水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 蛇口のトラブル > 古い蛇口を交換したい!水漏れ原因の探し方・取り換えの仕方

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

古い蛇口を交換したい!水漏れ原因の探し方・取り換えの仕方

古い蛇口の交換は、新しく取り付ける蛇口の種類や大きさなどが合ったものでないと取り付けができないことがあります。また、交換の作業中には水の流れを止める必要があるなど、いくつかのことを注意しなければなりません。

交換作業をトラブルなく終えるために重要なことを、ここでは解説していきます。まずは蛇口が古くなると起こることが多い故障内容を紹介し、交換前に確認することから実際の交換手順まで詳しく説明していきます。

蛇口を交換するときや、交換するか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

蛇口の劣化による水漏れ箇所とその原因

古い蛇口が水漏れを起こすのは、ここにあげる4つの場所であることが多いです。ここに出てくる場所で水漏れが起こったら、蛇口はもう交換したほうがよいかもしれません。水漏れは水を出しているときに起こるものと、出していないときに起こるものがあるので、漏れの場所を見分けるときにはその点にも注目してください。

スパウトの先端

スパウトの先端

スパウトとは、蛇口で水が出てくる筒状の部品をいいます。蛇口を締めても先から水滴が漏れてくるような不調があるときは、水量を調整するハンドル内部が劣化していると考えられます。

ハンドルを回して水を出すタイプの蛇口の水漏れは、「ケレップ」という部品が劣化していることが原因です。ハンドルを上下に動かして水量や水温を調整する「シングル混合栓」の蛇口では、「カートリッジ」という部品にあるゴムのパッキンの劣化が考えられます。

スパウトの根元

スパウトは左右に動かせる場合が多く、可動部が劣化するとそこから水漏れが起こります。スパウトを動かしたときに水が漏れるときや、水を流していなくても漏れることがあったら、蛇口の交換をしたほうがよいでしょう。

壁と蛇口の接続部

壁付きや単水栓で、水を流しているかどうかにかかわらず、壁との接続部分から漏れてくる場合があります。この場合、壁と蛇口をつないでいる「取り付けネジ」が古くなっていることが考えられるでしょう。

蛇口本体と壁との接続部は、ねじと同じ構造になっていて、回し入れて固定します。そのため、接続部の密閉性が保たれなくなると、水が漏れてきてしまうのです。

ハンドルの根元

水の量を調整するハンドルから水が漏れてくるときは、内部のゴム部品が劣化していることが多いです。ハンドルを回して水量を調整するタイプのものは、内部の「三角パッキン」という部分が劣化しています。ハンドルを上下させるタイプのシングル混合栓の蛇口では、カートリッジという部分の劣化が考えられます。

ここの漏れは、基本的には水を流しているときに発生する漏れです。ただし、ほかの部分が劣化していると、蛇口を締めていても漏れてくることがあります。

蛇口を締めたと思っても、漏れがあるせいで水が流れ続けてしまうことがあります。このような水漏れを放っておくと、いつの間にか大量の水が流れ、水道代が上がってしまうこともあるため、早急に確実な修理をおこなうことが大切です。

この記事内で後ほど紹介しますが、蛇口の修理は自力でおこなうこともできます。しかし知識と経験がなければ、間違えた修理をしてしまうおそれもあります。そのため、水漏れを完全に直したいのであれば、水道工事の業者に修理を依頼しましょう。

水漏れの原因を見つけるのに困ったときや、古い蛇口を交換したいときなどは、弊社になんなりとお申し付けください。弊社はお客様のお悩みをお電話で承り、必要な作業ができる業者を派遣させていただきます。お電話相談は無料でご利用いただけますので、フリーダイヤルからまずは一度ご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

古い蛇口を交換したい|まずは蛇口の口径・種類を確認

古い蛇口を交換するときは、ここにあげるふたつのポイントを確認しておきましょう。そうしないと、新しい蛇口がうまく合わずに失敗することがあります。確認するポイントは「蛇口の種類」と「取り付け部の口径」です。

種類を見分けよう

種類を見分けよう

交換する前の前提として、蛇口の種類がわかっていなければなりません。蛇口の交換は、同じ種類のものに交換することになるからです。ここでは、壁への取り付け方の違いという点で蛇口を分類し、解説していきます。

単水栓

単水栓は、最も単純な構造の蛇口です。壁などとひとつの給水口でつながっていて、取り付けと取り外しは本体の全体をつかんで回すだけです。冷水か温水かのどちらかしか出ない蛇口であれば単水栓でしょう。

ワンホール

洗面台やシンクなどでよく使われるタイプの蛇口です。1か所で固定されていて、ひとつのハンドルを上下左右させる操作で水の温度と水量の両方を調整することができる「シングル混合栓」となっています。

ツーホールタイプ

キッチンや洗面器、浴室などで使われるタイプです。台(デッキ)の上に蛇口部分がついている構造で、台の中には冷水と温水ふたつの水栓の穴があります。「シングル混合栓」のハンドルが使われているタイプと、ひねるタイプのハンドルが使われているものの両方があります。

壁付けタイプ

ふたつの穴から水を引いていて、2本の脚をハの字に広げたような形のもので壁と固定されているタイプです。このタイプの蛇口は浴室などに使われていることが多いです。ハンドルとしてはシングル混合栓がついていることや、回すタイプのハンドルが2つついていることがあります。

口径を確認しよう

取り付ける部分の直径は、製品によって違うものもあります。これを合わせずに新しいものを用意してしまうと取り付けられないことがあるので、事前に確認しておくことが必要です。とくに以下のことに気をつけてください。

ワンホールタイプの取り付け穴の口径は、直径33ミリから39ミリの違いがあります。交換する際は取り外した古い蛇口の型番を確かめたり、実際に計測したりして、口径を調べましょう。

単水栓にも取り付け部分の口径が違うものがあります。径を測る部分の名前は「取り付けネジ」といいますが、このネジの直径は21ミリのもの、26ミリのもの、33ミリのものの3種類があります。家庭用の単水栓はほとんどが21ミリですが、念のために測ってから新しいものを探しましょう。

ツーホールタイプ、壁付けタイプに関しても、口径は測っておきましょう。取り付け穴の距離に関しては、ツーホールタイプのものは規格が決まっているので、どれでも一定の203ミリです。壁付けタイプは壁に取り付ける部品を動かせるので、ほとんどの壁に対応できます。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

蛇口交換の基本手順と種類別の方法をご紹介

蛇口交換の方法を紹介していきます。まずは必要な道具と基本的な手順をみていき、そのあとで種類別の蛇口の取り外しかたを解説します。

交換の手順

交換の手順

交換するときには、まず必要なものを揃えましょう。交換する蛇口とあわせて、道具などでも用意するものがあります。必要な道具と手順をまとめました。

ステップ1:道具を揃える

必要な道具は蛇口の形によっても変わります。ここではすべてのタイプの蛇口交換に対応できる道具を紹介しています。以下のものを用意してください。

 

  • 新しい蛇口
  • シールテープ
  • マイナスドライバー
  • モンキーレンチ(ナットを緩める道具)
  • タオルまたは新聞紙
  • 桶またはバケツ
  • ゴム手袋

 

ステップ2:止水栓を閉める

止水栓とは、蛇口などに水を送っている元になる栓のことです。この栓を閉めないと、蛇口を外す作業中に水が噴き出してくることになりかねません。必ず閉めましょう。

止水栓はハンドルがついている場合と、マイナスドライバーなどで開閉する方式の場合があります。どちらも時計回りにひねると閉まり、反時計回りで開きます。

洗面所や台所では、洗面ボウルやシンクの下の空間にあることが多いです。また、壁付けタイプは壁と接続されている「脚部」に止水栓がありますが、これはないことも多く、その場合は家全体の水道を、元栓を閉めることでいったん止める必要があります。

一軒家の場合も集合住宅の場合も、基本的に水道メーターのすぐ近くに元栓は設けてあります。

ステップ3:蛇口を交換する

蛇口を取り外して新しい蛇口を取り付けます。取り外す方法は種類や製品によって異なるので、種類別に説明していきます。取り付けまでが完了したら、止水栓をあけて水を流してみて、異常がなければ完了です。

交換するとき、濡らしたくない場所には新聞紙やタオルなどを置いておきましょう。また、止水栓から出ているホースを外すときには水が出てくることがあるので、水を受けるために桶やバケツを用意しておくとよさそうです。

種類別の交換方法

蛇口の種類を、「単水栓」「ワンホールタイプ」「ツーホールタイプ」「壁付タイプ」の4種類に分けて取り付け方法を解説していきます。製品によっては手順が違うことがありますが、外すときの参考にしてみてください。

単水栓

単水栓は1か所の「取り付けネジ」という部分で壁などと接続されています。単水栓の蛇口を取り外すときは、蛇口全体をネジのように反時計回りに回転させると外れます。水が出ることがあるので、バケツなどを下に置いておくとよいでしょう。

続いて新しい蛇口を取り付けます。「取り付けネジ」の部分に、「シールテープ」という密閉性を高めるためのテープを巻き付けてから取り付けるようにしてください。シールテープを巻くのは6周から8周程度です。何事も多くやればやっただけよいというわけでもないため、巻くのは多くても10周までにしましょう。

取り付けるときは、時計回りに回しながらネジを差していき、根元まで入れていきます。このとき、ネジをしめ終わったあとの向きが思った方向に来るように調整しましょう。取り付けるために回転させる回数は4回から7回なので、その回数で蛇口が下に向くように気をつけます。

ワンホールタイプ・ツーホールタイプ

ワンホールタイプとツーホールタイプは交換方法がほぼ同じであることが多いです。ここで説明する作業でほとんどのものに対応できるでしょう。

取り外すときは、まず止水栓の冷水と温水の両方につながっているホースを外します。ホースはナットで固定されているので、モンキーレンチを使って外してください。次に、蛇口の本体を固定しているネジなどを外します。

この状態で蛇口は引き抜くことができるので、抜き取り、新しい蛇口を差し込んでください。新しい蛇口も固定したら、止水栓にホースをつないでいきます。冷水と温水を間違えないように、ナットを締めていってください。

注意点としては、取り外しで止水栓からホースを外すときに、水が出てくることがあります。バケツやタオルで水が出ても大丈夫なようにしておきましょう。

壁付けタイプ

壁付けタイプのものは、ふたつの脚部で水道に直接接続されています。止水栓がないときは、家の水道の元栓を閉めましょう。

脚部を外すために、まずは蛇口の本体部分を外します。ナットで固定されているので、温水側と冷水側の両方のナットをレンチで緩めて取り外してください。

そのあと、脚部を回して取り外します。脚部も単水栓のように、壁についている部分は取り付けネジの形をしています。全体をつかみ、ネジを緩めるようにして反時計回りに回せば外れるので、これで取り外しは完了です。

次に新しい蛇口を脚部から取り付けていきます。取り付けネジ部分にはシールテープを6周から8周ぶん巻き付けてください。これを、取り外しのときと逆の手順で取り付けていけば完成です。

交換が難しそうだと思ったら業者にご相談を

蛇口にはさまざまな種類があるので、交換の作業も種類によって臨機応変に対応していかなくてはなりません。種類によっては方法が大きく異なることもあるでしょう。交換が難しいと思ったら、水道工事の業者に依頼すると、確実な工事が受けられます。

依頼をする業者をお探しのときは、弊社がお客様のご要望にあった施工業者を迅速に派遣いたします。お電話でのご相談から業者による現地調査・お見積りまでの手続きには、料金は発生しません。古い蛇口の交換や、そのほかの作業にも対応できますので、ぜひ一度無料相談ダイヤルにお問い合わせください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較