水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 台所の排水溝つまり|重曹を使った掃除方法とつまり解消お手軽グッズ

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

台所の排水溝つまり|重曹を使った掃除方法とつまり解消お手軽グッズ

台所の排水溝つまりは、重曹を使って解消しましょう。お酢と組み合わせて正しい使い方をすれば、効果的に排水溝のつまりを解消することができます。

そして、重曹とお酢以外にも、台所の排水溝つまりを解消するために役立つアイテムは存在します。さまざまなつまり解消法を知り、適切な方法で台所の排水溝つまりを解消しましょう。

また、つまりの解消法とあわせて、今後つまりが発生しないようにするための対策についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

台所の排水溝つまりには「重曹」がよいって本当?

台所の排水溝つまり解消に重曹が効くということは聞いたことがあるかもしれません。しかし、なぜ重曹で排水溝のつまりが解消されるのかは知らない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、台所の排水溝つまりに対する重曹の効果と、重曹とあわせて使うとよいお酢の効果について解説します。重曹もお酢も身近なものなので、効果を覚えて排水溝つまり解消に活用しましょう。

重曹がもつ効果

重曹がもつ効果

重曹は、正式名称「炭酸水素ナトリウム」いうアルカリ性の白い粉で、酸性の汚れやニオイを中和する効果があります。台所の掃除などによく使用されるのですが、それは油汚れや焦げつきなどが酸性の汚れだからです。

さらに、除菌効果やヌメリを落とす効果もあるため、台所の排水溝つまりには大きな効果を発揮します。

重曹×お酢で効果はバツグン!

重曹とあわせて使うと効果的なのがお酢です。重曹が酸性の汚れを落とす効果があるのに対し、お酢は酸性のものなので、水垢などのアルカリ性の汚れを落とす効果があります。

そのため、重曹とお酢を組み合わせることで、酸性とアルカリ性両方の汚れをまとめて落とすことができるのです。ただし、お酢のニオイが気になる方もいるでしょう。その場合は、お酢の代わりにクエン酸と重曹を組み合わせて使用するのがおすすめです。

重曹とお酢(クエン酸)の効果がわかったところで、それらを使ってどのように台所の排水溝つまりを解消するのかをご紹介します。

用意するものは3つ、重曹・お酢(クエン酸)・ゴム手袋です。汚れが手につかないように、ゴム手袋を着用して作業をおこないましょう。

まずは、排水溝のフタとゴミ受け、排水トラップを外します。排水トラップは、ゴミ受けの下にあるもので、排水管の入り口にかぶさるように取りつけられています。

外したものは掃除用洗剤や重曹をかけて、使わなくなった歯ブラシなどでこすって汚れを落としましょう。

フタとゴミ受けを外した排水溝にも、重曹を直接ふりかけます。使用する量は約120gです。まんべんなくかかったら、その上にお酢(クエン酸)をかけて1時間ほど放置します。このとき、お酢(クエン酸)は重曹の倍くらいの量を使用しましょう。

放置している間に、重曹とお酢(クエン酸)をかけた排水溝はぶくぶくと泡立ち、汚れやヌメリを溶かします。

1時間ほど経ったら蛇口をひねり、60℃くらいのお湯で汚れやヌメリ、重曹とお酢(クエン酸)を洗い流しましょう。お湯の温度は高すぎると排水管を傷めてしまうので注意してください。

最後に、掃除したフタやゴミ受け、排水トラップもきれいに洗剤などを洗い流し、元に戻して完了です。

台所の排水溝つまりに役立つお手軽アイテム!

台所の排水溝つまりを解消させるアイテムは、重曹とお酢(クエン酸)だけではありません。ここでは、身近なものを活用して排水溝のつまりを解消させる方法を2つと、つまり解消用の道具を使う方法を3つご紹介します。手が汚れないようゴム手袋を着用したうえで、自分に合う方法を試してみましょう。

1.ペットボトル

ペットボトル

ひとつ目は空のペットボトルを使ったつまり解消法です。排水口のフタとゴミ受け、排水トラップを外しておこないましょう。

ペットボトルは、キャップを外して排水溝の奥の排水管の入り口に隙間なくくっつけます。そして、ペットボトルの横を押したり離したりを繰り返し、排水管のつまりの原因を圧力で引っ張り上げて崩すのです。

威力は弱いので、頑固なつまりは解消できないかもしれません。ペットボトルを押したり離したりする工程を何度か繰り返しても状況が変わらない場合は、後述のラバーカップを使った方法を試してみるか、もしくは業者に相談しましょう。

2.タオル×お湯

ふたつ目はタオルとお湯を使った方法です。ペットボトル同様軽度のつまり解消に有効な方法なので、水の流れが悪いと感じる程度のときに試してみましょう。

まずは排水溝のフタとゴミ受け、排水トラップを外します。排水管の入り口が見えたら、入り口をふさぐようにタオルをつめましょう。

このとき、タオルをすべてつめ込んでしまうと、つまりを解消するどころか悪化させてしまいます。あとからすぐに抜けるように、タオルの一部をシンクの上に出しておきましょう。

隙間なくタオルをつめることができたら、蛇口をひねって60℃くらいのお湯をシンクに溜めます。お湯の温度が高すぎると、排水管が傷んでしまうので注意しましょう。

シンクの7割くらいまでお湯が溜まったら、蛇口を閉めてタオルを一気に引き抜きます。お湯の温度とお湯が流れる勢いでつまりの原因が崩れれば、つまりが解消されるでしょう。

本格的につまりを解消するなら

身近なものを活用しておこなうつまりの解消法は、頑固なつまりを解消することが難しいものです。道具の購入が必要になりますが、道具を使った場合のつまり解消法も3つ覚えておきましょう。

・ラバーカップ

ラバーカップとは、トイレ掃除などによく使われるすっぽんのことです。まずはほかの方法と同様に排水溝のフタとゴミ受け、排水トラップを外しましょう。

そして、排水溝をふさぐようにラバーカップをかぶせて、ゆっくりと押したり引いたりを繰り返します。数回繰り返して、つまりの原因が崩れて引き出せれば、排水トラップやゴミ受け、フタを戻して完了です。

同じような仕組みでつまりを解消する、真空式パイプクリーナーというものもあります。ラバーカップと違って、ハンドルを押したり引いたりするだけで、強めの圧力がかかるので、力の弱い女性やラバーカップでは解消できない頑固なつまりにおすすめです。

・ワイヤーブラシ

ワイヤーブラシは、ワイヤーの先端につまりを削り落とすための金具とらせん状のブラシがついた道具です。

排水溝のフタとゴミ受け、排水トラップを外し、排水管に入れて使用します。ゆっくりと挿し込んでワイヤーブラシを回すと、つまりの原因を削りながら排水管を掃除できるので、水が流れるようになるのです。

・液体パイプクリーナー

市販の液体パイプクリーナーを使用する方法もあります。使用方法は簡単で、排水溝のフタとゴミ受け、排水トラップを外し、パイプクリーナーを注ぎ込むだけです。

そのまましばらく放置するのですが、その時間使用するクリーナーによって異なります。ラベルに記載されている指定の時間を守って放置しましょう。

最後に、蛇口をひねってしばらく流水で洗剤とつまりの原因である汚れを流し、排水トラップ、ゴミ受け、フタを元に戻せば完了です。

ご紹介した方法はすべて排水溝のフタやゴミ受け、排水トラップを外しておこなう、排水管に対して作用する方法です。しかし、外した3つの部品が汚れていてもつまりが再発するおそれがあります。

外した部品は洗剤と使わなくなった歯ブラシなどを使用して、きれいに汚れを落としてから元に戻しましょう。

それでもつまりが解消されない場合は?

ご紹介した方法は、軽度のつまりに有効なものから頑固なつまりを解消するものまでさまざまですが、すべてのつまりが解消できるわけではありません。

つまりの原因が排水管の奥のほうにあったり、床下の配管などでつまりが発生していたりする場合は、自力で解消させることができないケースが多いです。

そのようなときは、すぐに業者に相談して適切な方法で台所の排水溝つまりを解消してもらいましょう。

自分ではつまりの程度がわからず、対処に困るという場合でも、弊社ではご相談可能です。調査から見積り、つまり解消の作業までを迅速かつ徹底的におこなう業者をご紹介します。いつでもお気軽にお電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

台所の排水溝がつまる原因と今後の予防法

ここまでは台所の排水溝つまりを解消させる方法についてご紹介しました。しかし、つまりが発生する原因を知り、適切な対策ができれば、つまりを予防することができるでしょう。

台所の排水溝つまりが少しでも起こりにくくなるように、以下を参考にできることから実践してみましょう。

台所の排水溝がつまる原因は4つ!

台所の排水溝がつまる原因は4つ!

台所の排水溝がつまる原因はおもに4つです。どのようなものがつまりの原因になるのか解説します。

・油脂のかたまり
フライパンにしく油や肉などを焼いたときに出る油などは、直接排水溝に流すと、排水溝や排水管内部で固まってつまりの原因になることがあります。

・洗剤やせっけんカスのかたまり
調理器具や食器を洗う洗剤や、料理をするときに手を洗うためのせっけんなども台所で使用します。基本的には水に溶ける成分ですが、うまく溶け切らずに排水溝や排水管内にカスが残ってしまうと、つまりの原因になるのです。

・食材のカスやヌメリ
食材の切れはしなどが、排水溝や排水管に流れて溜まってしまうことがあります。それ自体もつまりの原因になりますが、油などと混ざるとヌメリが発生して、そのヌメリがつまりの原因になるおそれもあるのです。

・調味料のフタやスポンジなどの異物
調味料のフタやスポンジ、子供が誤って入れてしまったおもちゃなど、水に溶けない固形物が入り込むことで、つまりが発生する場合があります。固形物がつまった場合は、素人が無理に取り出すと、排水管を傷めるおそれがあるので、すぐに業者に相談しましょう。

台所の排水溝をつまらせないためにできること

台所の排水溝つまりは、台所使用後に10秒ほどお湯を流すだけでも、溶け残っている洗剤を溶かしたり、細かい汚れを流しきったりすることができるので、つまり対策になります。

ほかにも、排水溝に網目の細かいネットを取り付けたり、油を直接流さないようにしたりすることもすぐに実践できる対策です。

このように、日常的に実践できることをおこないつつ、週に一度くらいの頻度で排水溝や排水管を掃除して、汚れを溜めないようにしましょう。

ただし、日常的な対策をしていても、つまりが発生する可能性はあります。もしもつまりが発生してしまったら、ご紹介した6つの方法を一度試してみましょう。

それでも解消できないときは、プロの力を借りるのが一番です。すぐに弊社にご相談ください。全国各地に存在する加盟店から、ご要望にお応えする最適な業者を手配いたします。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較