水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> トイレの水位が低いのはつまりのサイン|封水が下がる理由&解消する対処法を紹介!原因は便器やタンクにも?

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの水位が低いのはつまりのサイン|封水が下がる理由&解消する対処法を紹介!原因は便器やタンクにも?

トイレの水位が低いのはつまりが原因かも

トイレの水位が低い場合、トイレのつまりを起こしていることが考えられます。トイレのつまりはトイレを使用できなくなることに加え、悪臭や汚水の逆流などのトラブルを発生させることもあるため、早めの対処が大切です。この記事では、トイレがつまることでトイレの水位が下がる理由に触れながら、具体的な対処法をご紹介していきます。

なお、トイレのつまりに自分で対処する場合、時間がかかりかえって状況を悪化させるおそれもあります。また、じつはトイレの水位が低いことにはトイレのつまり以外の原因の可能性もあり、なかにはそもそも一般の方では対処できないケースもあるのです。

そのため、結論からいうとトイレの水位が低い場合には、専門の業者へ相談することがおすすめといえます。なかでも、以下のようなメリットのある【水110番】をご利用いただくことがおすすめです。

水110番のメリット
・水のトラブル全般に対応できる
・24時間365日受け付けをおこなっている
・最短15分で現場へ駆けつけられる
・現地調査をおこなったうえでの見積もりが無料

ご相談自体も無料となっているので、まずは一度【水110番】へお問い合わせください。

トイレをすぐ使えるようにしたい!
それなら【水110番】へご相談を!

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
トイレのトラブル:3,000円~

トイレのつまりでトイレの水位が下がる理由

便器には通常、水が溜まっています。これは、封水と呼ばれるものです。

封水とは?
・便器とS字状になった排水管に溜めておくことで下水管と直結しないようにすることができる
・下水管から悪臭や害虫が上がってくることを防ぐことができる

そんな封水ですが、トイレのつまりを起こすと水位が低くなることがあります。では、なぜトイレのつまりによってトイレの水位が低い状態となってしまうのでしょうか

毛細管現象を起こしている

トイレのつまりによってトイレの水位が低い状態になっているときには、毛細管現象を起こしていることが理由としてあげられます。

この現象は簡単にいうと、トイレのつまりの原因となっているトイレットペーパーや便が便器の封水を吸い取って、排水してしまっているというものです。その結果、トイレの水位が低い状態になってしまっているのです。

なお毛細管現象を起こしている場合には、何もしていなくても普段よりトイレの水位が低いという症状が見られます。そのため、使用していないのに普段よりトイレの水位が低い場合には、トイレのつまりを起こしているおそれがあるため、早急に対処するようにしましょう。

排水の流れが悪くなっている

トイレの水位が低いことについては、水を流した際に上がってから下がるケースもあるでしょう。

この場合は、トイレのつまりによって排水の流れが悪くなっていることが理由として考えられます。つまり、トイレのつまりを起こしていることで水の通り道が狭くなってしまい、排水をスムーズにおこなうことができていないということです。

その結果、トイレを流した際に便器の封水の水位が上がってから下がることがあるのです。このような症状が見られる場合にもトイレのつまりが疑われるため、早急に対処するようにしましょう。

トイレの水位が低い状態の放置は危険

トイレの水位が低いことが気になっても、普段のようにトイレを使用できる状況ではそこまで大きなトラブルに感じない方も多いかもしれません。しかし、トイレの水位が低い状態はトイレのつまりを起こしている可能性があります。

そのため、放置をすると完全にトイレがつまってしまうこともあるのです。また、便器の封水の水位が低くなると下水管と直結することになるため、悪臭を発生させることも。そして放置をすることで状況が悪化して、トイレから汚水が逆流してくるなんてトラブルを起こすこともあるのです。

このようなことからも、トイレの水位が低い状態には放置するのではなく早急に対処することが大切となります。ただ、自分で対処するとなるとどうしても時間がかかってしまうでしょう。また、対処に失敗して状況を悪化させてしまうこともあるかもしれません。

そのため、まずは専門の業者へ相談することがおすすめです。専門の業者であれば、正確かつスピーディーに対処してくれるでしょう。

なおその際には、【水110番】をぜひご利用ください。

水110番のメリット
・水のトラブル全般に対応できる
・24時間365日受け付けをおこなっている
・最短15分で現場へ駆けつけられる
・現地調査をおこなったうえでの見積もりが無料

ご相談自体も無料となっているので、まずは一度【水110番】へお問い合わせください。

トイレをすぐ使えるようにしたい!
それなら【水110番】へご相談を!

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
トイレのトラブル:3,000円~

トイレのつまりの対処法|自分でできる4つの解消方法

トイレの水位が低いときには、トイレのつまりが起こっていることが考えられます。そのためこの場合は、トイレのつまりを解消することで便器の封水の水位も直すことが可能です。

そこでここでは、トイレのつまりを解消する対処法を4つご紹介していきます。

ただ先にお伝えしておくと、自分で解消することのできるトイレのつまりはトイレットペーパーや便が原因である場合です。つまり、トイレに流してもよいもの、また水に溶けるものである場合です。

もしも固形物の異物などがトイレのつまりの原因である場合には、専門の業者へ相談するようにしてください。小さなものなら自分で対処できることもありますが、場合によっては状況を悪化させてしまうこともあります。

トイレをすぐ使えるようにしたい!
それなら【水110番】へご相談を!

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
トイレのトラブル:3,000円~

対処法➀軽度なトイレのつまりは放置でOK

トイレのつまりには、基本的にはすぐに対処することが大切です。しかし、軽度であれば逆に放置することで解消できる場合があります。

ここでいう軽度とは、原因がトイレットペーパーや便といったトイレに流してもよいもの、また水に溶けるものである場合です。

トイレットペーパーや便は、そもそもトイレに流してもよいもので、実際に水に浸けておくと溶けていきます。そのため、放置をすることでも自然にトイレのつまりを解消できることがあるのです。また、お湯を流すことでより溶けやすくすることができます

ただし、お湯を流してトイレのつまりを解消する対処法をおこなう際には、熱湯を使用してはいけません。トイレは陶器でできています。そのため、熱湯をかけると割れるなど破損してしまうことがあるのです。

なお、トイレのつまりの原因がトイレに流してはいけないもの、また水に溶けないものである場合は、当然この対処法は有効ではありません。そのため、固形物の異物などがトイレのつまりの原因であるなら、専門の業者へ相談するようにしましょう。

また、その他に以下のようなものがトイレのつまりの原因である場合も、放置という対処法は有効ではありません。

放置NG
・おむつ
→水を吸って膨張するものが多い
・生理用品
→水を吸って膨張するものが多い
・ティッシュペーパー
→水に溶けないものが多い
・ペット用トイレ砂
→水を吸って固まるものが多い

これらのものがトイレのつまりの原因である場合も、放置するのではなく専門の業者へ相談するようにしましょう。

対処法➁ラバーカップで原因を取り除いて解消

トイレのつまりへの対処法として代表的なものに、ラバーカップを使用することがあげられます。この道具は、別名スッポンや通水カップなどと呼ばれることもありますね。棒の先端についたお椀状のゴム部分を便器の排水口に密着させて、水を引っ張り上げることでトイレのつまりを解消することができます。

なお、ラバーカップを使用する場合には種類があるため注意が必要となります。

ラバーカップの種類
・洋式トイレ用
・和式トイレ用
・節水型トイレ用

ゴム部分がそれぞれに合った形状となっているため、適切なラバーカップを使用するようにしましょう。

そしてこのラバーカップを使用したトイレのつまりへの対処法に関しても、トイレットペーパーや便が原因である場合に有効な解消方法になります。というのも、この対処法は最終的にはトイレのつまりの原因となっているものを流すことになるのです。

そのため、固形物の異物などがトイレのつまりの原因である場合には、ラバーカップを使用して対処しないようにしてください。無理やりラバーカップを使用してトイレのつまりを解消しようとすると、原因となっているものが排水管の奥へ押し込まれることになり、状況を悪化させてしまいます

2.ラバーカップでつまりを取り除く

使用手順
➀ラバーカップのゴム部分全体を便器の水に浸かるようにする
➁ゴム部分を便器の排水口に密着させてゆっくりと押し込む
➂ゴム部分がじゅうぶんにへこんだら一気に引っ張る
➃トイレのつまりの原因となっているものが取れて水が流れていくまで繰り返しおこなう

ラバーカップを使用してトイレのつまりを解消する方法は上記のとおりです。

なお、この対処法にはいくつか注意点があります。まずは、ラバーカップは便器に水がないところでは使用できないということ。そのため、ラバーカップのゴム部分が浸からないほどトイレの水位が低い場合は、バケツなどで水を足してください。

また、ラバーカップを引っ張るときには水が飛び散ることがあります。周りを汚したり濡らしたりしないようにするためにも便器をビニールシートで覆い、そこにラバーカップが貫通する穴を開けて作業をおこなうようにするようにしましょう。

ちなみに、ラバーカップをペットボトルで代用する方法もあります。詳しくは以下にまとめてありますので、ラバーカップを持っていない方は参考にしてみてください。

ペットボトルで代用する方法
➀排水口にはまるサイズのペットボトルを用意する
➁ペットボトルの下側をカッターナイフで少し切る
➂排水口の奥にペットボトルを差し込む
➃ペットボトルの口を指で塞ぎながらゆっくり押し込んで引っ張る
➄トイレのつまりの原因となっているものが取れて水が流れていくまで繰り返しおこなう

対処法➂真空式パイプクリーナーで原因を取り除いて解消

真空式パイプクリーナーを使用することも、トイレのつまりを解消する対処法のひとつです。

原理はラバーカップと同じで、水で引っ張ることでトイレのつまりを解消するものになります。わかりやすくいうと、ラバーカップの棒の部分が筒状になっていて、ここにポンプのように水を吸い上げる仕組みです。

ラバーカップと違う点は、より強力であること。そのため、ラバーカップでトイレのつまりの解消ができない場合に試してみるとよいでしょう。

3.真空式パイプクリーナーで取り除く

使用手順
➀真空式パイプクリーナーのゴム部分全体を便器の水に浸かるようにする
➁ゴム部分を便器の排水口に密着させる
➂一気にハンドルを引っ張る
➃トイレのつまりの原因となっているものが取れて水が流れていくまでハンドルの押したり引いたりを繰り返す

対処法➃ワイヤーブラシで原因を取り除いて解消

トイレのつまりの原因となっているものは、ワイヤーブラシと呼ばれる道具を使用することでも取り除くことができます。

ワイヤーブラシは、名前のとおりワイヤーの先端にブラシがついているという構造の道具です。ワイヤーであるため便器の排水口から曲がりくねった排水管まで入り込むことができて、トイレのつまりの原因となっているものをブラシで直接削ることができます

4.ワイヤーブラシで取り除く

使用手順
➀ワイヤーブラシの先端のブラシ部分を便器の排水口に入れる
➁トイレのつまりの原因となっているものに当たったら柄を回して削る
➂水が流れていくまで削り続ける

各対処法でトイレのつまりを解消できないなら【水110番】へ

トイレのつまりへの対処法を試してみてもなかなか解消されない場合は、固形物の異物などが原因である、また原因が排水管の奥にある可能性があります。

この場合は、一般の方では対処してもトイレのつまりを解消することは難しいです。無理に自分で対処しようとすると、トイレのつまりの原因となっているものを排水管の奥へ押し込んでしまうかもしれません。また、便器や排水管を傷めてしまうおそれもあります。

そのため、専門の業者へ相談するようにしましょう。なお、その際には【水110番】をぜひご利用ください。

水110番のメリット
・水のトラブル全般に対応できる
・24時間365日受け付けをおこなっている
・最短15分で現場へ駆けつけられる
・現地調査をおこなったうえでの見積もりが無料

ご相談自体も無料となっているので、まずは一度【水110番】へお問い合わせください。

トイレをすぐ使えるようにしたい!
それなら【水110番】へご相談を!

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
トイレのトラブル:3,000円~

トイレの水位が低い原因は他にもある

トイレの水位が低いことはトイレのつまりのせいであることももちろんそうですが、じつは他にも原因はあります。それが、以下のようなものです。

トイレの水位が低い原因
・便器の破損
・誘引現象
・蒸発現象
・トイレタンクから流れる水量の減少
・補助水管の不具合

便器の破損

トイレの水位が低いことは、便器の破損が原因で起こっている可能性があります。便器の破損しているところから水漏れが発生していて、このことによって封水の水位が下がる症状を起こしているかもしれないのです。

なお、便器の破損はトイレのつまりよりも重度のトラブルといえます。というのも、対処法としては修理ではなく交換となるためです。

また、上記のような対処法となることから、自分で何とかできるレベルのトラブルではないため、専門の業者へ相談するようにしましょう

便器の破損は先ほどもお伝えしたように、水漏れが発生することで家そのものにダメージを与えてしまうおそれがあります。また、悪臭を発生させることもあるため、早急に対処する必要があります。

誘引現象

トイレの水位が低い原因としては、誘引現象を起こしていることも考えられます。

この現象は簡単にいうと、トイレにつながっている排水管に勢いよく水が流れたとき、それにつられて封水も流れてしまうというものです。排水管が他の部屋とつながっているアパートやマンションなどで、また近くで水道工事がおこなわれているときに起こる場合が多い現象となります。

誘引現象が原因である場合は、トイレの水を流すと対処できることが多いです。また、具体的な原因は排水管の空気圧にあるため、通気管のあるものを設置することも対処法となります。ただ、マンションやアパートにおける排水管は自分だけのものではないため、まずは大家さんや管理会社に相談するようにしましょう

蒸発現象

蒸発現象も便器の封水の水位が低い原因のひとつです。

この現象は、長期間トイレを使用しなかった場合に起こります。数日程度であれば問題はありませんが、数か月程度家を空けておいたといった場合には、蒸発現象を起こしたことが考えられます。

なおこの場合も、トイレの水を流せば対処できることが多いです。ちなみに長期間家を空けるなどでトイレを使用しない場合には、コップ一杯分の水を便器に足しておくことで蒸発現象を予防することができます

トイレタンクから流れる水量の減少

トイレの水は、トイレタンクに一度溜められてから流れるものです。そのため、トイレタンクから流れる水量が減少していることも、便器の封水の水位が低い原因としては考えられます。

つまり、トイレタンクのなかの水量がそもそも減少しているかもしれないということです。

トイレタンクのなかにはボールタップや浮き玉、フロートバルブなどさまざまな部品があり、これらが連動して機能しています。しかしこれらの部品が何らかのトラブルを起こすと、うまく連動して機能しなくなり、トイレタンクのなかの水量を減少させてしまうことがあるのです。

なお、トイレタンクのなかにある部品はさまざまで、具体的な原因を特定することは一般の方には難しいでしょう。そのため、トイレタンクのなかの水量が減少している場合は、専門の業者へ相談することがおすすめです。

補助水管の不具合

トイレの機種によっては、トイレタンクのなかに便器の封水を供給する役割を持つ、補助水管と呼ばれる部品があります。トイレの水位が低い原因としては、この補助水管が不具合を起こしていることも考えられます。

補助水管はゴム管で、ボールタップとオーバーフロー管の間に設置されている部品です。もしかしたらそこから外れてしまっていることが原因かもしれないので、この場合は正しく取り付ければ対処できます

トイレの水位が低いときに専門の業者へ相談するべきケース

トイレの水位が低いとき、自分で対処しようか専門の業者へ相談しようか、迷う方もいるでしょう。なお結論からいうと、原因がわからない場合は早急に専門の業者へ相談することがおすすめです。

トイレの水位が下がる原因は、トイレのつまりであることはもちろん、他にも便器の破損やトイレタンクに関する不具合、誘引現象や蒸発現象などさまざま。加えてこれらの原因のなかには、さらに細かな原因が隠れていることもあります。

そのため、一般の方ではトイレの水位が低い原因を特定することは難しいでしょう。また、原因を特定できたとしても対処に失敗して状況の悪化、さらには便器や排水管の破損や水漏れなど別のトラブルを起こしてしまうおそれもあります。特定できた原因がそもそも自分で対処できるレベルのトラブルではないといった際には、時間が無駄になってしまうでしょう。

こういったことから、トイレの水位が低いことの原因がわからないのであれば、早急に専門の業者へ相談することがおすすめなのです。

トイレの水位が低いなら【水110番】に相談

トイレの水位が低い症状が見られた場合には、【水110番】へぜひご相談ください。【水110番】をご利用いただくうえでは、以下のようなメリットがあります。

水110番のメリット
・水のトラブル全般に対応できる
・24時間365日受け付けをおこなっている
・最短15分で現場へ駆けつけられる
・現地調査をおこなったうえでの見積もりが無料

【水110番】では、水のトラブル全般に対応することが可能です。そのため、この記事で取り上げているトイレのトラブルにもしっかり対応することができます。

また、トイレのトラブルに関しては、とくに早急に対処したいですよね。このことについても、【水110番】であれば受け付けを24時間365日おこなっていて最短15分で現場へ駆けつけられるため、スピーディーに対応することができます。

なお、専門の業者へ相談する際には費用が気になる方も多いでしょう。【水110番】では、この費用に関してもしっかりと明瞭にご案内することを徹底しているため安心です。また、お見積もりは現地地調査をおこなったうえで無料で取っていただくことができて、その後の追加料金はありません

ご相談自体も無料となっているので、まずは一度【水110番】へお問い合わせください。

トイレをすぐ使えるようにしたい!
それなら【水110番】へご相談を!

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
トイレのトラブル:3,000円~

費用例

トイレのトラブルには、【水110番】では以下のような料金で対応しています。ぜひ参考にしてみてください。

修理・対処方法 費用
トイレつまり
薬品投入 7,000円~
高圧ポンプ 24,000円~
脱着 55,000円~
下水つまり
薬品投入 7,000円~
ドレンクリーナー 24,000円~
高圧洗浄機 42,000円~
水量調整 3,000円~
タンク内部品交換 7,000円~
便器交換 41,000円~
水漏れ(タンク)
内部調整 3,000円~
水漏れ(床・便器の間)
コーキング処理 別途見積もり
脱着(フランジ交換) 11,000円~
便器交換 41,000円~
水漏れ(ウォシュレット)
脱着点検 3,000円~
部品交換 別途見積もり
ウォシュレット交換 15,000円~
水漏れ(給水管)
締め付け調整 3,000円~
パッキン交換 別途見積もり
給水管交換 8,000円~

※消費税込みの表記です。

トイレの水位が下がる症状を予防する方法

トイレの水位が低い症状は、ときに大きなトラブルにつながることもあります。そのため、できれば起こってほしくないですよね。そこでここでは最後に、トイレの水位が低い症状を起こさないようにする予防方法をご紹介していきます。

予防方法➀トイレに固形物の異物などを流さない

トイレの水位が低い状態になってしまう主な原因は、トイレのつまりです。そのため、そもそもトイレのつまりを起こさないようにすることが予防方法となります。

そのなかで基本的なものが、トイレに固形物の異物などを流さないようにすることです。トイレットペーパーと便以外のものはトイレのつまりの原因となるおそれがあるため流さないようにしましょう

予防方法➁トイレに流せるものでも大量には流さない

トイレのつまりは、もともと流してもよいトイレットペーパーが原因で起こることもあります。トイレットペーパーは水に溶けやすい性質を持っていますが、一度に大量に流すとトイレのつまりを起こすことがあるのです。

そのため、トイレットペーパーを大量に流すことはやめるようにしましょう。また、シングルタイプのトイレットペーパーを使用するようにすることも、この予防方法のひとつです。

予防方法➂こまめに掃除をする

トイレの水位が低い状態にならないようにするには、トイレのつまりを起こさないようにすることが大切です。そのためには、トイレをこまめに掃除することもじつは重要なのです。

というのも、トイレのつまりは尿に含まれるカルシウムが固形化した尿石が原因になることがあるため。尿石が便器や排水管に溜まることで、トイレのつまりを起こしてしまうことがあるのです。

また、この尿石が溜まることは、便器が黄ばんだり悪臭を発生させたりするトラブルも起こします。そのため、いずれにしても日ごろからこまめに掃除をおこない、尿石が溜まらないようにすることが大切です。

予防方法➃トイレタンクを定期的にチェックする

トイレの水位が低い状態になってしまう原因は、トイレタンクにあることもあります。

そのため、トイレタンクのなかの水量に変化はないか、また部品の破損などがないかといったことを定期的にチェックすることがおすすめです。こうすることで、トイレの水位が低い状態、またトイレのつまりにも迅速に対処することができるでしょう。

なお、トイレタンクのなかに節水目的で水位を調整するためにペットボトルなどを入れている方もいるかもしれませんが、これはやめてください

トイレタンクのなかにはさまざまな部品があるため、破損などの原因になることがあります。また、トイレに流す水量を減少させることにもなるため、トイレのつまりを起こしやすくなってしまいます。

まとめ

トイレの水位が低いことには、トイレのつまりをはじめとしたさまざまな原因があります。なかには自分で対処できるケースもありますが、この場合は時間がかかるうえ失敗して状況を悪化させるおそれがあります。また、そもそも自分で対処しきれないトラブルを起こしていることも。

そのため原因がわからない、また自分で対処できない場合は専門の業者へ相談するようにしましょう。なおその際には、ぜひ【水110番】をご利用ください。

水110番のメリット
・水のトラブル全般に対応できる
・24時間365日受け付けをおこなっている
・最短15分で現場へ駆けつけられる
・現地調査をおこなったうえでの見積もりが無料
・相談自体も無料

トイレをすぐ使えるようにしたい!
それなら【水110番】へご相談を!

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
トイレのトラブル:3,000円~

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較