水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレの水がなくなる原因と対処法|臭いのは封水切れ!いますぐ解決

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの水がなくなる原因と対処法|臭いのは封水切れ!いますぐ解決

トイレの水がなくなる原因はさまざまあります。原因を大きく分けると2つで、トイレタンクに問題があるか、便器に問題があるかのどちらかがほとんどでしょう。トイレの水がなくなると、排水管から悪臭が漂ってくることもあるので、放置せずにできるだけ早く対処しておきたいですよね。

そこで本コラムでは、トイレタンクに水がないときの原因と、便器の水がないときの原因に焦点を当てて、考えられる原因と対処法をご紹介していきます。また業者に依頼するときのポイントなども解説しているので、業者を利用する際は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレタンクに水がないときの原因と対処法

ここでは、トイレタンクの水がなくなってしまう原因と対処法についてご紹介していきます。トイレの水がなくなる原因をしっかりと把握して改善しましょう。

【応急処置】とりあえず今、水を流したい!

【応急処置】とりあえず今、水を流したい!

トイレの便器に水がないときは、応急処置としてバケツにたくさん水を入れ、便器に勢いよく流し込むことで、水と一緒に流すことができます。しかし、1回分は流せたとしても、トイレの水がない状態が長く続くと、別の不具合が生じることがあるので、できるだけ早く改善しなければなりません。

原因1.止水栓を閉めている

トイレタンクの水がなくなってしまう原因として、止水栓が閉まっていることが挙げられます。止水栓とは、トイレタンクに水を給水するための蛇口のことをいいます。止水栓が閉まっていると、正しくトイレタンクに水を送ることができなくなります。そのため、もし止水栓が閉まっている場合は、すぐに開けるようにしましょう。

トイレタンクの止水栓は右に回すと閉まり、左に回すと開けることができます。止水栓を開けるときには、マイナスドライバーが必要になることがあるので、事前に用意しておくとよいでしょう。

原因2.ゴムフロートがうまく可動していない

通常トイレの水は、レバーをひねると、タンク内のゴムフロートが持ち上げられて、便器内に水を流すことができる仕組みになっています。しかし、タンク内にあるゴムフロートを持ち上げる鎖が損傷していたり、途中で切れていたりすると、うまく水を流すことができなくなります。またゴムフロートに水アカやゴミが付着していると、レバーをひねっても持ち上がらないことがあるでしょう。

ゴムフロートを持ち上げる鎖が傷んでいる場合は、新しい鎖に交換するとよいです。トイレタンクの鎖はホームセンターなどにいくと購入することができます。また、ゴムフロートにゴミなどがついている場合は、きれいに取り除くことで解消することができます。ゴムフロート本体が劣化しているときは、ゴムフロートを交換するとよいでしょう。

原因3.浮き球がタンク内で引っかかっている

トイレタンク内に設置されている浮き球は、タンク内の水量を調整する役割を果たしています。浮き球がタンク内の一定の位置から下がれば止水栓から水が給水され、一定の位置に達すれば止水栓からの給水が止まる仕組みになっています。

浮き球が壁などに引っかかっていると、うまく水量を調整できなくなってしまいます。そのため、浮き球が引っかかっている場合は、元の位置に戻してあげるようにしましょう。

原因4.ボールタップが故障している

ボールタップとは、トイレタンク内の水を調整している水栓のことをいいます。浮き球の根元部分で、給水の弁の開閉をしてタンク内の水量を調整しています。水アカやゴミが付着していると、うまくボールタップが機能しなくなります。そのため、ボールタップを取り外して、ブラシなどできれいに掃除したり、新しいものに交換するとよいでしょう。

トイレトラブルが起きたら早めにお電話を!

トイレの水がなくなる原因がトイレタンクにあるとわかったら、すぐに対処して、水がきちんと流れるようしましょう。しかし自分で対処できない場合は、できるだけ早く業者に相談するようにしましょう。

弊社では、全国のさまざまな業者と連携して、ご要望に合った業者をご紹介しています。水回りのトラブルでお悩みの方は、すぐにお電話をしてみてください。弊社は、24時間365日いつでも電話対応を受け付けております。お困りの際は、早めにお電話をすることでスピーディーに解決することができます。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

封水切れでトイレの水がなくなったときの原因と対処法

これまで、トイレタンク内の原因や対処法についてみてきました。ここでは、トイレの便器に張られている水である、封水がなくなってしまった場合の原因と対処法についてみていきます。封水は、排水路から漂ってくるにおいの蓋をする役割があります。封水がなくなってしまうと、排水路から悪臭が漂ってくることもあるため、早急に対処するようにしましょう。

原因1.異物や汚れでつまっている

原因1.異物や汚れでつまっている

排水管にトイレットペーパーや髪の毛などが溜まってしまうと、トイレの封水がなくなる原因になってしまいます。これは、トイレットペーパーや髪の毛などの細かい繊維がトイレの水を吸い上げてしまうからです。このような現象は毛細管現象と呼ばれています。

もしトイレの封水が少ないと感じたら、バケツで勢いよく水を流してみることや、お湯を流してみると効果的でしょう。または、ラバーカップを使用するとよいです。ラバーカップとは、スッポンとも呼ばれており、おもにトイレやお風呂場などのつまりを解消する道具のことをいいます。

ラバーカップを使うときは、まずはじめに、トイレの止水栓を止めて放置し、便器の水を減らします。そしてラバーカップを排水口に密着させて、ゆっくりと押し込んだ後に、勢いよく引っ張るとよいでしょう。ラバーカップを使用するときは、水が飛び散ったときのために、周りに新聞紙などを敷いておくと安心です。

原因2.自己サイフォン作用で水がなくなる

通常、トイレの水は排水管がS字型になっているため、自然と水が溜まる構造になっています。しかし、トイレの水を流したときの勢いが強いと、封水が溜まらなくなってしまうことがあるのです。これを自己サイフォン作用と呼びます。

自己サイフォン作用の応急処置としては、バケツに水を入れて、直接水を流し込むとよいでしょう。勢いよく水を流し込むと水が溜まらないので、ゆっくりと水を溜めていくようにしましょう。

しかし、トイレの流す水の勢いが常に強いと、何度も自己サイフォン作用が起こる可能性があります。これを放置しておくと、便器の封水がなくなってしまい、下水道から悪臭が漂ってくることがあるでしょう。そのため、自己サイフォン作用を抑えるためには、流れる水の勢いを調整するとよいです。もし解決しないようであれば、排水管の交換が必要かもしれません。その場合は業者に相談してみましょう。

原因3.気圧の変化によって水がなくなる

マンションやアパートに住んでいる方は、排水管の気圧の変化によって、トイレの封水がなくなることがあるようです。マンションの上の階の人がトイレで大量の水を流すと、水が流れる力によって、排水管内の空気圧が変化します。空気圧が変化して、排水管の気圧が低くなると、トイレの水がなくなってしまうのです。

排水管内の空気圧の変化に対応するには、通気管を設置して外から空気を入れることや、排水管の大きさを変更するとよいです。しかし作業をおこなうには、専用の器具などが必要になってくるので、自分でやらずに大家さんや業者に相談するとよいでしょう。

原因4.蒸発によって水がなくなる

留守などで、長い間家にいない場合、トイレの水を流していないと、蒸発してしまうことがあり、トイレの水がなくなってしまうことがあります。とくに夏場は、多くの水が蒸発してしまうことがあるでしょう。もし蒸発によって水がなくなった場合は、トイレの封水に水を補充するとよいでしょう。

故障かも?そんなときは「水110番」へご相談ください!

トイレが正常に流れなくて困っている方は、もしかしたら故障しているかもしれません。そんなときは、弊社にご連絡をしてみることをおすすめします。

弊社はトイレをはじめとする、水回りのトラブルに対応したさまざまな業者と連携しております。24時間365日いつでも電話対応をおこなっておりますので、お困りの際は業者がすぐに現地まで駆け付けて解決をいたします。まずはお気軽に一度、お電話をしてみてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレトラブルを業者依頼したほうがよいケース

ここまで、トイレのトラブルを、トイレタンクに原因があるパターンと、封水に原因があるパターンに分けてみてきました。ここでは、業者に相談したほうがよい判断基準や料金相場などをご紹介していきます。

自分で直せるかどうかの判断基準

自分で直せるかどうかの判断基準

トイレのトラブルは放置しておくと、排水管ごと交換などになってしまうことがあるため、できるだけ早く対処することが大事です。トイレタンクに原因がある場合は、タンク内を見て、汚れを落としたり、各部品を交換することで、正常に可動させることができるのであれば、自分で直してしまいましょう。

しかし、トイレタンク内の部品交換は、慣れていないと不安でしょう。もしむずかしいと感じた場合は、業者に依頼してみましょう。

便器の排水管がつまっている場合、そのつまりが紙類であると確信できるときは、ラバーカップなどを使って自力で直すとよいです。しかし、それ以外の大きな異物がつまっている場合は、業者に依頼して直してもらいましょう。

業者依頼したときの料金は?

トイレのトラブルを業者に依頼した場合の料金は、8,000~20,000円くらいが目安となっています。しかし、トイレトラブルの状況によっても料金は異なるため、事前に業者のホームページなどで、サービス内容や料金体系を確認しておくようにしましょう。

信頼できる業者を選ぼう

信頼できる業者を選ぶコツは以下のとおりです。ぜひ参考にしてみてください。

  • 丁寧で迅速に対応してくれる
  • 無料で現地調査をおこなってくれる
  • 見積り料金が明確に設定されている
  • アフターサービスが充実している

トイレの水をなくならせないための予防法

トイレの封水がなくなるのを防ぐためには、以下のような点に注意することが重要です。ひとつずつ確認していきましょう。

・一度に大量のものを流さない
一度に多くのトイレットペーパーなどをトイレに流してしまうと、つまりの原因になってしまうことがあります。トイレットペーパーがつまってしまうと、トイレの水を吸い込んでしまいます。そのため日ごろから、トイレに大量にトイレットペーパーやゴミ類などを流さないように意識することが大事です。

・トイレタンクのメンテナンスをおこなう
長年トイレを使っていると、トイレタンクが汚れてしまい、正常に機能しなくなることがあるかもしれません。そのため、トイレを掃除するときに、トイレタンク内も一緒に確認するとよいでしょう。

しかし、どれだけ予防をしていても、トラブルに見舞われてしまうこともあるかもしれません。そんなときは、ぜひ弊社にお電話をしてみてください。弊社に加盟した全国の業者が、ご要望にお応えして、すぐに解決へと導きます。まずは、お気軽にお電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較