水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 水漏れ・詰まり > 水漏れで水道代が高額に!料金を減免される条件は蛇口以外の水漏れ?

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

水漏れで水道代が高額に!料金を減免される条件は蛇口以外の水漏れ?

キッチンやトイレ、お風呂など、水道はさまざまな場所で使います。いつもと同じように使っているのに「水道代が高くなった気がする」と感じたら、それは水漏れが発生しているからかもしれません。

水漏れで水道代が高くなってしまった場合は、水道料金を減免してもらえる可能性があります。しかし、それには条件があり、原因や水漏れ箇所を特定して条件を満たしているかどうか確認しなくてはなりません。

この記事では、水漏れで高くなってしまった水道代の減免条件と、条件を満たしていた場合の手続き方法をご紹介します。また、水漏れの発生自体を防げるように、点検方法についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水漏れで水道代が高くなった!料金を減免してもらえるかも

水漏れで水道代が高くなった場合は、条件を満たせば料金の減免が可能です。しかし、減免の条件は自治体によって詳細が異なり、一概に「これに該当すればよい」とはいえません。

ここでは一般論として、満たしているとよい条件をご紹介します。以下を参考に水漏れの状態を確認し、詳細や疑問点については業者や自治体に確認をとりましょう。

水道代を減免してもらえる条件は3つ

水漏れで水道代が高額に!料金を減免される条件は蛇口以外の水漏れ?

基本的に、水道代を減免してもらえる条件は3つです。自宅で起きている水漏れが以下の条件に該当するかどうか、確認してみましょう。

・使用者に過失がない場合
水道の使い方や、掃除などの日常的なお手入れなどで、水道や配管を傷めるような使い方・お手入れ方法をしていないことが大切です。

とくにお手入れ方法に関しては、水漏れを起こす可能性があることを知らないとしても、自分の意志でおこなった行動であれば、過失として扱われるでしょう。

正しいお手入れ方法がわからない場合は、業者に相談したり、取扱説明書の注意書きを見たりして確認してから行動することをおすすめします。

・見えない場所での水漏れ
床下などの普段目にすることがなく、個人で触ったり点検したりすることができない場所で水漏れが発生していた場合は、減免される可能性が高いです。

そのような場所は、水回りを丁寧に管理していても水漏れの発見が難しい場所なので、使用者の過失にはならないでしょう。

・災害などによる水漏れ
災害や事故など、予期せぬ事態によって水漏れが発生した場合も、減免される可能性があります。自然災害などは、使用者が徹底した管理をおこなっていても防ぐことができません。そのため、災害などによって配管が傷んだり故障したりした場合は、水道代減免の対象になるのです。

水道代を減免してもらえないのはこんなケース

先述のとおり、水漏れで高くなった水道代を減免してもらえるのは、条件を満たしている場合のみです。では、減免ができないのはどういった場合なのか、いくつかご紹介します。

  • 蛇口の閉め忘れなど、使用者の過失による場合
  • 水漏れに気づいていたにも関わらず、修理をせずに放置した場合
  • 過去の水の使用量と比較して、水漏れした分を含めても変化が見られない場合
  • 減免しなくても水道料金が自治体の定めた基本料金内に収まる場合
  • 給水機器の故障による水漏れの場合

上記のような場合は、水道代減免の対象外になります。自治体によっては、ほかにも減免が適用されない場合があるので、自分が減免の対象かどうか判断できないという方は、自治体に確認してみましょう。

水漏れ原因が分からない場合は…

自分の目で見るだけでは、水漏れの原因を特定することができないかもしれません。そんなときは、業者に原因調査を依頼するのがおすすめです。

自治体によっては、指定の業者に調査から一任ということもできるかもしれませんが、日時に制限がある場合が多いので、忙しい方が利用するのは難しいでしょう。

その点、弊社のサービスは24時間ご相談を受け付けていますし、加盟店によって営業している日時が異なるので、さまざまな状況に対応することができます。

早めに調査が必要な方や、忙しくて時間の融通が利く業者を探している場合は、一度弊社にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水道代減免の条件を満たしている場合

水道代の減免条件を満たしていた場合は、減免してもらうために必要な手続きがあります。条件を調べて安心するのではなく、手続きまで忘れずにおこないましょう。

また、その後水道代をもとに戻すためには、水漏れを修理する必要があります。水漏れ修理についても解説しますので、対処が必要な方は参考にしてください。

必要書類と手続きについて

水漏れで水道代が高額に!料金を減免される条件は蛇口以外の水漏れ?

水道代の減免を申請するときは、水漏れ箇所の修繕完了後に必要な書類を記入・添付して提出します。このとき、必要な書類というのは、修理をおこなった際の請求書や領収書などの修理の証明となる書類のコピーです。

修繕工事をおこなってから書類提出までの期間が決められている場合もあるので、減免対象の場合は、早めに書類を提出しましょう。

水漏れの修繕は誰がおこなうのか

水漏れの修繕を誰がおこなうのかは、水漏れをしている箇所や自治体の規定によって異なります。水漏れ発覚の時点で自治体に報告すると、指定の業者を紹介されることもあれば、自分で業者を探すよう促される場合もあるでしょう。

多くの場合、修理費用に関しては自分で負担することになります。それは、基本的に自治体が減額対象としているものが、水漏れにともなう水道代だからです。修理費は減額の対象にならないことが多いので、修理費が減額対象になるかどうかは、自治体にご確認ください。

また、配水管には管理区分があり、配水管から各家庭の水道メーターまでと、水道メーターから蛇口までで管理者が異なります。ここでご紹介した手続きや修繕方法は、どちらも水道メーターから蛇口までの間で水漏れが起こった場合の対処法です。

配水管から水道メーターまでの間で水漏れが起こっていた場合は、水道局が管理を担っています。水道局に水漏れしている旨を報告し、修繕などの必要な対処は水道局に任せましょう。

自力で水漏れ修理をおこなう場合はどの業者に頼んだらいいの?

水漏れの箇所の修理業者を自分で手配しなくてはならない場合は、数多く存在するプロの業者のなかから、依頼先を決めなければなりません。

しかし、業者ごとのサービスの違いなどが明確でなければ、どの業者を選べばよいのかわからないという方もいるでしょう。

そのときは、弊社の相談窓口までお問合せください。お電話で水漏れの状態や修理箇所などをお聞きして、必要なサービスを迅速におこなえる業者をご紹介します。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水漏れ点検は定期的にしておこう

ここまでは、水漏れで水道代が高くなってしまった場合の対処法についてご紹介しました。しかし、水漏れが発生する前に気づくことができれば、水道代が上がる前に対処できるでしょう。

水道メーターの確認方法や各水回りの水漏れしやすい箇所を知り、こまめな点検を心がけましょう。

自力でできる水道メーターの確認!

水漏れで水道代が高額に!料金を減免される条件は蛇口以外の水漏れ?

水道メーターの確認方法がわかっていれば、水漏れを長期間放置してしまうことはないでしょう。まずは、水道メーターの確認方法を覚えましょう。

水漏れしているかどうかを水道メーターで確認するときは、家のなかで水を使っていない状態でなければなりません。すべての蛇口を閉めてから確認をはじめましょう。

水道メーターはおもに、家の外にあるメーターボックスのなかにあります。メーターボックスを探して、中にある水道メーターのフタを上げると、水量を示すパイロットという小さな突起物が水道メーターの左下あたりについています。

しばらくそのパイロットを観察し、パイロットが回転したら水漏れが発生している証拠です。すぐに業者に連絡し、水漏れの修理をおこないましょう。

水漏れしやすい箇所1【トイレ】

トイレの水漏れは、便器のなかの水の量で判断することができます。水を流していないとき、便器内の水は動くことがありません。しかし、水漏れが発生していると、ちょろちょろと水が流れて水面が下がります。タンク内の部品が破損してないか確認してみましょう。

また、配管の接続部分がゆるんで水漏れすることもあります。掃除のついででかまいませんので、月に一度くらいは細かいところまで点検しましょう。

水漏れしやすい箇所2【キッチン・洗面】

キッチンや洗面台での水漏れは、蛇口や水栓の根元から発生することが多く、パッキンの劣化や金具のゆるみなどが原因です。蛇口をしっかりと閉めても水が流れるという場合は、部品交換などの修理をおこないましょう。

水漏れしやすい箇所3【給湯器】

給湯器の水漏れは、下部の水抜き栓からであれば問題ない場合があります。給湯器内に残っていた水が落ちているだけだからです。それ以外の配管などから水漏れしている場合や、長時間水が止まらない場合、漏れている水の量が多い場合は早めに修理をしましょう。

ただし、上記のような症状がみられる給湯器の使用年数が10年を超えている場合は、本体の寿命かもしれません。水漏れがひどくなる危険性もあるので、新しいものに交換しましょう。

また、冬場は配管にたまった水が凍結によって中の水が膨張し、配管が破裂するおそれもあります。すぐに給湯器の交換をおこなわないと、水漏れが改善されないので、早めに業者に相談しましょう。

住んでいる人が気づきにくい場所は…

普段の生活のなかで目につく場所や、掃除のついでに点検できるような場所であれば、定期的な点検は可能です。しかし、配管は壁のなかや床下などの人の目に触れないような場所にも存在します。

大きなものを詰まらせてしまったり、特殊な薬剤などを流したり、特別なことをしない限り、そういった場所の水漏れの発生はごくまれです。ただし水漏れの可能性がゼロというわけではありません。

見えない場所も不安だから点検しておきたいという方は、業者に依頼して細かい場所まで徹底的に点検してもらいましょう。

その場合の業者選択は、弊社にお任せください。点検だけではなく、水漏れを発見した場合の対処法にも詳しい業者をご紹介します。水漏れによる水道代の変化だけでなく、そのほかの水のトラブルまでしっかりと防げるように、万全の対策をおこないましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較