水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 【洗面台の蛇口交換】さまざまな蛇口の種類と交換費用の相場について

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

【洗面台の蛇口交換】さまざまな蛇口の種類と交換費用の相場について

「長年同じ蛇口を使っていてボロボロになってきたので、交換をしようかな」と考えている方もいるのではないでしょうか。洗面台の蛇口を交換するときには、種類選びも重要となります。

なぜなら、洗面台の蛇口はその種類ごとに特徴や機能性に差があるからです。自分にとって使い勝手のいい蛇口に交換したいのであれば、合計3タイプある蛇口についてそれぞれ詳しく知っておく必要があるでしょう。

本コラムでは、洗面台の蛇口の種類や便利な水栓の機能についてご紹介しております。交換するときの参考にしてみてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

洗面台の蛇口の種類はどれくらいあるの?

洗面台の蛇口は3種類にわけられます。洗面台の蛇口に使われているタイプは以下のとおりです。

1.ワンホールタイプ
水栓取り付け穴がひとつの蛇口です。台に取り付けられています。

2.ツーホールタイプ
水栓の取り付け穴がふたつある蛇口です。こちらも台に取り付けられています。

3.コンビネーションタイプ
大きめの水栓の取り付け穴がふたつあり、吐水口とハンドルがそれぞれ離れているタイプの蛇口です。セパレートタイプとも呼ばれています。

洗面台の蛇口の種類は、大きくわけるとこの3種類です。この3つの中から、キッチンの形状や自分の好みに合わせたものを選びましょう。

また、近年ではさまざまな水栓の機能も登場しており、より便利になっています。以下では、そんな水栓の機能についても詳しく解説していきます。

便利な水栓機能にも注目しよう!

便利な水栓機能にも注目しよう!

もし、光熱費の削減をしたい場合は、「エコシングル水栓」がオススメです。この水栓は、主にレバー式の蛇口に用いられます。

これまでの水栓は水と湯が混ざって出る範囲が大きく、無意識のうちに湯を使ってしまうことも多くありました。

エコシングル水栓の場合は、レバーが水の出る範囲からお湯の混じる範囲に移動する境界線で「カチ」と音が鳴ります。このことで無意識に湯を使うことが減り、光熱費も節約することができるのです。

また、水はねが少ない「泡沫(ほうまつ)水栓」もおすすめです。泡沫水栓はその名のとおり気泡を含んだ状態で水が出てくるので、水はねをおさえることができます。

それだけでなく、気泡によって水量が減ることや、節約にもなるほか肌あたりが良いというメリットもあるのです。

別の種類の水栓に交換することは可能?

洗面台の蛇口を交換する際は、どの蛇口にも交換できるわけではありません。基本的には今使っている蛇口と同じタイプのものに交換するようにしましょう。しかし、ツーホール同士の蛇口交換や、単水栓同士でハンドルからレバーへ……といった交換は可能です。

もし、業者へ洗面台の蛇口を交換してもらう際には「どのような種類を取り扱っているか」をあらかじめ詳しく聞いておくといいでしょう。業者によって取り扱っているものがなく、交換ができなかった……といった事態を防ぐことができます。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

洗面台の蛇口を交換したときの費用相場

洗面台の蛇口を交換したときの費用相場

ここでは、洗面台の蛇口を交換したときの種類別の費用相場をご説明します。基本的に、蛇口の交換に要する費用は、【本体の代金+作業費】で提示されます。各種類の費用相場は以下のようになっています。

・ワンホールタイプ
ワンホールタイプの費用相場は約23,000円から40,000円です。ツーホールタイプと費用相場の差はそれほどありませんが、機能的な蛇口の交換は本体代が高くなることがあります。

・ツーホールタイプ
ツーホールタイプの費用相場は約15,000円から40,000円です。ハンドル式の場合はレバー式に比べて安くなる傾向にあります。

・コンビネーションタイプ
コンビネーションタイプは約25,000円から54,000円です。

「今ついている蛇口の種類がわからない」「自宅の詳しい交換費用の相場が知りたい」といった場合は、弊社までお問い合わせください。弊社では、蛇口の修理はもちろん、見積もりにも対応した業者を紹介しています。また、水に関するさまざまなお困りごとにも対応しております。

業者へ依頼したことがないという方でもご安心してお電話いただけるよう、わかりやすくご説明いたしますので、まずはお電話いただければ幸いです。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

洗面台の蛇口交換を自分でおこなう方法

洗面所の蛇口交換を業者へ依頼するのではなく、自分でおこないたいと考える方に向けて、ここでは交換方法をご紹介します。ワンホール、ツーホールでわけてご紹介しますので、お使いの蛇口を確認したうえでチェックしてみてください。

蛇口を購入する前に確認すること

蛇口を購入する前に確認すること

蛇口を交換するには、新しい蛇口が必要となります。互換性のない蛇口は設置することができませんので、購入する前にしっかり確認しておくようにしましょう。

蛇口はネット通販のほか、ホームセンターなどでも販売されています。自宅の蛇口が適合しているか不安な場合は、通販ではなく店舗へ足を運び、店員さんに確認してもらうといいでしょう。

蛇口の交換に必要な道具

蛇口の交換を自分でおこなうときは、以下の道具をそろえる必要があります。

  • 新しい蛇口
  • ドライバー
  • スパナ
  • 歯ブラシ
  • 雑巾またはいらないタオル
  • シールテープ

蛇口の交換手順

・ワンホールタイプ
ワンホールタイプの蛇口交換方法は以下をご参考ください。なお、水栓のタイプや配管状況などによってはこの方法以外の手順になることもあるので、注意しておきましょう。

1.止水栓を閉める
交換中に水が出てしまわないよう、シンクの下にある止水栓を閉めます。ない場合は、水道の元栓を閉めましょう。

2.以前の使っていた蛇口を取り外す
給湯管・給水管などのナットなどを外します。その後本体のナットも外して、蛇口を取り外していきましょう。

3.シールテープを巻く
錆びているネジの掃除などをした後、ネジの方向とは反対に10回程度シールテープを巻きます。

4.上面施工アダプタを取り付け、新しい蛇口を設置する
向きや方向に注意しつつ上面施工用アダプタを取り付け、新しい蛇口を設置します。はじめは手で取り付けて、その後ネジなどでしっかり固定しましょう。

5.必要な部品を取り付け、止水栓を開けて終了
最後に逆止弁を取り付け、給水・給湯ホースに接続します。その後、新しい蛇口から水が出るかどうか確認して終了です。

・ツーホールタイプ
ツーホールタイプの蛇口交換方法は以下をご参考ください。なお、こちらも水栓のタイプや配管状況などによっては、この方法以外の手順になることもあります。

1.止水栓を閉める
作業中は水が出ないよう、止水栓をあらかじめ閉めておきましょう。この止水栓は、主にシンクの下にありますが、ない場合は元栓から閉めるようにしましょう。

2.給水・給湯管の接続部にあるナットを取り外す
このナットは、給湯管・給水管・蛇口の下部分の合計3つあります。まずは給湯・給水管の接続部のナットから外していき、その後蛇口のナットを外していきましょう。

逆止弁があれば、蛇口下のナットを外す前に取っておきましょう。

3.蛇口の設置
新しい蛇口を取り付け穴に置いて、付属の部品を取り付けておきましょう。順番としては、パッキン、座金、ナットの流れです。逆止弁がある場合は、ここで再度取り付けましょう。

4.ナットなどを締めなおし、止水栓を開ける
給湯管や給水管のナットなどもしっかり閉め終わったら、閉めていた止水栓を開けましょう。それぞれの接続部から水漏れがなければなく、新しく設置した蛇口からちゃんと水が出るかを確認して、完了です。

「どのような蛇口を購入すればいいのかわからず不安」という場合や、「蛇口交換の作業において、心配なところがある」といった場合は、プロの業者に点検・施工してもらいましょう。

自分で蛇口の交換をしても、不備があると水漏れが起きてしまったり、水漏れによって漏電してしまったりするおそれがあります。少しでも不安に感じたときは、作業が途中でも早めに業者へ依頼することをおすすめします。

弊社では、洗面台の蛇口の交換から修理などといった、あらゆるお悩みに対応しておりますので、なにか水のことでトラブルがございましたらぜひ弊社へお電話ください。弊社にて最適な業者をご提案させていただきます。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較