水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 蛇口のトラブル > 水道の水漏れ発見!直し方は蛇口の種類で決まる|判別と修理の方法

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

水道の水漏れ発見!直し方は蛇口の種類で決まる|判別と修理の方法

水道の水漏れの直し方は、蛇口のタイプによって異なります。水道で水漏れが起こったら、まずは蛇口のタイプを確認しましょう。

水道は、お風呂・キッチン・洗濯機など、家中さまざまな場所にあり、場所によってよく使われている蛇口のタイプがあるのです。

本コラムでは、どの場所にどのタイプが使われているのかや、蛇口のタイプ別の水漏れの原因と修理方法についてご紹介します。修理の流れや必要な道具についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水道の水漏れの直し方|まずは全体像を把握

水道の水漏れの直し方を知る前に、どのような流れで修理をおこなうのか、まずは水漏れ発見から修理完了までの全体像をつかみましょう。

水漏れ修理は自分でおこなう以外にも、業者に依頼するという方法もあります。難しく考えずに、参考としてご覧ください。

水漏れを発見してから修理が完了するまでの流れ

水漏れを発見してから修理が完了するまでの流れ

蛇口から水が出て止まらないときは、水漏れを疑う前に蛇口がしっかり閉まっているかどうか確認しましょう。蛇口が閉まっているにも関わらず水が止まらない場合は水漏れが発生しているので、以下の流れで対処が必要です。

1.蛇口のタイプと水漏れの原因を確認する
蛇口のタイプや水漏れの原因によって、修理に必要なものや修理方法が異なるので、しっかりと調べましょう。蛇口のタイプや水漏れの原因の詳細は、タイプ別に後述しますので、そちらを参考にしてください。

2.修理に必要なものをそろえる
修理に必要な道具やパーツなどをそろえます。必要なものが抜けていると、修理がおこなえなかったり、修理後に水漏れが再発したりすることがあるので、必ず道具とパーツがそろっていることを確認しましょう。

3.止水栓を閉める
止水栓については後述しますが、水漏れ修理は、作業中に水が流れてはいけません。止水栓や元栓を閉めてから作業をはじめましょう。

4.修理をおこなう
道具をそろえて水を止めたら修理開始です。蛇口のタイプや水漏れの原因によって異なる詳しい修理の方法は、それぞれ後述しますので、そちらをご覧ください。

5.動作確認
作業を終えても、正常に動かせなければ意味がありません。止水栓を開けて水を出してみて、水の量が不安定になっていないかや水漏れが改善されているかどうかなどを確認しましょう。

6.修理完了
動作確認をして、問題なく使えるようであれば修理完了です。

自分で修理するのは難しいと感じたら

ここまでの流れを把握して、自分で修理するのは難しいと感じたら、無理せず業者に依頼しましょう。修理業者であれば、水漏れを起こしたのがどのタイプの蛇口であっても、適切に修理が可能です。

業者を知らない方でも、弊社にご相談いただければ、迅速に水漏れを解決する業者を手配しますので心配いりません。不安を残して修理作業をおこなうのは、修理の失敗にもつながるおそれがあります。少しでも迷っている方は、すぐに業者を呼びましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

ステップ1.蛇口のタイプと水漏れの原因を確認

水道の水漏れを直すためには、蛇口のタイプを判別することが大切です。そして、蛇口のタイプがわかったら、水漏れの原因を見つけて解消しなくてはなりません。

水道が設置されている場所別に、よく取り付けられている蛇口のタイプとその水漏れの原因について解説します。

お風呂の蛇口のタイプと水漏れの原因

お風呂の蛇口のタイプと水漏れの原因

お風呂でよく使われている蛇口は、サーモスタット混合水栓とハンドル混合水栓です。それぞれの特徴と水漏れしやすいポイントをご紹介します。

・サーモスタット混合水栓
サーモスタットという温度の上限を制限する機能が組み込まれている、お風呂の蛇口として主流のタイプです。自動温度調節機能がついているので、出てくるお湯の温度がほぼ一定に保たれます。

水量を調節するハンドルと温度を調節するハンドルが左右についていて、それぞれ使用者の好みに自由に調節できます。

サーモスタット混合水栓の水漏れは、シャワーやカランの接続部分のパッキンの劣化や、水量を調節するハンドル側の開閉バルブの故障によるものが多いです。部品交換や、場合によっては蛇口本体の交換が必要でしょう。

・ハンドル混合水栓
吐水口ひとつに対して、水を出すハンドルとお湯を出すハンドルがある、古い家やアパートなどで使われていることがあるタイプです。水とお湯を出す量を調節することで、温度調節ができます。

ハンドル混合水栓の水漏れは、パッキンの劣化によるものが多く、その場合ハンドルの根元から水漏れが発生します。

キッチンの蛇口のタイプと水漏れの原因

キッチンでよく使われるのは、ひとつのレバーを操作することで、水量や温度を調節できるシングルレバー混合水栓というタイプです。レバーの上下で水量、左右で温度を調節します。

シングルレバー混合水栓の水漏れは、パッキンやカートリッジの劣化が原因です。劣化しているパッキンの場所によって、水漏れが発生する箇所は異なり、水栓の根元やレバーとの境目などさまざまな場所から水漏れするおそれがあります。

洗濯機の蛇口のタイプと水漏れの原因

洗濯機の蛇口は、単水栓というタイプです。単水栓は吐水口もハンドルもひとつで、水かお湯のどちらか一方しか出すことができません。

単水栓の水漏れは、パッキンの劣化やシールテープの傷みが原因です。シングルレバー混合水栓と同様、劣化しているパッキンの場所によって水漏れが発生する場所は異なります。可能性があるのは、ハンドルの根元、吐水口、吐水されるパイプとハンドル部分の接続部分などです。

シールテープは、壁に入り込んでいる、水栓のネジの部分に巻かれているものです。そのため、シールテープが傷んでいる場合は、水栓と壁の間から水漏れします。

蛇口のタイプは、よく取り付けられている場所が決まっていることもあり、素人でも比較的簡単に見分けることができます。

しかし、水漏れの原因は、蛇口を見ただけでは判断できないこともあるでしょう。そのときは、プロの力を借りることをおすすめします。

プロの業者であれば、素人では判断できないようなわずかな不具合や見た目ではわからない水漏れの可能性まで、見極めることができるので、適切な処置が可能です。

業者選択が面倒という場合は、弊社のサービスを利用して、楽に業者を探すことができます。ご相談はいつでも受け付けていますので、お気軽にお電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

ステップ2.修理に必要な道具とパーツの準備

蛇口のタイプがわかったら、修理の準備に取り掛かります。まずは必要な道具とパーツを準備しましょう。

修理に必要な道具

修理に必要な道具

蛇口を自分で修理するときに、用意しておきたい道具はおもに5つです。それぞれどのような作業に使うものなのか、用途とあわせてご紹介します。

・モンキーレンチ
蛇口の接続部分などについているナットやボルトを締めたりゆるめたりするために使います。1,000~2,000円ほどで購入可能です。

・トルクレンチ
ナットを締めるときに使用します。トルクレンチに組み込まれているメモリを見ながら、一定の力かけてナットを固く締めることが可能です。安いものは3,000円程度、高いものは10,000円以上するものがあります。

・ピンセット
蛇口の内部には、細かい部品があります。それらを取り出したり取りつけたりするときに使います。細かいものがつかみやすい先の細いものや、先が曲がっているものなど種類が選べて、安いものは約100円、高いものは約1,000円程度で購入可能です。

・ドライバー
止水栓の操作や蛇口についているネジの脱着に使用します。ネジの大きさによって合うドライバーが異なるので、ネジをよくみてから購入しましょう。金額は高いもので2,000円ほどです。

・水栓レンチ
先端がU字型になっている棒状の道具で、蛇口本体を取り外すのに使用します。故障していてまるごと交換が必要な場合や、単水栓のシールテープ交換の際に必要です。1,500円程度で購入することができます。

修理に必要なパーツ

水漏れの原因によって、必要なパーツは異なります。パッキンやナット、ネジなどはホームセンターで購入できるので、大きさを確認して探してみましょう。

部品ではなく、水栓本体が傷んだり破損していたりする場合は、水栓の根元に刻印された型番を見て、必要な部品を探しましょう。

修理に必要な道具は通販やホームセンターなどで簡単に購入できます。しかし、すべての道具をそろえると、よいものを選べば選ぶほど金額は高くなってしまうでしょう。

また、古いパーツはメーカーからの取り寄せが必要だったり、廃盤になったりしている場合があり、入手するのが難しいかもしれません。

そういった不安や手間を減らしたい場合は、業者に修理を依頼しましょう。業者選びが大変という方でも、弊社にお問合せいただければすぐに対応可能です。お電話にてお悩みをお聞きして、解決に適した業者をご紹介します。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

ステップ3.修理に入る前に必ず止水栓を閉める

道具やパーツが手元にそろっても、すぐに蛇口の修理をはじめてはいけません。作業前には、止水栓を閉める必要があるのです。

ここでは、止水栓の役割と、止水栓を閉めずに作業をおこなうリスクについて解説します。安全に修理をおこなうために、ぜひ参考にしてください。

止水栓とは

止水栓とは

止水栓とは、水道への給水をおこなったり止めたりする装置のことです。止水栓が開いていると水が流れ、閉めると止まります。

止水栓は、水道やトイレなど、基本的には各設備についているものです。しかし、操作しにくい場所にある場合もあるので、そのときは家中の給水を管理する元栓を閉めて修理をおこなうとよいでしょう。

ただし、元栓を閉めると、修理が必要な場所以外でも、修理が終わるまで水が使えない状態になります。水が使えなくても大丈夫というタイミングで作業しましょう。

止水栓を閉め忘れると大変なことになる

止水栓を閉めていれば、作業中に水が流れることは基本的にありません。しかし、止水栓を閉め忘れたり、しっかりと締めきれていなかったりすると、作業中に水が流れることがあるでしょう。

蛇口の修理は、蛇口をひねることがなくても、部品交換などのために水栓を取り外すことがあります。そのとき、止水栓が開いていると給水管から直接水が流れるのはもちろん、場合によっては作業をしている人に向かって噴き出してくることがあるのです。

自分が水に濡れるだけでなく、水が流れた勢いで部品が排水口に流れてしまう危険性もあります。部品がなくなってしまったら、蛇口を修理することはできないので、そのようなトラブルがないように、止水栓は必ず閉めて作業しましょう。

上記のような失敗やトラブルなどが不安という方は、業者に修理を任せることが最適です。業者であれば、作業前後の設備の確認までしっかりとおこないますし、万が一作業中に水が流れることがあっても、適切な対処がとれるでしょう。

水漏れの修理業者を知らなくても、弊社にご相談いただければ、お住まいの地域の業者をすぐに手配いたしますので、ご安心ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

お風呂の「サーモスタット混合水栓」と「ハンドル混合水栓」の修理方法

ここまでは修理開始までの流れや必要なものについて解説しましたが、ここからは具体的な水道の水漏れの直し方についてご紹介します。まずは、お風呂の蛇口の修理方法を蛇口のタイプ別に解説しますので、参考にしてください。

サーモスタット混合水栓の修理方法

サーモスタット混合水栓の修理方法

サーモスタット混合水栓の、シャワーの部分から水漏れが発生している場合は、パッキンの交換をおこないます。

シャワーヘッドとその下の部分を持ってヘッドを回すと、ホースとヘッドがわかれます。ヘッド側にリング状のパッキンがついているので、新しいものに交換して、ヘッドとホースを再び接続しましょう。

蛇口の先やハンドル部分から水漏れしている場合は、開閉バルブが劣化していることが原因です。そのときは、ハンドルを引っ張って取り外し、なかの開閉バルブを交換します。ハンドル部分にフタのようなものがついている場合は、フタのようなものを外してから、ドライバーでネジを外してハンドルを引っ張りましょう。

ハンドルが外れたら、部品を固定しているナットを外します。モンキーレンチでナットをゆるめて外しましょう。

ナットを外すと、スペーサーという白い部品、開閉バルブという順に引っ張って取り出し、開閉バルブを新しいものに交換します。そして、元に戻すときは取り外したときと逆の順番で取り付けていきましょう。

ハンドル混合水栓の修理方法

ハンドル混合水栓の場合は、劣化しているパッキンがハンドル部分のものか水栓本体のものかによって、微妙に手順が異なります。

どちらの場合もハンドルは取り外さなくてはならないので、まずはハンドルの取り外しをおこないましょう。

ハンドルの上部に、水なら青、お湯なら赤のキャップがついています。最初にそのハンドルキャップを、ドライバーを使って外しましょう。キャップを外すと、ネジが見えるので、ドライバーでネジも外して、ハンドルを取り外します。

ハンドル部分のパッキンが劣化している場合は、ハンドルを外すと出てくる三角パッキンという部品を新しいものに交換して、外したときと逆の順番で元に戻しましょう。

水栓本体側のパッキンが劣化している場合は、三角パッキンまで外したさらに下にある、スピンドルというコマのような形の部品を外します。

スピンドルが劣化していた場合は、スピンドルを交換し、その奥のケレップという分銅のような形の部品が劣化していた場合はケレップを交換しましょう。

部品交換が完了したら、取り外したときと逆の順番で部品を取り付けて、元に戻していきます。

どちらも交換の際に細かい部品を扱うので、手で取り出すのが難しい場合は、ピンセットを使用しましょう。

お風呂の蛇口は、さまざまな機能がついているため、部品も多く構造も比較的複雑です。自分ではうまくできないという方や、自分でできるか不安という方は、業者に任せましょう。

弊社の加盟店には、難しい構造の蛇口も修理可能な業者がたくさんありますので、ぜひ一度ご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

キッチンの「シングルレバー混合水栓」の修理方法

キッチンでよく使用されている蛇口は1種類です。修理方法に迷うことはないと思いますので、以下を参考に修理を進めてみましょう。

シングルレバー混合水栓の修理方法

シングルレバー混合水栓の修理方法

シングルレバー混合水栓の修理は、水漏れが発生している場所によって少し異なります。

レバーの部分や吐水口から水漏れしている場合は、カートリッジの劣化が原因の場合が多いです。レバー部分を上に引き抜いて取り外し、水栓に入っているカートリッジを取り出して、新しいものに交換しましょう。

吐水口や水栓の根元から水漏れをしいる場合は、パッキンが劣化しているかもしれません。レバー部分を上に引き抜いて取り外したら、ナットでその下の部分を外し、最後に吐水口のついた蛇口部分を上に引き抜いて外して、パッキンを交換します。

どちらも元に戻すときは、取り外したときとは逆の順番で取りつけましょう。また、シンク下の配管との接続部分から水漏れが発生している場合は、水栓を根元から取り外さなくてはなりません。狭い場所での作業になるので、業者への依頼をおすすめします。

上記のような部品交換も、お風呂の蛇口に比べれば水栓の構造は単純ですが、道具を使い慣れていない方には難しい作業かもしれません。自分での修理に不安を覚えたら、業者に相談して修理を一任しましょう。

迅速な対応が可能な場合でも、弊社にご相談いただければ、お困りごとに合わせて適切な業者をご紹介しますので、時間をかけることなく業者選択が可能です。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

洗濯機の「単水栓」の修理方法

洗濯機に使われている蛇口も、キッチン同様1種類です。ご紹介したなかでもっとも構造は単純なものなので、下記を参考に試してみましょう。

単水栓の修理方法

単水栓の修理は、水漏れを起こしている場所によって手順が異なります。蛇口の先やハンドルの根元から水漏れしている場合は、ハンドルを外してパッキンを交換しましょう。ハンドルは、根元のナットをモンキーレンチでゆるめて、上に持ち上げると外れます。

ハンドルを外すと、水栓側にコマのような形のケレップという部品や三角パッキンなどが入っているので、ピンセットで慎重に取り出し、劣化している部品を交換しましょう。部品交換が終わったら、取り外したときと逆の順番で部品を元にも戻します。

水栓と壁の間から水漏れしている場合は、シールテープの交換が必要です。水栓レンチに水栓引っかけて、本体を回して取り外しましょう。水栓が外れたら、壁のなかに見えている配管を使わなくなった歯ブラシなどで軽く掃除しておくと、修理後の水漏れ防止になります。

水栓は、配管に接続していたネジの部分に古いシールテープが残っているので、それを取り除いて新しいシールテープを巻きましょう。シールテープを巻くときは、少し引っ張りながら、7回ほど巻きつけるのがポイントです。

しっかりとシールテープが巻けたら、水栓レンチを使って再び配管と接続します。このとき、接続がゆるくなっていると水漏れ再発の原因になりますが、きつく締めすぎると配管を傷めることになるので、注意して取り付けましょう。

洗濯機の蛇口は、水栓を外すときに失敗して壁や配管を傷めたり、洗濯機と壁の隙間などに部品を落としたりするリスクがあります。

少しでもリスクを減らして修理をおこないたい場合は、プロの業者に相談しましょう。相談する業者は、弊社のサービスで探すことができます。業者選択の時間短縮になりますので、ぜひご利用ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

業者選びに便利な「水110番」のご紹介

ここまででも少し触れていますが、水道の水漏れ修理を業者に依頼する際、迷ってしまうのは、業者選びでしょう。

水回りの修理業者は数多く存在しますし、いくつもの業者を調べなければ、違いや自分に合う業者がわかりません。

しかし、毎日使う水回りのトラブルを解決することが目的なので、業者選びにあまり時間はかけたくないものです。少しでもよい業者を見つけられるように、水110番のサービスについて覚えておいてください。

水110番とは

水110番とは

水110番とは、水に関するトラブルを解決するための業者をご紹介するサービスです。お電話にてお困りごとをお聞きして、解決に適した業者をご紹介するという流れになっています。

そして、業者のご紹介だけでなく、気になる業者があれば、見積りをとることも可能です。加盟店は全国各地に存在し、即日対応の業者もあるので、さまざまな状況でのトラブルに対応することができます。

水110番を利用するメリット

水110番は、ご相談の受付を24時間365日対応できるようにしています。それは、水のトラブルが起こるのが突然だからです。

設備の動きが悪くなるなどの前兆がある場合もありますが、そこから故障までどのくらいの期間があるのかわかりませんし、前兆がなければいつ故障するかもわかりません。そのため、突然のトラブルでもご相談ができるような体制をとっているのです。

また、見積りに関してもメリットがあります。弊社には多くの加盟店が存在するので、どの業者に依頼するか迷う方もいます。その場合は、複数の業者から見積りをとって、料金を比較検討してから依頼する業者を決めることができるのです。

また、見積り後に追加料金が発生しないので、見積りに納得して依頼を決めたら、あとから費用を心配する必要がありません。

水のトラブルに関する修理業者を知らない方・業者選択に迷う方・費用面が心配な方は、弊社のサービスで、楽してお得に業者に修理を依頼しましょう。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較