水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレ水漏れはパッキンが原因かも!パッキン交換で水漏れ解決しよう

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレ水漏れはパッキンが原因かも!パッキン交換で水漏れ解決しよう

給水管や止水栓などのパイプ類や、便器とタンクの間から水漏れが起きている場合は、パッキンを交換しましょう。トイレ水漏れはパッキンの劣化が原因であることが多く、交換することで水漏れを止めることができるからです。

この記事では、パッキンの交換方法をご紹介していきます。ぜひ、参考にして試してみてください。もし、自分で修理ができなさそうだった場合は、業者に依頼することをオススメします。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレのこんな水漏れ症状はパッキン劣化が主な原因かも

トイレの水漏れは、パッキンの劣化が原因であることが多いです。パッキンは消耗品のため、長く使用されれば次第に劣化していきます。そして、劣化したパッキンは水漏れの原因になるのです。ここからは、トイレ水漏れの症状別に水漏れする原因についてご紹介していきましょう。

症状1:トイレの水が止まらない

:症状1:トイレの水が止まらない

トイレの水が止まらないときは「オーバーフロー管」「ボールタップ」など、タンク内に原因があることが多いです。オーバーフロー管は、水が溢れるのを防ぐために水を排出するタンク内にあるパイプのことをいいます。オーバーフロー管に亀裂が入ることで、水漏れが起きます。

ボールタップは浮球をつけた棒が水位にあわせて上下運動することで、給水する装置ことです。そのボールタップに汚れが詰まってうまく動かない場合や、ボールタップ内のパッキンが劣化することで水漏れが起きます。ボールタップ内のパッキン交換は難しいため、ボールタップごと交換するのがオススメです。

症状2:給水管や止水栓から水漏れ

給水管や止水栓から水漏れしているときは、「ナットの緩み」「パッキンの劣化」が原因です。トイレの給水管は、壁にある止水栓へと繋がっています。その給水管から止水栓へと繋がっている接続部分のナットが緩んだり、パッキンが劣化したりすることで、水漏れが起きるのです。

症状3:温水洗浄便座からの水漏れ

温水洗浄便座から水漏れしているときは、「ノズルの故障」「ナットの緩み」「パッキンの劣化」が原因で起きていることがあります。ノズルの部品が故障することで、ポタポタと垂れるような水漏れが起こるのです。また、給水ホースやトイレ本体との接続部のナットが緩むことや、接続部のパッキンが劣化することで水漏れが起こることがあります。

トイレ水漏れの修理は原因を知ることが大事

トイレ水漏れが起きたときは、まず原因を知ることが大切です。水漏れが起きている原因がわかれば、修理をすることができます。

水漏れしている場所が明らかにわかる場合はよいですが、チョロチョロと音が聞こえてもどこから漏れているのかわからない場合もあります。どこから漏れているのかわからないのに修理をすると、水漏れ被害が大きくなる可能性もあります。

また、原因がわからないからといって放置をしてしまうと、壁や床にカビが生えたり、水道代が高くなったりします。トイレ水漏れは放置をせず、原因を突き止めて修理をしましょう。

水漏れしている原因がわからない場合は、業者に相談をしましょう。水漏れ修理をしてくれる業者をお探しなら、弊社へご相談ください。弊社では、水漏れ修理のプロをご紹介しております。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

パッキンのDIY交換手順

トイレの水漏れがパッキンに原因があった場合は、自分で修理することができます。パッキンを交換するときは、まずトイレの止水栓を閉めておきましょう。

トイレの止水栓は、トイレタンクから壁に伸びるパイプについていることが多いです。トイレの止水栓が見つけられない場合は、水道の元栓を閉めましょう。

元栓は水道メーターと一緒の場所に取り付けられていることが多いです。それでは、DIYでできるパッキン交換の方法をご紹介していきます。

交換に必要な工具

トイレ水漏れの原因であるパッキンを交換するためには、道具を揃えなければなりません。パッキン交換に必要な道具は以下のようなものがあります。

  • マイナスドライバー:止水栓を開け閉めするため
  • モンキーレンチ:ナットを外すため
  • ウォーターポンプフライヤー:モンキーレンチで外せないときに使う
  • 雑巾やバケツ:水が床に垂れないように

どの道具もホームセンターなどで購入することができます。パッキン交換の前に用意しておきましょう。また、パッキン本体は、メーカーの製品を取り扱っているデパートやスーパー、ホームセンターなどで購入することができます。また、通販サイトでも購入することが可能です。

止水栓パッキンの交換手順

止水栓のパッキンの交換手順について解説していきます。トイレ水漏れ修理をおこなう際は、必ず止水栓を閉めておきましょう。手順は以下のとおりです。

  1. 水が床に垂れないようにバケツや雑巾を設置
  2. ナットを外す
  3. ナットを外したときみえるパッキンを交換
  4. コマスピンドルを取り出して、パッキンを交換する
  5. 水栓ケレップをまるごと新しいものに交換
  6. もとに戻す

パッキンを交換したあとは、止水栓を開けてタンクに水をため、レバーを引いてみて水漏れが起きていないか確認してみましょう。

給水管パッキンの交換手順

給水管のパッキン交換の手順は以下のとおりです。

  1. 水が床に垂れないようにバケツや雑巾を設置
  2. 止水栓が閉まっているか確認し、レバーを引いてタンク内の水を空にする
  3. ナットを外す
  4. パッキンを交換する
  5. もとに戻す

もとの状態に戻すときは、外した手順と反対の順番で取り付けていきます。修理が終わったら、ナットがきちんと閉まっていることを確認して止水栓を開けて水漏れがないか確認をしましょう。

温水洗浄便座のパッキン交換手順

温水洗浄便座は、給水管から水を供給するために分岐栓が設置されています。温水洗浄便座からの水漏れは、給水側と分岐栓側にあるパッキンを交換しましょう。温水洗浄便座のパッキン交換の手順は以下のとおりです。

  1. 水が床に垂れないようにバケツや雑巾を設置
  2. 止水栓が閉まっているか確認し、レバーを引いてタンク内の水を空にする
  3. 給水管側と分岐栓側のナットを外す
  4. パッキンを交換
  5. もとに戻す

トイレのパッキン交換が難しい、うまくできないという方は、無理に交換をせず業者に依頼をしましょう。また、パッキン交換は適したパッキンに交換しなければなりません。

パッキンの購入間違えや交換の失敗が不安なら、弊社へご相談ください。弊社では、トイレ水漏れの修理をおこなっている業者をご紹介しております。業者に任せれば、パッキンのつけ間違えをすることなく正しい手順で交換をしてくれます。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの水漏れ|パッキン交換以外のDIY修理は難しい

トイレ水漏れの原因がパッキン以外だと、自分で修理するのが難しくなります。そのため、業者に依頼をしましょう。業者に依頼したほうがよい水漏れ修理や、自分で修理できるかできないかの判断基準について解説していきます。

業者に依頼したほうがよい修理

業者に依頼したほうがよい修理

業者に依頼したほうがよいトイレの水漏れ修理は以下のようなものが挙げられます。

・タンクが原因の水漏れ
パッキンの劣化が原因でない場合は、タンク内のボールタップや浮玉、オーバーフロー管、アームなどの部品が故障している場合が多いです。これらの部品が故障している場合は、トイレにあった部品を揃え、交換する必要があります。

トイレの専門部品はさまざまなものがあり、自分のトイレにあった部品を入手するのは難しいです。また、部品を入手したとしても交換する技術がなければ、DIYで交換することが難しいでしょう。

・ウォシュレットが原因の水漏れ
ウォシュレット部分の水漏れが、温水タンクの劣化が原因で起きている場合はウォシュレットをまるごと交換する必要があります。温水タンクは便器に設置されている、ウォシュレットボタンを押すと出てくるお湯を貯めておくタンクのことです。

温水タンクが原因で水漏れが起きている場合、修理は業者に依頼することをメーカー側が推奨しています。ウォシュレットの修理は部品を手に入れることが困難であり、専門的な知識や技術が必要なため、自力で交換するのは難しいです。

このほかにも、トイレ水漏れの修理を自力でやるのは難しそうと感じたら、業者に依頼することをおすすめします。無理に自力で修理をしてしまうと、水漏れを悪化させることになるからです。水漏れを発見したら、早めに業者へ相談をしましょう。

自分で修理できる・できないかの判断基準

トイレ水漏れ修理を業者に依頼するか、自分でやるか迷われている方のために、トイレ水漏れを自分でできる・できないかの判断基準を紹介します。トイレ水漏れを自分で直せるかどうかの判断基準は、以下のとおりです。

  • リモコン式、自動洗浄式、フラッシュバルブ式でないトイレ
  • 水漏れ原因が特定できている
  • 部品やパーツを用意できる

リモコン式、自動洗浄式、フラッシュバルブ式のトイレを修理しようと思ったら、専門知識が必要になります。そのため、このタイプのトイレは業者に依頼をしましょう。

また、水漏れ原因が特定できていない場合や、部品やパーツを自力で用意できない場合は、修理することができません。きちんと水漏れ原因とそれに対する修理の方法がわかっている、部品・パーツを用意できる状態で修理をしましょう。

もし、トイレ水漏れを業者に依頼することをお考えなら、弊社へご相談ください。弊社では、お客様とのご相談のうえ、要望にあった水漏れ修理業者をご紹介しております。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較