水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > ボイラーの水漏れを発見!業者に頼むべきなのは修理?それとも交換?

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ボイラーの水漏れを発見!業者に頼むべきなのは修理?それとも交換?

ボイラーの水漏れは、危険な水漏れとそうでない水漏れがあります。そして、もしも危険な水漏れが発生している場合は、すぐに業者に修理や交換を依頼することが必要です。

修理をせずに水漏れしたボイラーを使用していると、ガスの不完全燃焼により一酸化炭素が発生するおそれがあります。一酸化炭素は人体にとって有害なものですが、においがないので気づきにくく、最悪の場合命を落とすことがあるのです。

そのような大きな事態に発展しないように、水漏れの原因やボイラーの状態をよく確認してみましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

ボイラーの水漏れ箇所と原因|危険な水漏れと水漏れに似た症状

ボイラーの水漏れは、水漏れが起こっている箇所とその原因を確かめることが大切です。水漏れを放置してしまうことがないように、まずは水漏れが起きているボイラーの状態をよく見てみましょう。

水漏れが起こっている箇所に注目

水漏れが起こっている箇所に注目

ボイラーの水漏れは、水抜き栓や配管の接続部分、ボイラー本体など、あらゆる箇所から発生する可能性があります。それぞれ原因や危険性が異なりますが、放置して直る水漏れはないので、水漏れ部分の状態をよく確認しましょう。

危険な水漏れ

基本的に、水抜き栓以外の場所から水漏れが発生している場合は、すべて危険だと思っておいたほうがよいでしょう。

配管などの接続部分には、隙間ができないようにパッキンが取りつけられています。そのため、そのパッキンが劣化により破損していると、隙間から水漏れが起こってしまうのです。

また、冬場は気温が下がることによって配管内の水が凍結することがあります。凍結した水は膨張し、配管を破裂させて水漏れを起こしてしまうことがあるのです。

ボイラーには凍結防止の機能が備わっています。冬場に配管が凍結してしまわないように、寒くなってきたと感じたら凍結防止機能の電源が入っていることを確認しておきましょう。

水漏れに似ている症状

水漏れしている箇所が水抜き栓だった場合は、一時的な水漏れである可能性があります。水抜き栓はボイラーの下についていて、キャップを被ったような状態になっているものです。

水抜き栓は、長期間ボイラーが未使用だった場合に高まった内部の圧力を下げたり、冬場の水の凍結を防いだりするために、一時的に水が漏れることがあります。

少し様子を見て水が止まるようであれば、修理などは必要ありません。ただし、長時間水が止まらなかったり、短期間に何度も水漏れが起きたり、漏れている水の量が多かったりする場合は、故障のおそれがあります。プロに相談して一度点検をおこないましょう。

危険な水漏れを起こしている場合や、ご紹介したなかに思い当たる原因がないのに水漏れが起こっている場合は、プロによる詳しい調査が必要です。

弊社のサービスを利用して、対応できる業者を探しましょう。お住まいの地域やお悩みの内容を確認し、ご要望に合わせて対応できる業者を手配しますので、焦らずにまずはお電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

「放置」と「自分で直そうとすること」の危険性

ボイラーの水漏れは危険な場合があるとわかっていても、具体的にどのような危険があるのかわからないと不安という方もいるでしょう。

ここでは、ボイラーの水漏れを放置したり自分で修理しようとしたりした場合にどのような危険があるのかを解説します。

場合によっては命に関わる危険性もありますので、「たかが水漏れ」と油断せず、適切な行動をとりましょう。

水漏れを放置する危険性

>水漏れを放置する危険性

水漏れをしていても、ボイラーが使える場合があります。しかし、水漏れを放置して使い続けることはとても危険です。

ボイラーはガスバーナーの力でお湯を沸かしています。水漏れを起こしている箇所がボイラーのバーナーに近い場所だった場合は、漏れた水がバーナーにかかることで、ガスの不完全燃焼を起こす可能性があるのです。

不完全燃焼が起こると、人体に有害な一酸化炭素が発生します。一酸化炭素はにおいがないため、気づかない間に大量に吸い込んでしまうことがあり、最悪の場合命を落とす危険性もあるのです。

また、ボイラーは電化製品なので、漏れた水漏れが電気系統に触れるという可能性もあります。電気系統がショートすると、ボイラーは使えなくなりますし、場合によっては家のなかの別の電気機器まで使えなくなるおそれがあるのです。

これらのトラブルを起こさないように、ボイラーの水漏れを発見したら、早めの対処を心がけましょう。

自分で修理する危険性

「早めの対処が必要なら、自分で直せばいい」と思うかもしれませんが、それも危険です。水漏れをしている部分を触ろうとして、別の部品を外してしまったり、水漏れ箇所が破裂して水やお湯がかかってしまったりするおそれがあります。

ボイラーは、メーカーや種類によって適切な取り扱い方法が異なるので、ボイラーの構造や部品、仕組みなどに詳しい人でなければ、修理も難しいものなのです。

焦って間違った対処をおこなうことで、かえって別のトラブルや故障箇所を増やすおそれもあるので、すぐに業者に修理の依頼をしましょう。

適切な対処は業者に依頼しよう

上記のような危険を回避するためには、早めに業者に依頼して、適切な対処をしてもらうことが大切です。

ボイラーを含む水回りの設備に関する知識のある方であれば、ボイラーの水漏れの危険性も理解していますし、必要な対処法もよく知っています。

業者選択に不安がある場合は、弊社にお任せください。お電話にてトラブルの内容をお聞きして、迅速な対応が可能な業者をご紹介します。

ご相談に関しては、どのような時間でも受け付けていますので、夜中に水漏れに気が付いた場合でも対応可能です。ひとりで悩む前に、相談窓口までお問合せください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

ボイラーの修理・交換|費用ではなく「寿命」で決める

ボイラーの水漏れは、修理すればよい場合と、交換が必要な場合があります。どちらの場合でも業者に依頼する必要はありますが、自分にはどちらが必要か確かめてみましょう。

修理が必要な場合

修理が必要な場合

ボイラーの使用年数が7~8年前後であれば、修理すればよい場合が多いです。部品の劣化やゆるみなどが原因で水漏れを起こしている場合は、部品の締め直しや部品交換程度で十分でしょう。

交換が必要な場合

ボイラーの使用年数が10年以上という場合は、水漏れしている箇所以外にも劣化している部品などがあるかもしれません。大きな不具合が出る前に、新しいボイラーに交換することをおすすめします。

また、使用年数に関係なく、凍結による水漏れは交換が必要です。凍結による水漏れは、配管の破裂や破損が起きている状態なので、修理では元に戻りません。

早めに交換の手配をして、故障したボイラーは使用しないようにしましょう。

ボイラーの平均寿命

ボイラーの使用年数によって修理でよいか交換が必要がという判断をするのは、ボイラーの寿命が関係しています。

ボイラーの平均寿命は10~15年といわれています。それ以上使用しても故障しない場合もありますが、部品も本体も劣化は進んでいるのです。

いつ故障してもおかしくないようなボイラーを使い続けることは危険なので、使用年数が長いボイラーに関しては、小さなトラブルであっても交換をおすすめします。

自宅のボイラーが修理で済む状態だった場合は、早めに業者に依頼して、状態が悪化しないようにしましょう。

その際の業者選択には、弊社のサービスをご利用ください。弊社の加盟店は全国に存在し、即日対応をしている業者もあります。

「早く直したい」というご要望にも応えられるような業者選びをしますので、ボイラーが壊れてしまう前にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

寿命かどうかを見分けるコツ!使用年数以外の判断基準

ボイラーの寿命がわかっても、「使用年数を覚えていない」という方もいるでしょう。よほど短期間で壊れたりしない限り、ボイラーの使用年数を気にすることもないかもしれません。

そういった方でも、ボイラーの寿命や故障の兆しがわかる症状があります。自宅のボイラーにご紹介する症状が出ていないかを確認し、症状がみられたらすぐに修理をおこないましょう。

使用年数以外でも寿命は判断できる

使用年数以外でも寿命は判断できる

ボイラーの使用年数を覚えていなくても、不具合を見逃さなければ、寿命が近づいていることを判断することができます。以下の4つの症状が見られたら、詳しく調べて寿命が近いかどうかを確かめましょう。

・お湯の温度が不安定
お湯の温度は、一ヶ所でお湯を出している場合、基本的に一定です。しかし、お風呂とキッチンなど、複数の場所でお湯を使用していたり、配管に残った水が出ることで使いはじめに水が出たりということは考えられます。また、ガス栓が半分閉まった状態でも、温度が不安定になることがあります。

これらの条件に該当せず、お湯の温度が不安定になる場合は、ボイラーの寿命が近づいているサインと考えてよいでしょう。

・異音がする
ボイラーを動かすときは、点火する音やお湯が出るまでの機械の音などさまざまな音がします。しかし、寿命が近づいているボイラーは、それとは異なる音がする場合があるのです。ボイラーから聞きなれない音が聞こえたら、それは寿命が近いサインかもしれません。

・お湯の温度が低い
しばらくお湯を出していても、温度が上がらずぬるいままというときも、詳細を調べる必要があります。お湯の温度が低いのが、一部の水栓なのか家全体なのかで、必要な対応が変わるからです。

一部の水栓から出るお湯の温度が低い場合は、内部の部品の不具合が原因と考えられるので、部品交換で解決します。しかし、家全体のお湯の温度が低い場合は、ボイラーの寿命という可能性があるのです。

・煙が出た
ボイラーから出る可能性のある煙は、2種類あります。水蒸気が目に見えるだけの白い煙と、不完全燃焼を起こした場合の黒い煙です。

ボイラーの不完全燃焼は、一酸化炭素中毒を起こす危険性があります。すぐに使用をやめて、業者に相談しましょう。

ご紹介した4つの症状は、どれも修理か交換が必要な状態です。へたに触って症状が悪化してしまう前に、業者に相談してボイラーの修理や交換をおこないましょう。

ボイラーの修理は業者にお任せ

自宅のボイラーの不具合が、先述した4つの症状に該当しない場合や、該当しても交換するほどではなかった場合は、修理で解決が可能です。業者に状態を確認してもらい、必要な箇所を修理しましょう。

ボイラーの修理を行っている業者は数多く存在します。どのような業者に依頼すればよいのかわからないという方もいるでしょう。

そのときは弊社にご相談ください。弊社は、水漏れ修理の見積りを無料でおこなっています。そのため、ボイラーの水漏れが起こっていても、原因がわからない場合や、自分で調べた原因が正しいのか不安という方でも、安心してご利用いただけるでしょう。

わずかな水漏れであっても、不安がある場合は放置せず、すぐに業者に連絡して迅速な解決を心がけましょう。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較