水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> トイレで水漏れ?チョロチョロ漏れ原因はタンク内部に!修理する方法

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレで水漏れ?チョロチョロ漏れ原因はタンク内部に!修理する方法

トイレの水漏れは、チョロチョロという音がともなうことがあります。そのためトイレでチョロチョロと音がして水が出続けている場合、なぜ水漏れが起こっているのかを突き止める必要があるでしょう。

しかし、トイレの水漏れはその原因が多岐にわたるため、ただ観察するだけでは原因がわかりません。そこでこのコラムでは、水漏れの原因を突き止める方法とその後の対処法について解説します。簡単に原因を突き止められるような構成になっているので、トイレの水漏れでお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの水漏れサイン?チョロチョロ漏れの原因とは

トイレから水漏れによりチョロチョロと水が出続けている場合、放置していると水道代がかさむだけでなく、水漏れの悪化にもつながってしまいます。そのため、水漏れの原因がどこにあるのか突き止め、早急に対処するようにしてください。

原因を突き止めるためには、まず止水栓を締めることをおすすめします。なぜなら、それによってタンクの給水パーツに原因があるのか、タンク内の排水パーツに原因があるのかを知ることができるからです。止水栓を締めることによって原因がどちらにあるか判明したら、それぞれの原因をさらに深堀りしてみましょう。

水がとまる:給水パーツに原因あり

水がとまる:給水パーツに原因あり

止水栓を締めてチョロチョロという音が止まったら、タンクの給水パーツに不具合があると判断できます。そしてこの場合は、そのほとんどが手を洗うための管付近に原因があります。そのため、手を洗うために設置された手洗い管の付属部品であるナットとパッキンを点検してください。

不具合の原因として、ナットであれば緩みが、パッキンであれば劣化が考えられます。そのため、まずナットをモンキーレンチで締めなおしてください。そのうえで改善が見られない場合には、パッキンの交換を検討しましょう。パッキンにはさまざまな種類が存在するため、現在のパッキンと異なるタイプのものを購入してしまわないように気をつけてください。

水がとまらない:排水パーツに原因あり

止水栓を締めても水が止まらない場合には、排水パーツに原因がある可能性が高いです。排水パーツの不具合は、給水パーツの場合とは違ってその原因と対処法が多岐にわたります。原因になり得るパーツをひとつずつ確認していきましょう。

  • タンク内の水は多すぎないか
  • ボールタップに不具合はないか
  • 鎖、フロートバルブに不具合はないか
  • レバーに不具合はないか

止水栓を締めても水が止まらない場合、上記のいずれかに当てはまると考えられます。そのため、次の章で詳しく紹介する原因の突き止め方と原因別の対処法を参考に不具合を解消していきましょう。ただし、原因を突き止めることが困難であったり修理を自分でおこなうのが億劫だったりという場合には、修理を業者に依頼することをおすすめします。

もし業者選びでお困りになったら、弊社にご相談ください。弊社は水に関するトラブルを解決することのできる業者を紹介するサービスを全国で展開しているため、複数の業者の中から依頼者にあった業者を見つけることができるでしょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

止水栓を締めても水が止まらない!症状別対処法

止水栓を締めても水が止まらない場合は、前章で紹介した部分に原因がある可能性が高いでしょう。原因を突き止めるためには、まずタンク内の水位を確認します。標準水位はオーバーフロー管の先端から2~3cm下です。これより水位が高い場合は浮き球を持ち上げてみてください。持ち上げて水が止まるならば、タンク内の水の量が多いことが原因です。

止まらない場合は、ボールタップの不具合が原因であると考えられます。逆に水位が低いときはレバーを回してみてください。レバーが元の位置に戻るならば鎖やフロートバブルの不具合、戻らない場合はレバーの不具合が考えられるでしょう。

この一連の動作により、トイレの水漏れとチョロチョロという音の原因がどの部分にあるのか突き止めることができたのではないでしょうか。それではそれぞれの症状別に対処法をご紹介しますので、ご自身の状況に合わせてご確認ください。

症状1.タンクの水が多すぎる

症状1.タンクの水が多すぎる

タンクの水が多すぎるのであれば、水を抜く作業をおこないましょう。ただし、水位の調節の仕方は水位調節リングの有無や浮き球の形状によって異なります。自宅で使用しているトイレの取扱説明書を参考に作業を進めれば確実です。調整が完了したら止水栓を緩めて水位が正常かどうかを確認しましょう。

症状2.ボールタップが劣化している

ボールタップが劣化している場合は、ボールタップを交換することで原因を取り除くことができます。ボールタップの交換は比較的簡単であり、以下の手順で作業を進めることができます。

  1. 給水管とボールタップの接続部分を見つける
  2. 接続部分のナットを取り外す
  3. 新品のボールタップをナットで固定する
  4. ボールタップで水位を調節する
  5. 止水栓を緩める

手順の4番目にある水位の調節は、ボールタップによってやり方が異なります。そのため、購入した商品の取扱説明書を確認して作業をおこなってください。

症状3.鎖・フロートバルブが劣化している

フロートバルブと鎖はセットになっているため、どちらかが劣化していれば両方取り換えなければなりません。また、フロートバルブは水をタンク内でせき止める役目を担っています。そのため、交換前にレバーを回すなどして水を抜いておきましょう。

  1. フロートバルブを外す
  2. 新しいフロートバルブの鎖の長さが同一になるように調整して接続部品を付ける
  3. 新しいフロートバルブを取り付ける
  4. 水位をもとに戻す

症状4.レバーが故障している

レバーが故障している場合にも、フロートバルブの交換と同様に水を抜いてから交換作業に入ります。また、レバーはタンクの品番を確認したうえで購入するようにしましょう。

  1. タンク内のレバーにつながる鎖を外す
  2. レバーを固定するナットを取り外す
  3. 既存のレバーを取り外す
  4. 新しいレバーをタンクに固定する

一般的なトイレであれば、上記の方法でレバーの交換をおこなうことができるでしょう。ただし、古いトイレや特殊なトイレは内部の構造が異なる可能性があるため、あらかじめ取扱説明書やメーカーのホームページを確認することをおすすめします。

トイレの水漏れでチョロチョロと音がする場合、ここまで紹介した方法で対処することによって解決できる可能性が高いです。しかし、当然ながら原因となる不具合の症状はすべて同じではありません。不具合の深刻さや原因の突き止めができる難易度はそれぞれ違うのです。

そのため、トイレの修理作業を自分でおこなうことに不安のある方は、業者に調査を依頼することをおすすめします。そして弊社にご相談いただければ、無料で調査をおこなう業者をご紹介することが可能です。見積りは無料なので、納得したうえで修理を依頼することができるでしょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

タンクレストイレの水が止まらない!原因と対処法

タンクレストイレの水が止まらない!原因と対処法

近年では、タンクのないスタイリッシュな形状のタンクレストイレも広く普及しています。しかし、そのようなトイレでも水が止まらないというトラブルが起こることがあります。タンクレストイレであってもこれまで紹介してきたように、トイレの水漏れによりチョロチョロと水の音がしたら、水漏れを疑いましょう。

しかしタンクレストイレで水が止まらないというトラブルが起こっても、原因は全く異なります。タンクレストイレの場合、トイレの機能を制御している内部の電子基板の不具合である可能性が考えられるのです。

そのため、自分で作業することはおろか、通常の水道業者でも対応することが難しいかもしれません。もしタンクレストイレで今回紹介したようなトラブルが起こったら、メーカーのサポート窓口などに相談するようにしましょう。

弊社ではトイレのトラブルだけでなく、お風呂やキッチンなどの水に関するトラブル全般を対象とした業者の紹介をおこなっています。ご依頼の流れや料金などのより詳しい情報もホームページに掲載しているので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較