水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> トイレの水漏れの修理代はいくら?気になる相場を原因別にご紹介!

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの水漏れの修理代はいくら?気になる相場を原因別にご紹介!

トイレの水漏れが発生したとき、自分で直すよりも水漏れ修理業者に依頼したほうが失敗するリスクも少なく直すことができます。しかし、業者に依頼するとなるとどれくらいの修理代がかかるのか不安に感じる方もいるでしょう。

トイレの水漏れの修理代を知るには、まず原因を特定しなくてはなりません。なぜなら、水漏れの原因によって修理代が異なるからです。そこでこの記事では、トイレの水漏れ原因とその修理代の相場について紹介します。

この記事を読んで、トイレの水漏れ原因や修理代の相場について把握したうえで業者依頼を検討してみましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの水漏れ|原因ごとの症状やおおよその修理代を確認しよう

業者にトイレの水漏れを修理してもらう場合、水漏れの原因によって修理代が変わってきます。この章では、原因別の修理代の相場について見ていきましょう。ただし、この修理代の相場はあくまで目安だということを頭に入れておいてください。

原因1:トイレの詰まり……修理代約10,000円~

原因1:トイレの詰まり……修理代約10,000円~

トイレにトイレットペーパーや排泄物などの異物が入り込んでしまった場合、便器内や排水管に詰まって水漏れが起こってしまうことがあります。業者にトイレの詰まり修理をお願いした場合、その詰まりの症状によって修理代が異なってくるのです。

トイレの詰まりが軽度である場合、排水パイプ掃除機や専用の器具などで詰まりを解消することができます。このような簡単な修理であれば、10,000~15,000円ほどで済ませることができるでしょう。詰まりがなかなか解消されず便器の取り外しを余儀なくされた場合の修理代の相場は、20,000~23,000円ほどと少し高くなってしまいます。

さらに頑固な詰まりでは水圧で詰まりを取り除く高圧洗浄機を使用するため、38,000~80,000円ほどと高額な修理代がかかってしまうでしょう。

原因2:配管の劣化……修理代約4,000円~

築年数が古い家だと、トイレにつながる配管や配管同士をつなげる部品が劣化して水漏れが起こってしまうことがあります。このような場合は、配管や接続している部品を交換して修理をおこなうことが多いです。

業者に配管をつなぐゴムパッキンなどの部品交換をお願いするとおよそ4,000円~、配管自体の交換をお願いするとおよそ5,000円~が相場となっています。しかし、配管に水漏れが起こっていると便器と床の間から水が漏れ出し、床を水浸しにしてしまうこともあるのです。

床への水漏れ被害が大きくなると、トイレの床を張り替える修理が必要になります。部分的な張り替えであれば20,000円ほど、全体的に交換が必要であれば30,000円ほどが相場になってくるでしょう。

原因3:タンク内……修理代約8,000円~

タンク内の部品に不具合があったり、タンクと便器、タンクと給水管をつなぐ部品が劣化していたりするとタンクから水漏れが起こってしまうことがあります。タンクへの給水が止まらず、フタの隙間から水があふれ出してくる場合、タンク内のボールタップや浮き球の故障が考えられるでしょう。

ボールタップとは、タンクの水を抜いたりためたりする栓を操作する道具のことです。また、浮き球とは、タンク内の水位を調節するための部品のことをいいます。これらに不具合が出た場合、部品交換や修理が必要になるでしょう。ボールタップや浮き球などの部品交換や修理をお願いした場合、修理代はおよそ8,000~11,000円となります。

また、タンクを取り外す作業が必要かどうかによっても修理代は大きく変わってくるようです。タンクの着脱なしでおこなうことができる修理であれば、8,000~12,000円ほどで納めることができるでしょう。

しかし、タンクと便器の間のゴムパッキンが劣化して水漏れが起こっている場合、タンクを取り外してゴムパッキンの交換をおこなわなくてはいけません。このようにタンクの着脱が必要な修理であれば、12,000~16,000円と修理代の相場が若干高くなる傾向にあります。

さらに、トイレのタンク自体にひび割れなどができて水漏れが起こっている場合、タンク本体を交換することになるでしょう。タンク自体の交換作業の費用相場は、およそ15,000~18,000円必要となります。

原因4:便器……修理代約8,000円~

便器内の水が止まらず、水漏れが起こっている場合、フロートバルブ本体の故障や鎖切れが考えられます。フロートバルブとはゴム製の部品で、タンク内の水を便器に流したり止めたりする栓のことです。このフロートバルブとボールタップがひとつの鎖でつながれることによって、便器への水の流れを調節しています。

しかし、この鎖が切れてしまったりフロートバルブのゴムが劣化して亀裂が入ってしまったりすれば、水漏れが起こってしまうことがあるのです。このような場合、フロートバルブや鎖の交換をおこなって修理することになります。その修理代の相場は、およそ8,000~11,000円となるでしょう。

また、便器本体にひび割れなどの破損個所が見られる場合、便器を交換することになる場合が多いかもしれません。便器の交換にかかる修理代の相場は、およそ25,000~50,000円になります。新しく便器を購入する費用も考えると、100,000~300,000円ほどが相場になってくるので非常に高額な費用がかかってくることが考えられるでしょう。

原因5:水洗浄便座……修理代約8,000円~

温水栓洗浄便座がついているタイプのトイレであれば、温水洗浄便座内のタンクや便座につながる給水管などから水漏れが起こることがあります。また、温水洗浄便座自体が故障している場合も、水漏れが発生してしまうことがあるでしょう。

温水洗浄便座の水漏れ原因の多くは、接続部分のゴムパッキンの劣化です。このゴムパッキンを新しいものに交換してあげれば、トイレの水漏れを解消することができるでしょう。ゴムパッキンの交換を業者に依頼した場合の修理代相場は、およそ8,000円~となっています。

また、水漏れの原因が温水洗浄便座の故障である場合、温水洗浄便座本体を交換することになるでしょう。どのようなものを購入するかによって費用は変わってきますが、修理代の相場はおよそ30,000円~となっています。

原因が分からないときは

いくら水漏れ箇所を探しても原因が分からない場合、大体の修理代の相場を知ることは難しくなります。また、素人には分からない場所で水漏れが起こっている場合も考えられるのです。このように原因が分からない場合は、原因自体をプロに突き止めてもらうしかありません。プロにお願いすれば、原因の究明から修理まで一貫しておこなってくれます。

業者に依頼すると修理をおこなう前に、必ず見積り書を出してくれるでしょう。見積り書を見れば、事前にトイレの水漏れの修理代を知ることができるのです。続いては、見積り書に関して説明していきます。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

正確な料金や適正金額の見極めは「実際の見積り書」を参考にするのが基本

先ほどは、トイレの水漏れ原因別に修理代の相場を紹介しましたが、あくまで目安の料金でしかありません。水漏れ修理はさまざまな要素で修理代が大きく変わってきます。そのため、正確な費用を知るには、実際に見積り書を出してもらうのがおすすめです。

見積り書を出してもらえば、かかる修理代が明確になるほかにも作業内容なども知ることができます。ここでは、見積り書について見ていきましょう。

・修理代はさまざまな要素によって上下する

・修理代はさまざまな要素によって上下する

水漏れの修理代の内訳は、業者が設定している基本料金、修理や交換などの作業料金、交換用の部材料金、出張費などで構成されています。その中でも修理代を上下させるのが、作業費と出張費です。

トイレの水漏れ場所や作業の難易度、被害状況によって修理代は大きく変わってきます。たとえば、配管に水漏れ原因がある場合、便器の取り外し工事や高圧洗浄機による清掃などが必要になってくるため、難易度も高く作業料金は高くなってしまうでしょう。

さらに水漏れがひどく床などに被害が及んでしまっている場合は、床の張り替え作業が必要となるので、費用は高くなってしまうのです。また出張費に関しては、業者からご自宅などの現場までの交通費を請求されます。そのため、自宅から遠い業者に依頼すればその分出張料が高くなってしまい、修理代が高くなってしまうでしょう。

・適正金額を見極める際は「相見積り」がおすすめ

トイレの水漏れの修理代が適正かどうか見極めるには、相見積りを取ることをおすすめします。相見積りとは、複数の業者に同じ条件で見積りを依頼して比較することです。業者によって料金設定なども異なるため、きっと提示される料金は異なってくるでしょう。

しかし複数の業者に同じ条件で依頼して見比べることで、どのくらいの修理代が適正なのか大体判断することができます。料金だけでなく修理の作業内容やサービス内容も見比べることができるため、要望にあった業者を選ぶことができるでしょう。適正な修理代を知るためにも、相見積りをしてみるのがおすすめです。

弊社では、無料で見積りをおこなっているのでお客様のご負担なく料金をご提示させていただくことができます。また、見積り後のキャンセルも可能ですので、気軽にご依頼ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

自分でも修理可能な「簡単な水漏れ」も存在する

トイレの水漏れには、業者に依頼しなくても自分で直すことができる簡単なものもあります。自分で直すことができれば、修理代を抑えることもできるでしょう。ここでは、自分で直すことができる水漏れについて紹介していきます。

配管や便器の結露

配管や便器の結露

冬などの寒い季節は、部屋の温度とトイレ内の温度の違いなどで便器や給水管などに結露が起こってしまうことがあります。結露によってできた水滴が床にポタポタと落ちることで、水漏れが起こっていると勘違いしてしまうかもしれません。

配管や便器が結露している場合は、乾いた雑巾などでしっかり水滴を拭き取ってください。そのまま放置していると黒いカビ汚れが発生してしまい、見た目も汚くなってしまうでしょう。

ゴムパッキンの劣化

給水管とタンクなどの接続部分には、隙間ができないようにゴムパッキンが取り付けられています。このゴムパッキンが劣化すると硬くなってしまい、ひび割れなどを起こして水漏れしてしまうことがあるのです。

このようなゴムパッキンの劣化による水漏れは、ゴムパッキン自体を交換すればよいだけなので自分でおこなうことができます。ゴムパッキンの交換作業をする際は、必ず止水栓を閉めてからおこないましょう。交換作業に慣れておらず自分で交換するのが不安という方は、業者に依頼して交換してもらうほうが安全です。

ナットのゆるみ

ゴムパッキンとおなじく給水管とタンクや配管同士の接続部分は、ナットが取り付けられています。このナットがゆるんでいると、部品同士の隙間から水漏れが起きてしまうことがあるのです。

ナットのゆるみによる水漏れは、ナットを締め直すことで簡単に解決することができます。スパナなどの工具を用意して、ナットを締め直してみてください。また、ほかの部分のナットにもゆるみがないか確認しておくと予防につながるはずです。

自分で修理をしても一向に水漏れが収まらない場合は、業者に見てもらうことをおすすめします。水漏れは時間が経てば経つほど、被害も大きくなってしまうため、早めの依頼が大切です。弊社では24時間365日電話受付しておりますので、早朝や深夜など時間を問わずご連絡ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較