水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > お風呂のトラブル > シャワーが出ないときに確認したい!原因、対処法、業者選びについて

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

シャワーが出ないときに確認したい!原因、対処法、業者選びについて

シャワーが出ないときは、症状によって原因が変わってきます。「シャワーからお湯も水も出ない」「シャワーからお湯が出ない」「シャワーの水の出が悪い」これらの3つのタイプがあるので、ご自宅のシャワーがどのタイプに当てはまるのか確認してください。

このコラムでは、シャワーで起きるトラブル3つの症状別に原因と対処法をご紹介します。原因によっては、簡単に自分で対処できるものから、業者に依頼しないと解決が難しいものまで、さまざまです。症状を見極めて、適切にトラブルを解決させましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

「シャワーが出ない」の3タイプ!症状と原因を知ろう

シャワーが出ない時の症状を3つのタイプに分けました。それぞれのタイプごとに原因が異なりますので、ご自宅のシャワーと似た症状を確認してくださいね。

【症状】 シャワーから水もお湯も出ない

【症状】 シャワーから水もお湯も出ない

シャワーからお湯も水もでてこない場合には、水道の不具合が考えられます。冬場に出ない場合には「凍結」、近くで工事などがおこなわれているときや震災があった場合には「断水」、もしくは自宅の「止水栓が閉まっている」ことが考えられます。

・凍結している
凍結は、水道管内や給湯器で起こります。マイナス4度以下になると水道管の凍結がおこりやすいです。寒冷地にお住まいの場合、雪が降った日などにシャワーが出なければ凍結を疑いましょう。

給湯器には凍結防止機能が備わっていますが、それでも雪が降るようなときには凍結してしまうことがあります。水道管も給湯器も温めれば直りますが、熱湯などを掛けると配管が破損してしまうこともあるため注意してください。

・断水
近くで水道管の工事があるときに断水となることがあります。事前に通達がありますが、家を留守にしていたり、お知らせのチラシを読んでいなかったりすると気づきません。

また、地震や台風などの影響により断水が起こることもあります。断水情報は、地域の水道局の公式サイトで確認できますので、「断水かも?」と思ったときにはチェックしてみてください。

・止水栓が閉まっている
シャワーの止水栓が閉まっていることが原因で水やお湯が出ない場合があります。例えば、シャワーヘッドの交換をしたときに、うっかり止水栓を閉めたままにしていることなどが考えられるでしょう。

シャワーの止水栓は混合栓の近くに設置されていることが多いです。止水栓の場所が分からない際には、取り扱い説明書などで確認してみてください。

【症状】シャワーからお湯が出ない

シャワーから水は出るけどお湯は出ないというときには、「給湯器の電源が付いていない」場合や「給湯器の故障」、「温度調節の不調」、「ガスが原因」であることが考えられます。

給湯器の電源がついてない

給湯器の電源を切ったままにしていて、お湯が出ないということがあります。また、給湯器のコンセントがしっかりささっていないことやブレーカーが落ちていることが原因となる場合もあります。

給湯器の故障

給湯器が壊れてしまいお湯が出てこないことが考えられます。お湯の温度が不安定である場合も、同じ原因であることが多いです。給湯器の寿命は10年と言われており、それよりも長く使っている場合には、寿命が訪れたのかもしれません。

蛇口の温度調整の不調

給湯器の温度を上げてもお湯が出ない場合には、温度調整バルブの不調が考えられます。温度調整バルブとは、混合水栓のハンドルやカランについている部品です。

ガスが原因

ガスを切っている場合や、プロパンガスを使用しているとガスがなくなってしまったといいうケースが考えられます。

【症状】シャワーの水の出が悪い

シャワーから水もお湯も出が悪いときや、出てこないという場合には、「止水栓の調整」がよくなかったり、「蛇口のフィルター」が原因であったりします。

・止水栓の調整
止水栓は水の出を止めるだけでなく、緩め方によって水の出方を調整する役割もあります。水の出が悪いときには、止水栓の緩め方が原因になっていることもあるのです。

・蛇口のフィルター交換
蛇口には、配管から流れてきたゴミを受け取るフィルターが設置されていますが、古くなるとこのフィルターが詰まり水の出が悪くなることがあります。

ここまで症状別の原因の紹介をしましたが、自分で原因が分からない場合には放置せず、業者に相談してみるのもひとつの手です。弊社では、電話相談を24時間365日受け付けています。シャワーが出なくてどうにもできないというときには、ご相談ください。

毎日使うシャワーは快適に使用したいものです。ここからは、原因が分かった方に向けて、自分で直す方法について解説をしていますので、参考にしてみてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【タイプ別】シャワーの不調の直し方

ご自宅のシャワーの症状から原因を判別できたら、対処方法を確認していきましょう。ここでは対処方法を3タイプごとにご紹介します。自分で簡単にできることから、業者に依頼したほうがよい場合もありますので、チェックしてみてくださいね。

【対処法】シャワーからお湯も水も出ない

【対処法】シャワーからお湯も水も出ない

凍結している

シャワーからお湯も水も出ないというときは、凍結が原因であれば基本的に日が昇って気温が上昇するのを待つか、給湯器をつけて温まるのを待つことになります。業者に依頼して凍結を解消してもらうことも可能です。

断水

断水が原因であるときには、自分でできることはありません。断水が終わるのを待つことになりますので、その間はシャワーを浴びることができません。事前に断水が分かっている場合には、風呂に水を溜めておくとよいでしょう。

止水栓が閉まっている

止水栓が閉まっている場合には、止水栓を開くことで水が流れるようになります。また、シャワーだけでなく、キッチンやトイレなども水が出ない場合には、屋外の元栓が閉まっているかもしれません。

戸建住宅の場合には、敷地内の水道のメーターボックス内にあります。マンションなどの集合住宅では、玄関隣のドアのメーターボックスの中に設置されていますので、確認しましょう。

閉まっていた止水栓や元栓を開くとき、蛇口を開けたままだと水が流れっぱなしになってしまうので、蛇口を締めておいてください。

【対処法】シャワーからお湯が出ない

給湯器の電源がついていない

給湯器の電源がついていないだけなら、電源を入れることで解決します。それでも電源がつかない場合には、コンセントの接続状態を確認し、外れかけているようならしっかり差し込みましょう。

また、複数の電子機器を同時に使うとブレーカーが落ちることがあるため、不要な電源は切っておくことをおすすめします。

給湯器が壊れた

給湯器が壊れた場合には、自分で対処することは難しいです。業者にみてもらい、修理か交換をしてもらいましょう。給湯器には寿命がありますので、古いものだと修理をしても次は別の場所に不具合が出てくるかもしれません。給湯器を長期間使用している場合は、交換をおすすめします。

蛇口の温度調整の不調

この場合には、サーモスタットという部品の交換をします。また、ハンドルの温度設定の不具合である場合には、設定をしなおす方法がありますので、取り扱い説明書で確認しましょう。

ガスが原因

ガス栓を締めている場合には、開きましょう。プロパンガスを使っている場合には、ガスが切れているおそれもあります。ガスコンロが使えるか確認し、使えないようなら契約しているプロパンガス業者に連絡しましょう。

【対処法】シャワーの水の出がわるい

止水栓の調整

止水栓が閉まりすぎていると水の出がよくないため、緩めてみてください。水をだしながら調整しましょう。あまりに勢いよく水がながれるようになると、日々の積み重ねによって水道代金が高くなるおそれがあるので注意してください。

蛇口のフィルター交換

蛇口のフィルターが汚れている場合には、掃除をします。フィルターの掃除方法は取り扱い説明書に書かれていて、フィルターのクリーナーも付属されていることが多いです。フィルターが汚れていたら掃除をしましょう。古くなっているようなら、新品に交換するとつまりにくくスムーズに使用できるようになります。

電源のスイッチを入れるだけや、止水栓を調整することで解決するものであれば自分で対処できてしまいます。しかし、給湯器や水道管など専門的な知識が必要となることは、むやみにさわってしまうと、後戻りができなくなり、直るものも直らなくなってしまうことがあるのです。直すのが難しいと感じたときには、プロに依頼しましょう。

業者に直してもらう場合の費用相場

シャワーが出ないとき、業者に直してもらうとなると費用が気になりますよね。費用相場を知っておくと、業者選びに役立ちます。

・凍結
凍結の解消を業者に依頼する際には、電気での解氷やスチームで熱を当てて解氷する方法をとります。費用相場は10,000~20,000円ほどです。

・給湯器
給湯器の修理をしてもらう際の費用相場は5,000~30,000円ほどです。修理する場所によって部品代が異なることから、金額に差があります。給湯器の交換となると60,000円ほどかかりますが、複数個所の修理が必要となった場合には、新品に交換するほうが安くすむ場合もあります。

・部品交換
温度調節のサーモスタットの交換は8,000~13,000円ほど、蛇口のフィルター交換は5,000~10,000円ほどが相場となります。業者によっては、出張費や不要になった古い部品の処分費用が別途必要となることがあるため、見積りをとって費用はいくらになるのか把握してから依頼することが大切です。

水110番では無料で見積りをおこなう業者をご紹介いたします。業者依頼を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水のトラブルは【水110番】にお任せ!

生活に欠かせないシャワーの不具合があると、1日を満足に過ごすことは難しくなってしまいます。不具合ははやく直したいところですよね。自分で対処できない場合には、業者の力を借りましょう。

水110番のサービス

水110番のサービス

水110番では、シャワーに限らず、水回りに関わるトラブル全般をスピーディに対応するよう心掛けています。24時間365日、電話相談を受け付けていますので、いつでもご相談いただくことが可能です。

・水110番にご依頼いただくときの流れ
水110番は、ご相談をいただいた後、お客様のご要望に合ったお近くの業者をご紹介します。業者がご自宅まで伺い、現地での見積りをおこなうという流れです。ここまでは無料ですので、キャンセルいただくことも可能です。見積り後にご検討ください。

作業日が確定しましたら、その日に水のトラブル解決のプロがうかがいます。作業内容によって作業時間が異なりますので、スタッフにお問い合わせください。

見積りで提示した費用で作業をいたします。もしも追加の作業が必要となった場合には、お客様にご確認してから、作業をおこないますのでご安心ください。

信頼できる業者の選び方

信頼できる業者を選ぶには、前述したように見積りをとりましょう。見積りをとって、作業や費用の内容を確認をしておかないと、作業が終わった後に追加費用が発生してしまうおそれがあります。費用の内訳もしっかり確認してから、業者を選ぶようにしてください。

また、インターネットで業者の名前を検索することで、口コミ投稿を確認できることもあります。目をとおしておくと、業者の評判などの参考になるでしょう。

ほかにも、作業に関しての説明が丁寧で、相談ごとにもしっかり答えてくれる業者なら安心して依頼できますよね。水回りのトラブルに詳しいプロなら、的確に作業をおこなってくれるはずです。この業者なら任せられると納得した上で依頼しましょう。

弊社では、全国にある加盟店の中からご要望に合った業者をご紹介いたします。また、お電話相談や業者による現地調査、見積りは無料でおこなっています。水回りでお困りの方は、水110番へお気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較