水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> トイレの水漏れ|ゴムフロートの交換方法とタンク部品修理の料金相場

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの水漏れ|ゴムフロートの交換方法とタンク部品修理の料金相場

トイレの便器内に水が流れたままのときは、まずトイレの止水栓を締めましょう。水の供給を止めないと、タンク内に給水管から水が入り続けて、いつまでも症状が継続してしまうからです。止水栓の場所がわからないときは、家全体の水の流れを止める元栓を締めましょう。元栓は水道メーターの近くにあります。

止水栓もしくは元栓を締めて、水の供給を止めることができれば、便器内への水の流れはいずれ終わります。タンク内の水がなくなってしまえば、もう流れることはないからです。便器で跳ねた水滴が床や壁を濡らしたときにすぐ拭けるよう、乾いた雑巾やタオルを持ってしばらく待ちましょう。水の流れが止まったら、原因の解明を始めます。

トイレの水漏れは『ゴムフロート』という部品に原因がある場合もあります。とくに、汚物を流すための水がトイレタンク内から便座内に流れたままのときは、ゴムフロートをチェックしたほうがよいでしょう。

ゴムフロートをチェックすることで問題を発見し、位置の調節や新品への交換といった適切な対処をこうじることで、水漏れを解決できるからです。ここでは、トイレの水漏れがゴムフロートの不具合によるものだった場合の、症状や適切な処置をご紹介いたします。自力でなんとかできる部分もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【トイレの水漏れ】ゴムフロートの状態をチェックしよう

ゴムフロートとは、トイレタンク内にある排水口に栓をする役割を担っている部品です。レバーと鎖でつながっており、レバーを動かすことで排水口から外れます。そして、タンク内の水が便座内に流れ出し、汚物をきれいに流してくれるのです。水がしばらく流れたあと、ゴムフロートは勝手に排水口をふさいでくれるため、便座内への水の流れが止まります。

しかし、ゴムフロートや鎖などの関連部品に不具合があると、このようにはいきません。ゴムフロートがしっかりと戻らないことで、いつまででも便座内に水が流れてしまうといった水漏れが起きてしまうのです。こうした水漏れが起きたときは、ゴムフロートの状態をチェックするために、まずトイレタンクのフタを開ける必要があります。

トイレタンクのフタは、手洗い器の有無によって開ける方法が異なります。手洗い器がついていないタンクの場合、フタは被さっているだけです。ゆっくりと、真上に持ち上げれば、簡単に開けることができます。しかし、手洗い器がついているタンクの場合は、ものによって構造が違うこともあるため、注意が必要です。

昨今のトイレは、手洗い器がついている場合でも、フタは真上に持ち上げるだけで外せるようになっています。しかしものによっては、蛇腹ホースやゴムホースで、フタとタンク内がつながっているのです。フタを慎重に持ち上げてみて、スムーズに外せなかった場合は、ホースを外す必要があります。

ホースはナットやバンドで固定されている場合が多いです。フタを後ろの壁にもたれさせて落ちないように片手で支えつつ、空いているほうの手でナットやバンドを緩めましょう。ホースを外せば、フタは外せます。

外したフタは、濡れたり汚れたりしないように雑巾やタオルを敷いてから、床に置きましょう。そして、タンク内部のゴムフロートをチェックします。ここでは、チェックする部分と対処法などをご紹介いたします。ぜひ試してみてください。

1.ゴムフロートや鎖に異物を巻き込んでいない?

1.ゴムフロートや鎖に異物を巻き込んでいない?

排水口にゴミが溜まっていると、ゴムフロートが正常に閉じなくなり、栓として機能しなくなります。また、レバーとゴムフロートをつなぐ鎖が、溜まっているゴミなどの異物を巻き込んでいる場合でも、ゴムフロートが排水口をふさげないことがあります。

主な対策法としては、ゴミなどの異物をキレイに取り除くことです。トイレの掃除をおこなうときには、タンク内も一緒に掃除するとよいでしょう。少し面倒に思ってしまう気持ちはわかりますが、定期的な掃除が水漏れ防止には効果的なのです。

また、異物に鎖が複雑に絡んでしまって、異物だけを取り除くことが難しいようなときは、鎖の交換をしなければなりません。鎖の調整や交換については記事の後半、【トイレの水漏れ】ゴムフロートを調整・交換する方法で詳しく解説しますので、ぜひご一読ください。

2.ゴムフロートの鎖の長さは正常?

なにかしらの原因によって鎖自体が絡んでしまっていて、全体の長さが短くなっていると、ゴムフロートは排水口にはまらず、しっかりと閉じません。こうした鎖の不具合を発見したときは、鎖の長さ調整または鎖の交換が必要です。

鎖の調整・交換については記事の後半、【トイレの水漏れ】ゴムフロートを調整・交換する方法で詳しく解説しますので、ぜひご一読ください。

3.ゴムフロートはきちんと排水口に設置されている?

ゴムフロートは、オーバーフロー管という部品に接続されている状態が正常です。オーバーフロー管とは、垂直に立っている管のことを指します。

このオーバーフロー管から、なにかしらの原因でゴムフロートが外れてしまっていたり、接続できているけれど位置がズレてしまっていたりすると、排水口をふさげません。

ゴムフロートがオーバーフロー管から外れているときや、位置が排水口からずれてしまっているときは、正しく装着しましょう。

オーバーフロー管とゴムフロートには、種類がふたつあります。オーバーフロー管の種類は『管の下のほうにふたつの突起があるタイプ』と『管の中ほどに丸い輪があるタイプ』です。

そして、ゴムフロートの種類は『半球型のゴムから、先端に穴の開いた足が2本でているタイプ』と『球体のゴムから白色の棒が1本でているタイプ』になります。

『管の下のほうにふたつの突起があるタイプ』と『半球型のゴムから、先端に穴の空いた足が2本でているタイプ』がセットであり、『管の中ほどに丸い輪があるタイプ』と『球体のゴムから白色の棒が1本でているタイプ』がセットです。

ゴムフロートがオーバーフロー管から外れてしまったり、ゴムフロートの位置が排水口からずれてしまったりするといったトラブルが起こりやすいのは、前者のペアになります。不具合が確認できたら、オーバーフロー管の突起に、半球型のゴムからでている足の穴をしっかりとはめこみましょう。

4.ゴムフロートの劣化・破損はない?

ゴムフロートはゴム製のもの、またはプラスチック製のものが多いです。ゴム製の場合は、全体がゴムで作られているため、長い間使い続けていると、ひび割れなどの劣化や破損が起きてしまうことがあります。

「だったら、プラスチック製のものを使えば、劣化や破損で水漏れは起きないの?」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、そういうわけではありません。プラスチック製の場合は、裏側にパッキンが取り付けられています。このパッキンはゴム製であるため、どちらにしても経年劣化を起こして割れてしまうことがあるのです。

タンク内のゴムフロートを見て、ひび割れといった破損が確認できた場合は、新品に交換する必要があります。排水口にちゃんと収まるように設置されてあったとしても、ひび割れがあればそこをとおって水が流れていってしまうからです。

ひび割れほどひどい状態でなくても、表面がボロボロになっていたり、手で触れてみてゴムが欠けたりした場合は、だいぶ劣化している状態なので、交換したほうがよいでしょう。

プラスチック製のゴムフロートの場合は、パッキンの交換をおこないます。パッキンは爪楊枝などを溝に挿し込めば、簡単に取り外すことが可能です。外すことができたら、新しいパッキンを取り付けましょう。パッキンはネット通販やホームセンターで購入できます。

ゴム製のゴムフロートの交換方法については記事の後半、【トイレの水漏れ】ゴムフロートを調整・交換する方法で詳しく解説しますので、ぜひご一読ください。

ゴムフロートが正常ならレバーなどほかの部品が原因かも

ゴムフロートはきちんと取り付けられている、破損や劣化を起こしている様子はない、そういったときはほかの部品が原因で、水が流れ続けているおそれがあります。

ゴムフロートや鎖に問題がない場合は、レバーに不具合が起きている可能性がもっとも高いです。レバーに何か起きているときは、これまでどおりに動かせなくなっていることが多いため、回すときに少しでも違和感を覚えたときは、レバーも新しいものに交換するとよいでしょう。

レバーを交換する際は、まず止水栓を締めてください。そして、レバーを動かしてタンク内の水をすべて流します。レバーがうまく動かせないときは、ゴムフロートを手で持ち上げて水を流しましょう。タンク内が空になったら、以下の手順で交換してみてください。

1.レバーを取り外す前に、スマートフォンなどで写真を撮っておく

レバーは取り付ける向きが決められているため、新しいものを取り付ける際に向きを間違えないよう、写真を残しておきましょう。

2.レバーの先端についている鎖を外したあと、レバーを固定しているナットを外す

鎖の取り外しは難しくありません。複雑な構造ではないため、見れば外し方はわかるはずです。ナットはモンキーレンチなどの工具を使えば外すことができます。

この際、レバーとナットの間に使用されているパッキンに触れてみてください。指先が黒くなったら、経年劣化が進行している証拠です。これを機にパッキンも交換しましょう。

3.レバーを引き抜く

ナットを外すことができたら、タンク本体からレバーを引き抜くことができます。

4.新しいレバーを取り付ける

新品のレバーはネット通販やホームセンターで購入できます。新しいレバーを用意できたら、外したときとは逆の手順でナットや鎖を取り付けましょう。パッキンの劣化が進んでいた場合は、このとき一緒にパッキンも新品に交換することをオススメします。

5.正常に水が流れて止まるかを確認する

止水栓を開き、タンク内に水を溜めたら、レバーを回して水を流してみましょう。ゴムフロートが正常に開き、水が便器内にひとしきり流れたあと、ゴムフロートが排水口をふさいで給水が開始されることを確認したら、タンクのフタを閉めます。これで作業は終了です。

しかし、レバーを新しいものに交換しても状況が改善されないのであれば、水回りのトラブルを解決している業者に調査してもらうことをオススメします。トイレの構造は単純なものではありません。トイレの知識や部品交換の経験が少ない人では見落としてしまうような、わずかな破損などが水漏れの原因である場合もあるのです。

業者にしっかりと見てもらえば、疑問はすぐに解決可能ですし、そのまま修理も依頼すれば状況はあっという間に改善されます。

また、ゴムフロートや鎖の交換や調整なんて、自分ではやれそうにないという方は、はじめから業者に依頼したほうがよいでしょう。「やれるか不安だけどやってみようかな……」という気持ちで作業すると、問題のなかった部品を破損させてしまうなどして被害が拡大するおそれがあるからです。「自分なら絶対にやれる!」という自信がない方は、挑戦しないほうが無難といえます。

水回りのトラブルの解決を業者に依頼したいという方は、ぜひ弊社にご連絡ください。水回りのトラブルに関する業者が多数加盟している弊社であれば、ご要望に合った業者のご紹介が可能です。現地調査を無料でおこなっている業者のご紹介もいたします。早朝や深夜のご相談も受け付けておりますので、まずはお電話ください。お待ちしております。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【トイレの水漏れ】ゴムフロートを調整・交換する方法

トイレの水漏れが、ゴムフロートの不具合で発生しているときは、早急に新品に交換しましょう。ここでは、ゴムフロートとレバーをつなぐ鎖の長さの調整方法から、ゴムフロートの交換方法をご紹介いたします。止水栓または元栓を閉め漏水を止めてから、床や壁で濡れている部分があれば拭いたあと、調整や交換作業に取りかかってみてください。

ゴムフロートの鎖の調整方法

ゴムフロートの鎖の調整方法

ゴムフロートの鎖は、おもに『リング状の鎖』と『玉鎖』の2種類です。どちらも、若干のたわみがある状態が正常です。リング状の鎖であればリングふたつぶんほど、玉鎖であれば4玉ぶんほどのたわみがなければ、水漏れトラブルが起きるおそれがあります。

タンク内にあるゴミなどに鎖が絡まってしまっているなど、なにかしらの問題が起きているときは、上記のような正常な状態に戻しましょう。もし複雑に絡まってしまっていて、異物から外せないのであれば、鎖を新しいものに交換することをオススメします。

古い鎖を外す際は、まずレバーの内側のほうから外しましょう。次に、ゴムフロートのほうを外します。そして、新しいものを外したときは逆の流れで取り付けましょう。この際、ちゃんと鎖にたわみができるようにしてください。

鎖の交換を終えたら、作業前に閉めていた止水栓または元栓を開けて、レバーを動かしてみましょう。ゴムフロートが開き、タンク内の水が便器内に流れ、ゴムフロートが閉じて給水が開始されたら問題ありませんのでタンクのフタを閉めます。これで作業完了です。

ゴムフロートの交換方法

ゴムフロートに劣化や破損がある場合は、新しいものに交換しましょう。また、ゴムフロートの寿命は『およそ10年』といわれています。10年間、一度も交換していない場合は、ゴムフロートの劣化や破損が原因による水漏れが、いつ起きてもおかしくはないです。今はまだトラブルが起きていない場合でも、なるべく早く交換したほうがよいでしょう。

交換作業に入るためには、まず新品のゴムフロートを用意する必要があります。ゴムフロートには形や大きさの異なる種類があるため、トイレタンクに適合したものを購入しなければなりません。公式サイトやその他ネット通販・ホームセンターで購入できます。

「間違えたものを選びそうで不安……」という方は、公式サイトに記載されているお客様相談センターに連絡してみたり、古いものを撮影した写真や取り外した実物を持ってホームセンターに行ったりするとよいでしょう。

メーカーが通販をおこなっている場合は、相談することで購入まで案内をしてくれることも多いです。また、写真や実物を持ってホームセンターに行けば、古いものと商品を見比べて選ぶことができるため、間違える可能性をグッと下げることができます。店員さんにアドバイスを求めるのもよいでしょう。

新品のゴムフロートを購入することができたら、以下の交換方法を試してみてください。

  1. 止水栓が閉じている状態でレバーを回し、タンク内の水をすべて流す
  2. レバーから垂れる鎖を外し、使用中のゴムフロートを取り外す
  3. 新品のゴムフロートを、古いものと同じように取り付ける
  4. 鎖の長さを、ちゃんとたわみができるように調節する。
  5. 止水栓を開け、レバーを動かして、正常に水が流れて止まるかを確認する

交換作業はそれほど難しいものではありません。上記のような文章による説明を読んでみて、「自分でもやれそう!」と思われる方も多いかと思います。しかし、「いざ取りかかってみたら、よくわからなくなってきた……」などの不安を抱く方もいらっしゃることでしょう。

そういった方は、無理に作業を続けるのではなく、すぐに手を止めたほうがよいです。不安なまま作業を続ければ、そのほかの部品を傷つけてしまうおそれがあります。

自力での作業に不安を覚えた方は、水回りのトラブルを解決する業者に依頼しましょう。ほかの部品を傷つけてしまえば、水漏れ被害はより大きなものになり、床や壁を傷めてしまうおそれがあります。

水漏れの解決だけで済む問題だったものが、建物自体のリフォームが必要になるなど、どんどん深刻化する危険性が高いのです。水漏れだけで済んでいる今、業者にきっちり改善してもらうとよいでしょう。

しかし、水回りのトラブルで業者を頼ったことが一度もないため、どこに相談すればよいのかわからない方もいらっしゃるかと思います。そういった方は、ぜひ弊社にご連絡ください。お電話でトラブル内容をお伝えいただければ、迅速に対応できる業者をご紹介いたします。ご相談は早朝から深夜まで、24時間受け付けております。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【トイレの水漏れ】便器の部品交換を業者に依頼する場合の料金相場

【トイレの水漏れ】便器の部品交換を業者に依頼する場合の料金相場

ここでは、トイレの水漏れがゴムフロートの不具合によるものだった場合、プロに解決を依頼したらどれほどの費用がかかるのかをご紹介いたします。また、ゴムフロート以外の部品を交換したときにかかる費用についても解説いたしますので、ぜひ参考にしてください。

  • ゴムフロートの交換費用の相場:およそ8,000円から11,000円
  • ボールタップの交換費用の相場:およそ8,000円から11,000円
  • 止水栓の交換費用の相場:およそ8,000円から11,000円
  • トイレタンク全体の交換費用の相場:およそ15,000円から18,000円

上記はあくまでも相場です。業者によって作業代の設定金額は異なりますし、出張費が加算されるところもあります。そのため、止水栓または元栓を閉めて漏水を止めた状態が少しの間続いても問題ない場合は、部品交換をすぐに依頼するのではなく、見積りをとるとよいでしょう。

さらに時間的に余裕があるなら、複数の業者から見積りをとって、施工内容や費用を比較検討してみるのもオススメです。納得のいく業者に依頼することが可能になります。

見積りや現地調査を無料でおこなってくれる業者をお探しの方は、ぜひ弊社にご連絡ください。多数の加盟業者の中から、見積りも現地調査も無料の業者をご紹介いたします。出張費が発生しない業者のご紹介も可能な場合がございます。

多数の業者とつながっている弊社だからこそ、臨機応変なご紹介が可能です。ぜひご連絡ください。お電話お待ちしております。

トイレの水が漏れているトラブルに関する記事はこちら

■トイレの水が止まらない原因|自分でできるタンクや手洗管の修理方法

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較