水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレの詰まりは薬剤で解決しよう!その他のお手軽解消法もご紹介

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの詰まりは薬剤で解決しよう!その他のお手軽解消法もご紹介

トイレで詰まりが起きた場合、詰まっているものによって解消方法が違ってきます。詰まりの原因として、尿石やトイレットペーパー、排泄物などが考えられます。尿石によるトイレ詰まりには薬剤や洗剤による対処が効果的です。

トイレットペーパーや排泄物などによる詰まりでは、重曹やお酢などのそのほかの方法が有効となります。詰まりを解消する場合は、一度原因を特定してから解消法を選択してみるのがおすすめです。ここでは詰まりの原因とその解消法について紹介していきます。

「尿石」によるトイレ詰まりを薬剤・洗剤で解決する方法

トイレを使用する際に、「トイレの臭いが気になる」、「便器に黄色っぽい汚れが付着している」、「掃除をしてもなかなか落ちない」といった症状はありませんか?そういった症状の原因として「尿石」が挙げられます。

尿石とは名前のとおり、石のように硬くなった汚れのことを指しています。頑固な尿石によるトイレ詰まりに向く薬剤の種類や、除去方法について確認していきましょう。

尿石に薬剤が効果的な理由

「尿石」によるトイレ詰まりを薬剤・洗剤で解決する方法

汚れの種類にはアルカリ性と酸性の2種類があります。尿石は尿に含まれるカルシウムイオンなどが固まったもので、水垢や石鹸のカスなどと同じ「アルカリ性」です。アルカリ性の汚れを落とすには、酸性の薬剤によって中性に近づかせることで汚れを落とすことができます。そのため、アルカリ性である尿石には酸性の薬剤が効果的となるのです。

石のように硬くなった尿石を落とすには、尿石除去剤がおすすめです。トイレ詰まりの除去方法として重曹や酸性の洗剤などもありますが、頑固な尿石には尿石除去剤を使用しましょう。

市販の薬剤を使ったトイレ詰まり解消法

ここではトイレ詰まりで使う薬剤の使い方について紹介していきます。以下の手順を参考にして実践してみましょう。

●解消手順

  1. 窓を開ける、または換気扇をつける
  2. 薬剤を便器に流し入れ、放置する
  3. 便器内の水が多い場合は、バケツで汲んで流し、状態を確認する
  4. 水栓レバーを引いて、状態を確認する
  5. 詰まり解消したら、掃除をする

酸性の薬剤を使用する際は、ほかの薬剤を混ぜないように注意しましょう。酸性の薬剤に塩素系の薬剤を加えてしまうと、有毒なガスが発生するおそれがありとても危険です。誤って混ぜてしまわないためにも、薬剤ごとに保管場所を変えたり、容器に目印などを記したりして対策を取りましょう。

食器用洗剤でも代用することができます

尿石を取り除く方法として、薬剤を紹介しました。ですが手持ちに薬剤がない人や、誤って混ぜることでガスが発生してしまうリスクを考え、使用するのに躊躇する方もいるかと思います。そんなときには、身近にある食器用洗剤で代用することも可能です。

食器用洗剤は中性のものが多いですが、ほかにも弱アルカリ性や弱酸性の種類もあります。尿石は先ほど紹介したとおり、アルカリ性です。食器用洗剤で代用する際は、酸性のものを使用するようにしましょう。以下では食器用洗剤を使った除去方法について紹介します。

●除去方法

  1. 食器用洗剤100㏄と、便器半分くらいの量のぬるま湯を準備する
  2. 便器に繋がった電源コードを抜く
  3. 水量が多い場合は、水が溢れないように減らしておく
  4. 食器用洗剤を入れたら、ぬるま湯を少しずつ入れる
  5. 約20分放置する
  6. 水位が下がっているのを確認できたら、再度ぬるま湯を入れる

いくらやっても取れない・汚水が溢れてきそうで不安などといった場合は、トイレの詰まりに対応している業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

「トイレットペーパー・排泄物」の詰まりを解消する3つの方法

トイレの詰まりには尿石以外にも、トイレットペーパーや、排泄物などが原因となることもあります。身近にあるものから、便利な道具による解消方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

【方法1】お湯・重曹・お酢で詰まりを溶かす

「トイレットペーパー・排泄物」の詰まりを解消する3つの方法

身近にある便利なお掃除道具として、重曹とお酢が効果的です。重曹はアルカリ性で、反対にお酢は酸性の性質を持っています。これら2種類を一緒に使用することで、泡状の二酸化炭素が発生し、詰まりの元を溶かしてくれるのです。では実際に重曹とお酢、お湯を使った解消方法の仕方について紹介します。

●前準備

  1. 重曹(計量カップ4分の1)、お酢(計量カップ2分の1)を用意する
  2. バケツに便器半分くらいの量のぬるま湯を用意する
  3. 便器に繋がった電源コードを抜く
  4. 水量が多い場合は水が溢れないように減らしておく

●解消手順

  1. 重曹→お酢の順に入れる
  2. お湯を入れ、泡立ってきたら約1時間放置する
  3. バケツに汲んだぬるま湯を、便器の中に流し込む

上記の方法をおこなっても詰まりが解消されない場合は、ほかの原因が考えられます。水に溶けないおむつや固形物などが詰まっているおそれもあるのです。詰まりの原因がわからない・これ以上自分では対処できないといったときは、トイレの詰まりに対応するプロに任せるのがおすすめです。

【方法2】ラバーカップで詰まりを引き出す

ラバーカップは別名「スッポン」とも呼ばれ、先にゴム状のカップが付いた詰まり解消グッズです。詰まりトラブルの際に便利な道具ですが、間違った方法で使用してしまうと、汚水が飛び散ることがあるので注意が必要です。

ラバーカップは詰まった汚れを引き上げて使うのが正しい使い方です。正しい使い方を把握して、トイレ詰まりが発生した際に活用してみましょう。

●使用方法

  1. 便器の水が溢れそうな場合は、水を減らす
  2. 排水口部分を覆うようにラバーカップを配置する
  3. ラバーカップ全体が水に浸るよう、水量を調節する
  4. ラバーカップを引き上げる
  5. 水を便器内に流し込み、流れれば完了です

ラバーカップ内に空気が残った状態で配置しないよう注意しましょう。空気が残っていると、引き抜いた際に汚水が飛び跳ねてしまうおそれがあります。

ほかにも、水量が少なくラバーカップが水に浸っていないと、排水口とラバーカップの間に空気が入ってしまう可能性があります。空気が入るとカップ内が真空状態にならずに、引き上げる効果が弱まってしまうので注意をしましょう。

また、ラバーカップを排水口内に無理に押し込んでしまうと、汚れがさらに奥へ入ってしまう場合があります。間違った方法をしてしまうと、プロによる修理が必要となる場合もあるので注意しましょう。

【方法3】ペットボトルで詰まりを引き出す

ラバーカップが手元にない場合は、ペットボトルで対応することが可能です。しかし、ラバーカップに比べ、引き上げる力が強くありません。そのため、排水口近くでの詰まりや、詰まりの度合いが軽度の際に活用するようにしましょう。

●前準備

  1. 底面を少し切ったペットボトル(排水口の大きさに切ったもの)を用意する
  2. ゴム手袋を装着する

●解消手順

  1. 排水口にペットボトルを差し込む
  2. 蓋を塞いだ状態で、抜き差しする

こんな症状の場合はプロの業者に依頼しよう!

トイレの詰まりには、水に溶けないものが原因である場合もあるのです。詰まりの原因は、棚に置いてある小物やおもちゃ、ポケットに入っているスマートフォンなどを落としてしまったことも考えられます。

トイレ詰まりを解消する際に、以下のような場合は修理業者に依頼をして解消して貰いましょう。トイレの詰まりを業者に解消した場合にかかる費用相場についても紹介しますので、業者への依頼を検討する際は参考にしてみてください。

  • 水に溶けないものが詰まっている
  • 排水口の奥で詰まりが生じている
  • 排水管の劣化によって、流れが悪い
  • 対処したら便器が割れた、状態が悪化した など

業者に依頼したときにかかる費用は、詰まりの症状や使用する道具によって異なります。詰まりが軽度の場合は、約4,000~8,000円です。高圧洗浄機などの専用の道具を使用すると、約15,000~40,000円かかることがあります。便器の破損による交換では、約25,000~30,000円の費用がかかります。

水110番では無料相談も受け付けております。修理費用やそのほかの依頼などに関するご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレ詰まりを日ごろから予防するには?

トイレの詰まりは日ごろの手入れや、使い方によって防ぐことが可能です。トイレを正しく使用することでトラブルを未然に防ぐことができます。以下の内容を確認して、トイレの詰まりを予防しましょう。

【予防1】トイレットペーパーを流しすぎない

トイレ詰まりを日ごろから予防するには?

トイレットペーパーは水溶性のため、水に溶けます。しかし、一度に流す量が多くなってしまうと水に溶け切れず、トイレットペーパーが溜まってしまう場合があるのです。そういった事態を防ぐ対策として、一度に使用する量を減らす・二度に分けて流すといったことを意識しましょう。

【予防2】過度な節水対策をしない

トイレの水栓レバーには大と小があります。節約のためだからと、毎度「小」を使用していると、トイレットペーパーや排泄物が十分に流れていかず、詰まってしまう場合があるのです。ほかにもトイレの止水栓を自分で調節し、水量を変えてしまうとトイレ詰まりが起きやすくなります。

節水により水道代が削減できても、トイレの修理費用がかかってしまうケースもあるので、節水は避けるのが賢明でしょう。

トイレ詰まりの前兆を見逃さないようにしよう!

トイレの詰まりにもじつは前兆があります。おもな症状として、「流したあとの水位が高い」・「流す際に異音がする」・「流す際の水量が少ない」といったことが挙げられます。これらの症状を確認した際は、一度修理業者に連絡・相談してみましょう。

水110番では、24時間いつでもお電話相談を受け付けております。全国にある加盟店の中からご要望に合った業者をご紹介いたしますので、お気軽にお問い合わせください。早めに対処をして、詰まりを解消しましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較