水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> トイレの配管から水漏れが!原因に合った修理や交換をしてみよう

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの配管から水漏れが!原因に合った修理や交換をしてみよう

トイレの配管から水漏れが起きているのを発見したら、まずはその水漏れの原因を特定しましょう。なぜならトイレの水漏れは原因が複数考えられ、対処法もそれに応じて変わってくるからです。また、原因が特定できたときの対処にも、自分で解決できるタイプと業者へ依頼すべきタイプが存在します。

そこでこのコラムでは、症状から原因の特定をする方法と水漏れに対する対処法、業者の選び方について見ていきましょう。また、水漏れが解決したあとの予防方法も紹介するので、再び水漏れを起こさないためにも参考にしてみてはいかがでしょうか。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの配管からの水漏れは症状別で対処をしよう!

トイレの配管から水漏れが起きたら、その症状を確認しましょう。症状を正確に捉えることができれば、その後の対処法を一気に絞ることができます。以下でいくつかの症状を提示するので、当てはまるものを探してみてください。

1.配管の接続部分から水漏れが発生している場合

1.配管の接続部分から水漏れが発生している場合

配管の接続部分から水漏れが発生しているのであれば、接続部分の部品が不具合を起こしているおそれがあります。接続部品の不具合には「ナットの緩み」「パッキンの劣化」の2つが考えられるため、まずはナットをモンキーレンチ(部品の大きさに応じて先端を調節できる締め付け工具)で締めなおしてください。それで改善されなければ、以下の手順でパッキンの交換をおこないます。

  1. 止水栓を閉めて水の供給を断つ
  2. レバーを回してタンク内の水を流す
  3. 配管の接続部にあるナットを取り外して分解する
  4. 新しいパッキンに交換する
  5. ナットを再度締めなおして固定する
  6. 止水栓を緩める

止水栓はトイレタンク付近の壁や床あたりに設置されていることが多いです。作業は安全のためにも、必ず止水栓を閉めてからおこなうようにしましょう。

2.水漏れの形跡がないのにも関わらず濡れている場合

水漏れの形跡がないのであれば、周囲の水の原因は配管ではなく、気温差による結露である場合があります。

結露は湿度が高まる梅雨の時期や、室温と配管周りの温度差が大きくなる冬の時期に起きやすくなります。そのため、とくにこうした時期には配管に結露防止シートを貼るなどの結露対策を施すとよいでしょう。

3.配管に破損箇所が見られる場合

配管に明らかな破損個所が見られる場合には、接続部に至るまでの全配管を交換する必要があります。その作業を個人でやることは困難であるため、業者に依頼するようにしてください。しかし、業者が到着するまでの間にも絶えず水は漏れてくるでしょう。

そのため、止水栓を閉めて防水性の高いテープなどで破損個所をおおうことをおすすめします。また、トイレの配管の水漏れを業者に解決してもらうのであれば、悪徳業者やサービス内容が依頼にそぐわない業者を避ける必要があります。

どの業者がよいのか判断に迷ったら、一度弊社にご連絡ください。弊社にお任せいただければ、水に関するトラブルを解決できる業者を選んでご紹介することが可能です。場合によっては最短15分で駆けつけることができるので、お急ぎの現場にも対応することが可能です。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水漏れ修理業者を選ぶときのポイント3つ!

水漏れ修理を業者に依頼するのであれば、サービスが粗雑であったり、相場からかけ離れた料金を提示してきたりしないか見極める必要があります。また、そのうえでよりよい業者を選ぶことも重要でしょう。満足のいく依頼をするためにも、ここで紹介する業者選びのポイント3つを参考にしてみてください。

【ポイント1】料金設定

【ポイント1】料金設定

業者を選ぶうえで、最も重要なポイントだといっても過言ではないのが「料金設定」です。修理料金は、高すぎる場合は論外としても、ただ安ければよいというわけではありません。なぜなら、安い料金だと修理後に不具合を起こしたときにアフターフォローがついておらず、また料金がかかるなどのトラブルに巻き込まれるおそれがあるからです。

そこで有効的なのが、複数の業者から見積りをとる「相見積り」をおこなうことです。相見積りをおこなうことで、業者が提示するサービス内容と料金を把握して比較することができます。

【ポイント2】信頼性

業者の信頼性があらわれるのは、その実績です。実績からは、これまでその業者がどんな仕事をしてきたのかを知ることができます。そのため、候補となる業者のホームページやチラシなどの案内に書かれている実績は必ず確認するようにしましょう。

【ポイント3】対応エリアの広さ

当然ながら、候補となる業者の対応エリア内でなければ依頼をすることはできません。そのため、大前提として対応エリアにご自宅などの現場が含まれていることを確認しましょう。

また、対応エリアが広いということは多くの依頼を一手に引き受けることができることを意味しています。つまり業者の依頼対応がしっかり体系化されていて、安定したサービスを提供できる可能性が高いといえるでしょう。

弊社にご相談いただければ、複数の業者から相見積りをとることが可能です。また、現地で見積りをとってから依頼を検討することができるので、納得して修理を任せることができるでしょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水道が水漏れするリスクを減らそう!

トイレの配管の水漏れが解決したあとには予防を施すことをおすすめします。水漏れの原因に部品の劣化が含まれていることから、水漏れは永遠に防げるものではありません。しかし、予防をすることで水漏れ発生のリスクを大幅に減らすことはできます。

換気・清掃

換気・清掃

定期的にトイレ内の換気と清掃をすることは、トイレを清潔に保つだけでなく水漏れの予防にもなります。なぜなら汚れの定着や湿気の排出をすることで、配管がサビたりパッキンが劣化したりするのを防ぐことができるからです。

錆び止め塗料を使う

配管が破損する大きな原因が「サビ」です。そのため、あらかじめサビ止め塗料を塗っておくことは有効な予防になるといえます。ただし、吸い込むと身体に有害な塗料もあるため、取扱説明書を確認したうえで塗布の際には換気するなどの対策をしてください。

パイプクリーニング

パイプクリーニングは、配管に高圧の水を流すことで内部の汚れを除去する方法です。この予防法は非常に効果が高いものの、個人でおこなうことは困難だといえます。そのため予防に力を入れたいという方は、定期的に業者にパイプクリーニングを依頼してみてはいかがでしょうか。

こうした予防法は、配管の破損や劣化の防止に大きな効果をもたらします。しかし、どれだけ気をつけていても水漏れは発生してしまうものです。そのため、もし手に負えない水漏れが発生したら弊社へご連絡ください。丁寧かつスピーディーに水漏れを解決させていただきます。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較