水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 水道のポタポタを修理して直す方法!蛇口の種類別の原因を解説します

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

水道のポタポタを修理して直す方法!蛇口の種類別の原因を解説します

水道のポタポタを修理するときには、まず使用している蛇口の種類から原因を突き止めましょう。蛇口の種類によって、水漏れ原因や修理方法が異なります。

蛇口の種類から水漏れの原因箇所を特定したら、自分でできる範囲で修理をおこなうとよいでしょう。蛇口の水漏れは、簡単な部品の交換で解決できることも多いのです。自分で修理をするのが不安なときや、水漏れ原因がわからないときには業者にまかせるという手段もあります。

このコラムでは、水道のポタポタ修理を自分でおこなう方法や、業者に修理を依頼した場合の費用相場をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水道の蛇口を閉めてるのに水がポタポタ……何が原因?

蛇口を閉めたはずなのに、ポタポタと水が落ちてきたら、水を出したり止めたりするハンドル内部に原因があるかもしれません。水栓にはいくつかの種類があり、それぞれ水漏れの原因となる箇所が異なります。

ここでは水栓の種類ごとに考えられる原因についてご紹介します。ポタポタと少しずつ水漏れしていても、放置すれば水栓内部の故障のおそれもあるため、まずは原因を探していきましょう。

1.ハンドル水栓の場合

水道の蛇口を閉めてるのに水がポタポタ……何が原因?

ハンドル水栓は、水やお湯を出すためのハンドルがついています。1つのハンドルで水のみが出るタイプや、ひとつの水栓に水とお湯それぞれ2つのハンドルがついたタイプがあり、使用したことのある方も多いでしょう。

ハンドル水栓から水漏れしている場合、ハンドル内部にあるコマパッキンやスピンドルと呼ばれる部品が劣化していることが考えられます。コマパッキンはハンドルを閉めているときに、水栓内部で水を止める役割があります。

スピンドルは、ハンドルの開閉とともに動いている部品です。スピンドルが動くことによって、コマパッキンが蛇口の開閉をしてくれます。どちらかの部品が劣化していると、蛇口の開閉がうまくできなくなって水漏れを起こしてしまうのです。

2.シングルレバー水栓の場合

最近建てられた住宅で多く使用されているのがシングルレバー水栓です。ひとつのハンドルで水とお湯の切り替えをおこなうことができます。

水栓内部には、温度調節をするバルブカートリッジが入っていて、これが劣化すると水漏れを起こしてしまいます。また、水栓に取り付けられているパッキンが劣化している場合も水漏れの原因になります。

3.開閉バルブ式水栓の場合

浴室で使用されることの多い開閉バルブ式水栓には、水やお湯を出すハンドルのほかに、水温を調節するハンドルがついています。開閉バルブと呼ばれるこのふたつのハンドル内部が劣化していたり故障したりすると、水漏れしてしまうのです。

また、水栓内部にはバルブカートリッジといって、水量を調節する部品があります。ここが故障している、ということも考えられます。

上記にあげた原因が当てはまらないときや、今すぐ水漏れを止めたいという方は、水道修理業者に原因究明や水漏れを解決してもらうという方法もあります。弊社では、24時間体制で無料電話相談を受け付けており、ご要望に合った水漏れ修理業者をご紹介いたします。水漏れをすぐにでも解決したいという方は、お気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水道のポタポタ修理を自分でおこなう方法

水漏れの原因がわかったら、止水栓を閉めて水が流れてくるのを止めましょう。ここまでご紹介した原因別に修理の方法を解説していきます。自分でできる範囲であれば、修理をして水漏れを食い止めましょう。

ただし、修理に慣れていない方や水漏れの原因がよくわからない方などは、決して無理をしないでください。無理に自分で修理をおこなって、ほかの部品を傷つけたり手順を間違えたりしてしまえば、水漏れを解決できないどころか悪化させてしまうおそれもあります。

ここからご紹介する方法で修理をおこなっても水漏れが解決しない場合や、自分で修理をするのが不安な方は、業者におまかせすることをおすすめします。

修理の前は止水栓を閉めよう!

水道のポタポタ修理を自分でおこなう方法

水道のポタポタ修理をする前には、必ず止水栓を閉めてください。止水栓は、それぞれの給水管についています。止水栓を閉めておけば、修理中に水があふれるような事態を防ぐことができます。

家全体の水を止めるための元栓を閉めることも有効ですが、元栓を閉めていると修理する場所以外の水栓も利用できなくなるため、あまりおすすめできません。

1.ケレップ・スピンドルの交換方法

ハンドルのキャップを外したら、ドライバーでハンドルを固定している金具を外してください。金具の大きさに合わせて使用することができるウォーターポンププライヤーで、ハンドルの下にあるカバーナットと呼ばれる金具も取り外すと、その下にケレップとスピンドルがあります。

劣化しているものを新しいものに交換して、取り外したのと逆の順番で元に戻していきましょう。最後に止水栓を開けて、水漏れしていないか確認したら作業完了です。

2.コマパッキンの掃除・交換方法

ケレップには、水漏れを防止するためのコマパッキンと呼ばれるパッキンがついています。ここに汚れが付着していると、すき間ができて水漏れしてしまうことがあります。ケレップを前述の方法で外し、そこから コマパッキンを外して、使い古しの歯ブラシなどで汚れを落としておきましょう。

もしコマパッキンに亀裂があったり固くなったりしていたら、新しいものに交換することをおすすめします。コマパッキンはホームセンターなどで購入することができるので、必ず同じサイズのものを選びましょう。

3.バルブカートリッジの交換方法

使用しているバルブカートリッジと同じものを用意しておきます。最初にハンドルを取り外してください。ネジで固定されている場合はドライバーで取り外しましょう。

次に、カートリッジについている部品をウォーターポンププライヤーで取り外して、カートリッジの交換をおこないます。ハンドルや部品を取り外したのと逆の順番で元に戻したら作業完了です。

4.開閉バルブの交換方法

ハンドルを外したら、シャワーなどの切り替え表示がついているリングや、ナットなどの金具も取り外してください。水栓のなかにスペーサーというバルブを固定するための白い部品が入っているのを確認したら、引っぱって抜き取ります。

次に、開閉バルブも抜き取ってください。抜き取った開閉バルブを用意しておいた新しい開閉バルブに交換して、取り外したのと逆の順番で元に戻したら完了です。

ここまでご紹介した修理方法を自分でおこなうのに不安を感じる方は、迷わず業者に依頼して修理してもらいましょう。水道のポタポタを修理せずに放置してしまうと、カビやサビなどが発生して水栓内部の故障が悪化してしまうおそれもあるのです。

弊社では、水道修理の経験や知識を持ったプロをご紹介することができます。水漏れにお困りでしたらいつでもご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水道の水漏れ修理を業者に依頼したらいくらかかる?

いざ水栓の水漏れ修理を業者に依頼しようと思ったときに気になるのが、修理費用です。水漏れ修理にかかる費用は【基本料金+作業量】の合計となるケースが多いです。業者によっては出張費や深夜料金が加算されることもあります。

スピンドルやカートリッジの交換なら、費用の相場は約7,000円~10,000円程度です。蛇口本体の交換が必要な場合は約10,000~15,000円程度が目安となります。蛇口の種類によって金額は異なるため、業者に依頼をするときには見積りをとることをおすすめします。

蛇口の水漏れを放置したときのリスク

水道の水漏れ修理を業者に依頼したらいくらかかる?

少量だからといって水漏れを放置してしまうと、水漏れ箇所や周辺にカビやサビが発生させてしまいます。また、使用しているつもりのないほどの少量の水でも、毎日水漏れが続けば水道料金に影響するのです。

水道料金が高くなってしまう事態を防ぐためにも、水漏れを発見したらすぐに対処することをおすすめします。

蛇口の寿命は10年といわれている

蛇口にも寿命があります。使用し続けることで、蛇口内部の金属部分は劣化していくのです。蛇口の寿命はおおよそ10年といわれているため、古い蛇口を使用していて水漏れが起きているのなら、部品交換ではなく蛇口ごと交換したほうがよいかもしれません。

水漏れの対処で部品と蛇口本体の交換のどちらをおこなえばよいかわからないときには、業者に相談してみるとよいでしょう。水道修理のプロなら、水道のポタポタ修理の最適な方法を提案してくれるはずです。

弊社では、現地での見積りを無料でおこなう業者をご紹介いたします。自分での修理や交換方法に迷ったら、ぜひ無料相談窓口までご連絡ください。深夜や早朝でも、お電話相談を受け付けております。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較