水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> トイレのロータンクから水漏れ?!原因を特定して適切に対処しよう

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレのロータンクから水漏れ?!原因を特定して適切に対処しよう

トイレのロータンクからの水漏れには、おもに3つの原因があり、原因ごとに修理方法も変わります。まずは水漏れの原因を突き止め、それから対処していきましょう。原因がわからないままに対処しても水漏れは直りませんし、時間とお金を無駄にしてしまうからです。

このコラムではトイレのロータンクから水漏れする原因とその修理方法をご紹介しています。自分で修理をおこなおうと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。業者に依頼しようと思っている方は、修理費用の相場を紹介していますので、参考にしてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレのロータンクから水漏れする3つの原因

トイレのロータンクとは、排水のために使う水をためておくタンクのことで、基本的に便器の上にあります。そのトイレのロータンクからの水漏れは、おもにタンク内にあるボールタップと浮き球・オーバーフロー管・フロートバルブの不具合が原因であると考えられます。まずは、それぞれの仕組みや原因について解説していきます。

原因1.ボールタップと浮き球

原因1.ボールタップと浮き球

浮き球とはプラスチック製の球体部品のことで、なかが空洞になっています。その浮き球の根元にあるのがボールタップです。ボールタップには給水弁があり、浮き球と連動して給水弁が開閉するのです。

そんなボールタップと浮き球にはタンク内の水位を調整するという役割があります。タンク内に水がたまって水位が上昇すると浮き球もあがり、標準水位になると給水弁が閉じます。

標準水位は、オーバーフロー管の先端から約2cm下の高さが目安とされています。(オーバーフロー管については後述します)

逆にタンクの外にある排水レバーをまわすと、タンクの排水口にあるフロートバルブが持ち上がり、便器に水が流れるのです。すると水位と共に浮き球も下がって給水弁が開き、タンク内に水が流れます。

このような役割があるため、ボールタップと浮き球に不具合が発生すると、水位の上昇に応じて浮き球があがらず給水弁が閉じないという症状があらわれます。その結果タンク内の水位がオーバーフロー管の先端よりも高くなり、水が便器に漏れることになるのです。

原因2.オーバーフロー管

先ほども少しふれましたが、オーバーフロー管とはパイプ状の部品のことで、基本的にロータンク内の中心付近にあり、水があふれるのを防ぐ役割があります。このような役割をもつオーバーフロー管ですが、タンク内の水位が標準水位であっても、標準水位より下に亀裂が入ると、そこから水が便器に漏れるという症状がでます。

原因3.フロートバルブ

フロートバルブとは、ロータンク内にある黒色の半球体に鎖がついた部品のことで、基本的にゴムで作られています。その鎖はタンクの外にある排水用のレバーの心棒とつながっており、レバーをまわすと連動してロータンクから便器へ排水する役割があります。

そんなフロートバルブですが、経年劣化で変形すると排水口とフロートバルブとの間にすき間ができ、そこから水が漏れてくるのです。また鎖がもつれて短くなると、フロートバルブが持ち上がって排水口をしっかりふさがないため、水漏れの原因となるのです。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレのロータンクの水漏れ|原因別の修理方法

ロータンクの水漏れの原因について理解したら、今度は原因ごとにロータンクの水漏れを修理する方法をご紹介します。自分で修理しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは給水を止めて応急処置をしよう

まずは給水を止めて応急処置をしよう

ロータンクから便器への水漏れが止まらないときは、はじめに止水栓を閉めて、給水をとめましょう。止水栓はタンクの近くにある壁に設置されており、給水管を通じてタンクと接続しています。

そして、止水栓はおもにハンドルタイプとドライバータイプがあり、閉めるときは右にまわします。ハンドルタイプは素手でまわすことができますが、ドライバータイプは基本的にマイナスドライバーを使ってまわすとよいでしょう。止水栓を閉めたら、濡れた床をタオルなどでふきましょう。

修理方法1.ボールタップと浮き球

ボールタップと浮き球に不具合があるときは、ボールタップ内のパッキンが劣化もしくは破損しているおそれがあります。この場合パッキンを新しいものに交換するよりも、ボールタップを新しいものに交換することをオススメします。

なぜなら、パッキンを交換したあとボールタップの調整が必要となるのですが、その調整の難しさから、ボールタップを正常に機能させることができない場合が多いからです。

ボールタップを交換するためには、新しいボールタップをネット通販またはホームセンターで購入します。購入したらボールタップを交換していきますが、その一般的な交換手順は次のとおりです。

  1. 排水レバーをひねってタンク内の水を空にし、手洗い管から給水がないことを確認したら、タンクのふたを外す。
  2. モンキーレンチでナットをゆるめて、連結管と呼ばれる部品から古いボールタップを外す。
  3. 新しいボールタップと連結管を接続しナットで固定したら、連結管を下に向けて止水栓を開く。
  4. タンクのふたを閉め、排水レバーをひねってみる。手洗い管から水がでて、タンク内の水量が標準水位で維持されることを確認したら作業完了。

上記の手順ででてきた連結管とは手洗い管とボールタップをつなぐための部品で、手洗い管とはタンクに給水するための部品です。手洗い管は通常タンクの上にあり、連結管はタンク内にあります。

修理方法2.オーバーフロー管

オーバーフロー管に亀裂が入っている場合は、新しいものに交換して修理します。ネット通販やホームセンターでオーバーフロー管を購入してから、交換していきます。交換手順は以下になります。

  1. 止水栓が閉まっていることを確認したら、排水レバーをまわしてタンク内の水を空にする。
  2. モンキーレンチなどを使い、タンクの横に接続している給水管のナットをゆるめて取り外す。
  3. タンクの下のナットをゆるめて取り外したら、タンクを便器から取り外す。
  4. 取り外したタンクの下部に接続しているオーバーフロー管を取り外す。その際、ウォータープライヤーを使ってオーバーフロー管の根元をまわす。
  5. 新しいオーバーフロー管をタンクの下からタンク内にいれ、根元をまわしてタンクに固定する。
  6. タンクを便器の上に取り付け、排水レバーをまわしてフロートバルブが排水口を閉じるか確認する。しっかり閉じなければ鎖の長さを調整する。
  7. 止水栓を開けてタンク内に水をためてみて、水漏れがないことを確認する。

修理方法3.フロートバルブ

フロートバルブが経年劣化で変形していたら、新しいものに交換します。ボールタップなどと同様にネット通販やホームセンターで購入することができます。準備ができたら基本的に、次のようにして交換していきます。

  1. 給水が止まっていることを確認し、排水レバーをまわしてタンク内の水を空にする。
  2. 排水レバーの心棒にあるフックから鎖を外して古いフロートバルブを外し、新しいフロートバルブがついた鎖をフックにひっかける。
  3. タンクのふたを閉めて止水栓を開き、給水してタンク内に水をためる。排水レバーをまわして水を流し、再びタンク内に水をため、水漏れがなければ作業完了。

以上がロータンクに水漏れがある場合の修理方法です。これらの修理方法を読んでみて、自分で修理する自信がない方や面倒だと感じた方は、業者に依頼しましょう。

業者選びで迷ったら弊社にご相談ください。弊社には、全国に多数の水道工事業者が加盟しておりますので、お近くの水道工事業者をすぐにご紹介することができます。トイレのロータンクの水漏れでお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

業者に修理を依頼した場合の費用相場

水道工事業者に修理を依頼するとなると、費用がいくらかかるのか心配になる方もいるでしょう。そこで、ここでは水道工事業者に修理を依頼する場合の費用相場をご紹介いたしますので、修理を依頼することを検討するときに参考にしてみてください。

部品交換の費用相場

部品交換の費用相場

トイレのロータンクから水漏れしている場合、基本的にボールタップ・パッキン・オーバーフロー管・フロートバルブの交換を修理業者に依頼することになります。また、止水栓や給水管などもパッキンの劣化により水漏れしやすい箇所です。それぞれの部品を交換する費用相場は、以下のとおりです。

  • ボールタップ:約8,000円~12,000円
  • パッキン:約8,000円~10,000円
  • オーバーフロー管:約12,000円~15,000円
  • フロートバルブ:約10,000円前後
  • 止水栓交換:約10,000円前後
  • 給水管交換:約10,000~13,000円
  • タンク内水位の調整などの基本修理:約8,000円

トイレのロータンクは掃除や点検で水漏れ予防を

水道工事業者に修理を依頼する場合の費用相場をみると、高額であることがわかります。出費をおさえるためにも、トイレのロータンクを定期的に掃除や点検して水漏れを予防することをオススメします。

しかし、水漏れ予防をおこなっていてもロータンクが故障し、水漏れが起こることもあります。その場合は水道工事に対応している業者に依頼しましょう。
依頼する場合は、ぜひ弊社にご依頼ください。弊社は24時間365日、ご依頼を受け付けておりますので、さまざまなトイレトラブルにも弊社加盟の業者がすぐに駆け付けることができます。突然のトイレトラブルでお困りの方は、ぜひ弊社にご連絡ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較