水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > ユニットバス排水口つまりには排水トラップ掃除!原因別対処法も解説

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ユニットバス排水口つまりには排水トラップ掃除!原因別対処法も解説

ユニットバスの排水口がつまると、水の流れが悪くなったり悪臭が漂ったりといった弊害が生じます。そんなときには、排水口の掃除をして汚れを取り除きましょう。排水口の汚れがなくなることでつまりが解消され、水の流れや臭いに関する悩みが解決するでしょう。

ただしつまりの原因は1つではなく、原因によってその清掃方法が変わってきます。誤った方法によってつまりを悪化させないためにも、つまりの原因とその解消法について知っておきましょう。また、つまりの予防法についても紹介するので、日々のお手入れの参考にしてみてはいかがでしょうか。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

ユニットバスの排水口つまり解消法

ユニットバスの排水口のつまりを解消する方法は複数挙げられます。そしてここでは3つの方法を紹介するのですが、番号が若いほど手軽にできる清掃方法になっています。そのため、上から順に清掃方法を試してみるとよいでしょう。つまりが軽いものであれば、ひとつ実践しただけでつまりを解消できるかもしれません。

解消法1.排水トラップを分解して掃除する

解消法1.排水トラップを分解して掃除する

排水口には、汚れがそのまま配管に流れないようにするために排水トラップが設置されています。トラップはいくつかの部品で構成されていますが、どれも簡単に取り外すことができるでしょう。

それぞれの部品を排水口から分離すると、毛や油などの汚れが溜まっていることが確認できるはずです。そうした汚れをしっかり取り除いていきましょう。ただし、取り除いた汚れを排水口に流すと配管のつまりの原因になってしまうため、袋などに集めるようにしてください。

解消法2.歯ブラシでこすって汚れを落とす

排水トラップを分解して清掃してもつまりが解消されない場合は、トラップの部品や配管にこびりついた汚れを取る必要があります。そのため、歯ブラシなどの道具を使って排水トラップの部品や排水口をこすってください。配管の中には視認できない空間もあるため、まんべんなく汚れをこすれるように意識して清掃するとよいでしょう。

解消法3.パイプクリーナーを流し込む

ここまでの解消法を実践してつまりが改善されない場合は、配管の手が届かない場所でつまりが起こっている可能性が高いです。つまり、直接取り除くのは難しいといえるでしょう。そこでパイプクリーナーを使用します。パイプクリーナーはつまりの原因となる汚れを分解する効果をもっているため、配管内の毛や油を取り除いてくれるでしょう。

ただし汚れの分解には時間を要するため、パイプクリーナー(粉末状の場合は少量の水も)を投入したらしばらく放置することを忘れないようにしましょう。またパイプクリーナーは非常に強い分解作用をもっているため、使用する際は商品にある取り扱い説明に従うようにしてください。

こうしたパイプクリーナーに近い効果は、重曹やクエン酸でも得られます。重曹は油などの酸性物質に効きやすく、クエン酸は洗剤の蓄積などのアルカリ性物質を分解しやすいため、併用することがおすすめです。

固形物のつまりはどうするの?

排水口のつまりが固形物によるものだった場合、清掃ではつまりを解消することはできないでしょう。つまりの原因となっているヘアピンや小さなおもちゃなどを除去する必要があります。そのため、もしそうした固形物が視認できるのであれば取り除きましょう。

ただし、配管は衛生上清潔とはいえない環境であるため、ゴム手袋をつけて直接触らないように配慮することをおすすめします。また、視認できない場合はむやみに取ろうとしないようにしてください。なぜなら固形物が配管の奥に入り込んでしまうと、対処するのが困難になってしまうからです。

つまりの原因がわからない場合は、その悪化を避けるためにも業者に依頼するとよいでしょう。弊社では、そうした排水口のつまりを解決するプロの業者を紹介しています。多数の業者のなかから依頼者の要望に合った業者を選ぶことができるため、お気軽にお問い合わせください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

浴槽の掃除も大事!お風呂場の排水口の仕組み

ユニットバスの排水口は、浴槽と洗い場の配管が繋がっています。浴槽のお湯を抜いたときに洗い場の排水口へとお湯が勢いよく流れる現象を見たことのある方も多いのではないでしょうか。そのような構造になっているため、洗い場の排水口を清掃しただけではつまりが解消されないケースもあります。

そうした際には、浴槽の排水口も先ほど紹介した解消法と同じように清掃してきましょう。ただし、洗い場の排水口へと合流する配管が曲がっている可能性があるので、歯ブラシではなく持ち手が曲がる道具を用意することをおすすめします。

それでもつまりが解消されない場合は?

それでもつまりが解消されない場合は?

洗い場の排水口も浴槽の排水口も清掃をしたにも関わらず、つまりが解消されないという場合もあります。それはつまりの発生源が配管の奥深くであることが原因です。そういった際の清掃方法としては、圧力ポンプや高圧洗浄機の使用が挙げられます。ただ、どちらも個人で使用するのは難しい道具であるため、業者に依頼することが無難でしょう。

高圧洗浄機や圧力ポンプによるつまりの解消を業者に依頼することは、残念ながらこれまで紹介したつまりの解消法より、多くの費用がかかることが予想されるでしょう。しかしそうした費用をできるだけおさえることはできます。

その方法とは、弊社でもおこなっている見積もりです。見積もりは複数の業者に依頼内容を伝えたうえで、どのくらい費用がかかるかを知ることができます。弊社ではこれを無料でおこなっているので、業者に依頼しようか迷っている方でもご相談していただくことが可能です。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

つまりを再発させない!日頃の予防法〇選

ユニットバスの排水口のつまりの多くは、日々流される不純物の蓄積によって起こります。そのため、日々の生活の中で少し気を使うことで、つまりを予防することができるのです。排水口がつまってしまうと、水を使用することが難しくなってしまうため、そうならないように予防法を実践してみましょう。

予防法

予防法

つまりを予防するために効果的なのは、汚れの原因となるものを堆積させないことです。そのため、以下のような使用中・使用直後の対応が重要になるといえるでしょう。

  • 排水トラップの清掃
  • 使用後にお湯を流す

つまり対処の注意点

つまりを解消する際には、パイプクリーナーはとても有効な手段となるでしょう。ただし、状況によってはかえってつまりを悪化させかねないこともあります。なぜなら、パイプクリーナーが分解することのできないものが原因でつまりが発生していた場合、パイプクリーナーが発生源につまってしまうおそれがあるからです。

そのためつまりに対しては、原因を突き止めてから対処することが理想的だといえます。弊社では水回りのトラブルに対応する業者を紹介することが可能です。そのため、もし原因のわからないつまりや水漏れなどが発生したら、弊社にご連絡ください。24時間・全国どこでも受け付け対応をおこなっております。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較