水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレタンク水漏れ修理料金はいくら?|原因ごとの費用相場を紹介

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレタンク水漏れ修理料金はいくら?|原因ごとの費用相場を紹介

「トイレタンクの水漏れ修理料金はいくら?」トイレタンクの水漏れ修理を業者に依頼するときには、費用相場をあらかじめ確かめておくことが大事です。

費用相場を知っておくと、実際に業者に見積りを出してもらったときに、その金額が適切であるかどうかを判断する材料となります。

当コラムでは、水漏れの症状や原因別に、作業内容と費用相場をくわしく紹介します。トイレタンクの水漏れ修理を依頼するときの参考にしてみてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレタンクの水漏れ修理料金相場

トイレの修理料金は、便器やタンク自体を交換するかどうかで大きく費用が変わってきます。便器交換をしない場合のトイレタンク水漏れ修理料金の相場は、8,000円~30,000円です。作業内容や部品交換の有無によって料金がちがいます。

修理内容ごとの費用相場は「修理内容ごとにちがう費用相場」をご覧ください。

トイレタンクからの水漏れがある場合には、できるだけはやく対処して、被害を拡大させないようにすることが大事です。業者にきてもらうまでの間は、応急処置としてトイレの水を止めておきましょう。

トイレの水を止める方法

トイレの水を止める方法

トイレへの給水を止めるには、トイレの止水栓を閉める必要があります。止水栓とはトイレへの給水量を調整したり、給水をストップさせたりする栓のことです。トイレの修理や点検・メンテナンスをおこなうときにこの止水栓を閉めておくことで、作業中の水漏れや浸水を防ぐことができます。

止水栓の場所

止水栓は、壁と便器のタンク部との間にあります。止水栓が見つかりにくい場合は、便器の後方部分や壁の下のほうを見てみましょう。見栄えをよくするために便器の下部などにカバーで隠されている場合もあります。必ずどこかには設置されていますのでしっかり探してみてください。

止水栓の閉め方

止水栓は、マイナスドライバーで回すタイプのものや、レバー・ハンドルなどを回すタイプなどがあります。いずれのタイプも、右に回すと水の量が少なくなっていく構造になっています。止水栓を閉めるときは、水が完全に止まるまでしっかり回してください。

止水栓を閉めるときの注意

止水栓を開けるときのことを考えて、何回回したのかを覚えておくとよいです。止水栓を開けて水量を調整する目安となります。

水を止められないときは

トイレタンクからの水漏れは、わずかな量であっても放置すれば床や壁、階下などへ浸水するおそれがあります。「応急処置をしても水漏れが止まらない」「止水栓の閉め方がわからない」といった場合には、はやめに業者へ頼んで修理してもらいましょう。

弊社では、トイレなどの水漏れ修理にすぐ駆けつけることができる業者を紹介しております。早朝や深夜、日曜日や祝日などでも対応できるよう、24時間365日電話受け付けを致しております。トイレの水漏れでお困りの際には、遠慮なくご利用ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

修理内容ごとにちがう費用相場

トイレタンクの水漏れ修理料金は、修理内容ごとにちがいます。ここでは、水漏れ症状や作業内容ごとの修理費用相場を紹介しますので、修理を業者に依頼するときの参考にしてみてください。

【1】トイレタンクへの給水が止まらない場合

【1】トイレタンクへの給水が止まらない場合

トイレタンクへの給水が止まらないときは、トイレタンク内の部品がうまく機能していないことが原因であることが多いです。トイレタンクの中にある部品はボールタップと呼ばれるもので、先端に浮き球がついています。

ボールタップの一部が故障していたり、浮き球が破損していたりすると、給水が止まらなくなる原因となります。トイレタンク内の部品(ボールタップ)は消耗品ですので、破損や故障があれば交換しましょう。

●ボールタップ交換費用相場 約8,000円~15,000円(部品代込み)
※エリアによっては別途出張費がかかる場合があります。

【2】タンクから便器へ水が流れ続ける場合

トイレを使用後に水を流すと、タンク内にためてあった水が便器へと流れていきます。そして一定量の水が便器へ流れ出ると、水が止まるしくみになっています。しかし、何らかの原因で便器への水が止まらず流れ続けることがあります。

トイレタンクから便器への水の流れが止まらないときは、以下の2つの原因が考えられます。

  • 鎖の不具合
  • 黒いゴム栓(フロートバルブ)の劣化

トイレタンクの中には、鎖と鎖につながった黒いゴム栓(フロートバルブ)があり、水の流れを止めたり開けたりする役割を果たしています。タンクから便器への水の流れが止まらない場合には、このふたつがうまく機能しているかどうかをチェックしてみてください。

まず、鎖がタンク内で絡まっていないか、途中で切れたりしていないかを確かめましょう。次に、黒いゴム栓(フロートバルブ)は、位置がずれていたり劣化して変形したりしていないかをチェックしてください。

鎖や黒いゴム栓(フロートバルブ)がずれているだけなら、自力での調整で水の流れを止めることができます。しかし、鎖や黒いゴム栓(フロートバルブ)が破損している場合は、交換が必要です。

●フロートバルブ・鎖の修理費用相場 約8,000円~12,000円 (部品代込み)
※エリアによっては別途出張費がかかる場合があります。

【3】便器とタンクの間の水漏れがある場合

トイレタンクと便器との間から水が漏れている場合は、トイレタンクと便器の接合部にあるゴムパッキンの劣化がおもな原因です。ゴムパッキンは、10年以上経過すると弾性がなくなってすき間ができるようになり、そこから水漏れが起きるようになります。

また、トイレタンクの下部にあるゴムパッキンは「密結パッキン」と呼ばれ、重いトイレタンクを支えるという役割も果たしています。しかし、通常のゴムパッキンよりも負荷がかかりやすくなっていますので、劣化が進みやすいパーツです。密結パッキンの劣化を放置すると水漏れはひどくなる一方ですので、はやめに交換しましょう。

●密結パッキン交換費用相場 約5,000円~10,000円
※エリアによっては別途出張費がかかる場合があります。

【4】便器詰まりがある場合

便器が詰まっている場合は、はやめに解消しておくことがおすすめです。便器の詰まりを放置すると水が流れなくなり、排水できずに逆流するおそれがあるからです。次のような症状がある場合は、便器の排水が詰まっているおそれがあります。詰まりがひどくなる前に対処をしておきましょう。

  • 水を流した後の便器内の水位が低い
  • タンクから出る水の量が少ない
  • 排水するときに「ゴボゴボ」という音がする
  • 便器から排水するときの水の流れが悪い

【トイレ詰まり除去作業の費用相場】

  • トイレの詰まり除去 約8,000円~10,000円
  • 配管の高圧洗浄   約15,000円~40,000円

便器本体の交換費用相場

トイレタンクや便器本体にひび割れがある場合には、便器自体の交換が必要になります。便器の交換費用は、一般的にトイレの便器費用+工事費が支払い総額です。業者によっては出張費などが別途かかる場合もあります。

トイレ便器は、安価なタイプで約30,000円前後のものがある一方で、上位機種になると30万円以上というものもあります。各メーカーのショールームなどで実物を展示しているので、便器を選びに迷ったときは、実際に見に行くとよいでしょう。

●便器交換基本工事費の相場 約35,000円~10万円
※便器の種類によっては、配管工事が別途必要になる場合があります。そういった場合には工事費が高額になります。

便器交換にかかる費用は、業者によってちがいます。支払い総額を知りたい場合は、実際に現地調査にきてもらい、見積りを出してもらいましょう。

トイレタンクからの水漏れの場合、修理だけで済むのか、便器自体の交換が必要なのかがわからないケースもあります。判断に迷うときには、プロに相談するのもおすすめです。弊社では、お客様のご希望にそって水道業者を紹介いたしておりますのでお気軽にご利用ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの水漏れ・修理業者の選びかた

トイレの水漏れ修理を依頼する場合、どの業者に頼めばよいのかわからないこともあるかと思います。そういった場合には、以下のようなことに気をつけて業者選びをすることをおすすめします。

(1)すぐに対応してくれる
水漏れはすぐに対応しないと被害が別のところに及ぶおそれがあります。1分でもはやく駆けつけてくれる業者を選びましょう。

(2)料金がわかりやすい
あらかじめ、修理費用を提示してくれる業者を選びましょう。ホームページなどでサービス内容や料金を提示してくれている業者は安心です。

「業者をホームページなどで検索するのは案外時間がかかってしまう……」そんな心配がある場合は、弊社の業者紹介サービスをご利用ください。24時間365日お電話にて受け付け対応が可能です。

現地調査・見積りは必ずおこなう

現地調査・見積りは必ずおこなう

業者を選んだら、まず現地調査をすることになると思います。急いでいるときには、手っ取り早く頼んではやく修理してほしいという気持ちになってしまうことがありますが、冷静に見積りを聞いてから、正式に修理を依頼するようにしましょう。

弊社では、作業内容・料金ともに、安心して修理を依頼できる業者を紹介しております。お気軽にご利用ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較