水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> シャワートイレが水漏れする原因は劣化かも|水漏れの原因と修理方法

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

シャワートイレが水漏れする原因は劣化かも|水漏れの原因と修理方法

シャワートイレが水漏れしていたら、まずは原因を突き止めましょう。水漏れは原因を突き止めなければ、修理をすることができないからです。シャワートイレが水漏れしているなら原因を知って、それにあった修理をおこないましょう。

しかしシャワートイレは家電製品であるため、自分でできる修理方法には限りがあります。もし、自分で修理するのが無理そうなら、業者に依頼をしてください。本記事では、シャワートイレが水漏れする原因とその修理方法について解説していきます。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

シャワートイレの水漏れ原因は劣化が多い

シャワートイレが水漏れする原因は、製品の劣化によって起こることが多いです。しかし原因は劣化だけでなく、場所によっても異なります。順番に詳しくみていきましょう。

洗浄ノズルからの水漏れ

洗浄ノズルからの水漏れ

シャワートイレの水漏れの中でも多いのが、洗浄ノズルからの水漏れです。洗浄ノズルは、バルブユニットの故障が原因で、ポタポタと垂れる水漏れが起きます。バルブユニットは、水の流れや量、圧力を調整する部品です。

さらにノズルが割れたり、電磁弁の機能が低下したりすることで、水漏れが起きることがあります。電磁弁とは、スイッチのオン・オフにより水を出したり止めたりする弁のことです。また、洗浄ノズルにあるパッキンの劣化や汚れが詰まることが原因で水漏れが起きることもあります。

温水タンクからの水漏れ

温水タンクからの水漏れは、内部部品の故障や劣化が原因で起きます。温水タンクは、シャワートイレの操作パネルのボタンを押すと出てくる温かいお湯を貯めておくためのタンクです。

温水タンクの修理は、メーカーがDIYでの修理を推奨していません。メーカーがDIYでの修理を推奨していないため、交換部品が販売されておらず、個人で修理するのは難しいです。

シャワートイレ本体からの水漏れ

シャワートイレの便器内や便座など本体から水漏れしている場合は、バルブユニットの劣化や故障が原因で水漏れが起きている可能性があります。また、シャワートイレの中にあるノズルまで水を運ぶホースの故障が原因で、ノズルに届く前に本体内で漏れてしまうこともあるのです。

給水管などのパイプ類からの水漏れ

給水管などから水漏れが起きている場合、つなぎ目のナットの緩みが原因で起きている可能性が高いです。さらに、つなぎ目のところに設置しているパッキンの劣化が原因で水漏れが起きる場合があります。

また、止水栓付近や給水ホースのつなぎ目などに、給水フィルターが取り付けられています。その給水フィルターが目詰まりを起こすと、水が漏れ出てしまうこともあるのです。

給水ホースのつなぎ目から水漏れすると、操作パネルから水漏れすることがあります。操作パネルから水漏れすると漏電する恐れがあるため、早めの修理が大切です。

シャワートイレ水漏れの原因がわかったら応急処置を!

シャワートイレの水漏れ原因がわかったら、応急処置をしましょう。水漏れが起きたら、まずは止水栓を閉めて水が流れないようにします。

水漏れしたまま放置しておくと床が水浸しになったり、水道代が高くなったりするからです。止水栓は一般的に、トイレ本体の横にある給水管のところに取り付けられています。

止水栓を閉めたら、シャワートイレの電源コードとアース線を抜いておきましょう。シャワートイレは家電製品であるため、水に濡れると漏電する恐れがあるからです。

シャワートイレの水漏れ被害が大きい場合や水漏れしている原因がわからない場合は、そのままにせずに業者へ依頼をしましょう。もしシャワートイレの水漏れでお困りなら、弊社へご相談ください。

弊社では、全国各地を対象に水漏れ修理業者をご紹介しております。水漏れ被害が大きくなる前に一度、無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

シャワートイレの水漏れを自分で直せる・直せないの判断基準

シャワートイレは家電製品であるため、自力で修理をおこなうのが難しいとされています。とくにトイレにあう部品を購入したり、分解や交換をしたりすることが難しいです。ただし、給水ホースの接続部やフィルター・洗浄ノズルの掃除など、内部からの水漏れでない場合は自分で修理することができます。

また、水漏れしている原因がわかっているかどうかも、自分で直せるか直せないかの判断基準になります。水漏れしている原因を突き止め、自分で修理できそうか判断をしましょう。

修理をする前は止水栓を閉めよう

修理をする前は止水栓を閉めよう

修理をする前は、止水栓を閉めましょう。止水栓は右に回すと閉めることが可能です。また、止水栓には「ハンドル式」と「ドライバー式」があります。

ハンドル式の場合はそのままハンドルを右に回すと閉めることができるでしょう。ドライバー式は、マイナスドライバーを使って右に回してください。

トイレの止水栓がわからない、見つけられない方は、家の水道の元栓を閉めてください。元栓は、水道メーターの近くに設置されていることが多いです。右に回すと元栓を閉めることができます。

洗浄ノズルの掃除

ノズルの穴に汚れが詰まることで、洗浄ノズルからの水漏れが起きた場合は、自分で直せる場合があります。ノズルを引き出してブラシなどでキレイにしましょう。

洗浄ボタンを押してノズルが出てきたところで電源プラグを抜くと、ノズルが出っぱなしの状態で掃除することができます。掃除し終えたら、電源プラグに再び挿してノズルを元に戻しましょう。

シャワートイレの種類によっては、お掃除機能がついているものもあります。お掃除機能がついている場合は、ボタンを押すだけで自動的に掃除をしてくれます。

フィルターの掃除

給水フィルターに不純物が詰まって水漏れが起きている場合は、給水フィルターを掃除しましょう。給水フィルターの掃除手順は以下のとおりです。

  1. 給水ホースと本体のつなぎ目にあるフィルターのフタをマイナスドライバーで外す
  2. フィルターを取り出す
  3. フィルターを水洗いして、ゴミや汚れを落とす
  4. フィルターを外したときの手順と反対の順序で元に戻す

メーカーや品番によって、フィルターの場所が異なることがあります。説明書を確認してから掃除をするとよいでしょう。

劣化や故障した部品の交換

パッキンの劣化が原因で、給水ホースなどのパイプ類から水漏れしている場合は、パッキンを交換することで解決することができます。パッキンの交換は、水漏れしているつなぎ目のナットをスパナで外し、古いパッキンを取り出して新しいのに交換すれば修理は終わりです。

シャワートイレの水漏れは、普通のトイレと比べて構造が複雑です。そのため、素人が修理できる範囲は限られています。少しでも、修理するのが難しそうだと感じたら業者に依頼をしましょう。

安易に修理をしてしまうと、取り返しがつかないことになってしまう可能性があるからです。業者に一度相談をしたいという方は弊社へご連絡ください。弊社では、水漏れ修理業者をご紹介しております。無料現地調査を実施している業者では、どのような状況で、どのような修理が必要かなど依頼する前に話を聞くことが可能です。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

シャワートイレは家電製品|修理が難しいなら業者依頼を!

シャワートイレは家電製品であるため、安易に修理をしてはいけません。水と電気を扱う製品であるため、素人判断で修理するのは控えましょう。

修理が難しい場合は、無理せず業者に依頼をすることおすすめします。ここでは、水漏れ修理を業者に依頼した場合の費用や依頼するメリットについて以下で解説していきます。

水漏れ修理を業者に依頼した場合にかかる費用

水漏れ修理を業者に依頼した場合にかかる費用

水漏れ修理を業者に依頼をした場合、「基本料金」「作業費」「出張費」「見積り代」などがかかります。基本料金は作業の内容関わらず、業者に依頼することで発生する料金のことです。

作業費は、修理をするときにかかる道具費や部品交換費などです。修理する内容が大がかりなものになるほど料金が高くなる傾向にあります。出張費は、出張したときにかかる交通費や駐車場代のことです。

見積り代は、事前に現場に行き水漏れの状況を確認するための費用です。出張費と見積り代がかからない業者もあります。

トイレの修理は、パッキン交換などの簡単な作業の場合は約10,000円前後で済むことが多いです。しかし、パーツの交換やシャワートイレの交換などになると、約10,000円~30,000円前後かかることが多いです。

水道業者に依頼するメリット

水道業者に水漏れ修理を依頼すると以下のようなメリットを得ることができます。

  • 確実に修理してくれる
  • 状況に応じて対処してくれる
  • すべてお任せできる

業者に依頼をすると、自分で部品や工具を用意する必要がありません。そのため、購入間違えを防ぐこともできます。また、高度な技術や専門知識で、劣化具合にあわせて修理をおこなってくれるでしょう。

DIYで修理をすると失敗したときの対処法がわからず、大きい被害を出してしまうこともあります。修理費用はDIYよりもかかりますが、確実に水漏れを直したい場合は業者に依頼をしましょう。

比較しながら安心できる業者を選びたいなら弊社へ

「業者に頼みたいけど探すのが大変そう……」「費用の比較をしたいけどどうすればいいんだろう……」このように業者選びにお悩みでしたら、弊社へご連絡ください。弊社では、全国を対象にご要望に沿った水漏れ修理業者をご紹介しております。

相見積りを歓迎している業者をご紹介することもできますので、弊社では比較しながら業者を選ぶことも可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較