合は新しいものに交換して直しましょう。新しいフロートバルブなどはネット通販・ホームセンターで購入する、もしくはメーカーから取り寄せることができます。

正しい品番のものを購入する自信がない方はメーカーに問い合わせて購入するか、古いものを取り外してホームセンターへもっていき店員さんに探してもらうとよいでしょう。

ここでは、フロートバルブ・ボールタップ・レバーを自分で交換する方法をご紹介いたします。部品を交換する前には、止水栓を閉めてからおこないましょう。閉めておかないと給水が止まらず、作業の妨げとなるからです。

ただ自分で交換しようと思っても使用年数が長いと部品がみつからないことがあります。そのときは、プロの水道工事業者に依頼しましょう。

フロートバルブの交換方法

フロートバルブの交換方法

フロートバルブ・ボールタップ・レバーのパッキンを交換するにあたっては、はじめにトイレの品番を確認してください。品番がちがうものを購入してしまうと、サイズがあわないなどで交換できないおそれがあるからです。

タンクの排水口にあう新しいフロートバルブの準備ができたら、交換作業にはいっていきます。その交換手順は以下のとおりです。

1.レバーをまわすかフロートバルブを持ち上げて、タンク内の水を空にする。
2.フロートバルブを取り外す。取り外すときは、フロートバルブについている鎖のフックをレバーの心棒から外してください。
3.新しいフロートバルブについている鎖のフックをレバーの心棒にひっかけ、タンクのふたを閉じる。
4.止水栓を開き、水漏れがないか確認する。タンク内に水がたまったらレバーをまわして排水し、再びタンク内に水をため、水漏れがなければ交換終了。

ボールタップの交換方法

ボールタップもフロートバルブと同様に品番を確認し、新しいものを購入します。購入したら以下の手順で交換していきます。

1.止水栓が閉まっていることを確認したら、トイレのフタを開けタンク内の水を抜く。
2.ボールタップと接続している給水管のナットを、モンキーレンチでゆるめてから手でまわして取り外し、ボールタップを給水管から引き抜くようにして取り外す。
3.古いボールタップを取り外したときとは逆の手順で新しいボールタップを取り付け、止水栓を開いて給水する。給水が標準水位で止まり水漏れがなければ作業完了。

レバーのパッキンの交換方法

新しいレバーのパッキンが準備できたら、はじめにフロートバルブを持ち上げるなどしてタンク内の水をすべて抜いて、作業しやすくしてください。そして、次の順番でパッキンを交換していきましょう。

1.レバーの心棒についているフロートバルブの鎖を外す。
2.レバーを固定するナットをモンキーレンチでゆるめてから手でまわして外し、古いパッキンとレバーハンドルをタンクから外す。
3.新しいレバーをタンクに差し込み、その差し込み部分に新しいパッキンをタンク内からはめる。
4.パッキンの上からナットを締めてレバーを固定したら、レバーの心棒にフロートバルブの鎖を取り付け、止水栓を開けタンク内に水をためる。
5.タンクのふたを閉め、レバーをまわして水を流してみる。レバーから水漏れがないのを確認し問題がなければ作業完了。

トイレ自体の劣化なら……

以上の方法で、フロートバルブ・ボールタップ・レバーのパッキンを自分で交換することができます。ただし、使用年数が長いトイレはトイレ自体の経年劣化が原因で水漏れが起きているおそれがあります。

経年劣化が原因の場合は、業者に依頼したほうがよいでしょう。そして依頼する場合は、ぜひ弊社にお電話ください。弊社には全国に多数の業者が加盟しており、ご依頼いただければすぐに駆け付けます。トイレやトイレ以外の水漏れでお困りの方は、ぜひ弊社にご連絡ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

プロに依頼すればトイレタンクの水漏れをスムーズに解決できる!

自分で修理する自信がない、水漏れの原因がわからないなどの理由で水道工事業者にトイレタンクの修理を依頼しようと思っている方も多いでしょう。しかし、いざ依頼するとなると費用がいくらかかるのか気になるところです。

そこで、ここではトイレタンクの水漏れを業者に依頼する場合の費用相場についてご紹介していきます。

業者に依頼したときの費用相場

プロに依頼すればトイレタンクの水漏れをスムーズに解決できる!

水道工事業者にトイレタンクの水漏れ修理を依頼すると、自分で修理するよりも確実に直すことができますが、その費用相場は次のようになります。

・水位の調整などの基本修理:約8,000円~10,000円
・フロートバルブ、ボールタップ、浮き球の交換:約8,000円~10,000円
・パッキンの交換:約8,000円~10,000円
・オーバーフロー管の交換:約15,000円~30,000円

ただし、これらの費用相場はあくまでも目安です。夜間や早朝に依頼すると追加で料金が発生する場合がありますし、故障の状況によっては追加作業の費用がかかる場合もあります。そのため修理を依頼する前に、水道工事業者に見積りを取ることをオススメします。

業者選びに困ったら

トイレの水漏れ修理にかかる費用相場を確認したうえで、どの水道工事業者に依頼すればよいかわからないという方もいらっしゃるでしょう。もし業者選びで迷ったときは、弊社にご相談ください。

ご相談いただければ、弊社に加盟する業者のなかからお近くの経験豊富な業者をご紹介いたします。お見積りも無料でおこなわせていただきますので、安心してご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較