水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> トイレのタンク下から水漏れ原因!パッキン交換で便器を修理する方法

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレのタンク下から水漏れ原因!パッキン交換で便器を修理する方法

トイレのタンク下から水漏れしていると、床まで濡らしてしまい困っている方も多いかもしれません。タンク下から水漏れが起きている場合は、再度水を流してみてどこに原因があるのか確認してみましょう。タンク下からの水漏れにはさまざまな原因がありますが、ほとんどの場合がパッキンの劣化であることが多いようです。

パッキンの劣化が原因であれば、新しいものに交換するだけで水漏れを修理することができます。この記事では、ゴムパッキンの交換方法を見ていきましょう。また、水漏れの原因がほかにある場合も考えられるので、この記事を参考にして適切な対処法を取ってください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水道から水を流すときだけ漏れているなら原因はパッキンの可能性が高い

トイレの水を流すときだけポタポタとタンク下から水が漏れてくる場合、タンクと便器の間にあるパッキンが原因である可能性が高いでしょう。タンクと便器の間には水が流れるため、隙間ができないようにゴム製のパッキンが備え付けられています。

このパッキンは、隙間からの水漏れを防ぐほかにも重いタンクを支える役割も担っているのです。しかし、日頃からタンクを支えているパッキンは劣化するのも早く、柔軟性がなくなり硬くなってしまいひび割れなどを起こしてしまいます。

そうすると、パッキンにできた隙間から水が漏れ出し、トイレのタンク下から水漏れが起こるようになってしまうでしょう。家のトイレがパッキンを使ったタイプのものであれば、1度パッキンの劣化を疑ってみてもよいかもしれません。

このような場合は、タンク下のパッキンを新しいものに交換することで解決することができます。水を流すときだけでなく、日常的にタンク下からポタポタと水が漏れてくる場合はほかの原因が考えられます。

ディストリビュータータイプの便器はパッキンが使われていない!

ディストリビュータータイプの便器はパッキンが使われていない!

トイレには、タンクと便器の間にパッキンがついているものと、パッキンがないものがあります。パッキンがついているタイプのトイレであれば、パッキンの交換をすれば大体の水漏れを解消することができるでしょう。しかし、パッキンがついていないタイプのトイレは、対処法が異なります。

パッキンがついていないタイプのトイレのタンクと便器の間には、便器にホースがついていて、ホースの中央にタンクを差し込む形になっています。このようなトイレを、ディストリビュータータイプといいます。ディストリビュータータイプはタンクを取り外すとパッキンではなく、黒いホースが見えるはずです。

ディストリビュータータイプは、タンクが上手くホースにはまっていなかったり、ホース自体に穴や亀裂が生じていたりする場合にタンクの下から水漏れが起こります。タンクをきちんとはめ直すかホースを新しいものに交換することで解決できるでしょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

パッキンを交換しよう!まずは止水栓を閉めることから

パッキンがついているタイプのトイレのタンク下が水漏れしている場合、パッキンの交換をおこなえば修理することができます。パッキンの交換をおこなう前は、必ず止水栓を閉めてから作業をおこないましょう。

止水栓を開けた状態で交換をおこなうと、作業中にほかの部分から水漏れしてしまったりタンク下の水漏れがひどくなったりしてさらなる被害を生むおそれがあります。トイレの止水栓は、壁や床からつながるパイプの途中にあるのでマイナスドライバーで右に回しましょう。

回らなくなるまで回せば、水が止まってくれるはずです。止水栓には蛇口タイプのものもありますが、同じように回して水を止めましょう。

フタを開けレバーを引いて水を流す

フタを開けレバーを引いて水を流す

止水栓を閉めたら、トイレのタンクのフタを開けてください。タンクのフタには、手洗い場がついているタイプのものとフタだけのものがあります。手洗い場がついているタイプは、蛇口と給水ホースの接続部分の部品を外さなくては、フタも外すこともできません。

ナットやスパナなどを使って部品を緩めて分解しましょう。フタだけのものであればそのまま持ち上げるだけで取り外すことが可能です。フタもタンクと同様に陶器でできているため、落とさないように慎重に扱いましょう。

次に、トイレのレバーを引きタンク内の水をすべて流します。はじめに止水栓を止めたので、再びタンクに水がたまることはないはずです。タンクを空にしたら次の作業に移ります。

給水管やボルトを外してタンクを取る

次は、タンクの取り外し作業をおこないます。タンクを取り外すときにタンク内に残った水や給水管内の水が漏れて床を濡らしてしまうことがあるため、タオルや雑巾を敷いてからおこなうのがおすすめです。

まず、トイレのタンクと給水管をつないでいる部品を専用の工具で緩めていきます。手で回せるほどまで緩んだら、つまんで取り外してください。次にタンク内にあるボールタップを取り外します。ボールタップとは、タンク内にある栓を開け閉めするための部品です。ボールタップは給水管とつながっているため、接続部分のナットを取り外しましょう。

さらにタンクと便器を接続しているボルトを取り外します。このボルトは、タンクの裏側についていることが多いようです。ボルトがあれば、工具を使って緩めていきましょう。タンクの裏側にボルトがない場合は、見えない部分にとめ具がついている可能性があります。どうしても見つけられない場合は、業者依頼がおすすめです。

ボルトを取り外したら、タンクを上に持ち上げ外していきます。タンクもフタと同じく陶器でできているので、落とさないように気をつけてください。タンク自体も重いので、2人で持つなど落とさないように慎重に取り外してください。

ゴムパッキンの交換

タンクを横にしてみると、外側の底にパッキンがついているのがわかります。このパッキンを新しいものに交換すれば、水漏れは直るはずです。古いゴムパッキンを取り外したあとは、汚れなどを拭き取り新しいパッキンを取り付けてください。

逆の手順でタンクを取り付ける

パッキンの交換が終わったら、先ほどとは逆の順でタンクを取り付けていきます。タンクをもとの位置に戻し、タンク下のボルトを締め、ボールタップと給水管のナットを取り付け、フタを閉めるといった流れです。

タンクを取り付ける際はズレがないように注意しましょう。また、給水管などのナットは締めすぎないように適度な強さで取り付けるのがコツです。タンクを元通りに戻したら、止水栓を開け、レバーを引いて再びタンク内に水をためてください。

タンク内の水位に問題がないか、タンク下から水漏れがないかを確認してから、数回水を流してみましょう。水漏れもなく問題なく使用できる状態であれば、交換完了となります。もしまだタンク下の水漏れが直らない場合、ゴムパッキン以外の原因で水漏れしているかもしれません。

原因がわからない場合は無理に自分で直そうとするのではなく、業者に依頼して修理してもらいましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水漏れの原因がわからないとき・自分での部分交換が不安なときは業者に頼ろう

トイレのタンク下の水漏れ原因がパッキンでない場合は、トイレのほかの部分から水漏れしているおそれがあります。しかし、どこから水漏れしているのか特定するのは、なかなか難しいものです。

水漏れの原因がわからないのにやみくもに対処しようとすれば、さらに水漏れを悪化させてしまったり、トイレを故障させたりといった二次被害を招くことになるでしょう。そのため、原因がわからないままの作業はおすすめできません。

また、タンクの取り外し作業はタンクが思っている以上に重く、取り外している最中に落として割れてしまうこともあるでしょう。このように原因がわからない、重労働に自信がないという方はプロにまかせるのが安心です。

水漏れ修理のプロであれば、丁寧に調査して水漏れ原因を見つけ、適切な対処をおこなってくれます。そこでこの章では、業者依頼するときに気になる費用について見ていきましょう。費用相場も含めて、業者依頼を検討してみてください。

業者の費用相場

業者の費用相場

業者にトイレの水漏れ修理を依頼した場合、作業費、材料費、出張代などを含めて5,000~30,000円と幅広い相場となっています。その中でも、トイレのタンク下の水漏れ修理の費用相場は、およそ10,000~15,000円です。

このように全体的な水漏れ修理の相場が幅広い金額になっているのは、トイレのどの部分から水漏れしているか、水漏れの被害状況などによって費用が大きく変わるからです。自宅のトイレの水漏れ修理がどれくらいかかるのかを知るためには、業者に見積りを依頼するとよいでしょう。

多くの業者は無料で見積りをおこなってくれるため、正式な依頼をする前にかかる費用や内訳を知ることができます。業者ごとに料金設定も異なるので、複数の業者に相見積りを取って、比較してみるのもよいかもしれません。相見積りを取ることで、ご自身の条件に合った業者を選ぶことができるでしょう。

業者をお探しの方は弊社まで

水漏れ修理の業者は多数あるため、なかなかどの業者を選んでよいか決めきれないという方もいるかもしれません。ご自身の条件に合う業者を探したい方は、ぜひ弊社にご連絡ください。

弊社にご依頼いただきご要望をお伝えいただければ、お客様のご希望にあった業者を紹介させていただきます。ご依頼後は、業者がご自宅に伺い無料で現地調査をさせていただいたうえで、見積りを出させていただく流れです。

見積りを見て検討していただいたうえでご契約となるので、修理後の追加料金の心配もございません。24時間365日電話対応いたしておりますので、急な水漏れの修理依頼でもお受けすることができます。トイレの水漏れでお困りの方は、ぜひご連絡ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較