水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 【トイレの水漏れ】床が濡れる原因と自分でできる修理方法をご紹介

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

【トイレの水漏れ】床が濡れる原因と自分でできる修理方法をご紹介

トイレで水漏れして床が濡れているときは、まずどこから水漏れしているのかを探りましょう。狭いトイレのなかでも、水漏れの原因となる場所は意外と多いのです。

水漏れ箇所を特定すると、細かな原因を突き止めることができます。水漏れの原因がわかって、無理なく修理できる範囲なら自分でおこなってみるのもよいでしょう。なかには簡単な修理で水漏れが解決することもあるのです。

しかし、水漏れの原因が特定できない場合や自分で修理することが困難な場合ももちろんあります。そんなときには水漏れ修理業者に任せましょう。

このコラムでは、トイレの水漏れで床が濡れる原因や対処法、業者に依頼したときの費用相場をご紹介しています。水漏れにお困りの方は、ぜひお役立てください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの水漏れで床が濡れるのは何が原因?

トイレに入ったら床が濡れていたとき、どこかから水漏れしているおそれがあります。狭いトイレ内でも、水漏れを引き起こす原因箇所は意外と多いのです。

水漏れを確認したら、必ず応急処置として止水栓を閉めて水の流れを止めてください。水漏れ箇所を特定しているあいだにも水漏れし続け、階下にまで影響してしまっては大変です。止水栓を閉めたら、まずはどこから水漏れしているのか原因を探ってみましょう。

1.タンクから水漏れしている場合

1.タンクから水漏れしている場合

便座の後ろにあるトイレタンクのなかには、便器に水を流すための水が貯えられています。タンクには、水位を調節する部品などがあります。この部品が劣化してしまうと、タンクから水漏れしてしまうおそれがあるのです。

2.タンクと給水管の接続部分から水漏れしている場合

タンクのなかに水を送る給水管の接続部分から水漏れすることがあります。タンクと給水管の接続部分はナットで固定されているため、ゆるんでいると、そこから水漏れしてしまうのです。また、接続部分にあるパッキンが劣化していると、接続部分を密閉することができずに水漏れすることもあります。

3.便器と床の接続部分から水漏れしている場合

トイレの床下には、便器からつながる排水パイプがとおっています。排水パイプがつながっている部分はフランジパテと呼ばれる部品で密閉されていますが、ここが劣化してしまうと隙間ができて床から水漏れするのです。

4.温水便座から水漏れしている場合

温水便座にある温水洗浄便座本体や、接続部分のパッキンが劣化していることでも水漏れします。温水洗浄便座本体は、10年ほどで寿命を迎えます。使用している温水便座が長期間使用しているものなら、故障や劣化が考えられるでしょう。

これらの原因箇所に該当しない場合や、確認してみてもどこから水漏れしているかわからないという場合には、水漏れ修理業者に原因を突き止めてもらうことをおすすめします。弊社では、全国にある加盟店のなかからお近くの修理業者をご紹介いたします。トイレの水漏れでお困りの方は、ぜひご連絡ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの水漏れを自分で直す方法

水漏れは、意外と簡単に自分で直せることがあります。トイレの水漏れで床が濡れている原因がわかったら、すぐに自分でできる対処をしましょう。ここからは、原因箇所ごとに水漏れを自分で直す方法をご紹介します。作業のまえには、必ず止水栓を閉めておきましょう。

1.タンクから水漏れしている場合

1.タンクから水漏れしている場合

タンク内部の部品を確認してみましょう。まずはタンクのフタを取り外します。外せないタイプのものなら開けられるところまでフタを持ち上げてください。タンク内には水を調節する部品や、便器へ水を送るときに必要な部品があります。

便器へ排水するための部品はゴムフロートと呼ばれ、鎖によってレバーとつながっています。レバーを動かすことで、ゴムフロートが持ち上がって排水して、もとの場所に戻ってフタをする仕組みです。

鎖がタンク内部で絡まるなどすると、必要な長さより短くなってしまうため、タンクにフタができなくなってしまいます。そうなると、タンクから便器へと水が流れ続けて溢れてしまうおそれがあるのです。鎖が絡まっていたら、もとに戻しましょう。

ほかにも、ゴムフロートや水位を調節するボールタップという部品が劣化していることがあります。部品が劣化していたら、新しいものに交換しましょう。

2.タンクと給水管の接続部分から水漏れしている場合

タンクの横にある給水管との接続部分のナットがゆるんでいるなら、締め直してみてください。それでも水漏れが止まらない場合には、ナットを外してパッキンを確認してみましょう。

パッキンが硬くなっていたり亀裂が入っていたりと劣化していたら、新しいパッキンに交換する必要があります。メーカーに問い合わせるか、ホームセンターなどで同じサイズのパッキンを購入して付け替えてください。

3.便器と床の接続部分から水漏れしている場合

便器と床のあいだから水漏れしている場合、施工時の設置の不具合やパッキンの劣化が考えられます。便器の接続部分に使用されているフランジパテを付け替える作業が必要です。

直すには便器を持ち上げなくてはいけません。一人での作業は難しいため、二人以上でおこなう必要があります。よほどDIYなどの作業に慣れている人でなければ、無理をして自分で修理をおこなうことは控えたほうがよいでしょう。

自分で直したい方に向けて、フランジパテの交換手順をご紹介します。最初にトイレの止水栓を閉めて、タンクや便器内が空になるように排水をします。次にタンクに接続された給水管と便器の接続部分についている部品も取り外してください。そのあとタンクごと便器を持ち上げます。

マイナスドライバーを使用して劣化したフランジパテを取り外したら、新しいものを溝にはまるように取り付けます。持ち上げていた便座をもとの場所に戻したら、外した部品を取り付けてください。タンクに給水管を接続したら作業完了です。止水栓を開けて一度水を流し、水漏れが解消したか確認してみてください。

4.温水便座から水漏れしている場合

温水洗浄便座から水が漏れている場合、止水栓の調節をしてみてください。止水栓が開きすぎていると、ノズルから水が出てきてしまうことがあります。それでも水漏れするなら、温水洗浄便座の接続部分にあるパッキンを確認しましょう。

パッキンが劣化していれば、同じものを用意して交換してください。また、温水洗浄便座本体に不具合がある場合は修理や交換が必要です。

自分で修理できないときは業者に依頼しよう

部品やパッキンの交換なら、自分でもおこなうことができるでしょう。しかし、フランジパテや温水洗浄便座本体の交換などの大掛かりな作業が必要な場合は、無理に自分で修理しようとするとケガをしたり、作業を誤って水漏れを悪化させたりしてしまうおそれもあります。

自分で修理できないと感じたら、一刻も早く水漏れを解決させるためにも業者に修理を依頼しましょう。弊社にご相談いただければ、水漏れ修理のプロを派遣いたします。お電話相談は24時間365日受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの水漏れを業者に依頼したときの費用相場

水漏れ修理を業者に依頼するとなると、まず気になることは依頼にかかる費用でしょう。ここからは、水漏れ箇所別の費用相場をご紹介します。

トイレの水漏れ修理の費用相場

トイレの水漏れ修理の費用相場

  • タンク内部の部品交換 6,000円~10,000円
  • 温水洗浄便座の交換 8,000円~10,000円
  • 便器交換 30,000~100,000円

便器を交換する場合の費用は、種類によって金額が大きく異なります。業者に修理を依頼する場合は、見積りをとって費用の確認をしましょう。適正な金額を知るためには、複数の業者から見積りをとって金額を比較してみることをおすすめします。

弊社では、見積りを無料でおこなう業者をご紹介しております。お見積り後に検討していただき、納得いただいたうえでご依頼ください。業者選びにお困りの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

トイレの床を濡れたまま放置するとどうなる?

トイレの水漏れで床が濡れているとき、すぐに対処せず放置してしまうと、床の素材にまで影響してしまいます。床が水によって腐食したり、カビが生えたりするおそれがあるのです。床の張替えが必要になってしまうと、水漏れ修理以外にも費用がかかってしまいます。

トイレの水漏れを発見したら、床や階下などに被害を拡大させないためにも早急に対処しましょう。部品交換などの簡単な作業であれば自分でおこなうことも可能です。作業に自信のない方や、水漏れ原因が特定できない場合などは、迷わず業者に相談して、一刻も早く水漏れを解決しましょう。

弊社では、全国にある加盟店のなかからご要望に応じて水漏れ修理業者をご紹介いたします。深夜でもお電話受付していますので、トイレの水漏れで床が濡れているなどのトラブルの際にはお気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較