水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> トイレのレバーが壊れた!?トイレレバーが水漏れする原因と修理方法

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレのレバーが壊れた!?トイレレバーが水漏れする原因と修理方法

トイレのレバーが空回りしたり、レバーから水が漏れていたりする場合の水漏れは、原因を突き止めることが大切です。このようなトイレレバーにまつわる水漏れは、トイレレバー本体に原因がすべてあるとは限らないからです。

まずは原因を知ってトイレレバーの水漏れを解決しましょう。この記事では、トイレレバーの水漏れ原因の調べ方や対処法をご紹介いたします。ぜひ、この記事を参考にして、水漏れの原因を突き止め、原因にあった対処法で水漏れを解決しましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレレバーの水漏れ原因の調べ方

水漏れを解決するためには、まず原因を特定することが大切です。そのため、ここからはトイレレバーの水漏れ原因の調べ方をご紹介していきます。トイレレバーの水漏れ原因は、レバーを引くことで動作する一連の仕組みのどこかに異常があることが多いです。そのため、トイレレバーの仕組みについて、はじめに解説していきます。

トイレレバーの仕組み

トイレレバーの仕組み

トイレレバーの仕組みはレバーを引くことでクサリが引っ張られ、タンク底のフロートバブルが一緒に持ち上がり、水が流れるようになっています。水が流れたあとは再びフロートバルブが排水弁のフタをするため、タンク内に水が溜まるようになるのです。

トイレレバーからの水漏れは、レバーを回すことで作動する、レバーから排水弁までの部品に異常があることで起きます。そのため、トイレレバーから水漏れしている場合はタンク内を確認してみましょう。

手順1.止水栓を閉める

トイレレバーの水漏れ原因を調べる前に、まずは止水栓を閉めましょう。水漏れしている状態でそのまま放置しておくと、水道代が高くなるだけでなく、床が水浸しになってしまうなど二次被害を引き起こすことがあるからです。

ほとんどの家庭では、トイレの止水栓はトイレ横の給水管に取り付けられています。マイナスドライバーで時計回りに回すと閉めることが可能です。

もし、トイレの止水栓が見当たらない場合は、家全体の元栓を閉めるとよいでしょう。元栓は一般的に、水道メーターのとなりに設けられています。時計回りに回すと閉めることが可能です。

手順2.タンクのフタを外す

止水栓を閉めることができたら、トイレのフタを外して原因を調べていきましょう。タンクのフタには手洗い管と呼ばれている水栓が取り付けられている場合があります。

手洗い管付きのフタは、タンクとホースでつながっているため取り外す必要があります。ホースは、フタとホースを繋ぐ付け根の部分に固定されたナットを外すことで完全に取り外すことが可能です。

フタを落とさないように注意しながらナットを外しましょう。このときに、ホースに亀裂が入っていないか、破けていないかをも確認しておいてください。ホースからレバーを伝って水漏れをしている可能性もあります。

フタが固定されていないときは、そのまま真上にゆっくり持ち上げて外しましょう。

手順3.タンク内の水位を確認

フタを取り外したら、タンク内の水位を確認してください。タンク内の水位によって、原因をある程度特定することができます。

まずは、タンク内の水位が標準か確認をしましょう。「WL」もしくは「黒い線」が書かれたオーバーフロー管と呼ばれる管がタンク内にあります。この「WL」もしくは「黒い線」が書かれた位置が標準水位になります。

標準水位よりも上に水があるか下に水があるかで、原因を特定していきましょう。上に水位がある場合は、ボールタップの異常が原因で水漏れを起している可能性が高いです。

反対に標準水位より下に水がある場合は、一度トイレのレバーを引いてみてください。レバーを回すときちんと元の位置に戻る場合は、フロートバルブまたはクサリに異常があるかもしれません。レバーを回したまま元に戻らない場合は、レバー本体の故障の可能性が高いです。

水漏れの原因を調べてみても、個人では特定できないことがあります。原因を特定できないと、水漏れ修理をすることができません。

水漏れしている原因がはっきりとわからない場合は、弊社へご相談ください。弊社では、水漏れ修理の業者をご紹介しております。急な水漏れにも対応できるよう、年中無休で相談を受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

原因別!トイレレバーの水漏れの対処法

トイレレバーの水漏れ原因は「ボールタップの異常」「フロートバルブの異常」「クサリの異常」「レバー本体の故障」のいずれかです。それぞれの原因に対する対処法を、以下でご紹介していきます。

【原因1】ボールタップの異常

【原因1】ボールタップの異常

ボールタップは浮球が上下に動くことで、水の出し止めをおこなっています。タンク内の水位が高く、浮球が沈んだままになっていると、水が流れ続けている状態になります。これは、ボールタップの内にあるピストンバルブにゴミや汚れが詰まっていることに原因があるかもしれません。

ボールタップに異常がある場合は、まずピストンバルブに詰まった汚れやゴミをキレイにしましょう。掃除をしても、効果がないならボールタップを交換してください。

交換は止水栓が閉まっている状態でおこないます。また、レバーを引いて水が止まっていることを確認してください。

ボールタップを止めているナットを外して、新しいボールタップに取り付ければ交換をすることができます。新しいボールタップを取り付けるときは、斜めにならないようにしてください。

ボールタップを交換することができたら、止水栓を開いてタンク内に水をためましょう。レバーを回しても、水漏れをしていなければ、交換は終わりです。

【原因2】フロートバルブの異常

フロートバルブは、便器に送り込む水の量を調節している部品です。フロートバルブに異常があると、水が流れっぱなしの状態になります。

まずは、フロートバルブが排水弁のフタをきちんとしているか確認をしましょう。フロートバルブがずれていると、水が流れないようにするフタがされていない状態になります。フロートバルブが外れているなら、はめておきましょう。

また、フロートバルブが外れていない場合は、劣化が原因で故障している可能性があります。その場合は、フロートバルブを交換しましょう。

まずは止水栓を閉めます。止水栓を止めたら、レバーを引いてタンク内の水を抜きましょう。次に、クサリを外してからフロートバルブを外します。新しいフロートバルブを取り付けてから、クサリの長さを調節して取り付けてください。

タンクのフタを取り付けて、止水栓を開けます。レバーを回しても、水漏れしていなければ、修理は完了です。

【原因3】クサリの異常

レバーを回しても異常がない場合は、レバーとフロートバルブを繋ぐクサリに問題がある場合があります。このとき「クサリの長さが適切か」「クサリが絡まっていないか」を確認しましょう。

クサリの長さが適切でないと、フロートバルブが上がったままの状態となり、水が流れっぱなしになります。クサリの長さは、レバーが下りた状態でも余裕を待たせておくとよいでしょう。

しかし、クサリが長すぎて絡まってしまうと、フロートバルブが上がったままの状態になります。絡まっている場合は、ほどいてあげましょう。また、節水対策等でペットボトルなどをタンク内に入れていると、クサリがひっかかりやすくなるためご注意ください。

【原因4】レバー本体の故障

レバーを回してみても元に戻らない場合は、レバー本体が壊れている可能性が高いです。レバーが回っているままだと水が永遠に流れ続けている状態になります。

手で元に戻せば水は止まりますが、手動で適切な量の水だけを流すのは難しいです。そのため、レバーを交換しましょう。

レバーを交換するときは、止水栓を閉めてタンクの水を抜きます。タンク内のレバー先についているクサリを外してから、レバーを固定しているナットを外しましょう。ナットを外すと、レバーを引き抜くことができます。

レバーを引き抜いたら、新しいレバーを取り付けます。パッキンをはめ込み、ナットで締めたらクサリを取り付けましょう。止水栓を開けて、レバーを引いても水漏れしなければ交換は終わりです。

トイレレバーの水漏れ原因がわかっていたとしても、素人には修理が難しい場合があります。自分では無理そうと少しでも思ったら、安易に修理をしないで業者に依頼をしましょう。

水漏れ修理をしてくれる業者をお探しなら、弊社へご相談ください、弊社では、全国各地を対象に、水漏れ修理業者をご紹介しております。まずは、お気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

自分で修理できない!そんなときは業者へ

水漏れ修理は個人でおこなうと、ほかの部品を壊してしまったり、水漏れの状況を悪化させてしまったりすることがあります。自分でトイレレバーの水漏れ修理をするのに不安がある方は、業者に任せましょう。ここからは、水漏れ修理を業者に依頼するメリットや水漏れ業者の選び方、修理にかかる費用について解説していきます。

水漏れ業者に依頼するメリット

水漏れ業者に依頼するメリット

パッキンの交換や部品の交換など、水漏れ修理は自分でおこなうことができます。しかし、状況によっては修理の方法が異なり、思わぬ事態が起きることもありますので、業者に依頼するのが安全です。業者に水漏れ修理を依頼メリットは、以下のようなことがあります。

  • 水道の専門知識をもった人がおこなうので安全で確実
  • 修理中の思わぬトラブルにも対応できる
  • 作業が短時間で済む
  • 交換部品の買い間違えや付け間違えを防げる
  • 修理道具をそろえる必要がない

業者に水漏れ修理を依頼すると費用がかかります。しかし、毎日使う水回りを確実に使えるようにするためには、業者の力を借りるのがよいでしょう。

水漏れ業者の選び方

水漏れ修理の業者はたくさんありますが、その中からよりよい業者を探すのは難しいです。そのため、信頼できる水漏れ修理業者がどうか見極めるポイントを知っておきましょう。水漏れ業者の選び方は以下のとおりです。

  • 修理内容に対して料金が見合っているか
  • 実績があるか
  • 修理後のアフターフォローがあるか
  • 態度がよく事前に作業内容や料金を説明してくれるか
  • 水道局指定工事店であるか

事前に作業内容や料金の内訳を説明してくれる業者は信頼できるでしょう。また、水道局指定工事店は自治体に認められている業者になります。水道局指定工事でない業者が水道工事をするのは、水道法で禁止されていますので、非指定業者に工事を頼まないようにしましょう。

水漏れ修理にかかる費用

業者に水漏れ修理を依頼するときにかかる費用の内訳は以下のとおりです。

  • 基本料金:業者に依頼するときにかかる費用
  • 作業費、部品代:作業にかかる費用や交換する部品の費用
  • 出張費、見積り費:業者によってはかからない場合がある

おもに「基本料金+作業費、部品代+出張費、見積り費」の総額が、水漏れ修理にかかる費用になります。業者によって料金設定が異なるので、実際にどれぐらい費用がかかるのか知りたい方は、見積りをとってみるとよいでしょう。

また、修理にかかる相場を知るためにも複数の業者から相見積りをとることをオススメします。もし、水漏れ業者をお探しで、複数の業者の中から選びたいという方は弊社へご相談ください。弊社では、水漏れ修理をおこなっている業者をご紹介しております。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較