水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 排水管・排水口のトラブル > 排水口に物を落とした!届かない場所まで流れていった場合の解決方法

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

排水口に物を落とした!届かない場所まで流れていった場合の解決方法

キッチンや洗面所の排水口に物を落としたときは大変ですよね。大切な指輪などでしたら、取り出せるかどうか心配ですし、取れなくなった場合、どうなってしまうのか不安になることでしょう。

排水口に物が残ったまま放置しておくと、詰まってしまい故障するおそれがあるのです。そのため、なるべく早く取り出すことが必要です。

そこで今回は、排水口に物を落としたときの解決方法をご紹介します。知っておけば、排水口詰まりの故障を防げるでしょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

排水口に物を落とした!キャップなど目に見える範囲の対処法

キッチンや洗面所で物を落としたとき、排水口のどのあたりに落としたかによって対応はことなってきます。もし排水口の入口付近に落とした場合は、ご自身で取り出せるかもしれません。ここでは、排水口のから落とした物が見えている場合の取り出し方をご説明しますので、一度お試しください。

落としたのはキャップ?指輪?

落としたのはキャップ?指輪?

落とした物のサイズによっては、排水口の入口付近にとどまっているかもしれません。ピアスなどサイズの小さいものを排水口に落として、そのまま排水管の中まで入りこんでしまった場合、なかなか取り出すのは難しいでしょう。しかし、指輪やキャップなどの場合、排水口の目の見える範囲に引っかかっていれば、取り出せる可能性があります。

大切なことは、排水口に物を落としたときは絶対に水を流さないでください。入口付近にとどまっている物が、さらに排水口奥に流れて取り出しにくくなるおそれがあります。

【取り出し方1】素手で取る

排水口から落とした物が見えるときは、素手で取ることができる場合もあります。しかし排水口の種類によっては、幅が小さく指が入らないことがあるため、たとえ目で見ても取れないこともあるでしょう。

【取り出し方2】掃除機で取る

落とした物がそれほど重くなければ、掃除機で吸い上げることができるかもしれませんので、一度お試しください。方法は掃除機のホースの先にストッキングや薄い布をかぶせて、排水口の中に入れて吸い込みます。落とした物がホースの先にくっついた感覚があれば、電源を入れたままホースを引き上げます。

【取り出し方3】キリ・ドライバーを使う

先端が細い道具を使って、排水口に落ちた物を取り出すことができる場合もあります。ご自宅にキリやドライバーなどがあれば、試してみてください。

方法は、キャップの中央にキリやドライバーを貫通させて引き上げるだけです。しかし洗面台は陶器製の物がほとんどです。キリやドライバーで洗面台を傷つけないようにして作業してください。

大事なアクセサリーが届かない場所に……

排水口の入口付近に物が見えていて、これまでにご説明した方法でもってしても取り出せなかった、ということもあるかもしれません。アクセサリーなど、大切にしている物を安全に傷をつけずに取り出すためにも、業者に依頼することもぜひご検討ください。

弊社は年中無休で受け付けをおこなっておりますので、いつでも気軽にお問い合わせください。お見積りは無料で作成させていただいており、複数の業者から相見積りをとるサービスもございます。また、お見積り後は追加料金をいただいておりません。ぜひご利用くださいませ。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

排水口に物を落とした!見えないところまで流れていった場合の対処法

排水口の入口付近に物を落としたのであれば、すぐに簡単に取り除くことができるかもしれません。しかし、排水口から見えない場合は、奥まで流れていってしまっている場合があります。この場合は、排水管を外して取り出してみましょう。

自力で取り出し作業をするための道具

自力で取り出し作業をするための道具

排水管を分解するために、ドライバーやモンキーレンチ、バケツ、雑巾、古布、ゴム手袋を用意します。どれもホームセンターで入手が可能です。

排水管は洗面台やキッチン下に配置されているので、かがんだ姿勢で作業をします。無理な姿勢でも力を入れやすいように、ドライバーやモンキーレンチ、ゴム手袋を使うとよいでしょう。

排水管を取り外したときに、残っている水が周囲にこぼれるおそれがあります。あらかじめ雑巾や古布を排水管の回りに敷いておいたり、排水管を外した後はすぐにバケツを真下に置いたりすると水濡れを防げるでしょう。

排水管の分解をしてみよう

道具が用意できたら、キッチンや洗面台下の排水管を分解してみてください。分解するときは必ず水を止めてからおこなってください。

排水管は数か所大きなネジやナットで取りつけられていますので、そこをゆるめて分解します。樹脂のネジであれば自力でゆるめることができるかもしれませんが、金属であればうまく力が入らず分解ができないかもしれません。そこでドライバーやモンキーレンチを使うと楽に作業ができるでしょう。

排水管にトラップ(曲がり)がある場合

排水菅にトラップがある場合は、落とした物がそこでとどまっている可能性があります。トラップは、排水管の途中に設置されている部分で、S字やP字、U字などの形をしています。

トラップは、汚れや汚臭がシンクや洗面ボウルにあがってこないようにするために曲がっているのですが、そこに物がとどまることがあるのです。トラップがある排水管を分解したときは、曲がりの部分もよく見て探すようにしてください。

自分で対処するリスク

排水口に落とした物を拾おうとして無理に探ろうとすると、拾えないばかりか、かえって故障を招いてしまうことがあります。針金などを排水口に差し込むと、排水管を傷つけてしまうおそれがあるのです。

落とした物が目で見えないほど奥にいってしまったときや、先ほどご紹介したような方法でも簡単に拾えないときは、ご自身で無理におこなわないようにしましょう。物の取り出しは、業者に依頼することをおすすめします。

業者は水回りに対する知識が豊富ですし、さまざまな事例に対応できるように特殊な工具を持っています。故障のリスクなく安全におこなってくれることでしょう。

業者に依頼したときの費用相場

排水口に落とした物を取り出す作業を業者に依頼したときの費用の相場は、落とした物にもよりますが、作業費が6,000~8,000円、出張費は3,000円前後です。排水管を分解して物を取り出し、元通りに排水管を戻す作業をおこないます。しかし、狭い場所や取り出しに時間がかかる場合は、特殊作業費として追加費用が発生することもあります。

弊社加盟店業者は排水管に関するさまざまな事例に対応しております。「排水口に物を落としたけど、もうダメかな……」と思うかもしれませんが、まったく諦めてしまうよりも、まずは一度弊社にお手伝いをさせてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

排水口に物を落とさないための対処法

排水口に物を落としたら、その後の対応に手間がかかるので今後は避けたいものです。ここでは、排水口に物を落とさないための対処法をいくつかご紹介します。

【対処法1】ヘアキャッチャーを取りつける

【対処法1】ヘアキャッチャーを取りつける

ヘアキャッチャーとはその名のとおり、排水口に流れないように髪の毛などの汚れを集めるフィルターです。万が一洗面台に物を落としても、ヘアキャッチャーで止めることができます。

ヘアキャッチャーはホームセンターなどで、数百円で購入できます。設置しておいて排水口に物を落とすのを防ぎましょう。

【対処法2】水回りに小物を置かない

水回りに小物を置かないようにするためには、習慣をつくるのがおすすめです。例えば洗剤のキャップを外すときは手に持ったまま、あるいは落とさない場所においておく習慣をつけると、物を落とさなくなります。

【対処法3】アクセサリーを外して家事や洗面をする

キッチンや洗面台を使うときは、アクセサリーを外すようにしましょう。水回り以外の場所に小物入れを用意して、そこに毎回アクセサリーを入れると、外す習慣ができます。

万が一排水口に物を落としてしまったら…

いろいろな対策をしてもなにかの拍子に、排水口に物を落としてしまうことあるものです。しかし、排水口に落とした物を放置しておくのは、詰まりや故障の原因になります。

これまでご説明した方法でも、もしご自身では取れなかったときは業者に依頼することをおすすめします。そのときはぜひ弊社におまかせくださいませ。弊社に加盟する優秀なスタッフを派遣して対応させていただきます。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較