水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレのしくみを知ってトラブルを回避しよう|タンク・便器・修理法

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレのしくみを知ってトラブルを回避しよう|タンク・便器・修理法

トイレのトラブルを未然に防ぐためには、トイレのしくみや構造をきちんと理解することが重要です。また、トラブルを放置してしまうと、大きなトラブルに繋がるおそれもありますが、しくみと原因を知っていれば、ちょっとした不具合なら自分で直すことができます。

そこで本コラムでは、トイレの大まかなしくみを、トイレタンクと便器の2つに分けて解説していきます。トラブルの予防方法についてもあわせてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレのしくみ~タンクの構造~

ここでは、トイレのタンクの構造を解説していきます。水が流れないときや、止まらないときは、タンクの内部を見てみるとよいかもしれません。もし自力でトラブルを解決できそうであれば、自分で改善してみましょう。

タンクのフタを開けてみよう

トイレのしくみを知ってトラブルを回避しよう|タンク・便器・修理法

トイレのタンクはタンクへの給水を止めることができる止水栓、そこから伸びる給水管と繋がっており、トイレに流す水を溜める装置として機能しています。手洗い管が付いているフタの場合、タンクを持ち上げるだけでは外れないタイプと、タンクを持ち上げるだけで外れるタイプの2種類があります。

タンクを持ち上げるだけでは外れないタイプの場合は、ボールタップのじゃばら管に接続しているナットを左に回すと取り外すことができます。じゃばら管とは、手洗いの水を給水するための細い管のことをいいます。トイレの手洗いタンクは非常に重いので、持ち上げる際は、ケガをしないように注意してください。

部品の名前を確かめよう

トイレのフタを開けたら、いくつか見慣れない部品があると思います。ひとつひとつの部品のしくみや役割をみていきましょう。

・ボールタップ
ボールタップは、おもにトイレタンク内の水を調整する蛇口のような役割をします。ボールタップの先端には楕円形の浮き球が付いており、ボールタップの根元はタンクの外にある給水管に繋がっています。

浮き球は、タンク内の水量によって上下します。水量が下がればボールタップが開いて水が給水され、再び一定の水量に達すると、給水がストップするしくみになっています。トイレタンク内の水は、ボールタップと浮き球によって常に一定量の水を溜めることができているのです。

・オーバーフロー管
オーバーフロー管は、タンク内の水量が増えすぎたときに水量を減らすを一定に保つ役割をもっています。タンクの底から真っすぐ上に伸びている筒状のものがオーバーフロー管です。タンク内の水量が、オーバーフロー管の先端を越えると、オーバーフロー管を通じて水が排出されるしくみになっています。

・フロートバルブ 
フロートバルブはタンク内の水を便器に流す役割をもっています。タンクの底にあるフロートバルブはレバーハンドルと鎖でつながれており、レバーの動きに連動して開閉します。トイレのレバーを回すことで、フロートバルブが開き、水が流れるしくみになっています。

・止水栓
止水栓は、トイレタンクに水を供給する蛇口の元栓の役割を果たしています。止水栓があることで、水漏れトラブルの応急処置や修理の際に、給水を止めることができます。止水栓は壁や床に接する場所にあることが多く、タンクの側面から伸びる給水管を辿ると見つけることができるでしょう。

水が流れるしくみ

トイレの水が流れるしくみは以下のようになっています。ここでは、トイレの水が流れる大まかな流れを説明していきます。

  1. トイレのレバーを回すと、レバーと鎖で繋がっているフロートバルブが引っ張られて、タンクの底にあるフロートバルブが開く
  2. フロートバルブが開くと便器に水が流れ、流れ終わると自動的にフロートバルブが閉まる
  3. タンク内の水が少なくなると浮き球が下がり、ボールタップから水が供給される
  4. タンク内に水が供給されると浮き球が上昇し、一定の水位まで達すると水が止まる

水が流れないときの修理方法!

トイレの水が流れないときは、以下のような原因が考えられるでしょう。ここでは原因と対処法をみていきます。

原因1 浮き球が引っかかっている
トイレタンク内の浮き球は、タンク内の水量を調整する役割を果たしてます。浮き球が何かに引っかかっていると、うまく給水されず、水が流れなくなることもあるのです。浮き球が引っかかっている場合は、元の位置に戻してあげるとよいでしょう。

原因2 ボールタップが故障している
ボールタップは、タンク内への給水を調整している水栓です。そのため、ボールタップが故障していたり汚れで固着していたりすると、タンク内に水を溜めることができず、便器に水を流すことができなくなってしまいます。

ボールタップが汚れている場合は、ブラシなどを使ってきれいに掃除をしてあげましょう。故障している場合は、新しいものに交換します。

原因3 フロートバルブについている鎖が外れている・切れている
トイレの水は、レバーをひねると、タンク内のフロートバルブが開いて、便器に水を流すしくみになっています。フロートバルブとレバーをつなぐ鎖が外れていたり、途中で切れていたりすると、フロートバルブが開かず、便器に水が流れなくなってしまいます。

鎖が外れている場合は鎖を付け直し、鎖が切れている場合は新しい鎖に交換しましょう。トイレタンク用の鎖は、ホームセンターなどで購入することができます。

水が止まらないときの修理方法!

トイレの水が止まらない場合は、以下のような原因が考えられます。修理法や対処法もあわせてみていきましょう。

原因1 レバーが元に戻らない
トイレのレバーが上がったまま元に戻らない場合は、レバーが劣化していたり、サビや汚れで固着していることがあります。サビや汚れが目立つ場合は、分解して汚れなどをきれいに取り除くとよいでしょう。また、レバーの回転がよくない場合は、潤滑スプレーなどをかけると回復することがあります。

原因2 フロートバルブが劣化している
フロートバルブにゴミがつまっていたり劣化したりしていると、フロートバルブがきちんと閉まらず、便器に水が流れたままになってしまうことがあります。ゴミがつまっている場合は取り除きましょう。なお、ゴムフロートの耐用年数は3年ほどといわれています。きれいに掃除しても水が止まらない場合は、新しいものに交換するとよいでしょう。

原因3 ボールタップが故障・劣化している
タンク内への給水を調整しているボールタップが故障・劣化していると、水が止まらなくなることがあります。ボールタップが故障している場合は、ボールタップ全体か、ボールタップの中に取り付けられているピストンバルブを新しいものに交換するとよいでしょう。

タンク内部品の耐用年数は10年といわれています

トイレタンクの耐用年数はおよそ10年といわれています。しかし、こまめにメンテナンスや掃除をしないと、各部品に汚れがたまってしまい、劣化するスピードも早くなるでしょう。トイレの各部品に不具合が起きると、水漏れなどのトラブルが生じるおそれもあります。放置してトラブルが深刻化する前に、きちんと修理や交換をおこないましょう。

弊社では、全国のさまざまな業者と連携して、ご要望に合った業者をご紹介しています。トイレのトラブルにお悩みの方は、ぜひ業者に相談してみてはいかがでしょうか。まずは一度、お気軽にお電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレのしくみ~便器の中はどうなっているの?~

これまで、トイレタンクの各部品や構造についてみてきました。ここからは、トイレの便器に焦点を当てて、しくみや構造をご紹介していきます。

水洗トイレの水たまりは何のためにあるの?

トイレのしくみを知ってトラブルを回避しよう|タンク・便器・修理法

トイレの便器にある水たまりは、おもに下水道から漂ってくるにおいを防ぐ役割を果たしています。また、常に水たまりを作っておくことで、便器に汚れが付くのを防止する効果もあります。

排水のしくみ

トイレが排水されるしくみは非常にシンプルな構造になっています。便器の底の部分横から見た断面がトラップと呼ばれるS字型になっており、丘のように高くなっている部分が便器内の水をせき止めています。トイレが排水されるしくみは以下のような流れになります。

  1. タンクから便器に水が排出される
  2. 便器に水が溜まる
  3. トラップに溜まっていた水が水圧によって便などと一緒に押し流される

トイレつまりの前兆

トイレつまりが起きる前は、前兆が見られることが多いです。ここでは、いくつかトイレつまりの前兆をご紹介していきます。もし以下のような症状が見られたら、できるだけ早めに対処しましょう。

・水を流したときに異音がする
トイレの水を流したときに、「ゴボゴボ」といった音が聞こえてきたら、排水管がつまっている可能性が高いです。便器に異物がつまっていることもあるので、ラバーカップやワイヤーブラシなどで除去しましょう。

・便器にたまっている水が多い
便器にたまっている水が多いと感じる場合も、排水管つまりが起こっている可能性があります。ぬるま湯を5分おきに流して便やトイレットペーパーを柔らかくすると解消することがあるので、試してみましょう。

トイレつまりを自力で修理できる判断基準

場合によっては自力で修理できない場合もあります。トイレのつまりを自分で修理できるか判断する場合は、以下のようなことを目安にして考えるとよいでしょう。

・トイレつまりの原因が特定できるかどうか
トイレの便器の排水管がつまっている場合、そのつまりがトイレットペーパーなどの紙類だと確信できるときは、自力で直すとよいでしょう。直すときには、ラバーカップを使用するとよいです。しかし、大きな異物がつまっている場合は、さらに奥に入ってしまって悪化するおそれがあるため、業者に依頼して修理してもらうのが望ましいです。

・トイレの水位が徐々に元の位置に戻ってきているかどうか
トイレの水位が、少しずつ元の状態に戻ってきていれば、軽度のつまりである可能性が高いです。汚れや紙などが溜まっているだけであれば、排水口を掃除するなど、比較的簡単に取り除くことができるはずです。

トイレのトラブルを解決する際は、必ず原因を特定してから、それに見合った改善をおこなうことが重要です。もし自力で修理するのがむずかしいと思ったら、業者に相談してみることをおすすめします。

弊社では、全国のさまざまな業者と連携しているため、お悩みごとに合わせて、すぐに現地に向かいトラブルを解決できる業者をご紹介させていただきます。24時間365日いつでも電話対応をおこなっております。トイレのトラブルに見舞われたときは、まずは一度、お気軽にお電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレのトラブルを予防しよう

これまでトイレタンクと便器に分けて、大まかなトイレのしくみや構造、トラブルについて触れてきました。ここでは、トイレのトラブルが起きる前におこなう予防方法についてご紹介していきます。大きなトラブルに繋がってしまう前に、きちんと予防しておきましょう。

【予防1】レバーの「大」「小」をうまく使い分ける

トイレのしくみを知ってトラブルを回避しよう|タンク・便器・修理法

トイレを流す際に、「大」と「小」のレバーをきちんと使い分けることで、トイレつまりを避けることができます。大便を「小」レバーを引いて流してしまうと、水が流れる量が減り、勢いが弱くなってしまうため、トイレつまりが起こることがあるのです。節水目的であっても、きちんとレバーを使い分けましょう。

【予防1】自己流の節水対策はしない

トイレの水を節約しようとして自己流の節水対策をおこなっていると、トイレつまりの原因になることがあります。たとえば、止水栓で出る水の量を調整したり、タンク内にペットボトルを入れたりして、流れる水の量を減らすのは止めましょう。水の流れが弱くなり、排泄物がきちんと流れず、結果的にトイレつまりが起こってしまいます。

【予防1】トイレットペーパー以外は流さない

紙おむつやティッシュペーパーなど、トイレットペーパー以外の紙類は流さないようにしましょう。トイレットペーパーは水に溶けやすいように作られていますが、それ以外の紙類は水に溶けにくいためつまりの原因になってしまうことがあるのです。

トイレの修理が必要なときは…

どれだけトイレトラブルの予防をしていても、気が付いたら水が流れなくなってしまったり、トイレつまりが起こることもあるかもしれません。そんなときは、何が原因でトラブルが起きているのかをしっかりと把握して対処しましょう。もし自分で修理をおこなうのが困難だと思ったら、業者を利用してみてください。

弊社では、24時間365日いつでも電話対応をおこなっております。トイレのトラブルをはじめとする、水回りのトラブルに対応した優良な業者をご紹介致します。複数の業者から見積りをとることで、あなたに合った業者と巡り合えるでしょう。まずは一度お電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較