水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレの詰まりはラップで解決!圧力を利用した上手な活用法について

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの詰まりはラップで解決!圧力を利用した上手な活用法について

トイレが詰まったとき、ラバーカップなどの道具がないととても困ってしまいますね。夜中などでお店もやっていない場合には、途方に暮れてしまうこともあるでしょう。しかし、ラバーカップがなくてもトイレの詰まりを解消する方法があります。

トイレの詰まりは、ラップで解消することができるのです。このコラムでは、ラップなど身の回りのものを使ったトイレ詰まりの解消法をご紹介します。どうしても詰まりが直らない場合の対処法もご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの詰まりをラップで解消!原理と手順は?

まずは、トイレの詰まりをラップで解消する方法をご紹介します。手順はとても簡単ですので、手元にラップがあればぜひ試してみてください。

トイレが詰まったときの症状

トイレが詰まったときの症状

トイレのトラブルが起こったときには、まずトラブルの原因が詰まりなのかを見極める必要があります。トイレが詰まっているときには、以下のような症状が起こりますので、確認してみましょう。

・水が流れていかない
トイレの排水管になにかが詰まっていると、水が流れなくなります。水を流した際に便器内にたまっている水の水位が上がり、ゆっくりと流れていく場合には、排水管が詰まりかかっている状態だと考えられるでしょう。

・異臭がする
通常便器には封水という水がたまっていますが、これには下水から上がってくる臭いをふさぐ役割があります。排水管が詰まっていると毛細管現象といって、封水が詰まっているものに吸い込まれて流れてしまうことがあります。封水がなくなった結果、下水の臭いが上がってきて異臭がするのです。

・異音がする
便器の奥のほうからゴボゴボと音がするという場合、排水管や排水桝が詰まっているおそれがあります。排水桝は屋外にある、排水のゴミをためておく設備ですが、ここが詰まっている場合には自分で直すのは困難ですので、業者に依頼するのがよいでしょう。

トイレの詰まりにラップが効果的な理由

トイレの詰まりを直すには、ラバーカップという道具を使うのが一般的です。ラップを使った詰まり解消法は、このラバーカップと同じ原理を利用したものです。ラバーカップはゴム部分で排水口を密閉し、排水管内を真空状態にして水を引っ張ることで、詰まったものを動かして流します。同様にラップで便器内を密閉して真空状態を作るのです。

ラップを使ってトイレ詰まりを解消する方法

ラップを使ったトイレ詰まりの解消法は、とても簡単です。具体的な作業手順は以下のとおりです。

(1)便座を上げて、便器にラップをかけて隙間なく覆います。ラップが破れないように何枚か重ねてかけましょう。しっかりと密閉することが大切です。

(2)この状態で水を流すと、水の圧力でラップが膨れ上がってきます。そのラップを手でゆっくりと押していきましょう。

(3)手を離してラップがまた膨れてきたら、再びゆっくりと押します。この動きを繰り返すことで詰まっているものが動けば、水が流れていきます。ラップを外す際には、便器に流さないように注意しましょう。

この方法を試しても詰まりが直らない場合には、かなり頑固な詰まりが発生しているか、水に溶けないものが詰まっているかもしれません。そのような場合は無理をせず、業者を呼ぶのがよいでしょう。お近くの業者がみつからない場合には、弊社にご相談ください。弊社に加盟している多くの業者の中から、お近くの業者を無料でご紹介します。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

道具が無くても大丈夫!トイレ詰まり3つの解消法

トイレの詰まりはラップ以外に、身の回りのものを使って解消する方法もいくつかあります。ラップを使った方法がうまくいかなかった場合には、こちらも試してみてください。

【方法1】重曹×お酢で詰まりを溶かす

【方法1】重曹×お酢で詰まりを溶かす

便やトイレットペーパーなど、本来水に溶けるものが詰まっていることはよくあります。その場合には、重曹とお酢で詰まりを溶かす方法も有効です。

(1)便器に通常よりも多く水がたまっている場合には、バケツなどでくみ取って水量を減らします。

(2)便器に重曹とお酢、50℃程度に沸かしたお湯を入れます。お湯は熱すぎると便器が割れてしまうことがあるので、注意しましょう。重曹はお酢を混ぜると炭酸ガスが発生し、泡立ちます。この泡に漬けておくことで、詰まっているものが柔らかくなり、水に溶けやすくなるのです。そのまま1時間ほど放置しましょう。

(3)しばらく放置した後、少しずつ水を流します。便器に水がたまらなければ、詰まりが直ったと考えられます。

【方法2】ペットボトルで詰まりを引き出す

ラバーカップがないときには、ペットボトルで代用する方法もあります。使うペットボトルは、なるべく便器の排水口にぴったりとはまるサイズのものがよいでしょう。

(1)ペットボトルの底部分をハサミなどで切り取ります。

(2)ペットボトルの口部分を手でもって、底部分を便器の排水口に差し込みます。

(3)口部分を手で密閉し、ペットボトルをラバーカップと同じ要領で上下に動かします。排水口内を真空状態にし、水を引っ張る動きを繰り返すことで詰まっているものを動かし、詰まりを解消できるのです。

【方法3】ハンガーで詰まりをかき出す

トイレの詰まりを直すには、ワイヤーブラシなどで物理的に詰まりをつついて崩す方法があります。このワイヤーブラシの代用として、針金ハンガーを使うこともできます。

(1)針金ハンガーをペンチなどで切って1本の棒状にし、片方の先端を輪っかの形にします。輪っかにするのは詰まりに引っかけやすく、排水管を傷つけないようにするためです。

(2)輪っかにしたほうを便器の排水口に差し込みます。詰まりにぶつかったら細かく動かしながらつつき、少しずつ崩していきます。

時間が経てば自然に直ることもあります

便やトイレットペーパーなど、水に溶けるものが詰まっている場合には、時間をおくことで自然に溶けて解消されることもあります。ただし、おむつなどの吸水性が高いものが詰まっている場合には、放置しておくと水を吸って膨張し、さらに詰まりを悪化させることになります。

水に溶けない固形物を誤って便器に落として詰まってしまった場合は、放置しても直ることはありません。また、自分で直そうとすると落としたものが排水管の奥まで流れ、自分ではどうしようもない事態に発展することもあります。無理に自分で直そうとするよりも、業者に依頼するのが安全です。

弊社にはトイレ詰まりに対応する業者が数多く加盟していますので、弊社にご相談いただけば、お近くの業者がすぐに駆けつけることができます。24時間電話相談を受けつけていますので、トイレ詰まりでお困りなら、まずお気軽に弊社までご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレ詰まりを早く解消したい!プロ依頼お役立ち情報

トイレ詰まりをラップなどで直そうと試みても解消できそうにない場合には、プロに頼むのが安心です。しかし、実際に業者を呼ぶとなると費用が気になるし、どの業者を選べばいいのか迷ってしまうということもあるでしょう。次の章では、トイレ詰まり修理を業者に頼んだ場合の費用相場と、業者の選び方をみてみましょう。

プロに依頼したときの費用相場

プロに依頼したときの費用相場

トイレ詰まりの修理にかかる費用の相場は、5.000円~30,000円程度です。詰まりの解消のみなら10,000円前後で済むことが多いですが、詰まったものや位置によっても変わってきます。高圧洗浄機などの特殊な道具を使ったり、便器を外す必要があったりという場合には、それだけ費用が高くなるでしょう。

また、作業費のほか、出張費や深夜料金なども料金に加算される場合があります。料金設定は業者によってさまざまですので、事前にどのような費用が発生するのかを確認しておきましょう。

業者はどうやって選べば良いの?

できるだけ費用を抑えてトイレ詰まりを修理するには、よいサービスを適正な料金で提供している業者を選ぶ必要があります。よい業者を見分けるためのチェックポイントをご紹介します。

・水道局指定工事店
水道に関する事業をおこなうには、水道局指定工事店として自治体の水道局から認可が必要です。認可のない業者が水道関係の作業をすると違法になる場合がありますので、大前提としてチェックしておくポイントでしょう。その業者が水道局指定工事店かどうかは、役所などに問い合わせれば確認できます。

・明瞭な料金
公式サイトなどに、作業ごとの料金が明示されているかを確認しましょう。料金が相場に対して適正で、出張費や深夜料金など、費用の内訳についても詳細に記載されている業者は信頼できるでしょう。

・公式サイトの記載
公式サイトに所在地や役員の氏名、保有する資格や加入している保険などの基本的な会社情報が記載されている業者は、社会的に信用できる業者だといえます。また、公式サイトに実際の施工事例などが公開されている業者が、イメージがつかみやすくて安心できるでしょう。

・無料調査と見積り
優良な業者は、詳細な見積りを提示するために無料で現地調査をしてくれることが多いです。調査だけで料金が発生したり、あまり調査をせずに作業をはじめたりするような業者は、あまり信頼できないでしょう。無料調査を実施しているか、見積り料などが発生しないかを確認しておく必要があります。

・保証
もしも施工に不備があり、再び詰まりが発生してしまった場合などに、無償で再施工してくれる保証があるかどうかも重要です。保証の有無や保証期間はどれくらいかを、事前に確認しておきましょう。

・対応が早い
トイレのトラブルは突然起こりますので、24時間いつでも対応している業者が便利でしょう。依頼してから現場に駆けつけるスピードも早いほうが助かりますので、現場から近い業者を選ぶのもポイントです。

・相見積りを取る
ある程度時間的な余裕があるのであれば、いくつかの業者から見積りを取って比較するのがおすすめです。サービス内容や料金を比較して、最適な業者を選びましょう。

業者を選ぶポイントはいくつかありますが、数多くの業者をすべてチェックしていくのはとても大変です。そこで、弊社のサービスが役に立ちます。弊社に加盟している多くのトイレ修理業者の中から、ご相談に最適な業者を厳選してご紹介しています。

お近くの業者をすぐにみつけることができますので、業者を探す手間を省くことができるのです。ご相談やご紹介、見積りはすべて無料ですので、急なトイレトラブルの際にはぜひ弊社にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較