水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 蛇口のトラブル > 水漏れの応急処置|場所別の方法と修理について「配管・蛇口・天井」

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

水漏れの応急処置|場所別の方法と修理について「配管・蛇口・天井」

水漏れの応急処置をするには、まずは元栓を閉めるとよいでしょう。元栓を閉めることで、水が流れるのを止めることができ、とりあえずは水漏れを処置することができます。また、漏れた水で床や壁が濡れていたら、すぐに雑巾やタオルなどで拭きましょう。そうしないと、建材が傷んでしまうことがあります。

本コラムでは、「配管」「蛇口」「天井」といった3つに分けて、水漏れの応急処置の方法をご紹介します。あくまで自分でできる最低限の応急処置なので、作業が終わったら、すぐに本格的な修理をおこなうようにしましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

「配管」の水漏れ応急処置

ここでは、配管から水漏れをしている場合の応急処置についてみていきます。どこから水漏れが起きているかをきちんと把握して、適切な応急処置をおこないましょう。

排水管・給水管どちらから水漏れしている?

排水管・給水管どちらから水漏れしている?

一般的な家庭で使われている配管には2種類あり、それぞれ『給水管』と『排水管』と呼ばれています。給水管は使う前のきれいな水が出る配管で、排水管は使った後の水が流れていく配管です。それぞれ、どちらから水漏れをしているかを確認することで、応急処置の仕方が変わってくるので、しっかりと把握しておきましょう。

「排水管」の水漏れ応急処置

排水管から水漏れが見られたら、とりあえず水が流れきるまで待ってみましょう。水の使用を一時的に控えることで、排水管からの水漏れは収まることがあります。

水が流れきるまで待つ間は、水漏れ箇所の真下に雑巾やバケツなどを置くようにしましょう。床や壁が濡れないようにすることで、建材が傷むのを防ぐことができます。

水の流れが止まったあとは、配管補修用のテープを巻いて、水漏れ箇所を塞ぎましょう。配管補修用のテープは、水で濡らしてから使用するタイプや、そのまま使用できるタイプなどさまざまな種類があります。そのため、自分が使いやすいと思ったものを選ぶようにしましょう。

具体的な巻き方はとても簡単で、水漏れが発生しているところに、直接きつく何周もぐるぐると巻き付けるだけで大丈夫です。

「給水管」の水漏れ応急処置

給水管から水が漏れている場合、蛇口を止めても水が溢れてきます。そのため、まず最初に給水管に水を通さないように、水道の元栓を閉めてしまいましょう。また、キッチンやシンクの下などに、目視で水漏れが確認することができる場合は、それぞれの給水管についている止水栓を閉めるとよいです。

元栓を閉めるときは、時計回りに回すと水を止めることができます。元栓や止水栓を止めると、給水管に水を通さなくなりますが、現時点で給水管に残っている水は漏れ続けるので注意しましょう。もし水漏れが気になる方は、漏れている部分に配管補修用のテープを巻きつけるとよいです。

しかし、テープをいくら巻きつけても、水漏れを抑えられない場合もあるでしょう。そのときは、水漏れが起きている場所に、雑巾やバケツを置いて、床が水浸しになってしまうのを防ぐようにするとよいです。

補修テープを使えば直さなくてもいい?

配管補修用のテープを使うことで、一時的に水漏れを止めることができます。しかし、配管がつまって水漏れを起こしている場合は、いくらテープで補修しても水漏れが収まらないことがあるでしょう。そんなときは、無理をせずにすぐに水道業者に相談してみましょう。

弊社は全国のさまざまな業者と連携して、ご要望に応じた業者をご紹介しています。水回りのトラブルに対応した優良な水道業者を取り揃えておりますので、ご安心ください。急な水漏れにお悩みの方は、まずは一度お電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

「蛇口」の水漏れ応急処置

蛇口の水漏れの応急処置として始めにするべきことは、水漏れを起こしている蛇口の止水栓を閉めることです。しかし、蛇口の水漏れは、種類や箇所によって修理方法が異なります。そこでここでは、蛇口の各部品から水漏れが発生しているときの応急処置や修理方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

蛇口の水漏れは自分で直せる?

蛇口の水漏れは自分で直せる?

蛇口から水漏れが発生している場合、どこから水が漏れているのか、原因を追及することで自分で直すことができます。しかし蛇口の水漏れは、原因となる場所が1ヶ所とは限りません。また、水漏れの発生場所に適した修理をおこなわなければならないため、自分で直すのがむずかしいと思ったら、すぐに水道業者に相談してみるとよいでしょう。

自分で直せる蛇口の修理方法

蛇口から水漏れが発生している場合は、まずは素早く蛇口を止めることが大事です。ここでは、水漏れの原因として考えられる場所について説明していきます。蛇口のタイプによって修理方法が異なるので、その前に蛇口の種類について説明しておきましょう。

一般的な家庭で使われている蛇口には、レバータイプとハンドルタイプの2種類があります。レバータイプの蛇口は、レバーを上下左右に動かすことによって水量や温度を調節できるものです。一方、ハンドルタイプの蛇口は、温水と冷水といった2つの蛇口があり、それぞれの蛇口を調整しながら回すことで、水量や温度を調節することができます。

どちらの蛇口のタイプも、水漏れが起きた場合の修理方法はそれほど変わらないので安心してください。それでは、蛇口の水漏れが発生する原因となる場所と修理方法についてみていきます。

1.吐水口
吐水口とは、水やお湯が出る口のことをいいます。蛇口を閉めているのに、吐水口から水がポタポタと漏れている場合は、吐水口が原因と考えられるでしょう。具体的な修理方法は以下のとおりです。

・レバータイプの場合
蛇口に取り付けられているネジやレバー、カバーをすべて外します。蛇口のカートリッジを交換したら、最初に外した各部品を取り付けるとよいです。

・ハンドルタイプの場合
蛇口のハンドルの下についているナットを外して、ハンドルを取り外します。そのあとに、蛇口のスピンドルとケレップを交換します。スピンドルは、蛇口のハンドルを回すと上がる部品のことです。一方、ケレップは、吐水口へ水が流れるのをせき止めている部品のことをいいます。これらの部品を新しいものに交換したら、ハンドルを再び取り付けましょう。

2.レバー・ハンドルの下
蛇口から水を出しているときに、レバーやハンドルから水漏れが起こっている場合は、この部分に原因がある場合が多いです。レバーの場合は、蛇口内部のカートリッジやパッキンの損傷、ナットの緩みなどが原因であることが考えられます。ハンドルの場合も同じように、パッキンやナットが原因のことがあるようです。

レバーの下から水が漏れている場合は、蛇口のネジ、レバー、カバーの順番に取り外しましょう。取り外したら、カートリッジを新しいものに交換して、取り外したときとは逆の順番で各部品を取り付けていくとよいです。

ハンドルの下から水漏れが発生している場合は、モンキーレンチなどの工具を使って、ハンドルを分解します。そして、ハンドルの真下にある三角パッキンと呼ばれるゴム製の部品を交換しましょう。交換を終えたら、最初とは逆の順番で各部品を取り付けていきます。

3.スパウトの付け根
スパウトの付け根とは、吐水口とレバー・ハンドルを繋いでいる部分のことをいいます。水を出しているときに、スパウトの付け根部分から水が漏れていることがあります。レバータイプの場合はバルブカートリッジやパッキンの経年劣化、ハンドルタイプの場合はパッキンやナットが劣化していることが原因と考えられるでしょう。

レバータイプの場合は、ネジ、レバー、カバーの順番で取り外し、新しいパッキンやカートリッジに交換するとよいです。

ハンドルタイプの場合は、付け根のナットを緩め、スパウトを取り外しましょう。そしてパッキンを新しいものに交換したら完了です。

最後は、レバータイプ・ハンドルタイプ同様に、取り外した逆の順番で各部品を取り付けるとよいでしょう。

4.蛇口本体の付け根
蛇口本体から水漏れが発生しているときは、パッキンやシールテープが損傷・劣化していたり、ネジやナットが緩くなっていたりすることが原因として挙げられるでしょう。シールテープとは、部品の隙間から水が漏れてこないように巻いてあるテープのことです。

修理をする際は、レバータイプ・ハンドルタイプ同様に、古くなったパッキンやシールテープを新品のものに交換します。シールテープは本体に6~7回程度巻くとよいでしょう。パッキンとシールテープを装着し終えたら、各部品を取り付けて完了です。

蛇口の修理を業者に依頼したときの費用相場

蛇口の水漏れ修理を水道業者に依頼した場合、かかる費用は4,000~30,000円程度となっております。費用相場が幅広くなってしまう理由は、水漏れの原因や修理方法などが異なると、それに応じて料金も違ってくるためです。

基本的な料金の内訳は「基本料金+作業料金+出張費」となっています。しかし業者によっては、作業料金や出張費などは安く抑えることができるので、複数の業者から見積りをとって検討することをおすすめします。

弊社では、全国各地の水道業者と連携して、ご要望に合わせた業者をご紹介しています。できるだけ多くの業者の見積りをとって、相見積りをおこなうことで、格安で高品質なサービスをおこなっている業者に巡り合えるでしょう。水漏れトラブルでお悩みの方は、一度お気軽にお問い合わせください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

「天井」の水漏れ応急処置

天井から雨漏りが見られたら、床が水浸しにならないようにバケツを置いておくとよいです。また、バケツの下に防水シートなどを敷いておくと、跳ねた水で床が濡れるのを防ぐことができるでしょう。ここでは、自宅の天井から水漏れが発生している原因についてみていきます。自力では応急処置が追いつかないと判断した場合は、業者に相談してみましょう。

天井が雨漏りする原因は何?

天井が雨漏りする原因は何?

家の天井から雨漏りが発生する原因には、以下のようなことが考えられます。雨漏りの原因と合わせて、対処方法もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

・上の階から水漏れが発生している
一戸建て住宅の場合、上の階から水が漏れてきていることがあるかもしれません。もし2階に洗面所やトイレがある場合は、それらが水漏れの原因になっていることが多いです。おもに、洗面所にある蛇口内部のパッキンが劣化していることや、トイレの排水管が損傷・劣化していることが挙げられるでしょう。

洗面所やトイレなど水回りの設備は10年前後が寿命といわれています。そのため、もし長年、水回りの設備を使い続けていて、日ごろの掃除やメンテナンスをおこなっていない方は、一度確認してみるとよいでしょう。もし自分で対処できない場合は、水道の修理業者に問い合わせてみましょう。

・水道管がトラブルを起こしている
アパートやマンションに住んでいる方で、天井から水漏れが発生している場合は、水道管がトラブルを起こしていることが原因の場合があります。アパートやマンションには、壁や天井など至るところに水道管が張り巡らされています。そのため、水道管が損傷・劣化していると、水が漏れて室内に侵入してくることがあるのです。

アパートやマンションに住んでいる方は、天井から水漏れが見られたら、まずは管理会社や大家さんに連絡をしましょう。状況によっては、修理料金を負担してくれる場合があります。水漏れを放置してしまうと、損傷した排水管からカビや害虫が発生したり、大きな被害につながったりすることがあるので、なるべく早く管理会社などに電話をすることが大事です。

天井の水漏れは業者に調査を依頼しましょう

もし天井から水漏れが見られたら、放置しておかずにすぐに業者に調査をしてもらいましょう。また賃貸物件に住んでいる方は、大家さんや不動産にも連絡をおこなうようにしましょう。適切な調査をおこなって、誰に責任があるのか、責任の所在をはっきりさせることが大切です。

弊社では、雨漏りにも対応した優良な水道業者を取り揃えております。配管や蛇口、天井からの水漏れなどでお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。また、24時間365日いつでも電話対応をおこなっているので、緊急のトラブルであってもすぐに対応することができます。お気軽にお電話ください。きっとあなたに合った水道業者に巡り合えるはずです。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較