水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのタンクに水が貯まらない原因と自分で修理する方法を解説!

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレのタンクに水が貯まらない原因と自分で修理する方法を解説!

トイレのタンクに水が貯まらない問題を解決するためには、まずどのような原因があるのかを知っておく必要があります。水が貯まらなくなる原因のなかには簡単に直せるものもあります。しかし、原因にはさまざまなものが考えられるため、的確に早く問題を解決するには、可能性の高い原因から確認していきましょう。

このコラムでは、トイレのタンクに水が貯まらない原因から可能性の高いもの4つとその他の原因、それらの修理・解決法を紹介しています。ご自身で解決したい場合には、ぜひお役立てください。

トイレのタンクに水が貯まらない主な原因は4つ!

トイレのタンクに水が貯まらない主な原因は浮き球、ボールタップの不具合、水道管の凍結で、ボールタップの不具合はさらに2つの原因に分かれます。ここではトイレのタンクに水が貯まらない原因となる可能性が高い、これら計4つの原因について詳しく解説します。

トイレのタンクに水が貯まる仕組み

トイレのタンクに水が貯まる仕組み

原因の解説に入る前に、トイレのタンクに水が貯まる仕組みについて理解しておきましょう。

トイレにつながる水道管は、タンク内の「ボールタップ」という蛇口のような役割の部品につながっており、ボールタップはタンク内の水量で上下する「浮き球」によって開閉されます。この2つの部品によって、水量が減ると給水が始まり、水量が一定量に達すれば給水が止まる仕組みになっています。

つまり、トイレのタンクに給水されていない場合、浮き球かボールタップ、もしくは水道管になんらかの不具合が生じている可能性が高いのです。

【原因その1】浮き球の動作不良

考えられる原因の1つめは、浮き球がうまく動いていないことです。一度手で浮き球を下げてみて給水されるかどうか確認しましょう。問題なく給水されれば原因は浮き球であったことがわかります。

【原因その2】ボールタップ:フィルターの目詰まり

浮き球を下げても給水されない場合、次に考えられる原因はボールタップですが、そのなかでも原因となる部品は2つあります。1つはボールタップ内部にある、フィルター(ストレーナー)の目詰まりです。

ボールタップ内部には水道管のサビやゴミがタンク内に混入しないようにするフィルターがあり、このフィルターの目詰まりが原因で給水されなくなることがあります。とくに、築年数の長い建物の場合、水道管の内部がサビていることが多く、何かの拍子にサビが一気に流れ込んで急に詰まってしまうことがあるのです。

【原因その3】ボールタップ:ダイヤフラムの劣化

ボールタップが原因で給水されない場合のもう1つの原因は、ダイヤフラムと呼ばれる部品の劣化です。ボールタップには、単一機械式とダイヤフラム式というものがあります。

単一機械式は、浮き球で直接ピストンバルブを動かして開閉するというもの。ダイヤフラム式は、ダイヤフラムという給水管の水圧を制御する部分とボールタップを上手く利用することで、給水・止水をコントロールしています。

ダイヤフラム式の場合、ダイヤフラムの部分が劣化すると開閉がうまくできなくなり、タンクに水が貯まらなくなってしまうのです。タイヤフラムの耐用年数は、メーカーによって異なりますが、およそ5年とされています。水道管のサビによる詰まりが考えにくい場合は、ダイヤフラムの劣化が原因かも知れません。

【原因その4】水道管の凍結

浮き球に問題がなく、水道管とボールタップ、どちらも新しい場合に考えられるのは、水道管の凍結です。

最低気温がマイナス4℃以下になる地域の場合、屋外にある水道管が凍結してしまう場合があります。年末年始の帰省など、数日間留守にしたあとに給水されなくなった場合は、凍結が原因だと考えてよいでしょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレのタンクに水が貯まらない原因はほかにも!

トイレのタンクに水が貯まらない原因がさきほど挙げた4ついずれにも当てはまらない場合、ほかに考えられる原因があります。可能性としては高くありませんが、念のため確認してみるとよいでしょう。

止水栓や元栓が閉まっている

止水栓や元栓が閉まっている

まず、止水栓や元栓が閉まっていないか確認しましょう。トイレタンクにつながる水道管の途中にある止水栓や元栓が、何らかの理由で閉まっているかもしれません。

止水栓はトイレタンクから伸びる配水管をたどれば見つかるはずです。元栓は敷地内の水道メーターの近くや、マンションなどであれば玄関前の扉の中で見つけることができます。

断水している

自宅周辺で水道工事がおこなわれている場合、断水をしている可能性もあります。しかし、ほとんどの場合事前に通知がくるため、忘れていた場合を除けば、断水に気づかないことはあまりないでしょう。

水道管の破損

これも可能性としては低いですが、何らかの事故や災害でトイレにつながる屋外の水道管が破損している可能性も否定できません。地震や台風のあとであれば、確認してみるとよいでしょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレのタンクに水が貯まらないときの修理方法

ここまでご紹介したところを確認すれば、ほとんどの場合、原因は特定できるはずです。ここからは、はじめに解説した4つの原因に対する修理方法を解説していきます。ご自身で修理できるものがほとんどですので、工具と部品が準備して修理してみるとよいでしょう。

浮き球の動作不良の修理

浮き球の動作不良の修理

トイレタンクのフタを外し、浮き球を手で押し下げます。問題なく給水されたら、そのまま給水が終わるまで待ち、浮き球がタンクの内壁や部品に引っ掛かっていないか確認します。

引っ掛かりがある場合は浮き球や引っ掛かっている部品の位置を調整します。調整方法は製品によって異なるため、取扱説明書を確認しましょう。浮き球は給水量の調整にも関わっているため、失敗すると詰まりや水漏れなどのトラブルにつながる場合もあります。正しい方法で調整しましょう。

引っ掛かりがないのに浮き球が下がらない場合、浮き球とボールタップの接続部、ボールタップやアーム部分のサビや汚れによって動きが悪くなっていることが考えられます。汚れやサビがあればブラシなどで清掃し、正常に動作するか確認しましょう。

フィルターの清掃

フィルターの目詰まりが原因の場合、フィルターを清掃します。フィルターは取り外せるようになっていますので取り外し、水洗いをしておきましょう。

取り外す前には、止水栓を閉めるのを忘れないようにしましょう。また、製品によってはロックがかかっていたり、フィルターの位置が異なる場合があります。取扱説明書を確認してから取り外すようにしてください。

ダイヤフラムの交換

ダイヤフラムの劣化が原因である場合、交換をする必要があります。新品のものはホームセンターや通販で、1000円以下で購入できることが多いです。ただし、その際はご自身のトイレに適合する部品を選ぶ必要があります。取扱説明書を参照して交換部品の品番を確認して購入するようにしましょう。

またダイヤフラムの交換をおこなう場合も、止水栓を閉めてから作業してください。

まずは浮き球を取り外し、ダイヤフラムを固定しているナットを取り外します。するとダイヤフラムが取り外せるようになりますので、新しいものと交換します。そのあと、部品、止水栓を元に戻せば終了です。

水道管を解凍する

水道管が凍結している場合、水道管内の水を解凍する必要があります。もっとも簡単なのはぬるま湯を少しずつかける方法です。屋外にあるトイレの水道管は凍結防止のために断熱材でおおわれています。断熱材を外し、水道管に直接ぬるま湯をかけましょう。タオルで巻いてからかけるとより効率よく解凍できます。

この際注意しなければならないのは、必ずぬるま湯(40℃前後)を使うようにすることです。水は凍ると膨張するため、凍結している水道管にはただでさえ強い圧力がかかっています。熱湯をかけると水道管自体の熱膨張による圧力も加わり、水道管が破裂してしまうおそれがあるのです。

原因不明の場合

今回紹介した修理方法を試しても解消されない場合、あるいは原因がわからない場合は業者に相談しましょう。トイレだけではなく、水道管のほかの部分に原因がある場合もあります。

その場合は原因の特定や修理が困難であることもあり、へたにいじってさらに破損、悪化させてしまうおそれもあります。少しでも作業に不安のある場合や原因が不明瞭な場合は無理に作業せず、プロの業者に点検、修理してもらいましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

まとめ

今回はトイレのタンクに水が貯まらないときの原因と修理方法について解説してきました。ほとんどの原因はトイレタンクの部品にあることが多く、工具と部品さえあればご自身で修理することができます。修理する際には部品の破損に十分気を付けながら作業しましょう。

原因の特定や修理ができない、自信がない場合は業者に依頼するようにしましょう。費用はかかりますが、さらに悪化させてしまったり、時間をムダにしてしまうよりは、結果的にお金も時間もかかりません。また、自分で修理するよりも再発の不安がなく、安心して過ごせるでしょう。

業者選びをする際は弊社にご相談ください。無料で全国各地の加盟業者をご紹介しております。現地調査、お見積りも無料で、できるだけ安い業者、すぐに対応してくれる業者、実績のある業者など、ご希望に沿う業者をご紹介させていただきます。24時間受け付けておりますので、お急ぎの場合もお気軽にご相談ください。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較