水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレつまりの料金相場!業者に修理を依頼するときの正しい選び方

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレつまりの料金相場!業者に修理を依頼するときの正しい選び方

「トイレがつまった……」とお困りの際に、業者に見積もってもらった料金を見て、高いと感じることもあるかもしれません。

トイレの詰まりを業者に依頼する場合はまず、どれほどの料金がかかるものなのか、きちんと相場を把握しておくことをおすすめします。おおよその料金がわかっていれば、業者の見積りをみて、適切な料金かを判断する基準にすることができます。

実際にどれだけの料金がかかるのかは業者によってことなるため、高いと感じたなら、一度ほかの業者でも見積りをとってみるべきです。今回はトイレつまりの料金の相場や、信頼できる業者の選び方についてご紹介していきます。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレつまりの料金費用の相場はどれくらい?

トイレつまりの料金の相場はおおよそ5,000円~30,000円といわれています。ですが、この相場はあくまで全体の話であって、実際はどんな症状がおこっているかによって、相場も細かく変わってきます。トイレつまりの症状別の相場は、おおよそ以下のとおりです。

  • トイレットペーパーなどの紙類のつまり:8,000円~12,000円
  • 固形物のつまり:10,000円~30,000円
  • 配管内でのつまり:8,000円~15,000円
  • トーラーを使用するつまり:15,000円~20,000円
  • 高圧洗浄機を使うつまり:20,000円~40,000円
  • 便器の交換をともなうつまり:100,000円~300,000円(工事費30,000円~50,000円)

これらの値段は工事費と部材費、出張費などもあわせた相場となっています。紹介した中で、トーラーという道具については想像しにくいという方が多いかもしれません。

トーラーとは、業者が使用する専用の機械です。先端にブラシがついたパイプをつっこんでいき、汚れを削るなどしていきながら、つまりを解消していきます。そうした機械を使用する必要がある場合をはじめ、ほかにもいくつか料金が高くなるケースがあります。

料金が高くなるケース

料金が高くなるケース

多くの業者は、作業ごとに基本料金を定めています。しかし、さきに紹介したように専用の機械を使う必要がある場合など、追加料金が加えられて料金が高くなるケースもあります。

たとえば、部品代がかかるケースがあげられます。基本的に修理に必要な部品は、買取となるものです。交換する必要のある部品が多ければ、その分最終的な見積りは高くなることでしょう。

また、作業をおこなう時間帯も、料金に関係してくることが多くあります。つまりが起こったらすぐに解消してほしいものですが、早朝や深夜は特別料金がかかってしまい、通常よりも料金が高くなるかもしれません。

業者に依頼する際は、これらのように料金が高くなるケースもあることを理解して、どのような作業でつまりを解消していくのか、よく話し合って決める必要があります。また、業者によっては、見積りの料金を請求されることもあるでしょう。

もし新たにお見積りをご検討の際は、ぜひ一度弊社にもご連絡ください。弊社から派遣する業者は、状況の調査やお見積り作成を無料で承ります。料金に関するご相談も親身になって承りますので、お気軽にお申し付けください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレつまりを業者に依頼するときの選び方

生活に欠かせないトイレの不調は、より安く、より確実に直してほしいものですよね。トイレつまりの修理を承る業者は、全国にたくさん存在します。その中からよりよい業者を見つけるためには、なにを基準にすればよいのでしょうか。ここでは、業者を選ぶ際に見るべきポイントをいくつかご紹介いたします。

1.実績がある

1.実績がある

水道業者は作業の内容ごとに資格を有しているべきとされます。しかし、ごく一部の業者では、企業としての営業に必要な資格のみを取得し、稚拙な工事をおこなっていることもあるようです。おもに必要とされることが多い資格は、以下の4つです。

  • 水道技術管理者
  • 下水道排水設備工事責任技術者
  • 給水装置工事主任技術者
  • 管工事施工管理技士

業者に依頼する際は、一度ホームページなどで、これらの作業資格の有無を確認するのをおすすめします。くわえて、実際の施工例や口コミでの評判などを確認して、たしかな実績があることを見極めて作業を依頼するようにしてください。

2.見積りが明確である

ほとんどの業者では、作業前に必ず見積りを作成しています。作業前には必ず見積りをよく確認して、料金や作業内容に納得したうえで作業を依頼するようにしましょう。

見積りを見る際は最終的な料金のほか、ひとつひとつどのような料金がかかっているかを細かくチェックするべきです。明細の内容でよくわからない点があれば必ず質問して、疑問を残さないようにしていきましょう。

もしなにか不信感を感じたり、料金が高すぎるかもしれないと感じたら、一旦保留にして、別の業者でも見積りをとってみるのをおすすめします。

3.対応が丁寧である

問い合わせしたときの電話の対応や、見積りの対応なども、業者について判断する重要なポイントです。どこかで雑な対応をしていたり、作業の契約を急かしたりするような場面がみられるのであれば、別の業者を呼んだほうがよいかもしれません。

業者を選ぶ際は、丁寧な態度や作業で対応してくれるかどうか、時間を守るかどうか、作業内容や料金を事前にきちんと提示してくれるかなどをしっかり確認してください。

弊社から派遣する業者は、必ず事前のお見積りから対応し、依頼者様のご納得をいただいたうえで作業をおこなっております。作業前、作業完了の報告も徹底して、迅速な作業をおこなわせていただきますので、業者選びにお困りの際はぜひ一度お問い合わせください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレのつまりは自分で直したほうがオトク?

トイレのつまりは、できる限り業者で確実に修理してもらうべきです。とはいえ、自分で直せるものなら直したい、というのが正直なところではないでしょうか。

ここでは、トイレのつまりを自分で直す方法について解説していきます。すでに試した方法でも、もしかしたら道具の使い方を勘違いしていたり、より効果的な方法を知らなかったりしただけかもしれません。ぜひ一度ご確認ください。

自分で直せるトイレのつまり

自分で直せるトイレのつまり

そもそものつまりの症状が、自分で対応できるレベルのものなのか、という問題があります。自分で直すことができるのは、トイレットペーパーや汚物など、比較的水に溶けやすいものがつまっている場合でしょう。

スマートフォンやキーホルダー、おもちゃなどの固形物のつまりは、市販されている道具を使ってもなかなか取りのぞけず、素人で対応するのは少々難しい案件になります。固形物を落としてしまった場合は、すぐに業者に依頼するのをおすすめします。

方法1.ラバーカップでつまりを引き出す

ラバーカップ、いわゆるすっぽんで詰まりを解消する方法です。ラバーカップでつまりが解消しないという場合、使い方を間違えていることが多く見受けられます。

ラバーカップを使う際は、ゴムの部分をトイレの排水口にぴったりとくっつけて、まずゆっくりと押し込みます。いっぱいまで押し込めたら、そこから一気に「異物を引き抜くイメージ」で手前に引っ張ってください。これをつまりが解消されるまで繰り返します。

ラバーカップは使い方以外にも、便器の形に適したものを使っているかも重要です。トイレ用の、カップの先が出っ張っているラバーカップでないと、うまくつまりが解消されない場合も多くあります。100円均一ショップなどで買い直してくるのもよいかもしれません。

方法2.真空パイプクリーナーでつまりを引き出す

真空パイプクリーナーとは、ポンプを内蔵した、より吸引力の高いラバーカップです。通常のラバーカップで解消されないつまりにはこちらを使いましょう。

基本的な使い方はラバーカップと変わりません。ゴム部分がいっぱいまで押し込めたら、ポンプのレバーを一気に引き抜いてつまりの原因を引き出しましょう。真空パイプクリーナーはホームセンターなどで1,000円~2,000円ほどで購入することができます。

これらの方法を試してもまだつまりが解消しない場合、引き出せないほど奥でつまってしまっているか、異物とは別の原因でつまっていることが考えられます。その場合は自力での対応は難しくなるため、業者に修理を依頼しましょう。

弊社はトイレのお悩みに対して、年中無休で業者を派遣して対応することができます。トイレつまりにお困りの際には、ぜひご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較