水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレ詰まりを直す道具と使い方!ご家庭にあるもので詰まりが直せる?

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレ詰まりを直す道具と使い方!ご家庭にあるもので詰まりが直せる?

トイレ詰まりを直す道具と使い方!ご家庭にあるもので詰まりが直せる?

トイレは毎日使うものですので、突然トイレが詰まってしまうと使えなくなり不便ですよね。できるかぎりはやく使えるようにするために、自分で直したいと思うのではないでしょうか。

トイレ詰まりの状況によっては、ご自身で直すことも可能です。本コラムでは、トイレ詰まり解消の道具を使って詰まりを解消する方法をご紹介します。ぜひ挑戦してみてください。

あわせて、詰まりのときにやってはいけない間違った解消法も解説します。あらかじめ知っておくことで、ご自身で直しているときに故障してしまったという事態を防ぐことができるでしょう。

このトイレ詰まり、自分で直せる?詰まりの原因をチェック

トイレの水が流れない原因で最も多いものが、トイレにものが詰まった場合です。トイレの排水口から排水菅までは、S字のような形状になっているため、ものが詰まってしまうことは、めずらしくことではありません。ここでは、どのような詰まりであれば、自分で直せるのかを判断する目安をご説明します。

こんな原因なら自分でトイレ詰まりを直せる!

トイレットペーパーが詰まった場合は、トイレ詰まり解消の道具を使えば解消できることがあります。他にも、排せつ物やティッシュペーパー、流せるお掃除シートなど、水に溶けやすいものが詰まったのであれば、比較的詰まりを解消しやすいでしょう。

また、トイレがトイレットペーパーなどで詰まっていても、1~2時間放置しておくとゆっくりと水が引いていくことがあります。詰まりを起こしているものと便器の間にすき間があり、完全に詰まっている状態ではないためです。その後水位が下がったときは、トイレ詰まり解消の道具を使うと自分で直せる場合があります。

自分での対処が難しいトイレ詰まりは?

便器の入口にものが詰まっているのではなく、便器の奥の排水管に詰まりがあることも考えられます。このような場合は、ご自身での詰まり解消はむずかしいかもしれません。排水管は狭いため、トイレ詰まりを解消する道具を上手に使えず、自分での修理が難しいためです。

携帯電話やおもちゃなどを水に溶けないものが詰まっているときも、便器にはまってしまい、ご自身で取り出すことは困難かと思われます。このような場合は、業者に依頼することをおすすめします。

トイレ詰まりを直す道具と使い方

トイレ詰まりを直す道具と使い方!ご家庭にあるもので詰まりが直せる?

トイレ詰まりをご自身で解消できそうなときは、一度挑戦をしてみましょう。ここではトイレ詰まり解消の道具を使って、自分で解消する方法をご紹介します。

1.すっぽん

いわゆる「すっぽん」とよばれる道具は、ラバーカップが正式名称です。ゴム製でできており、便器の排水口の形にピッタリとあわせて、便器の詰まりを吸い出す道具です。一般的に洋式用・和式用があり、それぞれ大・小の2サイズが販売されていることが多いようです。

そのため、トイレの排水口の形にあうサイズのすっぽんを選ぶようにしましょう。サイズがあっていれば、吸引力を高められます。一方もしサイズがあっていなければ、すっぽんと排水口の間にすき間ができてしまい、十分な吸引力を出すことができません。

2.真空パイプクリーナー

真空パイプクリーナーはすっぽんに、ハンドルと真空ポンプがついたものです。使い方はすっぽんと同じですが、すっぽんよりも吸引力が高いため、より詰まりが引き出しやすくなります。ホームセンターなどで、約2,000円前後で購入できます。

3.ご家庭にあるこんなものでも詰まりが直せる

トイレ詰まりの解消にはすっぽんや真空パイプクリーナーが便利ですが、自宅にない方もいらっしゃるでしょう。しかし洗剤や針金ハンガーなど、家にある身近なものでもトイレ詰まり道具として使うこともできます。

〇洗剤
洗剤を使ってトイレ詰まりを流すことができるかもしれません。食器用洗剤でも代用ができます。洗剤を100㏄ほど便器に入れて、ぬるま湯を便器の半分ほどの量を注ぎます。20分放置して、水位が下がっていれば、詰まりが取れている可能性があります。

〇針金ハンガー
針金ハンガーを使ってトイレ詰まりを解消することもできます。まっすぐにした状態の針金ハンガーの先端をリング状にして、排水口に差し込んでください。詰まっているものに当たったら、少しずつこすって削っていくと、詰まりが取れることがあります。

〇ペットボトル
すっぽんを、ペットボトルで代用する方法もあります。ペットボトルの底から3㎝部分を切り落として、便器の排水口にはめ込みます。ペットボトルの口を親指でおさえて押したり引いたりしてください。すっぽんと同じ原理で吸引させることで、詰まりを解消することができるかもしれません。

〇ビニール袋
トイレ詰まりは、ビニール袋を使って解消する方法もあります。手をグーの形にして、ビニール袋を2重にしてかぶせます。排水口をふさいだり、あけたりしてすっぽんを使うときのような要領で吸引させてください。水が流れるようになったら、詰まりが解消できているかもしれません。

やってはいけない!間違ったトイレ詰まり解消法

ご自身でトイレ詰まりを解消したことで、かえって故障につながってしまうこともあるのです。そこでここでは、ついやってしまいがちですが、やってはいけないトイレ詰まり解消の方法をご説明します。

間違い1.詰まりを放置する

トイレの詰まりを長時間放置していても、詰まっているものの種類によってはいつまでたっても解消しません。それは、水に溶けないものがトイレに詰まっている場合です。

しかしトイレに何が詰まってしまったか、分からないこともあるでしょう。そのときは3時間程放置してみてください。それでも水が流れないときは、水に溶けないものが詰まっているおそれがあります。

その場合はいつまでも放置せずに、トイレ詰まりを解消する道具を使って詰まりを取り除きましょう。ずっと放置しておくと故障の原因になるかもしれません。

間違い2.無理やり水で流そうとする

詰まりを解消せずに無理に水を流し続けると、便器から水が逆流して、床が水浸しになるおそれがあります。トイレが詰まっているということは、水を大量に流せば詰まりが解消されると思うかもしれません。しかし、トイレの詰まりは、栓がふさがれているのと同じようなものです。

間違い3.熱湯を流す

便器は陶器製なので、熱湯をかけると割れる原因になります。水に溶けやすいトイレットペーパーをとかすのにお湯を便器に流すと溶けやすくなりますが、水温は60度までのお湯にとどめておきましょう。

便器が割れてしまうと水漏れの原因になります。便器を割ったときよりも、トイレ詰まりの修理代の方が安い場合がほとんどです。無理にトイレ詰まりを解消しようとせずに、業者に修理を依頼しましょう。

間違い4.便器を外す

便器を自分で取り外して詰まりを直すのは困難といえるでしょう。便器は陶器製ですので、持ち上げるには重く、落として割れるおそれがあります。便器を外すことで、嫌な臭いがトイレに広がることもあるのです。便器を外すのは、かえって被害が広まることもありますので、自分でおこなうことはおすすめしません。

トイレ詰まりを予防する3つのポイント

トイレ詰まりを直す道具と使い方!ご家庭にあるもので詰まりが直せる?

トイレ詰まりが起こると、自分で詰まりを解消するために道具を用意しなくてはいけません。また、自分で対処することが難しい場合は、業者を呼ぶといった手間や費用も必要です。

そのため、トイレ詰まりが再び起こらない注意したいことがあります。ここでは、予防するポイント3点をご紹介します。

一度にたくさんのトイレットペーパーを流さない

トイレットペーパーを大量に流さないようにしましょう。目安としては、長くても80㎝ほどの量で流すようにしてください。それ以上トイレットペーパーを使うときは、一度水を流しましょう。

異物を落としてしまったらかならず拾う

トイレに流してよいものは、基本的には便とトイレットペーパーのみです。おもちゃや赤ちゃんのおむつなど、本来流してはいけないものを落としたときは、すぐに拾うようにしてください。放置していると、排水口の奥にどんどん流れていってしまいます。

節水には注意

水栓レバーの大・小は、それぞれ「大便」「小便」を表すものです。かならずそれに準じて水を流すようにしましょう。

便器の尿や便を流すには、多くの水量が必要です。節水をするために、大便のときも小レバーを使う方もいらっしゃるかもしれませんが、十分な水量がないとトイレ詰まりの原因になることがあります。

しかし、普段から気をつけていても、トイレ詰まりは突然起こってしまうものです。トイレ詰まりを解消する道具を使っても解消できないときは、業者にご連絡ください。

弊社は、深夜でも早朝でも電話相談の受付をおこなっております。トイレが使えなくなると困ってしまうことでしょう。早めにご連絡することが安心につながるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、トイレ詰まり解消の道具を使って、詰まりを解消する方法をご紹介しました。トイレの水位が少しずつ下がっている場合は、ご自身で解消できることもあります。

トイレ詰まりの解消は、すっぽんなどの道具があると便利です。もしご自宅にない場合は、洗剤や針金ハンガーなどの身近なものでも修理ができるかもしれませんので、一度お試しください。

しかし無理やり水を流そうとしたり、便器を外そうとしたりすると、トイレ詰まりが解消するどころか、故障につながることがあります。ご自身での修理は、無理をせずに注意しておこなってください。

ご自身では詰まりが取り除けないときは、業者におまかせしてはいかがでしょうか。場合によっては、自分で直すよりも、最終的には早く安全におこなえることもあるでしょう。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較