水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレの手洗い場から水漏れしている原因と修理方法をご紹介します

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの手洗い場から水漏れしている原因と修理方法をご紹介します

トイレの手洗い場から水漏れしている場合や手洗い管の水が止まらない場合、はじめに取るべき行動は止水栓を閉めて、給水を止めることです。給水を止めないとタンクから水があふれて、床が水浸しになるなどのトラブルが発生するおそれがあります。止水栓を閉めて、給水を止めたら水漏れの原因を突きとめ、修理しましょう。

本コラムでは、トイレの手洗い場から水漏れしている場合、手洗い管の水が止まらない場合に対処する方法を、それぞれご紹介しています。そのような水漏れでお困りの方は、ぜひ参考にして実践してみてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの「手洗い場・手洗い管」から水漏れしているときの応急処置

トイレの「手洗い場・手洗い管」から水漏れしているときの応急処置

冒頭でも少しふれましたが、トイレの手洗い場からの水漏れや、手洗い管からの水が止まらないときは、まず止水栓を閉めましょう。

止水栓を閉めないと給水が止まらず、タンクから水があふれて、床が水浸しになるだけでなく、カビが生えたり、床板が腐るなどのトラブルも発生するおそれがあります。さらに水道代も通常より多く支払うことになるからです。

止水栓は壁からタンクや洗面台につながっている給水管の途中にあり、基本的にハンドル式とドライバー式が多いです。ハンドル式は手で、ドライバー式はマイナスドライバーで右にまわすと閉まりますので、やってみてください。

また、修理をするときも止水栓を閉めましょう。閉めておかないと給水されたままになるので、タンクから水があふれて床が濡れるおそれがありますし、修理の妨げにもなります。

トイレの手洗い場・手洗い管からの水漏れをすぐに解決したい方は、プロの水道業者に依頼することをオススメします。その場合は弊社がおススメです。全国にいる多数の業者が弊社に加盟しておりますので、お近くの業者をすぐにご紹介することができます。深夜でも早朝でも対応できますので、ぜひ一度ご連絡ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【手洗い管の水漏れ】まずはタンク内の水位をチェック!

手洗い管の水が止まらない場合は、はじめにタンクのふたを開けて、なかの水位を確認しましょう。水位によって対処の仕方がちがってくるからです。ここでは、水位がオーバーフロー管の先端より上の場合と下の場合とで対処法をわけて解説してありますので、ぜひご覧ください。

そして、対処法によっては水位の調整で直る場合と部品の交換が必要になる場合があります。部品の交換については「【手洗い管の水漏れ】自分で交換をおこなう方法」で詳しく解説しますので、そちらもあわせてご覧ください。

1.タンク内の水位がオーバーフロー管の先端より上の場合

1.タンク内の水位がオーバーフロー管の先端より上の場合

オーバーフロー管とはタンク内から水があふれるのを防ぐためのパイプで、中心の穴から水が便器に流れるようになっており、タンク内の中心付近にあります。そして、タンクに水が溜まったときにオーバーフロー管の先端から約3cm下に水位がある状態(標準水位)が正常となります。

そのため、オーバーフロー管の先端より上に水位があると、トイレの部品などに何らかの問題が起きていると考えられます。推測できるおもな問題としては、次のふたつがあります。

・浮き球が正しく動作していない

浮き球とは、タンク内にあるプラスチック製の球体の部品で、なかが空洞になっています。通常、浮き球は水位の上昇とともに上がって標準水位になると、浮き球の根元付近にある給水弁が閉じて給水が止まるようになっています。

しかし、水位が上昇しても浮き球が正常に上がらない場合、栓が閉じず給水され続けることになります。するとタンク内の水位がオーバーフロー管の先端より上まできてしまうのです。

この場合、水位を調整して対処しましょう。水位調整リングがタンク内にあれば、時計と反対の方向にまわして調整してください。水位調整リングがないときは、浮き球に接続しているアームと呼ばれる棒状の部品を下にゆっくりまげて調整してください。

・給水弁に不具合が起きている

浮き球が正常に動いているにもかかわらず、タンク内の水位がオーバーフロー管の先端より上にある場合は、シートパッキンが劣化もしくは壊れているおそれがあります。シートパッキンは、浮き球の根元付近にあるピストンバルブという部品のなかにありますので、ピストンバルブから取り出して新しいものに交換しましょう。

2.タンク内の水位がオーバーフロー管の先端より下の場合

タンク内の水位が標準水位より下にある場合、浮き球が上がらず給水弁が閉じないため、手洗い管から水が流れ続けます。この場合、タンクの水が漏れているおそれがあり、次のような原因が考えられます。

・チェーンがもつれている

チェーンが絡まって短くなると、タンク内の水を排水する部品であるゴムフロートが持ち上がって開いたままになり、水が便器に流れ続けます。そのため、タンク内に水がたまらず、浮き球が下がったままになり、給水弁が閉じず手洗い管の水は止まらないのです。

したがって、チェーンのもつれが原因で手洗い管から水漏れしているときは、ほどいて長さを調整するとよいでしょう。

・ゴムフロートに不具合が起きている

チェーンがもつれていないにもかかわらず、タンク内の水が標準水位よりも下にあるときは、ゴムフロートが劣化しているか、排水口に異物がつまっているおそれがあります。排水口に異物がつまるとゴムフロートが完全に閉じず、タンク内の水が便器に流れ続けるため、手洗い管の水がとまらないのです。

排水口に異物がつまっているときは、まず止水栓を閉めてタンク内の水を抜いたあとに、異物を取り除きましょう。異物がつまっていないのであれば、ゴムフロートが劣化しているおそれがあります。ゴムフロートをさわってみて手が黒く汚れたり形が崩れたりしたら劣化していますので、新しいものに交換しましょう。

【手洗い管の水漏れ】自分で交換をおこなう方法

先ほど説明しましたように、手洗い管からの給水が止まらない原因がゴムフロートの劣化、シートパッキンの劣化・損傷である場合は、新しいものと交換することが必要です。ここでは、ゴムフロートとシートパッキンの交換方法を解説いたしますので、参考にして実践してみてください。

1.ゴムフロートの交換方法

【手洗い管の水漏れ】自分で交換をおこなう方法

交換にあたっては、まず新しいゴムフロートをインターネット通販、ホームセンターなどで購入して用意します。用意ができたら、ゴムフロートは基本的に次の手順で交換します。

1.止水栓を閉め、排水レバーをまわしてタンク内の水を空にする。
2.排水レバーから鎖を外して、古いゴムフロートと新しいゴムフロートを交換する。
3.止水栓を開き、タンク内に水をためてみる。便器に水が流れず、手洗い管から水漏れがないのを確認したら作業完了。

2.シートパッキンの交換方法

ゴムフロートと同様に、シートパッキンもインターネット通販やホームセンターなどで購入しましょう。準備ができたら止水栓を閉めて、基本的に以下の手順でシートパッキンを交換します。

1.トイレのタンクと接続している給水管のナットをまわして外してから、ピストンバルブのうえにあるボールタップという部品をトイレのタンクから外す。(外すときはモンキーレンチなどを使用する)
2.ボールタップからピストンバルブを取り外し、ピストンバルブのなかにある古いシートパッキンと新しいシートパッキンを交換する。
3.交換したら、逆の手順でピストンバルブとボールタップを取り付けて作業完了。

以上の手順でゴムフロートとシートパッキンを交換しますが、自分で交換する自信がない、自分で交換するのは面倒だという方は、プロの水道業者に依頼しましょう。

どの業者に依頼しようか迷われている方は、弊社にご依頼ください。ご依頼いただければ、弊社に加盟する水道業者が迅速に対応いたします。急いでトイレの水漏れを解決してほしいという方は、ぜひ弊社にお電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【手洗い場の水漏れ】まずは水漏れの症状をチェック!

手洗い場から水漏れしている場合、はじめにどこから水漏れしているのかを確認します。水漏れしている場所によって対処方法がちがいますので、気をつけてください。

症状1.蛇口から水漏れしている

【手洗い場の水漏れ】まずは水漏れの症状をチェック!

蛇口の水漏れは、おもに蛇口の先端・水道ハンドル・蛇口パイプの根元の3箇所から起こります。いずれの水漏れも、パッキンの劣化がおもな原因です。まずは蛇口の水漏れ箇所を特定し、そこに使われているパッキンを新しいものと交換しましょう。

症状2.排水パイプのつなぎ目から水漏れしている

排水パイプの場所は手洗い場の下にあり、S字またはP字の形で2~3の部品で接続されています。その接続部分から水漏れしているときは、ナットがゆるんでいないか確認してみましょう。ゆるんでいたらレンチなどを使って締め直すとよいでしょう。

ナットがゆるんでいなければ、ナット内部のパッキンが劣化・破損しているおそれがあります。その場合は、パッキンを新しいものに交換しましょう。

症状3.給水管や止水栓のつなぎ目から水漏れしている

手洗い場の止水栓は基本的に壁の近くにあり、止水栓と洗面台を給水管がつないでいます。その給水管と止水栓はナットを使って接続されており、接続部分から水漏れすることがあります。

この場合の水漏れは、まずレンチなどを使ってナットを締め直してみてください。それでも水漏れが直らないのであれば、ナット内部にあるパッキンが劣化しているおそれがあります。パッキンが劣化している場合は新しいものに交換するとよいでしょう。

パッキンを交換しても水漏れが直らず原因がわからないときは、水道業者に依頼しましょう。その場合は、ぜひ弊社にご依頼ください。弊社に加盟するプロの水道業者がすぐに駆け付け、適切に対処いたします。ぜひ一度お電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの水漏れ修理を業者に依頼したときの費用相場

トイレの手洗い管や手洗い場の水漏れを自分では修理できない、修理するのは面倒だという方は業者に依頼することになると思います。ただし業者に依頼するとなると、費用はいくらかかるのか、依頼してから修理が終わるまでどのような作業をするのか心配になる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ここではトイレの手洗い管や手洗い場に関係する修理の費用相場と依頼してから修理完了までの流れをご紹介します。まずは修理の費用相場を以下にあげてみましたので、ご覧ください。

・タンク内の基本的な調整作業:約4,000円~6,000円
・ゴムフロートの交換:約8,000円~10,000円
・パッキンの交換:約6,000円~10,000円
・排水パイプの水漏れ修理:約5,000円~10,000円

ただし、これらの費用相場はあくまでも目安ですので、料金トラブルを避けるためにも、依頼する前に業者に見積ってもらうことをオススメします。

業者に依頼~修理完了までの流れ

トイレの水漏れ修理を業者に依頼したときの費用相場

修理費用の相場について理解したら、次は業者に依頼してから修理が終わるまでの流れについてみていきましょう。一般的には以下の流れになります。

1.業者に見積りを依頼する。
2.見積り書の内訳をみて、作業内容とその金額に納得したら正式に修理を依頼し、日程を決める。
3.当日、修理作業に立ち会う。
4.修理が完了したら、水漏れがないことを確認し、代金を支払って終了。

・注意点

見積りを依頼する業者は、ホームページに料金体系が明確に記載されている水道工事業者を選ぶことをオススメします。料金体系を明示していない業者は、相場よりも高額な料金を請求してくるおそれがあるからです。

そして、見積り書には必ず目をとおし、作業内容に見合った金額になっているか確認してください。なぜなら、簡単な作業にもかかわらず高額な料金を請求する業者もありますし、簡単な作業であれば自分で修理して安くすませるという選択肢もあるからです。

以上の内容をみて、業者に依頼しようと思われた方は、ぜひ弊社にご依頼ください。弊社のホームページでは料金体系を明示しておりますし、お見積りも無料でおこなっております。さらにお見積り後の依頼のキャンセルも無料ですので、ぜひ安心してご依頼ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較